<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

弥山-弥山川遡行(双門コース)

【日 付】 2013年6月30日(日)
【天 候】 曇り後小雨
【山 域】 大峰山脈
【メンバー】keikoku、kitayama-walk

【コース】 熊渡駐車地-白川八丁入口-釜滝-クルミ谷出合-一ノ滝吊橋-三ノ滝-滝見平(仙人嵓前テラス)-ザンキ平の肩-河原小屋跡-桶ノ谷出合-聖門ノ滝-狼平避難小屋-大黒岩-弥山-弥山小屋-聖宝ノ宿跡-弁天ノ森-トンネル西口出合-行者還トンネル西口(登山口)

 6月末から7月初旬にかけて、大峰山脈の中心部である八経ヶ岳・弥山はオオヤマレンゲ(天女花)が開花することで有名でたくさんの登山者がやってくるが、その大半は行者還トンネル西口の登山口から奥駈道経由で登ってくる。たくさんの登山者の喧噪を避けようとすれば、川迫(こうせ)川最大の支流である弥山川を遡行する双門コースがある。しかし、このコースは、へつりがあり、垂直・水平ハシゴが連続し、河原小屋跡の先はルートファインディングが必要な難コースである。狼平避難小屋か弥山小屋に1泊するのであれば格別、日帰りするならば登りだけで8時間近くかかることから相当な体力が要求される。

 双門コースを初めて辿ったのは2008年7月のことであるが、その後2011年に再チャレンジし、今年2013年5月には途中のザンキ平の肩から迷ヶ岳・嶽修覆山経由で弥山まで登った。今回の双門コースは4回目のチャレンジとなったが、2012/9の台風により河原小屋が跡形もなくなっているとの情報があり、ザンキ平の肩から先は新たな挑戦となった。

e0110500_2115471.jpg
 一ノ滝と二ノ滝(一ノ滝吊り橋から)

More

by kitayama-walk | 2013-06-30 23:13 | 台高・大峰山系 | Comments(3)
2013年 06月 23日

大長山&赤兎山-越前禅定道から加越国境を縦走する

【日 付】 2013年6月23日(日)
【天 候】 曇り時々晴れ
【山 域】 両白山地
【メンバー】keikoku、kitayama-walk

【コース】 西俣谷川駐車地-登山口(渡渉点)-川上御前社-小原峠-刈安山(P1503)-P1530-▲大長山-P1530-刈安山-小原峠-赤兎山-避難小屋-裏赤兎山(P1530)-P1323-P1296-杉峠-杉峠登山口

 6月に入ると鈴鹿から遠ざかり、次第の北上していき、滋賀県北部から福井県・石川県の山にシフトしていく登山がこの数年の傾向である。今年も、別山、白山と登ってきたので、次は別山と白山の展望を見るために、加越国境の山である大長山と赤兎山に登ってみることにした。これまで福井県側から赤兎山に2回登ったことはあるものの、白山大展望の山である大長山は未踏であった。

 平成20年に石川県側の三ツ谷から小原峠までの越前禅定道が復活されたと聞いた。また三ツ谷から杉峠までの古道も整備されたと聞いた。さらに登山地図(昭文社)では赤兎山から杉峠までの加越国境稜線も実線(一般登山道)として描かれている。そこで、今回のコースは、三ツ谷林道(山伏林道)を使って、越前禅定道を通って小原峠に登り、まず大長山までピストンする、再び小原峠に戻ってきて、今度は赤兎山に登る、赤兎平の避難小屋の先から加越国境尾根を辿って杉峠まで歩く、最後は杉峠登山道を使って杉峠登山口に下るという周回コースを計画した。

e0110500_048750.jpg
 赤兎山から赤兎平に向かう

More

by kitayama-walk | 2013-06-23 23:42 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(1)
2013年 06月 09日

白山-東面台地から小カンクラ雪渓直登する

【日 付】 2013年6月9日(日)
【天 候】 晴れ後曇り
【山 域】 両白山地
【メンバー】F田、クロオ、kitayama-walk

【コース】 大白川登山口-大倉山避難小屋-大白水谷-転法輪谷-P2188-小カンクラ雪渓-御前峰・剣ヶ峰コル-▲御前峰-室堂センター-(平瀬道)-大倉山避難小屋-大白川登山口

 ある山仲間(やぶこぎねっと)の間でちょっと有名になっている白山東面台地(P2188)に行ってみたいと思うようになった。もちろん、登山道はなく積雪期にしか登れないところである。アプローチは岐阜県側の大白川登山口であるが、平瀬温泉(R156)からの林道(白山公園線)も6月に入らないと冬期通行止めが解除されない。この林道は、距離約14㎞、標高差600mあるので、歩けば5時間はかかり、自転車を漕いでも登山口に着くまでに体力を消耗してしまう。電動式自転車を使わないと日帰りの登山は不可能である。そこで林道ゲートが開く6月を待って行ってみることにした。ネットで情報を得ると、今年は残雪が多く標高1800mより上はまだ雪がたくさんあるという。

 大白川登山口(標高1260m)から白山最高峰の御前峰(2702m)まで標高差1442mある。それに雪渓の直登を予定しているので時間と体力がかかりそうである。日帰り登山なので午前6時に大白川登山口をスタートすることにした。大倉山避難小屋までは一般登山道の平瀬道を登り、そこから大白水谷-転法輪谷を経て、東面台地(P2188)に登り、そこから小カンクラ雪渓を直登して、御前峰と剣ヶ峰のコルに登り着く予定にした。

e0110500_1051320.jpg
 東面台地(P2188)から御前峰(左)と剣ヶ峰を望む

by kitayama-walk | 2013-06-09 23:02 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(2)
2013年 06月 01日

別山-上小池から三ノ峰経由でピストンする

【日 付】 2013年6月1日(土)
【天 候】 曇り時々晴れ
【山 域】 両白山地
【メンバー】kitayama-walk

【コース】 上小池駐車場-登山口-六本檜-剣ヶ岩-避難小屋-三ノ峰-別山平▲別山(往復)

 今年、近畿地方は早々と5月28日梅雨入りした(九州、中四国は27日)。平年より10日も早いという。これから1か月半も雨模様の日々が続くと思うと気が滅入る。梅雨入りと同時にヤマビル前線の活発化に伴い鈴鹿の山から撤退するとともに、この3、4年は梅雨前線から比較的遠い福井や石川などの北陸の山にシフトしていくようになった。梅雨入りした直後の週末の雨予報が晴れに変わっている。特に北陸地方は天気が望める模様である。これならば山に行かない手はない。ということで、今年は手始めに別山に登ってみることにした。ルートはいくつか検討したところ、①市ノ瀬からチブリ尾根(三ノ峰から杉峠の周回)、②石徹白から美濃禅定道ピストン、③上小池から三ノ峰経由でピストンなどが思いついた。①と②はかなりハードなロングコースなので、今回は比較的楽な③を選択することにした。もっとも、上小池からのコースは、2009/6/27に登ったことがあり、このときはニッコウキスゲなどの花も咲き始めていたことを思い出した。しかし、今回は1か月も早いので、まだ雪が残っているのではないかと予測し、軽アイゼンを持参することにした。

e0110500_20311771.jpg
 三ノ峰から別山を望む

More

by kitayama-walk | 2013-06-01 23:29 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)