山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 19日

比良山系・八淵の滝めぐり

 比良山系に「日本の滝100選」にも選ばれている名瀑である八淵(やつぶち)の滝があります。比良最高峰・武奈ヶ岳の北東に端を発する鴨川源流にかかる名瀑として有名です。その名前のとおり、8つの淵(滝)があり、下流から、魚止の滝、障子の滝、唐戸の滝、大摺鉢、小摺鉢、屏風の滝、貴船の滝、七遍返しの滝となっています。

 八淵の滝はこれまで2回訪れたことがありますが、8つの中でも、障子の滝と貴船の滝は大きくスリルに富んでいます。この猛暑の中、滝めぐりは清涼感の漂う、気持ちのよい山行となりました。
e0110500_1275038.jpg
 大摺鉢-最も印象的な淵となっています



 JR湖西線の京都駅8:15発の新快速に乗り、近江高島駅で下車すると駅前の広場に大きなガリバー像が出迎えてくれます。ガリバー旅行村行きの江若バスに乗ります。9:03バスはほぼ満員の乗客を乗せて出発しました。この日は朝から気温が上がり、バスのクーラーもフル稼働状態です。途中の鹿ヶ瀬道と鹿ヶ瀬で登山者が10人ほど降りました。バスは坂道を登っていきますが、バスが古いせいか、クーラーをかけたままでは坂道を登れないことから、運転手さんがクーラー切らせてもらいますとアナウンス。車内の気温は一気に急上昇です。30分ほどでガリバー旅行村のバス停に到着しました。下車したのは、男性4人グループと女性2人グループと私でした。
e0110500_23534661.jpg
 JR近江高島駅前の広場に立っているガリバー像

 早速、係員がやってきて、「八ッ淵の滝 環境整備協力金」として300円徴収されました。聞くと昨年からもらっているそうです。10分ほど舗装された坂道を登っていくと、ガリバー青少年旅行村の大きな駐車場のところに出てきました。八淵の滝は直進という表示が出ています。すぐに登山道への入口があり、登山カードを記入する場所があります。
e0110500_23545241.jpg
 ガリバー青少年旅行村に着きました
e0110500_2355617.jpg
 ここが八淵の滝・武奈ヶ岳への登山口になっています

 八淵の滝に向かう遊歩道を進むと、右手のもみじ谷に下りていく自然歩道があったので、今回は最初の「魚止の滝」から見ようと思い、雑木林の中を下って行きます。この自然歩道は旅行村の散策コースのひとつになっているようですが、利用者が少ないためか、踏み跡が薄くなっています。
e0110500_23583939.jpg
 もみじ谷へ下る自然歩道

 谷に沿って進むと、やがて谷の左側に右が続き、すぐに林道に飛び出しました。これが黒谷バス停からやってくる治山工事用の道路のようです。この林道に沿って谷が流れているので、遡っていくと、橋を渡り、谷の左岸に出て、いくつかの堰堤を見ながら、進んでいくと、やがて林道も終点となり、登山道に入ります。
e0110500_003786.jpg
 林道にある橋を渡ります

 この辺りから少し道が荒れてきていますが、谷の左岸を登っていくと、間もなく最初の滝である「魚止の滝」に出てきます。落差は6mくらいと言われ、アマゴなどの魚が遡上することのできる最終地であると言われることから、この名が付いたと言います。淵の深さは浅いようです。
e0110500_01354.jpg
 最初の滝である「魚止の滝(淵)」
e0110500_031448.jpg
 「初心者は大摺鉢コースへ」と書かれているように、魚止の滝から障子の滝へは危険です

 魚止の滝を右上から眺めるように通過して、高巻きながらクサリのある岩場を登っていくと、2番目の滝「障子の滝」が見えてきました。2段になって流れ落ちている滝で、上段が10m、下段が3mほどで、その真ん中に滝壺があります。
e0110500_053888.jpg
 2段になって流れ落ちる「障子の滝」の全景

 淵の周囲や底の岩石に障子の桟に似た線状があるのが特徴です。滝の左側の岩壁に、クサリと取っ手(手すり)がついていて、これをよじ登っていくことになるので、結構危険です。
e0110500_065983.jpg
 滝の左手にある岩壁にクサリと取っ手がついています

 まず、滝壺の左側にある岩場に下りていき、谷を慎重に渡り、対岸の岩に打ち込まれた取っ手とクサリを頼りに、下段の滝の左の岩壁を登っていきます。下段の滝の上部からさらに登っていくと、上段の滝の飛沫が飛んできてきます。
e0110500_09714.jpg
 岩場に降りて谷を渡ります
e0110500_09586.jpg
 滝壺の左横部分から取り付きます
e0110500_0122449.jpg
 クサリと取っ手を頼りに登ります
e0110500_0134073.jpg
 下段の滝の上に出ました
e0110500_0144912.jpg
 このハシゴを登っていきます

 続いて鉄製のハシゴを登りながら、滝が落ちていくのを眺めるとかなり怖いです。ハシゴが終わると、急斜面となり、クサリや木の根を頼りに登っていきます。この急斜面を登り切ると、旅行村からやってくる遊歩道に合流します。
e0110500_016425.jpg
 滝が流れ落ちていきます
e0110500_016169.jpg
 さらにクサリのある急斜面を登っていきます

 遊歩道を回り込むように少し進むと、右下の深い谷間に第3の滝「唐戸(空戸)の滝」が見えてきます。この滝は細長く(9m)、水深は最も深いと言われていますが、滝壺には行けません。
e0110500_0193734.jpg
 「唐戸の滝」はこの下にあります

 そして、八淵の滝の最も中核になっている第4の滝「大摺鉢」にやってきました。なるほど、形が摺鉢に似ています。滝は傾斜した岩石の上を滑るように大摺鉢に流れ落ちています。
e0110500_182341.jpg
 大摺鉢の全景
e0110500_0211064.jpg
 摺鉢状の滝壺になっています
e0110500_0212463.jpg
 傾斜した岩石上を流れ落ちています

 この摺鉢の手前に台状の大岩があり、その側面に篆書で文字が刻まれている。「八淵」とも読めるのですが、大正11年に現地を訪れた堀田知事が「八徳」と書き込んだものと言われています(高島市の発行するパンフレット)。八淵の滝群の中心であり、写真撮影などが最も多くなされているところでもあります。この摺鉢に右手に広谷を経て、細川越から武奈ヶ岳に登るルートがあります。
e0110500_0234376.jpg
 篆書体で「八徳」と書かれているそうです

 滝巡りには、大摺鉢の左側を登っていきます。すぐに右手に第5の滝「小摺鉢」があります。よく気をつけないとそのまま通過してしまうかも知れません。細長い斜滝であり、これが小さな摺鉢に流れ落ちています。滝壺のあたりは滑りやすいので注意しなければなりません。
e0110500_0252058.jpg
 細長い斜滝が流れ込む小摺鉢
e0110500_0253763.jpg
 小摺鉢の滝壺の近景

 大・小摺鉢を過ぎると、今度は第6の滝「屏風の滝」が見えてきます。左側を高巻くように登っていくと、次第に滝の姿がはっきりとしてきました。高巻くことなく、谷を進めば滝壺の直下に行くことができます。この滝は、別名長瀬ともいい、周囲の岩石が屏風をめぐらせた形に似ていることから命名されたそうです。
e0110500_0271487.jpg
 第6の滝である「屏風の滝」が見えてきました

 屏風の滝を高巻きしながら進むと、正面に大きな滝が見えてきました。八淵の滝群の中で最大の落差30mを誇る、第7の滝「貴船の滝」です。
e0110500_191914.jpg
 「貴船の滝」が見えてきました
 八淵の滝を代表する大滝は、船の形をした淵の右方に「不動明王の岩」があり、かつてはこの岩の前で雨乞いが行われたと言います。まずは、クサリに導かれて谷まで下りて行き、次いで谷に渡されたクサリを頼りに左岸に渡渉します。へつりを慎重に進むと、今度はハシゴが出てきました。ハシゴを登ると、次はクサリがあり、滝の右の高巻きをしながら急登していきます。
e0110500_0381032.jpg
 第7の滝「貴船の滝」の全景です
e0110500_0315541.jpg
 一旦クサリに導かれて谷に下ります
e0110500_0321575.jpg
 次いでへつりを進みます
e0110500_0353875.jpg
 滝の右側の岩壁のハシゴを登ります
e0110500_1103759.jpg
 続いてクサリ場があります 

 登り切ると、滝の上部に出てきます。ここは平坦な場所になっていて、昼食にもってこいの場所なので、ランチタイムにしました。ここには、1992年7月にこの滝で不慮の死を遂げた滋賀県立東大津高校の武田敬宏君の遭難碑があり、碑に刻まれた「山に抱かれて」という詩には共感を覚えました。
e0110500_0393130.jpg
 遭難碑には美しい詩歌があります

 貴船の滝を過ぎると、しばらくは小さな滝が連続する、比較的平凡なところが続きます。そして、最後の第8の滝である「七編返しの滝」に向かいます。丸太橋が出てくると、右岸から左岸に渡ります。
e0110500_041280.jpg
 丸太橋を渡るところで七遍返しの滝が見えます

 この滝は、その名のとおり、7つに折れ曲がって流れ落ちる、上から見ると7度転回して落ちていくように見えるところから名づけられているそうです。しかしながら、滝としてはいささか迫力に欠ける印象です。クサリのある岩場を横切り、木のハシゴを登りながら、左手の谷に滝が流れ落ちるのを見ます。
e0110500_0423078.jpg
 最後の滝である「七遍返しの滝」
e0110500_0442115.jpg

e0110500_0444126.jpg

e0110500_0445571.jpg

e0110500_0451699.jpg

e0110500_0454629.jpg


 これで八淵の滝めぐりは終わりとなり、緩やかな登山道を進んでいくと、樹林が増えてきたかと思うと、右手から左手に下って、谷を渡渉し、登山道は右岸を進むことになります。間もなく、オガ坂道分岐の道標が見えてきました。
e0110500_051559.jpg
 オガ坂道分岐を示す道標

 前回の山行では、このオガ坂道を登り、比良明神の下のところでシャカ岳からやってくる縦走路と出合いました。今回は、ウマノセ谷に沿ってそのまま直進し、比良スキー場跡をめざしました。やがて谷から離れて、左手の尾根に取り付くことになります。最初少し不鮮明ですが、やがて尾根に上がるとしっかりとした道になります。ここはシャクナゲが群生している尾根でGWの頃にはたくさん花を咲かせていることでしょう。尾根の途中に「まぼろしの滝」と書かれた標識がありました。ここがまぼろしの滝の展望台のようです。そばの木によじ登って眺めてみましたが、樹木に遮られて滝の姿を見ることはできませんでした。
e0110500_0515023.jpg
 「まぼろしの滝」は文字どおり「まぼろし」でした

 急な尾根坂を登り切ると、ぱっと比良スキー場跡に飛び出しました。かつてはここがゲレンデとなっていて、小さなリフトもありましたが、2004年春に閉鎖になりました。今はゲレンデ下ったところにあった八雲ヶ原ヒュッテも跡形もなくなり、すっかり姿を変えてしまいました(郷愁感いっぱい!)。ここからイブルキのコバを経由して武奈ヶ岳をめざす予定でしたが、今日は滝巡りで写真撮影に時間を割いたことや、暑さがきつかったために、武奈ヶ岳登山はパスすることにしました。
e0110500_0532286.jpg
 比良スキー場跡はこんなふうになっています
e0110500_0543722.jpg
 八雲ヶ原ヒュッテ前の広場は整備されています

 八雲ヶ原ヒュッテ跡前の広場が整備されて、休憩できるようになっています。そのすぐ横にはヤクモ池があり、八雲ヶ原湿原へと続いています。湿原に設けられた木道を歩きましたが、油が浮いているような水面があり、お世辞にもきれいな湿原とは言えません。
e0110500_056296.jpg
 ヤクモ池は健在でした
e0110500_0561557.jpg
 八雲ヶ原湿原にかかる木道 

 金糞峠への道を見送り、北比良峠への道を辿ります。ここはなだらかな登坂となっていて、15分ほどでロープウェイの山頂駅のあった場所に着きました。もちろん、今はすべての施設が撤去されていて、山頂駅は跡形もありません。ここからは、コヤマノ岳とその向こうに武奈ヶ岳が見えており、琵琶湖側の眺望もよく見えています。
e0110500_057338.jpg
 コヤマノ岳と武奈ヶ岳が見えています
e0110500_0574659.jpg
 琵琶湖側の眺望も抜群です

 さて、下山は、北比良峠から神爾谷に下ることにします。北比良峠からは、金糞峠に向かう縦走路と大山口に下るダケ道が分かれています。ダケ道に向かうと、間もなく左手に展望が見えてきて、崖地に出てきて、シャカ岳が展望できるところにやってきました。ここに神爾谷に下る分岐があります。
e0110500_0593597.jpg
 神爾谷に下るザレ場の急坂

 最初の下りは、花崗岩が風化したザレ場になっていて、急坂になっています。溝状に掘れていて、長いクサリがぶら下がっています。滑らないように用心しながら降りていくと、前方に7、8mくらいはあるニードル状の花崗岩の奇岩が天を突くように立っています。
e0110500_103128.jpg
 ニードル状の奇岩が林立しています

 ここを通過すると、花崗岩の石がごろごろしている谷に沿って、急な下りが続きます。しばらくは転ばないように慎重に足を進めます。やがて、左手からカラダケ谷が合流してきます。基本的には谷に沿って進み、所々で左岸を高巻きに行くところもあります。傾斜が緩くなってきたと思うと、ふと右をみると石灯籠が1基ありました。
e0110500_113284.jpg
 神爾の滝の道標があります

 さらに下っていくと、「神爾の滝」を案内する道標がありました。登山道から谷に少し下ると、水音が大きくなってきて、15mほどの落差の滝(雄滝)が現れてきました。滝壺まで降りていくことができます。
e0110500_121397.jpg
 涼しげに流れ落ちる神爾の滝

 また元の登山道に戻り、再び下っていくと、「雌滝」を案内する石がありましたが、今日はパスしました。間もなく、左からシャカ岳から降りてくる登山道と合流し、廃止されたリフト道を横切り、どんどん下っていくと、山麓駅跡に到着しました。以前は、ここからリフトに乗り、シャカ岳駅でロープウェイ乗り換えて北比良峠まで登ったものです。
e0110500_131233.jpg
 山麓駅の駅舎跡

 山麓駅からはうらぶれた舗装道路を下り、イン谷口の出合小屋(廃業)のところで、沢の水にタオルを浸して汗に濡れた体を拭いて、シャツを着替えました。ふとみると、木槿(むくげ)のピンクの大きな花が満開状態でした。あとは、JR比良駅までに近道をどんどんと歩いて帰途に着きました。
e0110500_17012.jpg
 ピンクの大きな花を咲かせている木槿
e0110500_1142143.jpg

e0110500_1143835.jpg

<コースタイム>080719晴れ
940ガリバー旅行村 1015魚止滝 1030障子滝 1040唐戸滝 1045大摺鉢1120発 1125小摺鉢 1140貴船滝(昼食)1230発 1240七遍返し 1300オガ坂道分岐 1330八雲ケ原 1400北比良峠 1500神爾の滝 1540イン谷口1550発 1620比良駅


by kitayama-walk | 2008-07-19 23:25 | 比良山系 | Comments(7)
Commented by イチマル at 2008-07-25 20:20 x
kitayama-walk さん、いつもながらの丁寧な山レポ、写真もキレイにうつっていますね。滝のコースで、特に魚止の滝~障子の滝の辺りなど、レンズが濡れないか、カメラが水没しないか、大変だったでしょう。写真を見ると、また行きたくなりました。
Commented by kitayama-walk at 2008-07-25 23:32 x
 イチマルさん、こんばんは。障子の滝を通過するときは、十分気をつけました。カメラはコンパクトカメラなので、ズボンのポケットにすぐにしまえるようにしていました。もちろん、落としたらおじゃんですので慎重になりましたよ。

 さて、今年の夏山登山の第2弾は剱岳です。7/26-27の予定で別山乗越からの往復です。最も一般的なルートですが、1泊での往復はちょっとハードかも知れません。
Commented by 温泉玉子 at 2008-09-06 23:03 x
黒谷集落奥の栗木田谷出合付近から八渕の滝経て武奈ヶ岳、釣瓶岳へ行って来ました。
八淵の滝は今回初めてで、kitayama-walkさんのレポがとても参考になりました。
鎖場や梯子はよく整備されていたので、楽しめました。
帰りのルートは殆ど廃道でGPSを頼りに掘割道を進んで着けました。
Commented at 2010-05-13 17:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kitayama-walk at 2010-05-18 02:53
 ヤマナさん、ご指摘のとおり訂正されていただきました。私は、武田さんがどのようにして亡くなられたかはよく知りませんが、「山に抱かれて」の詩歌を読むと、山に対する思い、ご両親の思いがよく伝わってきました。碑にちゃんと高校名が刻まれているのを間違えていたのですから、ご指摘はごもっともなことと思います。失礼しました。
Commented at 2012-02-17 11:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fumikai at 2012-08-26 19:08 x
2011年シャクナゲの終わった後から、紅葉の始まる前まで、京橋駅の近くに単身で出張、毎週土日山登り、この「八淵の滝めぐり」をパスしてしまい残念です。今こうして写真を見て悔しいですね!


<< 伊吹山・夏山登山 (準備中)      白山に登ってきました(その2) >>