山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 07月 04日

三国岳から三国峠へ-芦生研究林の外周を歩く

【日 付】 2015年7月4日(土)
【天 候】 曇り一時雨
【山 域】 京都北山
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 9:20登山口(禿尻橋)-9:50倉ヶ谷分岐-10:00ロクロベット谷-10:15逆U字の木-10:35石塔-10:40岩谷峠-11:20▲三国岳11:30-11:55岩谷峠-12:35P818(カベヨシ)-13:20地蔵峠-13:35P727-14:10▲三国峠15:00-15:20生杉休憩所(自転車デポ地)

 このところ京都北山に登っていない。ちょっと調べてみたところ、2013/5/12が最後になっている。ということで、久しぶりに北山に足を運ぶことにした。さて、どこの山に登るか、ちょっと思案したが、芦生に近い三国岳(959m)と三国峠(776m)の縦走をすることにした。三国峠は、峠とはいうものの山頂であり、若丹国境尾根と江若国境尾根の接点になっていて、近江・若狭・山城の国境である。三国岳の方は、近江・丹波・山城の国境になっている。地形図では両方とも三国岳と記されているので、この2つの三国岳を区別するために、地元では三国峠でない三国岳を「さんごくだけ」と呼んでいる。

e0110500_1892595.jpg
 岩谷峠に向かう尾根上にある逆U字の変形木

More

# by kitayama-walk | 2015-07-04 23:06 | 京都北山 | Comments(0)
2015年 05月 10日

超ロングな佐目子谷周回コース満喫

【日 付】 2015年5月10日(日)
【天 候】 晴れ
【山 域】 鈴鹿
【メンバー】 keikoku、クロオ、Kasaya、kitayama-walk

【コース】 6:00佐目子谷橋-7:55▲カクレグラ-9:20タイジョウ9:30-10:05P1084-10:15佐目峠-10:35イブネ10:45-10:50イブネ北端-11:00クラシ-11:15銚子12:00-12:20P1022-12:35舟窪-12:55大峠の頭-13:05大峠-13:15水舟の頭-13:30西峰-13:40中峰-13:50▲銚子ヶ口14:00-14:15中峰-15:25P1016-15:35P971-15:50▲黒尾山16:00-16:45P681-17:00庭戸山-17:20丸山-18:05蓼畑

 雪山シーズンが終わり鈴鹿に戻ってきた。ヤマビルの出没する前の日の長い時期だけにロングなコースを歩きたい。そこで、佐目子谷橋のたもとから巡視路を使って取り付き、カクレグラ(水谷岳)に向かい、タイジョウから佐目峠を経てイブネ・クラシに登り、次は銚子ヶ口まで縦走し、杠葉尾に下山するという計画を立ててみた。これをkieikokuさんとクロオさんに話すと、二人とも銚子ヶ口からは黒尾山経由で下山したいという。どれくらいの時間がかかるかわからない。遅くとも午後4時を回っていたら黒尾山はあきらめて杠葉尾に下るということにした。このときは黒尾山経由の場合は少なくとも下山に3時間はかかるだろうと思っていたのでスタートを午前6時にすることにした。これにKasayaさんも加わって、籾糠山・猿ヶ馬場山以来の4Kの山行となった。

e0110500_2357022.jpg
 タイジョウ・アゲンギョ間の尾根から大峠の頭、銚子ヶ口を望む

More

# by kitayama-walk | 2015-05-10 23:52 | 鈴鹿山系 | Comments(0)
2015年 05月 05日

雨乞岳・イハイガ岳-五月晴れの清水頭でランチ

【日 付】 2015年5月5日(祝)
【天 候】 快晴
【山 域】 鈴鹿
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 8:35鳴野橋(駐車地)-8:40巡視路取付-9:00鉄塔1(L159)-9:15鉄塔2(L158)-9:20鉄塔3(R159)-9:25P697-10:10P888-10:30向山-11:05イハイガ崩壊地-11:40イハイガ岳11:50-12:30大峠-13:15P1014-13:30清水頭14:00-14:30南雨乞岳-14:50雨乞岳15:00-15:20杉峠-15:35一反ぼうそう-15:50向山鉱山跡-16:10蓮如上人旧跡-16:20ツルベ谷出合-16:30桜地蔵尊-16:45善住坊隠れ岩-16:55鳴野橋(駐車地)

 5月5日はこどもの日(祝日)で、五月晴れの天気予報。これで山に登らなくて何になろう(後悔するぞ!)。ということで、白山北方の百四丈滝見の一泊登山後、中一日おいて出かけることにした。ターゲットは鈴鹿の雨乞岳だ。今年1月初旬に積雪のため杉峠で敗退しているのでリベンジの意味もある。どういうルートで登るかであるが、基本はロングで周回である。知人の山本さんが1か月前に歩いたコースを参考にして決めた。甲津畑の岩谷林道入口手前に送電線巡視路から取り付き、まずは向山経由でイハイガ岳に登る。このコースは未踏であり、イハイガ岳北面の崩壊の様子を見てみたい。イハイガ岳からは雨乞岳までは尾根の縦走だが、これまで大峠から雨乞岳に登ったこと、反対に雨乞岳から綿向山に縦走したことの2回ある。いずれも晴天に恵まれたが、今回も好天の下、大展望の広がる清水頭の草原を歩いてみたい。そして、雨乞岳からは杉峠に下り、さらにタイジョウ経由で、時間的余裕があればカクレグラ(水谷岳)まで周回してみよう。

e0110500_1162557.jpg
 清水頭から雨乞岳を望む

More

# by kitayama-walk | 2015-05-05 23:04 | 鈴鹿山系 | Comments(0)
2015年 04月 26日

妙法山から野谷荘司山ぐるりん周回

【日 付】 2015年4月26日(日)
【天 候】 晴れ
【山 域】 両白山地
【メンバー】クロオ、kitayama-walk

【コース】 5:30ゲート(駐車地)-6:00くるみ谷出合-7:45P1128-9:00P1491-10:10美濃原山(P1756)-10:45▲妙法山12:00-12:30美濃原山-13:15P1780-13:50▲野谷荘司山14:00-14:15赤頭山分岐-14:35P1602-15:15P1324-16:30林道出合-16:50ゲート(駐車地)

 先週(4/18)猿ヶ馬場山に登ったが、帰雲山を経由して下山中に正面に白山スカイラインが浮かんでいた。白山本峰から北に連なる山々が印象的であり、「おいでおいで」と呼んでいるかのように思われた。お誂え向きに今週末が好天に恵まれるという予報である。こうなったら登らねばならぬという思いがむくむくとわき起こってきた。そこで日帰りで登れる山を調べたところ、三方岩岳(1736m)、野谷荘司山(1797.3m)、妙法山(1775.6m)が候補である。3つ一遍というわけにはいかないので、ピラミダルな山容が印象的だった妙法山と野谷荘司山の2つをセットにして周回できるコースを探った。野谷橋から荒谷に入り、途中のくるみ谷出合から少し入ったところから取り付き、P1128、P1491を経由して稜線に到達し、妙法山までピストン。その後、稜線伝いに野谷荘司山に向かい、鶴平新道を下り、途中でP1324を経由して駐車地に戻るという計画を立ててみた。

e0110500_19275967.jpg
 ピラミダルな山容の妙法山

More

# by kitayama-walk | 2015-04-26 23:26 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2015年 04月 18日

籾糠山から猿ヶ馬場山へ「ぐるりんぽん!」

【日 付】 2015年4月18日(土)
【天 候】 晴れ
【山 域】 天生山地
【メンバー】クロオ、Kasaya、keikoku、kitayama-walk

【コース】 5:45ゲート(P600)-8:30▲保谷(1400.6m)-9:20P1393-10:40▲籾糠山10:50-10:55ランチ場11:50-12:00大瀬戸谷源頭-12:55JCP-13:15猿ヶ馬場山13:40-13:55三角点峰-14:45帰雲山-15:00P1528-15:25P1336-15:50林道出合-16:40白川郷(下山口)

 籾糠山と猿ヶ馬場山-この2つの山は天生山地の代表的な山である。猿ヶ馬場山のことを知ったのは、高木泰夫氏の「奥美濃」(ヤブ山登山のすすめ)を読んだことがきっかけであった。年代は不明であるが、5月初めの残雪期に京大の今西錦司先生ら5人で飛騨河合から横谷林道を使って、まず籾糠山に登り、次いで猿ヶ馬場山に到達したことが書かれている。私は、2012/7/16にbiwacoさんと二人で天生峠から一般登山道で籾糠山に登り、さらにやぶこぎして猿ヶ馬場山に行こうと試みたことがあった。しかし、籾糠山から先はヤブが濃密で、しかも前夜の雨で濡れている。濡れ激ヤブに跳ね返されて退却したわけである。

 調べてみると、猿ヶ馬場山はやはり残雪期に結構登られている山で、しかも白川郷集落の裏から帰雲山を経由してピストンするのが大半であった。しかし、単にピストンするだけでは面白くない。籾糠山とセットにして周回できないかと検討してみた。天生峠に行くR360の堰堤のあるヘアピンカーブ(P600)の先のゲートから右手の山腹に取り付き、保谷三角点(1400.6m)、P1393を通過して、籾糠山の山頂に到達。さらに郡界尾根を辿り、P1720を経由しP1818から猿ヶ馬場山に向かう。下山は、帰雲山を経由して、P1528、P1336を通過し、宮谷西尾根を辿り、大沼山三角点(1062.1m)からR360に着地するという計画である。このロングコースをいつ実行するか。やるなら残雪期の4月で天気のいいときでなければならない。ということで2013年、2014年と経過し、2015/4/18晴天が保証される日がやってきたのだった。

e0110500_23173093.jpg
 籾糠山から猿ヶ馬場山を望む

More

# by kitayama-walk | 2015-04-18 23:15 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2015年 03月 28日

野伏ヶ岳・薙刀山-石徹白の白き峰に登る!

【日 付】 2015年3月28日(土)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 越美国境
【メンバー】クロオ、Y田、kitayama-walk

【コース】 7:25白山中居神社-8:40和田山牧場跡-9:25ダイレクト尾根末端-11:00▲野伏ヶ岳11:30-11:50薙刀平-12:30▲薙刀山14:00-14:40推高谷源頭-15:20和田山牧場跡15:30-16:20白山中居神社

 石徹白(いとしろ)という地名の響きがよい。この山域は、いわゆるヤブ山であり、積雪期(とはいっても残雪期になる)にこそ登山が可能になる。そんな石徹白を代表するのが三百名山にも選定されている野伏ヶ岳(1674.3m)である。初めてこの山を訪れたのは2011/3/27のことであった。このときは、ダイレクト尾根の中腹を急登して尾根に取り付き、野伏ヶ岳から薙刀山に向かい、周回した。次は、2013/3/23にクロオさんとKasayaさんの三人でダイレクト尾根の末端から野伏ヶ岳に登り、さらに薙刀山に登ったのだが、薙刀の山頂で矢問さん&Mickeyさんとばったり遭遇したことを思い出す。そして一昨年は2013/4/13-14と、神鳩ノ宮避難小屋に泊まり、丸山→初河山を周回した。このとき、避難小屋で兎夢さんととっちゃんと遭遇し、一夜を共にした。さらに2014/4/26は、biwacoさんと二人で小白山(北峰・南峰)に登り、やぶこぎ10時間の記憶が新しい。

e0110500_9884.jpg
 野伏ヶ岳山頂から、白山・別山を望む

More

# by kitayama-walk | 2015-03-28 23:03 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)