山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 01月 13日

瓢箪崩山へ早朝登山

 今朝は、早起きして、自宅の近くの瓢箪崩山(ひょうたんくずれやま)に早朝登山してきた。瓢箪崩山とは、何とも滑稽な名前である。瓢箪が横に倒れ、崩れた形をしているように見えるところから、付けられたという。

 午前5時半に起き、身支度をして、三宅八幡バス停まで歩いていく。外は夜明け前でまだ真っ暗だ。三日月が東の空に輝き、星も光っている。大原行き始発の京都バスは6時20分だ。乗客は私の他には2人だけ。15分ほどで戸寺バス停に着いた。ここにはセブンイレブンのコンビニがあるので、朝食のおにぎりとお茶を買う。コンビニの駐車場から南方向を見ると、なるほど瓢箪が横になって崩れているとも見れる山容だ。北方向を見ると、大原三山の金毘羅山と翠黛山が並んで見える。

 コンビニの南から北山トレイルの標柱に従い、坂を下り、高野川にかかる元井出橋を渡り、すぐに三叉路に出るので、ここを左手に進む。間もなく、右手に「井出の棚田」と呼ばれるところがある。田口さんというお家が代々耕作してきた大小20枚の田んぼが道をはさんである。
e0110500_21483531.jpg


More

# by kitayama-walk | 2007-01-13 19:59 | 京都北山 | Comments(1)
2007年 01月 08日

この3連休はつまらなかったな(^^;)

 この3連休はつまらなかったな。どうしてかというと、6日(土)は比較的暖かったけれど雨模様だった。7日(日)は全国的に発達した低気圧の影響で荒れ模様だった。8日(祝)もその余波が続いたからだった。3連休なので、そのうち2日は山に行けると思っていたもくろみが見事に裏切られたな。自然には勝てないので、しゃあないな(^^;)とあきらめる。

 しかし、猛烈に発達した低気圧は全国的な猛威を振るい、山岳遭難事故が相次いだとのニュースが届いた。北アルプス・白馬乗鞍岳に山スキーに入った神戸の夫婦が下山中、道に迷ってビバーク(自力下山)。志賀高原の焼額山スキー場でスノーボード中の岐阜県の男性6人が道に迷い行方不明になった(捜索隊により全員無事救出)。中央アルプス・宝剣岳に登った埼玉県の男性が行方不明になった(未救出)。

 昨年10月初旬にも急に発達した低気圧の影響で山岳遭難事故が相次いだことが記憶に新しいばかり。今回も含めて、天気予想図をきちんと確認しておれば、低気圧が猛烈な勢いで発達することは予想し得たと思われるのですが、どうだったのですかねぇ。

 私のように、冬山は京都北山や比良山系のような低山にしか行かないものであっても、やはり遭難は怖い。天候はもちろんのこと、ルートをよく確認して、いつでも引き返せるようにしている。それでも、山の天候の変化は著しい。晴れていたのが、あっと言う間にかき曇り、吹雪になることは経験ずみ。

e0110500_22113857.jpg

2005/12/17峰床山の尾根筋で吹雪かれたときの様子
 

# by kitayama-walk | 2007-01-08 21:53 | Comments(0)
2007年 01月 04日

初歩きはナッチョ(天ヶ森)

 今年の初山歩きはどこにしようかとちょっと思案。最初なのでハードなのは避けて、お手軽コースにし、ナッチョと呼ばれる山(別名は天ヶ森)にした。ナッチョは標高812.6mで、京都府下では35位とまあまあ高い方だ。どこにあるかというと、大原の北方、皆子山の南方、花背の東方、花背峠の西方である。

 まずは、三宅八幡バス停から朽木行きの京都バス(1日2本しかない)に乗り、花折峠口バス停で下車した。ここにちょうど花折峠に登る林道入口がある。

e0110500_2059650.jpg

 今は花折トンネルがあるので峠越えはしないのであろうが、その昔は、この花折峠を歩いて越えていたのだろう。花折峠口からの林道は舗装してあり、てくてくと登って行くと、間もなく花折峠に着いた。峠には石碑があり、ここが花折峠だとすぐに分かる。

More

# by kitayama-walk | 2007-01-04 23:59 | 京都北山 | Comments(1)
2007年 01月 01日

山好き的日々を送るブログ開設

 私は、京都・岩倉に在住している49歳です。

 10年ほど前、ふとしたことから、山を歩くようになり、自然に触れ、親しむ楽しさを知りました。健康維持にも、日常のさまざまなストレスの解消になっています。また、山を歩いていると、山野草がたくさん咲いていることに気づきました。今ではすっかり山歩きにはまってしまっており、山好き的日々を送っております。

 毎回山を歩いていると、いろいろな風景に出会い、素晴らしい体験をすることができます。その体験を書き留めて、みなさんに楽しんでいただければ幸いと思い、このブログを立ち上げることにしました。

e0110500_22101586.jpg
 三国峠からの展望 2004/11/23

# by kitayama-walk | 2007-01-01 20:00 | Comments(0)