<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 10日

大菩薩嶺-小説「大菩薩峠」で知られる百名山

【日 付】 2013年7月10日(水)
【天 候】 晴れ
【山 域】 奥秩父(甲斐)
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 上日川峠-福ちゃん荘-大菩薩峠-妙見ノ頭-雷岩-▲大菩薩嶺(2057m)-丸川峠-丸川峠分岐-大菩薩峠登山口(裂石)-大菩薩の湯

 奥秩父の百名山は、これまで雲取山、両神山、瑞牆山、金峰山と登ってきたが、あと残るは甲武信ヶ岳と大菩薩嶺の2つだ。このうち大菩薩嶺は、首都圏からの日帰り登山のできる山として、山梨県内では三ツ峠山(二百名山)と人気を二分している。大菩薩と聞いて思い浮かべるのは、中里介山の長編小説「大菩薩峠」である。私自身、この小説を読んだことはないが、日本一の長編小説で、しかも未完で終わっていると聞いていたことから、興味関心があった。この山について調べてみると、標高2000mの稜線にあり、とくに大菩薩峠から大菩薩嶺と続く草尾根からは、富士山と南アルプスの山々の展望を眺めらながら歩けるということであった。ならば、天気のよい快晴の日に歩いてみたいと思っていたが、今回は早い梅雨明けのおかげで実現した山行であった。

  「大菩薩峠が大勢の人に親しまれるようになったのは、その名前の文学的魅力だけではない。初心者によってまことに恰好な山だからである。東京から日帰りができるし、いろいろ変化のある安全なコースが開かれているし、展望はすばらしく雄大だし、それに二千メートルの高さの空気を吸うことができる。峠から大菩薩岳(嶺)にかけて甲州側は広々とした明るいカヤトで、そこに寝ころんで、富士や南アルプスを眺めているのは、全くいい気持ちである。」(深田久弥「日本百名山」より)

e0110500_014091.jpg
 大菩薩峠から稜線越しに大菩薩嶺を望む

More

by kitayama-walk | 2013-07-10 23:59 | 日本百名山 | Comments(0)