<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 29日

経ヶ岳-福井県内最高峰に登る

【日 付】 2014年3月29日(土)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 奥越
【メンバー】クロオ、kitayama-walk

【コース】 奥越高原青少年自然の家(駐車地)-三角山-林道登山口(展望所)-▲保月山-杓子岳-中岳-切窓-▲経ヶ岳-中岳-杓子岳-P1215-林道出合-林道登山口(展望所)-三角山-奥越高原青少年自然の家(駐車地)


 3月も下旬になると雪が少なくなり、今年は特に寡雪ということもあって、雪を求めて奥美濃から福井の山に行こうと考えた。週末の天気予報も次第によくなり、嶺北の方が晴れ予報になっていた。福井の山といえば、今年のスノー衆パート3(2/22)で縫ヶ原山に登っているが、このとき見た雪をかぶった荒島岳と経ヶ岳の印象的であったことから、どちらに登ろうか思案した。荒島岳には無雪期にはもちろん残雪期(2009/3/1)にも登っている。これに対し、経ヶ岳には無雪期に2度登ったことはあるが、積雪期には未踏であることから、今回が経ヶ岳に登ろうと決めた。早速クロオさんに声を掛けたところ、3/29は空いているということだったので、一緒に登ることにした。

 経ヶ岳は、岐阜県境の山を除くと、福井県内最高峰(1625.2m)であり、三角点のある南峰と吊り尾根で結ばれる北峰(1609m)からなる双耳峰である。登山ルートは、「福井の雪山」「福井の雪山Ⅱ」でいくつか紹介されているが、最もポピュラーな杓子尾根コースで登ることにした。このルートなら無雪期に歩いていることもあっておおよその感じがわかる。しかし、案内によると、保月山から杓子岳に至る間がヤセ尾根の難所であるとされている。下山は、杓子岳から南尾根を下り、P1215を経て林道に降り立つルートを考えた。

e0110500_2475256.jpg
 中岳付近から経ヶ岳(南峰)を望む


More

by kitayama-walk | 2014-03-29 23:40 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2014年 03月 23日

鷲ヶ岳・白尾山-快晴下の縦走実現!

【日 付】 2014年3月23日(日)
【天 候】 快晴
【山 域】 東美濃
【メンバー】クロオ、kitayama-walk

【コース】 立石キャンプ場(駐車地)-市境界峠(取付点)-P1279-▲鷲ヶ岳北(三角点峰)-▲鷲ヶ岳-P1653-P1677-▲白尾山-カワズ洞分岐点-尾根末端-林道出合-車デポ地

 鷲ヶ岳にはこれまで積雪期に2度登ったことがある。最初は、ホワイトピアたかすスキー場のリフト上端から取り付こうとしたが、スキーかボードをもっていないとリフトに乗せてもらえなかったので、林道を遡って立石キャンプ場手前の除雪最終地点から登山道を歩いてピストンした。2回目は、鷲ヶ岳スキー場からゲレンデ端からホワイトピアたかすスキー場のリフト上端(見晴し平)まで登り、藤原頼保公の顕彰碑とお堂が祀られているいっぷく平を経由して山頂までピストンした。鷲ヶ岳の山頂から眺めると南に延びる尾根は白尾山に続いている。いくつかのピークを越えながら白尾山まで縦走してみたいという思いを抱いた。

 鷲ヶ岳から白尾山まで縦走するには、①晴天が約束されていること、②車2台の確保が必要条件となる。そこで3月下旬の三連休に計画しようとクロオさんに相談したところ、快諾していただいた。三連休の2日目か最終日か、どちらかに決めかねていたが、予想天気図からすると最終日の方がよさそうである。最終的には三連休の初日に3/23に実施することを決めた。

e0110500_0585690.jpg
 鷲ヶ岳山頂から白山方面の展望

More

by kitayama-walk | 2014-03-23 23:55 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2014年 03月 16日

北八ヶ岳-茶臼山経由で麦草峠周回スノーシューハイク

【日 付】 2014年3月16日(日)
【天 候】 晴れ後曇り
【山 域】 北八ヶ岳
【メンバー】kitayama-walk、Y田、H岡、N尾

【コース】 ピラタス蓼科山頂駅-五辻-▲茶臼山-展望台-中小場-大石峠-麦草峠(昼食)-大石峠-出逢いの辻-五辻-ピラタス蓼科山頂駅


 今回は職場の若者たちを引率してスノーシューハイクに行くことにした。この時期はまだ雪が豊富にあるはずが、今年は珍しく少ない。鈴鹿は比良では物足りないが、せめて赤坂山あたりを検討したが、天気があまりよくない。スノーシューハイクに行くなら、晴天の下、歩きたい。それにビギナーがいるので、標高差の厳しいコースは避けたい。ということで、晴天率の高い八ヶ岳。そして、ロープウェイを使えば一気に2230mまで登れるということで、ピラタス蓼科の北八ヶ岳に行くことにした。ロープウェイの営業開始が8時なので朝3時に集合をかけ、車でピラタス蓼科をめざした。予定より少し早い7時40分に到着したが、今日のロープウェイの営業は8時50分からであった。待ち時間が1時間余りあり、余裕で身支度を整えることになった。
<ロープウェイ山頂駅の気象情報>
晴れ、気温マイナス7℃、風速12m(風が強いことが予想外であった)


e0110500_15293789.jpg


More

by kitayama-walk | 2014-03-16 23:25 | 八ヶ岳 | Comments(0)
2014年 03月 15日

高丸(黒壁)・烏帽子山-奥美濃を代表する山

【日 付】 2014年3月15日(土)
【天 候】 曇り(一時雪)後晴れ
【山 域】 奥美濃
【メンバー】クロオ、kitayama-walk

【コース】 6:35神岳ダム(駐車地)-7:20尾根取付点-9:00P1114-9:35JCTピーク1-10:15▲高丸11:30-11:55JCTピーク1-(吊尾根)-12:40JCTピーク2-13:00▲烏帽子山14:15-14:40JCTピーク2-15:30P932-17:10林道出合-17:50神岳ダム(駐車地)


 高丸(1316.3m)は、越美国境稜線から東に外れている山であるが、地形図には山名が載っていない。奥美濃の国境稜線近くにある山としては、伊吹山(1377m)に次ぐ高峰である。しかし、調べてみると登山道がない。無雪期には鳥ヶ東谷や大岩谷を詰めて登るヤブ山である。しかし、積雪期には夜叉ヶ池から三周ヶ岳への稜線から辿るルートとイビデン神岳ダム上流の椀戸谷から朽ヶ洞尾根を辿るルートがある。烏帽子山(1242.2m)は、南(湧谷山)や東(蕎麦粒山、上谷山)から眺めるとピラミダルな山容が目立つ山であり、蕎麦粒山と同様に登ってみたいと思っていた。もちろん、この山もヤブ山なので無雪期にはそう簡単には登れない。そこで、積雪期の登山となるが、高丸と烏帽子山は稜線で繋がっているので、椀戸谷出合から朽ヶ洞尾根を辿り、JCTピークから2つのピークを攻めることにした。

 吉川幸一著「岐阜の山旅100コース」(美濃上)に残雪期の山として、土蔵岳、大ダワ、上谷山、笹ヶ峰とともに、椀戸谷出合から朽ヶ洞尾根を辿る高丸・烏帽子山が紹介されている。すでに高丸・烏帽子山以外は踏破していることから、次はこの2つを狙っていた。そうした折り、山日和さんが3/9にこの2座を登ったという山レポが上がった。ようし俺も登るぞ!と登行意欲満々。次週3/15が天気がよさそうなのでクロオさんに声を掛けて一緒に登ることにした。

e0110500_0531082.jpg
 烏帽子山から高丸(左)と三周ヶ岳を望む


More

by kitayama-walk | 2014-03-15 23:46 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(4)
2014年 03月 09日

蕎麦粒山-奥美濃の槍に快晴の冬期登頂哉!

【日 付】 2014年3月9日(日)
【天 候】 晴れ一時曇り
【山 域】 奥美濃
【メンバー】クロオ、kitayama-walk

【コース】 7:30西俣出合(駐車地)-9:25JCTピーク-10:10 P1075-12:05▲蕎麦粒山13:30-14:30 P1075 14:40-15:10JCTピーク-16:00西俣出合(駐車地)

 今年は、奥美濃の山-黒津山、湧谷山、上谷山、ミノマタと登ってきた。次は奥美濃のど真ん中に位置する蕎麦粒山に登ろうと考えていた。これまで無雪期には一度登ったことがあるが(2012/11/3)、積雪期の登頂はない。蕎麦粒山に登頂するなら晴天の日に限るということで機会を窺っていたところ、3/9が天気がよさそうだ。クロオさんも蕎麦粒山を狙っていたので声を掛けて一緒に登ることにした。

 冬期登頂の場合は、やはり西俣出合から西尾根経由でピストンするのが基本であろう。西俣出合からアラクラ→黒津山→五蛇池山→小蕎麦粒→蕎麦粒山→P1075→JCTピーク→西俣出合という周回コースも考えられるが、これは雪が締まっているときでないと完遂することができない。従って、今回は基本どおりピストンすることにした。参考にさせてもらったのは、2013/2/3の山日和さん2011/4/11のbiwacoさんの山レポだ。

e0110500_9593581.jpg
P1075から蕎麦粒山を望む

More

by kitayama-walk | 2014-03-09 23:57 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)