山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 30日

美濃俣丸・笹ヶ峰-やぶこぎ寸前最後のチャンス

【日 付】 2013年3月30日(土)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 越美国境
【メンバー】 クロオ、kitayama-walk

【コース】 二ッ屋導水施設-尾根取付-P912-P1115-▲美濃俣丸-大河内山(P1288)-ロボットピーク-夏小屋丸(P1294)-▲笹ヶ峰-県境JCT-▲天草山-P711-廃村大河内-二ッ屋導水施設

 今月は、三国岳・左千方、三周ヶ岳と立て続けに越美国境の山に登った。三周ヶ岳に登ったときに、国境稜線から美濃俣丸と笹ヶ峰がこっちに来いと手招きしているようだった。美濃俣丸と笹ヶ峰は、biwacoさんが2009/4/5-6ツェルト・シュラフなしでビバークし、2011/4/3リベンジした山である。当初、biwacoさんがリベンジした源平谷山経由の周回コースで歩こうかと思っていたが、山日和さんに相談したところ、どうせ周回するなら天草山経由の方が歩き甲斐があるとのことだった。どうせ歩くなら天気のよい日を選んで歩きたいという思いから、延ばし延ばしになっていた。今年は雪が少ないことから、早くからヤブが露出している情報があったことから、そろそろぎりぎり限界というところでのアタックとなった。最終的に参考にしたのは、やはり山日和さんの山レポであった。

 当日は、天気は曇り後晴れという予報であったが、美濃俣丸までは曇りというよりはガスっていて、ほとんど眺望がなかった。その代わり、前夜の低温と強風のおかげで樹氷ができていた。美濃俣丸山頂では、早くも笹が出ていて三角点まで露出していたが、空が明るくなっていることから、これから晴れるという確信の下に稜線歩きを開始した。予報どおり、大河内山あたりからガスが切れて晴れ上がり、その後は雪稜散歩を十分楽しむことができた。

e0110500_1383416.jpg
 ロボットピーク付近から白山、銀杏峰、部子山、金草岳と望む

More

by kitayama-walk | 2013-03-30 23:02 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(7)
2013年 03月 23日

野伏ヶ岳・薙刀山-奥美濃でうれしい出会い

【日 付】 2013年3月23日(土)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 越美国境
【メンバー】 クロオ、kasaya、kitayama-walk

【コース】 白山中居神社-和田山牧場石碑-ダイレクト尾根取付-▲野伏ヶ岳-薙刀平(鞍部)-▲薙刀山-(ランチ)-(ティータイム)-和田山牧場跡-白山中居神社

 この週末は、美濃俣丸・笹ヶ峰を攻略しようと思っていたが、生憎天候がすっきりしない。そこで比較的天気予報のよいと思われる奥美濃(越美国境)の野伏ヶ岳&薙刀山に登ることにした。野伏ヶ岳(1674.3m)は三百名山に名を連ねており、「岳人」2010/2号で紹介されたこともあって、最近人気の出ている山である。薙刀山(1647.2m)も東南尾根が緩斜面になっていて山スキーヤーがたくさん登っている。実は2年前の3/27に同じコースを歩いたことがあるが、初めて石徹白に来て天候にも恵まれ、素晴らしい山行ができたことからもう一度登ってみたいという思いがあった。クロオさんとkasayaさんに声を掛けると、二人とも初めてということなので一緒にでかけることにした。

e0110500_1243770.jpg
薙刀平から薙刀山をめざす

More

by kitayama-walk | 2013-03-23 23:23 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2013年 03月 17日

金糞岳北尾根-白倉の頭を経て八草峠へ

【日 付】 2013年3月17日(日)
【天 候】 晴れ
【山 域】 江美国境
【メンバー】 ふ~さん、keikoku、kitayama-walk

【コース】 八草トンネル東口-P849-P886-▲倉谷-P1039-P1087-P1211-▲川上-金糞岳-白倉の頭-P1161-P1085-P999-P982-P923-P867-八草峠-P661-八草トンネル西口

 滋賀県№2の金糞岳(1317m)にはこれまで2回登ったことがあるが、いずれも無雪期で中津尾根や花房尾根からであった。しかし、その北側には長大な尾根が延びているが、ヤブに覆われた斜面であるため、ここを登るには積雪期でないと無理である。ネットで情報を集めてみると、多くは浅又林道を除雪終了地点まで行き、そこから歩いて浅又川を渡渉して支尾根に取り付き、北尾根に出ている。例えば、雑誌「岳人」2013/3(60頁)の梶山正氏の紹介記事がそうである。やぶこぎメンバーでいうと、2011/3/9のbiwacoさんもほぼ同じである。

 長大な北尾根の末端は夜叉龍神社の手前まで来ているが、今回考えたのは八草トンネル東口から支尾根に取り付けば、渡渉することもなく北尾根に出られることである。このコースは2012/3/20矢問さんが歩いている。金糞岳からそのままピストンするのではあまりおもしろくないので、白倉の頭(1270.7m)を経て、P1161から県境稜線を八草峠まで北上し、最後は八草トンネル西口に着地するという周回ロングコースを考え出した。これを実行するには、複数の登山者(車)と晴天日和が必要であり、そのチャンスを窺っていた。

e0110500_13484988.jpg
 北尾根から金糞岳をめざす(左には伊吹山が見えている)

More

by kitayama-walk | 2013-03-17 23:47 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(2)
2013年 03月 09日

三国岳から左千方-スノー衆2013パートⅢ

【日 付】 2013年3月9日(土)
【天 候】 快晴
【山 域】 江越美国境
【メンバー】 山日和、バーチャリ、クロオ、ふ~さん、柳川洞吹、シュークリーム、落第忍者、宮指路、kitayama-walk(9名)

【コース】 広野ダム-尾根取付-P542-江越国境稜線-P965-三国岳-▲左千方-三国岳-夜叉ヶ姫山-夜叉ヶ丸-岩谷登山口-広野ダム

山日和さん主催のスノー衆2013パートⅢは、いよいよ近江・越前・美濃の国境である三国岳(1209m)にチャレンジである。参加案内には、総行動11時間、12本爪アイゼン、ピッケル必携とあっただけに、ちょっと躊躇したヤブメンもいたのではなかろうか。私はこの三国岳には2回(①2009/6/14、②2012/6/24)登ったことがあるが、いずれも無雪期の6月に夜叉ヶ池から背丈を越すヤブを2時間も漕いでのことであった。昨年は三国岳から左千方をめざしたが、濃密なヤブに阻止されて敗退した。今回は積雪期の登山であり、あの濃密なヤブは雪の下に埋もれているだろうから、左千方まで行くことができるかも知れないと密かに期待していた。あとは天気次第であったが、予報どおりの晴天に終日恵まれて、期待どおりの雪山スノーシューハイクとなった。

e0110500_19364379.jpg
 三国岳から左千方に雪稜散歩する

More

by kitayama-walk | 2013-03-09 23:34 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2013年 03月 03日

鷲ヶ岳-北アルプスの展望台

【日 付】 2013年3月3日(日)
【天 候】 晴れ一時曇り
【山 域】 奥美濃
【メンバー】 単独行

【コース】 鷲ヶ岳スキー場(第2駐車場)-第1クワッド終点-第2二クワッド終点-第3クワッド終点-アルファクワッド終点-P1402-桑ヶ谷林道分岐-一服平(藤原頼保公顕彰堂)-P1476-▲鷲ヶ岳-一服平-アルファクワッド終点-第3クワッド終点-第2クワッド終点-鷲ヶ岳スキー場(第2駐車場)

 この週末は金糞岳北尾根を登ろうと思っていたが、土日ともにどうも天気が思わしくない。そこで比較的好天が予報される奥美濃東部の山を検討した。対象に挙げたのは野伏ヶ岳(1674.3m)と鷲ヶ岳(1671.6m)-東海北陸道を挟んで東西に位置する、ほぼ標高の同じくらいの山である。今回は単独行になったので、比較的容易な鷲ヶ岳に登ることにした。

 鷲ヶ岳には2009/3/14に初めて登ったことがあり、今回が2回目となる。前回は快晴に恵まれて、遮るもののない山頂からは、剱岳から穂高岳までの北アルプス連峰、乗鞍岳、御嶽山の展望、さらには大日ヶ岳の奥に別山から白山へと続く稜線は素晴らしいというほかなかった。今回もう一度、その素晴らしい展望を見たいという思いから、鷲ヶ岳を選択することにした。

e0110500_2149482.jpg
 ホワイトピアたかすスキー場のアルファクワッド終点付近から鷲ヶ岳を望む

More

by kitayama-walk | 2013-03-03 23:47 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)