山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 18日

雨飾山-名前に惹かれて登った双耳峰

【日 付】 2013年8月18日(日)
【天 候】 晴れ
【山 域】 北信
【メンバー】F田、kitayama-walk

【コース】 雨飾高原キャンプ場(登山口)-ブナ平-荒菅沢-笹平(稜線出合)-雨飾温泉(梶山新湯)分岐-北峰-▲南峰-笹平-荒菅沢-ブナ平-雨飾高原キャンプ場(登山口)

 雨飾山は、妙高連峰の西端に静かにたたずむ双耳峰の山である。その名前の語感は実に麗しい。その名前に惹かれて登ってみたいと思ったのはもう10年も昔のことであったが、このときは天候不良のため断念してしまった。それから長い年月が経過してしまい、私にとっても「久恋の頂」となっていた。かの深田久弥は、最初北面の梶山新湯(雨飾温泉)から登ろうとしたが、道を探しあぐねた末、分からず仕舞いで引き返している。次に南側の小谷温泉から登ろうとして土地の人に案内を頼んだのだが、雨に祟られて四日間待つも空しく引き上げた。そして、戦後の秋の晴れた日、小谷温泉から三度登り、ついに久恋の頂に立ったのであった。雨飾山にはどうしても晴れた日に登りたいという長い間の念願が今回は達せられた。

 「雨飾山という山を知ったのは、いつ頃だったかしら。信州の大町から糸魚川街道を辿って、佐野坂を越えたあたりで、遙か北のかなたに、特別高くはないが品のいい形をしたピラミッドが見えた。しかしそれは、街道のすぐ左手に立ち並んだ後立山連峰の威圧的な壮観に目を奪われる旅行者にはほとんど気付かれぬ、つつましやかな、むしろ可愛らしいと言いたいような山であった。私はその山に心を引かれた。雨飾山という名前も気に入った。」(深田久弥「日本百名山」から)

e0110500_22352233.jpg
 笹平から雨飾山山頂を望む

by kitayama-walk | 2013-08-18 22:31 | 日本百名山 | Comments(0)
2013年 08月 17日

高妻山-ピラミダルな山容をもつ戸隠連峰の最高峰

【日 付】 2013年8月17日(土)
【天 候】 晴れ時々曇り
【山 域】 北信
【メンバー】F田、kitayama-walk

【コース】 戸隠キャンプ場バス停-戸隠牧場入口-ゲート(牧柵)-滑滝-帯岩-一不動(避難小屋)二釈迦-三文殊-四普賢-五地蔵山(1998m)-六弥勒-七薬師-八観音-九勢至-八丁ダルミ-十阿弥陀-▲高妻山(2353m)-六弥勒-(弥勒尾根)-戸隠牧場入口-戸隠キャンプ場バス停

 戸隠連峰の最高峰である高妻山は、均整の取れたピラミダルな山容をもち、古くから山岳修験の行場として知られ、登山道には釈迦、弥勒、薬師、観音などの石祠が残っている。戸隠山の奥に位置する高妻山への登山ルートは、一不動から五地蔵山を経ていくほかはない。戸隠キャンプ場から牧場を横切って、滑滝、帯岩というクサリの岩場を通過し、一不動のある稜線に出る。稜線に出てからは、小さいけれどもアップダウンを繰り返しながら次第に高度を上げていく。そして、最後は八丁ダルミの最低鞍部から強烈な急登を経て山頂に達する。山頂からの展望は360度のパノラマが広がっていて、北アルプス連峰を眺望することができる。登山道はピストンするが、六弥勒からは最近切り拓かれた弥勒尾根を急降下して、戸隠キャンプ場に戻った。

 「戸隠・飯縄・黒姫連山での最高峰であるのみならず、山の品格からいっても一番立派であるにもかかわらず、登る人が少ない。(中略)もう二十数年前、私は一人で高妻・乙妻へ登るつもりで、この五地蔵まで行って、当時そこにあった破れ小屋に泊まった。しかし、翌朝は深い霧で、少し先は何も見えない。霧の晴れるのを待ったがその甲斐なく、とうとう断念して引き返したことがある。(中略)高妻山に登りそこねてから年久しく、私の胸にはいつもプランはありながら機会がなかった。ようやくその宿願をかなえることが出来た。朝の四時に中社の宿を出て、戸隠牧場まで爽やかな夜明けを歩き、そこから一不動に登った。五地蔵から二つのコブを越えて、高妻山への長い登りは急峻で、実に辛かった。ようやく頂上に達して私の喜びは無上であったが、もう乙妻まで足を伸ばす元気がなかった。」(深田久弥「日本百名山」から)

e0110500_34364.jpg
 均整のとれたピラミダルな山容をもつ高妻山

by kitayama-walk | 2013-08-17 23:02 | 日本百名山 | Comments(0)
2013年 08月 08日

甲武信岳-奥秩父の「へそ」に登る

【日 付】 2013年8月8日(木)
【天 候】 晴れ後曇り
【山 域】 奥秩父
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 西沢渓谷入口-近丸新道登山口-戸渡尾根出合(P1869)-主稜線出合-▲木賊山-甲武信小屋-甲武信岳(2475m)-甲武信小屋-木賊山-戸渡尾根分岐-徳ちゃん新道分岐-西沢山荘(徳ちゃん新道登山口)-西沢渓谷入口

 奥秩父の百名山の最後は甲武信岳だ。甲武信岳は、本州の中央分水嶺にあり、甲斐・武蔵・信濃の三国境にあることから名づけられた山である。以前は、「拳」という字が当てられていたこともあるという。深田久弥は、コブシという名前のよさ-歯切れのよい、何か颯爽とした山を思わせると書いている。それに、千曲川(信濃川)、荒川、笛吹川(富士川)という大きな河川の最初の一滴がこの山から生み出されているというのもいい。

 奥秩父の主稜線を縦走するという壮大な登山もあるが、日程的なことを考えると日帰りにしたい。その場合、毛木平から信濃川の源流を遡って山頂に立つのが最も登りやすいが、アプローチが遠いのが難点である。そこで、アプローチのよい中央本線沿いから西沢渓谷入口に行き、登りは近丸新道、下りは徳ちゃん新道を利用するという若干の変化を加えたピストンコースを選択することにした(標準コースタイム9時間20分)。

 「頂上に祠もなければ、三角点もない。奥秩父でも、甲武信より高い峰に国師や朝日があり、山容から言ってもすぐ北の三宝山の方が堂々としている。甲武信は決して目立った山ではない。にもかかわらず、奥秩父の山では、金峰の次に甲武信をあげたくなるのはどういうわけだろうか。おそらくそれはコブシという名前のよさ-歯切れのよい、何か颯爽とした山を思わせるような名前のせいかもしれない。(中略)甲武信岳から、千曲川、荒川、笛吹川、三つの川の源流が出ている。その点から言っても、甲武信は奥秩父のヘソと言いたい山である。頂上に降った一滴は、千曲川に落ちて信濃川になり日本海に入る。他の一滴は荒川に落ちて大東京を貫流し東京湾に注ぐ。さらに次の一滴は笛吹川に落ちて富士川となり太平洋のものとなる。」(深田久弥「日本百名山」より)

e0110500_18165418.jpg
 木賊山直下のガレ場から甲武信岳を望む

More

by kitayama-walk | 2013-08-08 23:13 | 日本百名山 | Comments(0)
2013年 08月 04日

比良・貫井谷-涼を求めて沢登り

【日 付】 2013年8月4日(日)
【天 候】 晴れ時々曇り後雷雨
【山 域】 比良
【メンバー】U坂、T野、kitayama-walk

【コース】 貫井バス停-入渓点-二俣-ゴルジュ-二俣-尾根-武奈ヶ岳-イブルキのコバ-北比良峠-(神爾谷)-イン谷口-JR比良駅

 *動画も見られます→こちら

 8月に入るとさすがに暑い。こう暑くちゃ、周辺の低山に登ってはいられない。2000mを超える高山となると、ちょっと遠出になり、日帰り登山は苦しい。そこで、昨年初めて経験した沢登りである。ベテランの経験者に比良の奥ノ深谷に連れていってもらったが、これが結構おもしろかった。暑い最中なのでクライムシャワーが気持ちよいし、泳ぎや飛び込みも楽しかった。どこか初級者向けの沢に連れて行ってもらえないかと、周辺の山仲間に声をかけてみたが、中・上級の谷に行くとか、谷泊まりになるとかで、初級者向けの沢の予定はないということだった。かといって単独で行けるはずもない。そんなとき、京都比良山岳会の若手ホープのT野氏に連絡を取ったところ、8/4に比良・貫井谷に行く計画があるとのことだった。調べてみると、貫井谷は裏比良の谷では最も悪谷で、滝が連続し、巻きがほとんどできず、ぬめりも強いということが書かれていた。これは初級者の入る谷ではないと思い、不安をT野氏にぶつけてみたところ、U坂氏と二人でサポートするから一緒に行きましょうとのことであった。経験豊富な二人のサポートを受ければ何とかなるだろうと思い、行くことにした。

e0110500_139954.jpg


More

by kitayama-walk | 2013-08-04 23:55 | 比良山系 | Comments(0)