山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 10日

超ロングな佐目子谷周回コース満喫

【日 付】 2015年5月10日(日)
【天 候】 晴れ
【山 域】 鈴鹿
【メンバー】 keikoku、クロオ、Kasaya、kitayama-walk

【コース】 6:00佐目子谷橋-7:55▲カクレグラ-9:20タイジョウ9:30-10:05P1084-10:15佐目峠-10:35イブネ10:45-10:50イブネ北端-11:00クラシ-11:15銚子12:00-12:20P1022-12:35舟窪-12:55大峠の頭-13:05大峠-13:15水舟の頭-13:30西峰-13:40中峰-13:50▲銚子ヶ口14:00-14:15中峰-15:25P1016-15:35P971-15:50▲黒尾山16:00-16:45P681-17:00庭戸山-17:20丸山-18:05蓼畑

 雪山シーズンが終わり鈴鹿に戻ってきた。ヤマビルの出没する前の日の長い時期だけにロングなコースを歩きたい。そこで、佐目子谷橋のたもとから巡視路を使って取り付き、カクレグラ(水谷岳)に向かい、タイジョウから佐目峠を経てイブネ・クラシに登り、次は銚子ヶ口まで縦走し、杠葉尾に下山するという計画を立ててみた。これをkieikokuさんとクロオさんに話すと、二人とも銚子ヶ口からは黒尾山経由で下山したいという。どれくらいの時間がかかるかわからない。遅くとも午後4時を回っていたら黒尾山はあきらめて杠葉尾に下るということにした。このときは黒尾山経由の場合は少なくとも下山に3時間はかかるだろうと思っていたのでスタートを午前6時にすることにした。これにKasayaさんも加わって、籾糠山・猿ヶ馬場山以来の4Kの山行となった。

e0110500_2357022.jpg
 タイジョウ・アゲンギョ間の尾根から大峠の頭、銚子ヶ口を望む

More

by kitayama-walk | 2015-05-10 23:52 | 鈴鹿山系 | Comments(0)
2015年 05月 05日

雨乞岳・イハイガ岳-五月晴れの清水頭でランチ

【日 付】 2015年5月5日(祝)
【天 候】 快晴
【山 域】 鈴鹿
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 8:35鳴野橋(駐車地)-8:40巡視路取付-9:00鉄塔1(L159)-9:15鉄塔2(L158)-9:20鉄塔3(R159)-9:25P697-10:10P888-10:30向山-11:05イハイガ崩壊地-11:40イハイガ岳11:50-12:30大峠-13:15P1014-13:30清水頭14:00-14:30南雨乞岳-14:50雨乞岳15:00-15:20杉峠-15:35一反ぼうそう-15:50向山鉱山跡-16:10蓮如上人旧跡-16:20ツルベ谷出合-16:30桜地蔵尊-16:45善住坊隠れ岩-16:55鳴野橋(駐車地)

 5月5日はこどもの日(祝日)で、五月晴れの天気予報。これで山に登らなくて何になろう(後悔するぞ!)。ということで、白山北方の百四丈滝見の一泊登山後、中一日おいて出かけることにした。ターゲットは鈴鹿の雨乞岳だ。今年1月初旬に積雪のため杉峠で敗退しているのでリベンジの意味もある。どういうルートで登るかであるが、基本はロングで周回である。知人の山本さんが1か月前に歩いたコースを参考にして決めた。甲津畑の岩谷林道入口手前に送電線巡視路から取り付き、まずは向山経由でイハイガ岳に登る。このコースは未踏であり、イハイガ岳北面の崩壊の様子を見てみたい。イハイガ岳からは雨乞岳までは尾根の縦走だが、これまで大峠から雨乞岳に登ったこと、反対に雨乞岳から綿向山に縦走したことの2回ある。いずれも晴天に恵まれたが、今回も好天の下、大展望の広がる清水頭の草原を歩いてみたい。そして、雨乞岳からは杉峠に下り、さらにタイジョウ経由で、時間的余裕があればカクレグラ(水谷岳)まで周回してみよう。

e0110500_1162557.jpg
 清水頭から雨乞岳を望む

More

by kitayama-walk | 2015-05-05 23:04 | 鈴鹿山系 | Comments(0)