山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 14日

三周ヶ岳と夜叉ヶ池

 これまで一度は登ってみたいと思いながら果たせなかった三周ヶ岳と夜叉ヶ池-泉鏡花の「夜叉ヶ池」や龍神伝説を思うと、神秘的な池と山にチャレンジしてみたいと思いました。時期は山開き直後の6月中旬がベストということで、ちょうど梅雨の晴れ間に当たった6月14日に、福井県側の広野ダムから入る岩谷川登山口から登ってみることにしました。

 「花は人の目を誘ふ 水は人の心を引く 君も夜叉ヶ池を見に来たと云ふ」-まさにこの心境に誘われての登山となりました。新緑の登山道を登り、夜叉ヶ滝、トチの大木を経て、ヤシャゲンゴロウの棲む夜叉ヶ池に辿り着きました。池の稜線にはニッコウキスゲの花が咲き乱れていました。夜叉ヶ池から三周ヶ岳までは藪漕ぎをしながら1時間余りの道程でした。
e0110500_201285.jpg
 夜叉ヶ池山から夜叉ヶ池と三周ヶ岳(左)を望む



 午前6時過ぎに京都を出発し、名神・北陸道を経由して、今庄ICでおり、国道365号線を南下し、JR今庄駅を過ぎたところで左折し、日野川に沿って広野ダムをめざしました。広野ダムには、夜叉ヶ池登山口の標識があり、これに従って岩谷川に沿って林道を走りました。途中1.7㎞ほど未舗装部分がありますが、青少年旅行村を通過して、午前8時20分に登山口に到着しました。
e0110500_23215565.jpg
 夜叉龍神社の鳥居-ここが登山口になっています

 登山口には10台ほどの車の駐車スペースがあり(手前にも駐車スペースがあり、紅葉のシーズンには5、60台も駐まるそうです)、立派なトイレと水場が設けてありました。到着時にはすでに10台ほどの車が停まっており、ほぼ満車状態でしたが、何とか車を駐めることができました。まず目に入ったのは、樹齢400年というカツラの巨樹でした。駐車場の奥に夜叉龍神社の鳥居があり、その脇に「幽幻伝説 夜叉ヶ池」の石碑が設置してあり、「花は人の目を誘ふ 水は人の心を引く 君も夜叉ヶ池を見に来たと云ふ」という泉鏡花の小説の一文が刻まれていました。
e0110500_23272117.jpg
 幹周6.4m、高さ32m、樹齢400年の大カツラの木
e0110500_23285225.jpg
 「幽幻伝説 夜叉ヶ池」の石碑

 鳥居を潜り、谷に架かる橋を渡って、左の登山道に入ります。道はすぐに登りとなりますが、谷に沿ってなだらかな道を進みます。道脇にはコアジサイの花がたくさん咲いていました。時折、ササユリの白い花も見ることができました。
e0110500_23301316.jpg
 コアジサイがたくさん咲いていました
e0110500_23302870.jpg
 ササユリも咲いていました-花言葉は「清浄」「上品」

 登山道を進むと「夜叉ヶ池まで2500m」という最初の標識がありました。これから夜叉ヶ池まで500mごとに標識が設置してあります。やがて左手の谷側に滝が見えてきました。これが夜叉ヶ滝です。滝の元に下りていく道があるかと探しましたが、発見できず、登山道から眺めるほかありませんでした。
e0110500_23362570.jpg
 夜叉ヶ池までの距離を示した標識があります
e0110500_23364037.jpg
 夜叉ヶ滝は登山道から眺めるだけです

 夜叉ヶ滝を過ぎると、谷を2回渡ることになります。いずれも木製の橋が架けられていました。この辺りは背丈を超すほどのハナウドが群生していました。やがて、右手に「森の巨人たち100選 岩谷のトチノキ」と書かれた説明板がありました。この巨樹を鑑賞するための道がつけられていたので、ちょっと寄り道することにしました。巨樹に見えるのは2本で、そのうちの大きい方は樹齢300年、高さ35m、幹周10mと書かれていました。
e0110500_2338467.jpg
 谷を越える木製の橋が2箇所あります
e0110500_23384088.jpg
 森の巨人たち100選 岩谷のトチノキ
e0110500_23385657.jpg
 最も大きいトチノキです

 このトチノキの巨木のそばに最後の水場ともなる清らかな沢があり、ここから沢を離れて、本格的な急登となってきました。最初はジグザグを切りながら登っていくことになりますが、途中に苔むした倒木があるなど、新緑に覆われた道が目に眩しく映りました。
e0110500_23414697.jpg
 最後の水場になっている沢

やがて尾根に出てくると、明瞭な道があり、快適に登って行けます。ブナやミズナラの木々が緑鮮やかです。「池まで1500m」の標識を過ぎると、シャクナゲの木が出てきますが、すでに花は咲き終わっていて、薄い色の新しい葉が生え出ていました。結構急な登りが続きますが、「池まで500m」付近からはさらに急登になっています。しかし、周囲のブナの樹々を見ているとしんどさも忘れさせてくれました。
e0110500_23424280.jpg
 池まで1500mの標識のあるところ
e0110500_23434341.jpg
 新緑一杯で快適な尾根道が続いています

 そして、「池まで500m」のところから急登になってきます。さらに「池まで200m」の標識のあるところで、登山道は左にカーブしてきて、傾斜も緩やかになってきました。間もなく少し下りになると、正面に夜叉ヶ池から三周ヶ岳へと続く稜線が見えてきました。やがて木道になったかと思うと、神秘の池・夜叉ヶ池がぱっと目の前に現れてきました。
e0110500_23484247.jpg
 池まで50mのところから急登になります
e0110500_23485464.jpg
 平坦になったところで初めて三周ヶ岳(左)が見えてきました

 夜叉ヶ池に到着したのは9時50分でしたが、すでに10人くらいの登山者が池の周辺でくつろいでしました。夜叉ヶ池(標高1099m)は、周囲230m、面積36a、最大水深7.7m、ハマグリの貝殻の形をした池で、水位は年間差約1mでほぼ一定だそうです。注ぎ込む沢も流れ出る川もないことから、直接降り注ぐ雨の他に伏流水が池に注ぎ込み、時間をかけて蒸発したり、地中深く染み出たりしているそうです。
e0110500_23521478.jpg
 ハマグリの貝殻の形をした夜叉ヶ池
e0110500_23523373.jpg
 夜叉ヶ池山と夜叉ヶ池

 池のそばには、夜叉龍神社の祠とヤシャゲンゴロウの説明が書かれた案内板がありました。ヤシャゲンゴロウは夜叉ヶ池だけに生息する固有種で、環境庁より「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づき「国内希少動植物種」に指定されているそうです(1996)。この希少な自然を保護するため、地元のボランティアがパトロールしていて、この日もパトロール員が池まで登ってきていたので、いろいろと説明を聞かせてもらいました。
e0110500_23551089.jpg
 池畔にある夜叉龍神社の小さな祠
e0110500_2354676.jpg
 ヤシャゲンゴロウの説明板

 池の水は結構澄んでいて、よく見ていると、ヤシャゲンゴロウが元気に泳ぎ回っていましたが、それ以上にイモリがたくさんいました。池畔の灌木にいくつもの白い袋状のものがいくつもついていましたが、これがモリアオガエルの卵でした。パトロール員の説明では、今年は雨が少なく、モリアオガエルの卵も乾燥してしまっているとか。それで、この卵からおたまじゃくしが落ちてくるのを、この卵のある下でイモリやヤシャゲンゴロウが待ち受けているそうです。
e0110500_2356339.jpg
 元気に泳ぎ回るヤシャゲンゴロウ
e0110500_23564526.jpg
 こちらは落ちてくるおたまじゃくしを待ち受けるイモリ
e0110500_2357282.jpg
 モリアオガエルの卵がぶら下がっています

 この夜叉ヶ池は、泉鏡花の戯曲で有名になったことは知っていましたが、その話の内容は知りませんでした。「夜叉姫伝説」とは次のようなものです。その昔、美濃の国神戸に郡司安八太夫という長者がいて、たくさんの田んぼをもっていた。ある年、大変な日照りが続き、安八太夫をはじめ多くの村人たちは途方に暮れていた。信心の厚い太夫はこれを救おうと毎日お宮にお参りして願いをかけていたところ、ある日乾き切った田んぼで小さな蛇に出会った。太夫はこの蛇に向かって、「お前が雨を降らせてくれたなら、どんな願いもかなえよう」と一人ごとを言って家へ帰った。太夫が家に帰ると、不思議に待ちに待った雨が降り出した。雨は、一日中降り続き、田んぼにたっぷりと水がたまり、農作物はみんな生き返った。村人たちは小おどりして喜びあった。その喜びも束の間、雨の翌日、蛇は山伏姿になって現れ、太夫の三人娘のうち中の娘を嫁にと連れて、揖斐川をのぼっていった。泣きながらつけた紅、白粉、水鏡に映った不憫な夜叉姫の面影を太夫は忘れることができなかった。その後、安八太夫は、たびたび夜叉ヶ池を訪ね、龍神となった夜叉姫の姿を偲ぶのであった。こうしたことがあってから、日照りが続くと村人たちは、紅、白粉を土産に、龍の池、夜叉ヶ池に捧げる習わしとなったと語り伝えられている。

 さて、オーバーユースの問題から池の周囲に設置された木道を通って、県境稜線に出たところ、岐阜県側の池ノ又谷ルートからたくさんの登山者が登ってくるのが見えました。この稜線を南に向かえば夜叉ヶ池山を経て三国岳(1209m)に通じています。夜叉ヶ池山までは岩稜の急登になっていますが、左手の斜面にはニッコウキスゲの花がたくさん咲き乱れており、今がピークなのかと思われました。その他にもアザミやイブキトラオノなどの花も見ることができました。
e0110500_2359421.jpg
 稜線に出たところになる標識(三国岳はひどいヤブ)
e0110500_011797.jpg
 ニッコウキスゲの花がきれいでした
e0110500_013122.jpg
 左手の斜面に咲き乱れるニッコウキスゲの花
e0110500_014579.jpg
 アザミの花に蝶がとまっていました
e0110500_02077.jpg
 イブキトラノオもたくさんありました

 急坂を登っていきながら振り返ると、次第に神秘的な夜叉ヶ池の全貌が見えてきて、その向こうに三周ヶ岳に伸びる稜線とその先に三周ヶ岳の姿がありました。左手をみると、何やら機械のようなものが設置してあるので、何かと思ったら、これはカメラでインターネットでライブ画像を送信しているということでした。
e0110500_042899.jpg
 いきなりの急登になっている夜叉ヶ池山への稜線
e0110500_055640.jpg
 振り返ると神秘的な夜叉ヶ池と三周ヶ岳が見えました

 10分ほどで夜叉ヶ池山に到着しましたが、ここには先客のグループがいて、早い昼食をとっている最中でした。ここから三国岳までは、漕ぎ甲斐のある激藪コースのようで、近畿百名山の中では最も登りにくい山のひとつと言われているようです。今日は三周ヶ岳が目的なので、三国岳はあきらめて、夜叉ヶ池山から引き返して、今度は三周ヶ岳をめざすことにしました。

 こちらも最初から急登になっています。最初のピークの手前から振り返ると、先ほど登った夜叉ヶ池山への稜線と夜叉ヶ池がよく見えています。
e0110500_010724.jpg
 夜叉ヶ池山への稜線と夜叉ヶ池

 ピークを越えると、下りとなりますが、いきなり藪漕ぎの中に突っ込んでいくことになりました。今日は覚悟の藪漕ぎです。すぐに2つ目のピークがやってきました。ここからは展望がよく、岩稜、P1252、そして三周ヶ岳へと続く稜線が見えています。
e0110500_011366.jpg
 2つ目のピークから三周ヶ岳への稜線を望む 

 まずは岩稜を2つ越えていくことになりますが、いずれも右側を回るようにして越えていきます。岩場を登っていくと、小さなピンクの花をつけたアカモノ(イワハゼ)が目に入ってきました。
e0110500_0141226.jpg
 岩稜は右を巻くように越えていきます
e0110500_0142518.jpg
 可憐なピンクの花をつけるアカモノ(イワハゼ)
e0110500_029190.jpg
 サラサドウダンも花も見られました

 岩稜を越えると、再び藪漕ぎの中に入っていきます。やがてP1252の左側を越えると、次のピークにやってきました。ここからは三周ヶ岳がよく見えてきます。その右の奥には能郷白山の姿も見えています。
e0110500_017890.jpg
 三周ヶ岳に続く稜線-右に能郷白山が見えています
e0110500_0345544.jpg
 能郷白山をアップで撮りました

 顔のあたりまである藪を漕ぎながら、鞍部に下り、再び登り返していきます。もう目の前に三周ヶ岳のこんもりとした姿が見えています。そろそろかなと思っていると、藪漕ぎからいきなり小さな広場に出ました。そこには10人くらいの登山者がいて昼食タイムになっていました。中心に一等三角点があり、ここが三周ヶ岳であることがわかりました。
e0110500_0195513.jpg
 こんもりとした姿の三周ヶ岳
e0110500_0222135.jpg
 三周ヶ岳の山頂の小さな広場は賑わっていました
e0110500_0223673.jpg
 大きな一等三角点がありました

 三周ヶ岳山頂には三角点以外には何もなかったのですが、登山者が次々とやってきて、所狭しとなっていました。普段は閑散としている山頂も、今日ばかりはよく賑わっていたようです。山頂からの展望はあまりよくなかったのですが、それでも東北方面に能郷白山を見ることができました。
e0110500_025136.jpg
 山頂広場から東北方面を望む-能郷白山が見えています

 山頂で昼食タイムにして、2、3人の登山者とワイワイと山の話をしながら、昼ごはんを食べました。結構楽しい時間が過ごせたことに満足して、帰路につきました。
e0110500_02759.jpg
 帰路、2つ目のピーク、その向こうに夜叉ヶ池山、さらに向こうに三国岳
e0110500_033459.jpg

<コースタイム>080614晴れ時々曇り
830岩谷川登山口 845夜叉ケ滝 850トチの木 950夜叉ヶ池 1010夜叉ヶ池山 1040夜叉ヶ池 1130▲三周ヶ岳(昼食)1230発 1320夜叉ヶ池1345発 1430登山口


by kitayama-walk | 2008-06-14 23:58 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(13)
Commented by らいむ at 2008-06-17 20:49 x
こんばんは はじめまして。 三周ヶ岳山頂でお会いしておしゃべりをした者です。 あの日の夜叉ヶ池は 賑わっていましたね。レポも続々登場して 思い出しながら読んでいます。

kitayama-waikさんも どの写真を使って どんな風にまとめられるのか 楽しみにしています。
あっ、プレッシャーはかけていませんから(笑)

またどこかの山で お会いしそうな予感が…
Commented by 三太夫 at 2008-06-17 22:36 x
 kitayama-walk さん、こんばんは。
 夜叉ヶ池へは、だいぶ前の秋、岐阜県側から紅葉の中を歩きました。このときのことを懐かしく思い出しました。
 ここへ行くには、名古屋からだと大変に遠く、なかなか出かける気にならないので、出かけたのはこれが最初で最後でした。
 そういえば、何処かのホームページに、三周ヶ岳の山頂の写真に貴方の作品に似たプレートが写っていました。下地が無垢ではなく、白に変わったようですね。
Commented by ERI♪ at 2008-06-18 00:57 x
今晩は。
絶滅危惧Ⅰ類!ヤシャゲンゴロウを検索して知りました。
ヤシャゲンゴロウさん、ゴメンなさいm(_ _)m人間が地球の自然をめちゃくちゃにするせいで、、、切ないです。
御近所に咲くニッコウキスゲを 今度株分けされる機会に 分けてもらうことになっています。咲き乱れてるって どんな感じなのでしょう?お写真が有りましたら Requestします。採用なるか!ボツか?
Commented by kitayama-walk at 2008-06-18 18:07
 らいむさん、ようこそ!
 三周ヶ岳山頂のLaunchタイムにお話ししたのはらいむさんでしたか。一度、ブログを訪問していただけると思っていました。ヨレヨレの三太夫さんも時々訪問してくれています。これからも時々覗いて、足跡を記して下さい。
 さて、肝心の山レポは現在整理作成中です。やはり、ちゃんとしたレポにしたいと思うと結構時間がかかりますね。乞うご期待!ですね。
Commented by junya_soma at 2008-06-19 23:36
こんばんは
私も土曜に三周ヶ岳でお会いした「Jun]です
短い時間でしたがらいむさんと共に楽しいランチタイムを過ごせました
早速ブログ拝見致しましたがいろいろ歩かれているのですね
私は気まぐれな登山が多く、山のレポは少ないです

また日曜の夜から風邪で高熱が続き、今週末の別山にはドクターストップがかかりました

また北陸の山にも来て下さいね、今度から私もあのプレート探しますわ

・・・三太夫さん、お会いした事はありませんがお名前はよく拝見しています
三周ヶ岳のプレートは私のアップした写真では?
Commented by kitayama-walk at 2008-06-21 00:48
 Junさん、ご訪問ありがとうございます。
 三周ヶ岳山頂での偶然の出会い-1時間ほどの短い時間でしたが、話が弾んで楽しい時を過ごすことができました。

 ご覧のとおり昨年秋から鈴鹿の山通いをしていましたが、ヒルシーズン到来ということで、こちらに逃げてきました。これから登ってみたいと思っている山は、経ヶ岳、冠山、大日ヶ岳、能郷白山、赤兎山、舟伏山などですね。荒島岳は一昨年の8月に暑い日に勝原スキー場から登りました。ブナがきれいな登山道でしたね。山頂には小さなお花畑があり、きれいだったことを思い出します。

 これからも時々ブログを訪問して、足跡を残して下さいね。
Commented by 温泉玉子 at 2008-06-21 08:02 x
kitayama-walkさん、おはようございます。
レポ拝見しました、コースの見どころ満載で素晴らしいです。
私が6/9に歩いた時は夜叉ヶ池までは何人か登山者に会いましたが、夜叉ヶ池稜線から三周ヶ岳往復では一人も会わずでした。
あと三周ヶ岳や夜叉ヶ池では虫が多くありませんでしたか?
三周ヶ岳であまりに虫が多く早々に立ち去り、夜叉ヶ池でもゆっくり昼食も取れずでしたね。
Commented by kitayama-walk at 2008-06-21 11:16 x
 三周ヶ岳・夜叉ヶ池は、毎年6月の第1日曜が山開きになっているようです。それから少し経ってからの方が見頃になるのでしょうか。

 6/9は月曜だったこともあってあまり人がいなかったのかも知れませんね。6/14は土曜だったので、たくさんの人が登ってきていましたよ。8時過ぎに登山口に着いたときには10台くらいの車がありました。それに、岐阜県側からも続々と登ってきたのを見ました。

 多くの人は夜叉ヶ池周辺で戻っていたようです。それでも三周ヶ岳まで足を延ばした人も結構いました。私は山頂に着いたときには、あの狭いところに10人くらいが座ってランチタイムしていましたから。私も1時間弱いましたが、その間にやはり10数人来ましたよ。

 しかし、山頂には虫はほとんどいませんでしたね。実際に1時間ほどいて、ごはんもしっかり食べて、コーヒーなども飲んだりしましたから。そういう意味ではラッキーだったのでしょうか。山頂で楽しくおしゃべりした、らいむさんとJunさんがこのブログを訪問してくれました。ありがたいことです。温泉玉子さんとも、いつか、どこかでお会いすることができるといいですね。
Commented by らいむ at 2008-06-21 13:07 x
 雨の週末 絶好のレポアップ日和になりましたね(笑)
あの時のことを思い出しながら 拝見しました。
 風景の写真は同じようになることはありますが 花の写真はたくさん咲いているモデルさんのどの表情を撮るか、迷いますね。
 今回驚いたのは、アカモノとサラサドウダンが、ほぼ同じ位置で写していたことです。 きっとピ~~ンときた所が同じだったのでしょうね。 証拠をお見せできないのが残念(笑)

他の山行も拝見しました。文字が大きいのも見やすいですし、過去のレポも整理されていて 大変見やすかったですよ。 これって大切なことだと思います。 今日は福井の方に遠征予定でしたが、雨のため中止、ネットで空想登山楽しむことにします。
では、またお邪魔しますね。  
良い山旅を! 
Commented by 山たまご at 2008-06-21 17:04 x
やっぱり夜叉ケ池は特別な場所ですね。小さな生き物たちの宇宙を見られる今が一番夜叉ケ池らしいときだと思います。ちょうどニッコウキスゲも彩りを添えてくれるのでいい具合です。。
岐阜から登ると滝は3つ。アップダウンも少なくファミリー向けだと思いました。どちら側からもピストンルートですが、一気通貫した人っていますかねえ。
三周ケ岳の藪は、以前ひよこさんと歩いて泣きましたが、まだ強情張ってますか。
Commented by Jun at 2008-06-21 23:18 x
三周&夜叉のブログ拝見しましたよ

私も写真だけ選択してあって後はコメント付けてアップする予定ですがkitayama-walkさんのブログがあまりに素晴らしく完成されていますので・・・

私にとってこのコースは地元ですのでいつもお散歩感覚、でも初めて登った人のコメントを見ているとこの自然を大事に守らねばとあらためて思います

私も体調はほぼ回復しましたが明日は雨ですしおとなしくしています
Commented by osami mizuno at 2009-09-28 14:53 x
はじめまして。2009.9.27.に夜叉ヶ池から三国岳へ登ってきたグループです。
1206m峰(通称夜叉ヶ丸 or夜叉姫ヶ岳) に貴殿作成と思われる「1206夜叉ヶ池山」のプレートが下がっていました。山名が違うので何かの間違いでは無いかと検索していたら貴殿のブログに出会い、拝見していたら1212mのピークを夜叉ヶ池山と認識しておられるようで、そこから三周ヶ岳へ向かっておられます。1206m峰への記述が無く登っておられないようなのに、どうしてあそこ夜叉ヶ池山のにプレートが有るのかどうも合点がいきません。
素人は標識が頼りですので、あれでは山名を誤認されてしまいますが?何か根拠が有ったら教えて下さい。
Commented by kitayama-walk at 2009-09-28 17:35 x
 書き込み・ご指摘ありがとうございます。
 貴殿が不思議に思われるのも無理がないと思っております。確かに、
貴殿がご指摘されるとおり、2008.6.14にはP1206までは行っておら
ず、P1212までしか登っておりません。しかも、ここを夜叉ヶ池山と勘違
いしておりました。その根拠は、山と渓谷社「関西周辺の山250」の287
頁の地図にP1212=夜叉ヶ池山と記載してあったからです。

 ところが、実は、私は、今年2009.6.14にも三周ヶ岳に登っており、こ
のときは、岐阜側から登り、夜叉ヶ池峠からまず三国岳までヤブ漕ぎし
て到達しました。それから、夜叉ヶ池峠まで引き返し、今後は三周ヶ岳ま
でピストンしたのです。つまり、今年はP1206が夜叉ヶ池山と認識しての
山行となったのです。P1206=夜叉ヶ池山という認識の根拠は、山と渓
谷社「新分県登山ガイド19福井県の山」54頁で宮本数男氏の記述を参
考にしました。

 因みに、ご指摘のプレートの裏側には登山日が記載してあったと思い
ますが、2009.6.14となっているはずです。奇しくもその1年前の200
8.6.14にも登山しておりますので、勘違いされたものと存じます。


<< リトル比良 (準備中)      天城連山縦走 (準備中) >>