山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 21日

ひとりきりのダイラ-三国岳・横根三山を巡る山旅

【日 付】 2015年11月21日(土)
【天 候】 晴れ時々曇り
【山 域】 鈴鹿北部
【メンバー】 kitayama-walk(単独行)

【コース】 8:15百々女鬼林道分岐(駐車地) 8:20二の谷川 8:35鉄塔1 8:50鉄塔2 9:00P670 9:20P769 10:00P794 10:15稜線出合 10:30焼尾山10:40 11:20三国岳最高点11:30 11:40三国岳 11:45 12:00三国岳三角点 12:20鉄塔3 12:25ダイラ分岐 12:45ダイラ13:30 14:00ダイラ分岐 14:15ダイラの頭 14:40P676 15:15東ヨコネ 15:40ヨコネ15:50 16:20ヨコネ最高点 16:45権現谷林道 17:55百々女鬼出合 18:00駐車地


 先週11/15に開催されたやぶこぎオフ会inダイラには都合が悪くて参加することができなかった。そこで1週間遅れで訪ねてみることにした。もともと11/8に開催される予定で参加するつもりだったが、雨で順延となったため参加することができなかった。ダイラには岐阜県側の阿蘇谷からのアプローチが通常であるが、今度は滋賀県側からアプローチしてみることにした。その場合は三国岳を絡めて行くことになるが、周回ということになると、百々女鬼(鳴川)林道入口を起点とし、さらにヨコネ(横根)にも立ち寄るというロングコースを設定して歩いてみることにした。

e0110500_15323669.jpg
 烏帽子岳、三国岳(双耳峰)、焼尾山を望む-ヨコネ付近から

More

by kitayama-walk | 2015-11-21 23:27 | 鈴鹿山系 | Comments(0)
2015年 11月 07日

愛知川(神崎川)源流を訪ねて-お金神社参詣と紅葉を求めて

【日 付】 2015年11月7日(土)
【天 候】 曇り
【山 域】 鈴鹿中部
【メンバー】 kitayama-walk(単独行)

【コース】 8:05朝明駐車場 8:10中峠分岐 8:40曙滝 9:05中峠 9:25金山 9:50ハト峰峠 10:20ヒロ沢出合 10:55P843 11:10キツネ峠 11:20塔ノ峰 11:25お金峠 11:30お金明神11:45 11:55お金峠 12:05コリカキ場12:55 13:15ワサビ谷出合 13:40ワサビ峠 14:00マキガ平谷分岐 14:10大蔵鉱山跡 14:20オゾ谷出合 14:30クラシ谷出合 14:35 タケ谷渡渉点 14:55上水晶谷分岐 15:00根の平峠 15:40朝明駐車場

 11月8日予定されていたやぶこぎのオフ会が雨予報のため早々と延期の知らせがあった。しかし、前日の7日はまだ曇り時々晴れの予報のままだ。ということで、久しぶりに鈴鹿の山にでかけることにした。天気があまりよくないということなので眺望を求めることなく、晩秋の気配を楽しむことにした。前夜考えたのは、朝明からハト峰経由でヒロ沢に下り、お金明神に参詣した後、コリカキ場に下り、谷尻谷を散策して、ワサビ峠を経由して愛知川に戻り、根の平峠を越えて朝明に帰着するというプランだ。7時間程度で歩けるコースなので暗くなる前に戻ることができるという読みである。

e0110500_19303551.jpg
 北谷尻谷分岐のコリカキ場にて

More

by kitayama-walk | 2015-11-07 23:17 | 鈴鹿山系 | Comments(0)
2015年 11月 03日

大熊三山を駆け抜けろ-迷岳・白倉山・古ヶ丸山

【日 付】 2015年11月3日(祝)
【天 候】 晴れ時々曇り
【山 域】 大台
【メンバー】 クロオ、kitayama-walk

【コース】 7:30八知山林道駐車地 7:45登山口 8:30口迷岳 8:35桃の木平 8:50見晴岩9:10▲迷岳9:20 9:45柚子の木平(P1285) 10:20大熊谷の頭 11:15P1188 11:35白倉山12:55 13:05大熊落とし 13:30八景山 14:00▲古ヶ丸山14:10 14:35奥芋口(林道コース分岐) 14:55清治山 15:05▲柁山 15:55犂谷公園(下山口)

 2013/11/23の晴天の日に犂谷公園から古ヶ丸山経由で白倉山までピストンした。このとき犂谷公園のところを大きな掲示板があり、「大熊三山登山道コース」が紹介されていた。歩行距離14㎞、歩行時間約9時間というのは大したことはないが、日帰りするならば、登山口と下山口が離れているため、これを結ぶには車2台が必要である。それに八知山林道については、標高750mまで車で入れるとある。それならば、誰かを誘って行くしかない。春か秋の天気のよい日を待っていたところ、この11月3日(文化の日)が好天の予報である。そこでクロオさんをお誘いして二人で大熊三山を駆け抜ける山行を実行することにした。なお、山日和さんは、2001/10/13に単独行で大熊谷から谷を詰めて口迷岳に登り、それから大熊三山を駆け抜けている。最後は、当然ヘッドランプ点灯の闇下となっている。私にはそんな芸当はできないので、おとなしく車2台でのチャレンジである。

e0110500_17201521.jpg
 大熊三山案内図

More

by kitayama-walk | 2015-11-03 23:54 | 台高・大峰山系 | Comments(0)