山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 26日

御在所岳-本谷を登り、藤内沢を下る

【日 付】 2013年1月26日(土)
【天 候】 晴れ時々曇り
【山 域】 鈴鹿中部
【メンバー】 N野氏、kitayama-walk

【コース】 鈴鹿スカイライン旧料金所(駐車地)-中道登山口-御在所山の家-不動滝-大岩-大黒滝-潜り岩(ジョーズ岩)-大黒岩-アゼリア(山頂レストラン)-藤内沢第三ルンゼ氷瀑-第二ルンゼ-藤内小屋-中道登山口-駐車地

 この2年ほど御在所岳の藤内沢と本谷に足を踏み入れ出した。2012/2/12に本谷を詰めて藤内沢を下ったが、今回も同じコースを歩いた。登りは本谷を詰めることは決めていたが、下りは①藤内沢、②中道、③国見尾根の3つの選択肢を考えていた。今回は、藤内沢にはアイスクライミングでよく入っているN野氏に声をかけてみたところ、本谷は登ったことがないというので、同行してもらった。

 鈴鹿スカイライン旧料金所跡の駐車地は狭いので早く出発したところ、何とか最後の2台という感じで駐車することができた。本谷は雪がどれくらいあるのか心配していたところ、思ったより少なかった。けれど、雪が締まっていたので、山頂までノーアイゼンで登ることができた。下りは、藤内沢のアイスの状態を見ておきたいということで藤内沢を下ることにした。第三ルンゼの氷瀑は十分であったが、第二ルンゼや第一ルンゼはまだこれからであった。

e0110500_22502039.jpg
 潜り岩(ジョーズ岩・三角岩)を越える

More

by kitayama-walk | 2013-01-26 22:49 | 鈴鹿山系 | Comments(0)
2013年 01月 20日

天狗山-スノー衆2013パートⅠ

【日 付】 2013年1月20日(日)
【天 候】 曇り時々晴れ
【山 域】 奥美濃
【メンバー】 山日和、バーチャリ、落第忍者、クロオ、たんぽぽ、kasaya、ひいちゃん、のんくん、kitayama-walk

【コース】 親谷橋駐車地-取付点-鉄塔-P527-ジャンクション・ピーク-▲天狗山-ジャンクション・ピーク-トチノキ-P527-鉄塔-国道出合-親谷橋駐車地


 今回のスノーシューハイクは、ヤブこぎメンバーのよるスノー衆(山日和さん主催)に初めて参加させていただいた。私はこれまでヤブこぎのオフ会にも参加したことがなく、ヤブこぎの常連さんとはあまり顔見知りでなかったため、今回のスノー衆に参加することができて本当によかったと思う。山日和さんに参加の要件(昨年山レポ3本以上)を緩和していただいたおかげである。

e0110500_1656355.jpg
 天狗山山頂にあった山名プレート

More

by kitayama-walk | 2013-01-20 23:53 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2013年 01月 13日

土蔵岳&猫ヶ洞-白く輝く峰を求めて

【日 付】 2013年1月13日(日)
【天 候】 晴れ後曇り
【山 域】 奥美濃
【メンバー】 N野氏、kitayama-walk

【コース】 夜叉龍神社-P788-▲大ダワ-P1026-土蔵岳-展望ピーク-▲猫ヶ洞-展望ピーク-土蔵岳-P885-旧国道出合-夜叉龍神社

 昨シーズンから積雪期に湖北から奥美濃方面を攻めるようになったが、計画していた山行でいけなかった山があった。それが土蔵岳(1008m)&猫ヶ洞(1065.4m)であった。この2つのピークはいずれも滋賀県と岐阜県の県境にあって、隣り合っているのでセットにして登れる山であるが、ヤブ山なので登山道はなく、積雪期にしか登れない奥美濃特有の山でもある。滋賀県から岐阜県へ通じるR303の八草峠は、今は八草トンネルが開通していて、冬期も通行できるようになっている。県境の八草峠から県境沿いに北上したところに土蔵岳はある。さらに県境尾根を三国岳方面に北上すれば猫ヶ洞(三ッ叉)に到達する。アプローチとしては、滋賀県側からと岐阜県側からと2通りあるが、ネット情報などを参考にすると、岐阜県側から大ダワ経由でのアプローチがよさそうだ。夜叉龍神社に車を駐めて大ダワに登り、尾根伝いに土蔵岳に到達し、県境稜線を北上して猫ヶ洞までピストンし、下山は土蔵岳の南尾根からP885を経て旧国道に下るという周回コースを設定した。

e0110500_14411084.jpg
 土蔵岳と猫ヶ洞の間にある展望ピークからの眺望

More

by kitayama-walk | 2013-01-13 23:36 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2013年 01月 06日

綿向山-樹氷を期待して登山

【日 付】 2013年1月6日(日)
【天 候】 晴れ後曇り
【山 域】 鈴鹿中部
【メンバー】 単独行

【コース】 御幸橋駐車地-ヒミズ谷出合小屋-三合目(アザミ小舎)-五合目小屋-七合目(行者コバ)-(冬季登山道)-綿向山-(冬季登山道)-七合目-五合目小屋-三合目-ヒミズ谷出合小屋-御幸橋駐車場

 正月休みも今日が最後である。3日から4日にかけて積雪があり、5日が好天だったが、山に行けなかった。6日も天気はもつだろうということなので、雪の積もった綿向山に樹氷を期待して登ることにした。御幸橋駐車場からの綿向山ピストンならば時間はそうかからないので、今日は山頂で鎌ヶ岳や雨乞岳を見ながらゆっくりと鍋をやることにした。まだ時間があればイハイガ岳までピストンするつもりで出かけた。

 京都東ICから名神に乗り、八日市ICで降り、R421からR307を経て、綿向山への県道に入っていく。天気は晴れていて、ブルーメの丘付近にやってくると、行く手に綿向山が見えてきた。今日は青空の下での樹氷が期待できそうだ。音羽の交差点で左折し、登山口になっている御幸橋駐車場に向かった。午前8時過ぎに駐車場に到着したが、すでに十数台の車が駐まっていた。樹氷を見るなら、もう1時間は早く来るべきだったと少し後悔した。

e0110500_22302617.jpg
 麓から綿向山を眺望する(左は竜王山)

More

by kitayama-walk | 2013-01-06 23:28 | 鈴鹿山系 | Comments(0)
2013年 01月 04日

武奈ヶ岳-期せずして比良登山

【日 付】 2013年1月4日(金)
【天 候】 雪後曇り
【山 域】 比良
【メンバー】 単独行

【コース】 坊村登山口-P846-(冬季登山道)-御殿山-ワサビ峠-(西南稜)-武奈ヶ岳-(西南稜)-ワサビ峠-御殿山-坊村登山口

 1月4日は今年2回目の山行である。今シーズンの鈴鹿はまだ雪が少ないことから、朝明からイブネに登ることにしていた。予定どおり午前5時に京都を出発し、京都東ICから名神に乗ったところ、八日市IC~米原JCTまで20キロ渋滞、新名神も土山IC~亀山JCTまで6キロの渋滞という情報がアナウンスされている。昨夜からの降雪の影響としか考えられない。出発時、京都市内の空は星も出ていて明らかに晴れていた。それが滋賀県に入るとにわかに曇ってきて、新名神に入ると降雪してきた。甲南PAあたりから鈴鹿山脈を見ると黒雲に覆われている。これは雪を降らせている雲に違いない。これから雪がどんどん降ってくることであろう。ここでテンションが急降下してしまい、イブネを断念し、土山ICで高速を降り、R1で京都に戻ることにした。

 ところが、京都に戻る途中から、比良山系の景色が見えてきたが、朝日を浴びて山が輝いているではないか。ここで登行意欲が急上昇。どうせならもっと雪のあるであろう比良に登ろう。事前の準備がなくても登れるのは武奈ヶ岳だと決めて、自宅までスノーシューを取りに戻った。R367から大原経由で坊村に向かう。京都市内は晴れていたが、北上するにつれて雲ってきて、大原付近から雪が舞い始めた。花折トンネルを越えると雪に覆われた白い別世界になった。路面は雪に覆われているので時速も40キロほどしか出せない。午前9時過ぎにようやく坊村の駐車場に到着した。登山者のものであろうと思われる車が数台駐車していた。相変わらず雪が降っているので登ろうかどうか迷ったが、駐車場から身支度を整えた登山者が一人二人と出発していくので、私も背中を押される形で午前9時30分に坊村登山口を出発することになった。

e0110500_22552369.jpg
 武奈ヶ岳山頂にて-一時晴れた瞬間

More

by kitayama-walk | 2013-01-04 23:55 | 比良山系 | Comments(4)
2013年 01月 02日

鎌ヶ岳・入道ヶ岳-今年の初登山は鎌入道の周回

【日 付】 2013年1月2日(木)
【天 候】 晴れ後曇り後雪
【山 域】 鈴鹿中部
【メンバー】 単独行

【コース】 宮妻峡駐車地-北の頭-▲入道ヶ岳-奥宮-仏岩-県境稜線出合-P930-水沢峠-▲水沢岳-P1028-衝立岩-岳峠-鎌ヶ岳-岳峠-カズラ谷分岐-白ハゲ-馬の背尾根分岐-稲森谷分岐-P791-P606-宮妻峡駐車地

 今年の初登山は鎌入道であった。鎌入道とは、宮妻峡を起点として、鎌ヶ岳と入道ヶ岳をセットにして周回するルートである。新道コースで入道ヶ岳に登り、イワクラ尾根から県境尾根を経て、鎌尾根を歩いて鎌ヶ岳に向かうのがよい。これまで2回、2009/2/82009/12/27に登ったことがある。さらに2011/1/8にも同じコースを歩こうとしたが、このときは積雪が多くて、ワカンを持ってこなかったため、水沢岳までで引き返した。今年はまだ積雪が少なく、鎌入道もワカンなしで歩けるだろうと判断して実行することにした。ただ、下山にはカズラ谷道を下るのではなく、雲母尾根からP791を経て、南尾根を宮妻峡に下ることにした。

e0110500_0423835.jpg
 衝立岩(東ピーク)から鎌ヶ岳を眺望する

More

by kitayama-walk | 2013-01-02 23:40 | 鈴鹿山系 | Comments(0)