山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 19日

伯母子岳-世界遺産「小辺路」の名峰

【日 付】 2014年5月19日(月)
【天 候】 晴れ後曇り
【山 域】 紀伊山地
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 伯母子道入口-▲口千丈山-焼山太尾の頭-牛首山-牛首の鼻(巻き道分岐)-伯母子岳-伯母子峠-十字路(大股分岐)-尾根道分岐-牛首の峰-口千丈山-伯母子道入口

 自由法曹団の5月集会が白浜で開催されたが、これを機会に紀伊山地の山に登ってみようと思った。どの山に登るか思案したが、二百名山で和歌山県最高峰の護摩壇山(1372m-実はこの東にある龍神岳1382mの方が高かった)から近い伯母子岳(1344m)に登ることに決めた。調べてみると、伯母子岳は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」のひとつ、高野山と熊野本宮を結ぶ熊野古道「小辺路(こへち)」が伯母子峠にある。なかなか歴史と由緒がありそうな山だと分かった。

 それでどこから登るか。護摩壇山近くの林道奥千丈登山口(伯母子道)か、野迫川の大股集落である。白浜からのアクセスを考えると前者という選択となった。基本的には伯母子道のピストンになるが、この伯母子道には、ブナ、ヒメシャラ、ミズナラなどの原生林が残っており、この時期は、ミツバツツジ、レンゲツツジ、シロヤシオなどのツツジ系の花が楽しむことができた。伯母子道自体は軽四輪が通行することができるほどの幅員があり、緩やかなアップダウンとなっていたが、このアップダウンが曲者で、緩やかなれど頻回に繰り返されるもので、意外と疲労感のある行程であった。

e0110500_1223998.jpg
 牛首山付近から牛首の峰を望む


More

by kitayama-walk | 2014-05-19 23:19 | 日本二百名山 | Comments(0)
2014年 05月 10日

堂満岳-シャクナゲ満開の季節

【日 付】 2014年5月10日(土)
【天 候】 晴れ
【山 域】 比良山系
【メンバー】kitayama-walkほか13名

【コース】 8:35イン谷口-9:10ノタノホリ-9:45東陵尾根-11:00堂満岳12:15-12:50金糞峠-13:15北比良峠13:35-14:15カモシカ台-14:50大山口-15:10イン谷口-15:40比良とぴあ

 京都弁護士会の春のレクリエーションとして、毎年軽登山を担当している。この3年ほど鈴鹿の山(入道ヶ岳、竜ヶ岳、釈迦ヶ岳)に登ってきたが、今年は久しぶりに比良山系の山にした。ちょうど季節柄、シャクナゲが満開の季節というので、堂満岳に登ることにした。堂満岳は比良山系のちょうど真ん中に位置し、山頂北側には堂満ルンゼというガレ場があり、アルペンチックな雰囲気をもち、また山頂付近は比良山系有数のシャクナゲの自生地になっている。情報によると、今年はシャクナゲが当たり年で満開になっているという。登山コースとしては、一般的なルートとなっている、イン谷口から比良山系最大の池であるノタノホリを経由し、堂満東陵道を辿って山頂に至り、その後金糞峠からシャクナゲ尾根を北比良峠まで歩き、ダケ道を下り、カモシカ台を経て大山口からイン谷口に戻ることにした。

 当日は朝から晴天に恵まれた。JR比良駅からイン谷口までバス運行が昨年から再開されている(3/21~11/30の土日祝のみ)。8:20発のバスは満員となった。イン谷口からは、武奈ヶ岳に登る人が多く、堂満岳方面は私たちほかには10人ほどである。登りは順調に歩いた。東陵道を登っていくと、次第にシャクナゲの花が見えるようになってきた。確かに今年は当たり年のようだ。東陵の急登も登り切ると、コースタイムの3時間より早く堂満岳山頂に到着した(11:00)。さあ、お目当ての焼肉パーティーの開催である。持参した牛肉は何と900g-焼肉ジュージュー、冷えたビールもうまい!あっという間に堂満岳山頂の焼肉宴会も終了。山頂からは、シャクナゲ尾根を満開のシャクナゲを愛でながら歩いた。途中、堂満のガレ場を見たり、琵琶湖の風景やコヤマノ岳、武奈ヶ岳などの眺望も得られた。金糞峠を経て北比良峠までやってくると、昔あったリフトの山頂駅跡が広場になっている。ここからは武奈ヶ岳や蛇谷ヶ峰などの比良山系が望めた。あとはダケ道をどんどん下ってカモシカ台を経て大山口に下り、イン谷口に戻った。ダケ道は久しぶりに歩いたが、歩きやすい道になっている。イン谷口からは20分ほど歩いて「比良とぴあ」温泉に立ち寄って汗を流した。

e0110500_17133084.jpg
 シャクナゲ満開の堂満岳山頂にて


by kitayama-walk | 2014-05-10 23:11 | 比良山系 | Comments(0)