<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 26日

ミノマタ・上谷山-スノー衆パート2 SOLO

【日 付】 2014年2月26日(水)
【天 候】 晴れ後曇り
【山 域】 奥美濃
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 池太沢夜叉トンネル西口(駐車場)-原谷・太郎橋東詰-鉄塔№6-鉄塔№5-植林尾根出合-P816-P990-鏡山-▲上谷山(1082.9m)-ミノマタ分岐-▲ミノマタ(1100.9m)-P984-P656-▲西杉原(630.4m)-鉄塔№9-R417-池太沢夜叉トンネル西口(駐車場)


 2/1に実施されたスノー衆パート2(ミノマタ)には仕事のため参加することができなかった。後から聞けば、天気も眺望もよく、素晴らしい山行だったそうである。こうなると遅ればせながら登って見たいという思いがわき上がってきた。どうせ歩くなら、山日和さんが2010/2/14に歩いたというミノマタ・上谷山・鏡山の三山周回をやってみようという気になった。ただ、原谷左岸尾根の末端の着地で苦労したというので、原谷左岸尾根から取り付くという逆コース(時計の反対回り)で歩こうと決めた。2/22に実施されたスノー衆パート3(縫ヶ原山)のときにクロオさんから、前日(2/21)に原谷左岸尾根から三山周回して原谷右岸尾根を下ったという話を聞いたので余計にその気になった。

 問題はいつ登るかである。思案していたところ、ちょうど仕事を休むことができる日が2/26であり、この日は午前中晴れで午後からは雲が広がってくるという予報で、翌日からは天気が下り坂で週末は天気がよくない。となると、この日に決行するしかない。ただ、心配だったことは、このところ降雪もなく、気温が高いことであった。雪が固く締まっていない状態で果たして完遂することができるかという心配であった。

e0110500_9335379.jpg
 P816付近から能郷白山とイソクラ、眼下には徳山ダム湖を望む


More

by kitayama-walk | 2014-02-26 23:43 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(2)
2014年 02月 22日

縫ヶ原山・持篭谷山-スノー衆2014パートⅢ

【日 付】 2014年2月22日(土)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 奥越(福井)
【メンバー】 山日和、シュークリーム、クロオ、落第忍者、kasaya、わりばし、SHIGEKI、グー、biwaco、宮指路、kitayama-walk(11名)

【コース】 真名川ダム(駐車地)-取付点-尾根芯出合-P525-▲持篭谷山-P1209-P1173-モッカ平-▲縫ヶ原山-P1261-P1091-下降点-林道出合-真名川ダム(駐車地)

山日和さん主催のスノー衆2014パートⅢは、奥越(福井)の山にチャレンジである。その山名は縫ヶ原山(1317mぬいがはらやま)-初めて聞く名前である。どこにあるのかと調べたところ、福井の百名山で有名な荒島岳の南西方に位置し、荒島岳から尾根通しになっている山であった。
コースはもちろん周回。前半は、真名川ダムから持篭(もっか)谷の北尾根に取り付き、持篭谷山(1120m)を経て、荒島岳からやってきる稜線と合流するピーク(P1209)からモッカ平に下り、再び縫ヶ原山に登り返す。後半は、持篭谷の南尾根を歩き、途中から持篭谷に下り、真名川ダムに戻る。見どころは、荒島岳の大展望と、部子山&銀杏峰であろうか。

e0110500_17233469.jpg
 持篭谷南尾根の雪庇

More

by kitayama-walk | 2014-02-22 23:21 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2014年 02月 11日

湧谷山-快晴の奥美濃一人旅

【日 付】 2014年2月11日(祝)
【天 候】 快晴
【山 域】 奥美濃
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 坂内スキー場(駐車場)-スキー場上端(登山口)-丁子山-▲湧谷山-P937-ランチ場-▲西又-ジャンクションピーク-西俣出合-坂内スキー場(駐車場)

  2/9の黒津山は天候がよくなかったこともあって、黒津山までは何とか辿り着いたものの、天狗山への周回は断念してピストンとなった(下山時刻17:20)。2日後の2/11は奥美濃地方の天気予報は晴れだ。行動時間9時間だった2/9の黒津山であったが、これは行かない手はない。用意していたのは、湧谷山から西又周回コースだ。黒津山から下山するとき、前方の大きく見えたのが湧谷山であった。しかも、遊らんど坂内スキー場からの登りはかなり傾斜がきつそうに見えた。しかし、ネット情報によると、湧谷山の手前の丁子山(地形図の名称)から湧谷山にかけては素晴らしいブナ林が林立しているという。これは見に行かざるを得ない。ところが、今日は単独行であるため、ノーマルタイヤの自家用車(スタッドレスタイヤの新車の到着を待ちわびている)で登山口の遊らんど坂内スキー場まで辿り着けるかどうかであった。しかしながら、それは杞憂に終わった。前日の天気もよかったことから、路上の水分が蒸発してなくなっており、木之本ICからの国道303号線は全く凍結した箇所もなく、スイスイと遊らんど坂内スキー場まで到達することができた。

e0110500_044254.jpg
 湧谷山から蕎麦粒山方向を眺望する

More

by kitayama-walk | 2014-02-11 23:42 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2014年 02月 09日

黒津山-大雪後の奥美濃でラッセル

【日 付】 2014年2月9日(日)
【天 候】 曇り時々雪
【山 域】 奥美濃
【メンバー】biwaco、kitayama-walk

【コース】 道の駅「さかうち」-広瀬城趾(P461)-P973-▲片手(970)-アラクラ-▲黒津山-アラクラ-▲片手-P973-広瀬城趾-道の駅「さかうち」

 先週2/1のスノー衆パート2に参加できなかった私とbiwacoさんは、2/9にリベンジすることにしていた。しかし、週末の2/8に南岸低気圧がやってきて全国的に大雪になった。この低気圧のため2/9も天気の回復が思わしくない。ネットで天気予報を検索したところ、奥美濃(揖斐川町)は朝から晴れマークが並んでいるではないか。岐阜(美濃)地方は回復が早いのだと思い、biwacoさんと相談したところ、奥美濃に行くことになった。去年から歩こうと思っていた黒津山と天狗山の周回コースは、この大雪が降った直後では歩けないのではないかと予想し、①湧谷山(西又周回)と②トガスの2つのルートも用意することにした。ところが、全国的にはかなり雪が降ったにもかかわらず、奥美濃には雪があまり降っていなかった。そこで予定どおり、黒津山→天狗山の周回コースを選択することにした。

e0110500_0271098.jpg
 アラクラに向かって歩いている

More

by kitayama-walk | 2014-02-09 23:25 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)