山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 28日

御在所岳-再び藤内沢へ

【日 付】 2011年1月28日(土曜)
【天 候】 曇り一時雪
【山 域】 鈴鹿中部
【メンバー】 N野氏、kitayama-walk

【コース】 冬期ゲート-裏道登山口-藤内小屋-藤内壁出合-藤内滝-コーモリ滝-第二ルンゼ(マイナス滝)-第三ルンゼ(氷瀑)-第二ルンゼ(マイナス滝)-藤内小屋-裏道登山口-冬期ゲート
 
 1/3に引き続き御在所岳の藤内沢に入ってきました。今回は、N野氏と同行し、アイスクライミングをすることが目的でした。この日は、天気があまりよくなく、曇りがちでしたが、時折雪が降り、ときには吹雪いてきて結構寒い日となりました。

 どこでアイスクライミングをやるかですが、第三ルンゼの氷瀑か、あるいは第二ルンゼのマイナス滝かということでした。当初、第二ルンゼマイナス滝に行くと、先行グループがすでに滝に取り付いていました。これは時間がかかると思い、第三ルンゼに向かいました。しかし、ここも先行グループがいて、すでにカリカリやっていました。寒い中、待つのもしんどいので、もう一度第二ルンゼに下ってみることにしました。ちょうど先行グループのアイスクライミングが終わったところで、私たちもカリカリとやることができました。

e0110500_1415411.jpg
 第二ルンゼのマイナス滝を登っています

More

by kitayama-walk | 2012-01-28 23:29 | 鈴鹿山系 | Comments(4)
2012年 01月 22日

武奈ヶ岳-予報が外れて快晴!

【日 付】 2012年1月22日(日曜)
【天 候】 曇り後快晴
【山 域】 比良山系
【メンバー】 N野氏、F田氏、kitayama-walk

【コース】 坊村登山口-P846-御殿山-ワサビ峠-武奈ヶ岳-北稜-細川越-広谷-イブルキのコバ-武奈ヶ岳-ワサビ峠-御殿山-P846-坊村登山口

 今日は、昨年から計画していたのですが、東京からやってきた友人(N野氏)を案内して武奈ヶ岳に登る予定でした。ところが、前日は雨、そして今日の予報も雨は上がるけれど一日曇天の予報でした。せっかく東京からやってきた友人に、雨中登山や眺望のない山では申し訳ない思いでした。しかし、朝になってみると、曇り空の中にも一部青空があり、天気の回復を思わせる兆しがありました。

 午前8時30分坊村登山口を出発しましたが、薄日の洩れる天気で、しかも気温が高く、最初の御殿山への登りで汗だくになってしまいました。午前11時過ぎに着いた武奈ヶ岳の山頂では、薄晴れの状態でしたが、空気が澄んでいることから、伊吹山から遠く白山まで眺望できました。北陵を下り細川越から広谷、そしてイブルキのコバを経て、もう一度武奈ヶ岳に登り返しました。その頃にはくっきりとした青空が広がり晴天になってくれました。東京からやってきた友人も武奈ヶ岳からの眺望とスノーシューハイクを満喫してくれて本当によかったです。

e0110500_252942.jpg
 快晴になった武奈ヶ岳山頂にて(13:40)

More

by kitayama-walk | 2012-01-22 23:29 | 比良山系 | Comments(7)
2012年 01月 15日

御所平-雨乞岳から「転進」しました

【日 付】 2012年1月15日(日曜)
【天 候】 曇り
【山 域】 鈴鹿南部
【メンバー】 N野氏、kitayama-walk

【コース】 登山口-鬼ヶ牙-長坂の頭-県境尾根-小太郎谷源頭-南端-御所平-南端-舟石-臼杵ヶ岳-臼杵山-登山口

 今日は滋賀県側の甲津畑から千種街道を経て奥の畑に入り、雨乞岳をめざす予定でした。天気予報は曇りでしたが、雨さえ降らなければいいだろうと思いながら、甲津畑集落先の岩ヶ谷林道入口まで行き、登山の身支度を整えた途端、小雪混じりの雨(みぞれ)が降り始め、次第にきつくなってきた。もちろん、山はガスに覆われた見えません。登高意欲(テンション)が急降下してしまい、雨乞岳は中止し、雨の降っていないと思われる鈴鹿南部に転進しようということになりました。R421から石榑トンネルを経てR306に。しかし、ますます雨脚がひどくなってきました。竜ヶ岳の登山口の宇賀渓の駐車場には結構車が駐まっていましたが、この雨の中を登っているのだろうかと。R306を南に下っていくと、釈迦ヶ岳、御在所岳、鎌ヶ岳もガスに覆われていました。さらに南下すると次第に雨が上がってきたので、石水渓に行ってみることにしました。午前9時頃でしたが、仙ヶ岳はまだガスがかかっていたので、結局鬼ヶ牙を経て御所平に登ることにしました。

e0110500_185465.jpg
 樹氷のあった御所平

More

by kitayama-walk | 2012-01-15 23:51 | 鈴鹿山系 | Comments(4)
2012年 01月 08日

入道ヶ岳・水沢岳-辿り着けなかった鎌ヶ岳(敗退)

【日 付】 2012年1月8日(日曜)
【天 候】 曇り時々晴れ
【山 域】 鈴鹿南部
【メンバー】 N野氏、kiytayama-walk

【コース】 宮妻峡駐車場-北の頭-入道ヶ岳-奥の院-重ね岩-仏岩-県境稜線-水沢峠-馬の背渡り-水沢岳-水沢峠-登山口-宮妻峡駐車場

 天気予報によると、1/8は鈴鹿南部は晴れるということから、鎌ヶ岳に登ることにしました。昨年もこの時期に雲母峰から鎌ヶ岳に登っていることから、今回は宮妻峡から新道コースで入道ヶ岳に登り、イワクラ尾根を経由して県境稜線に出て、そこから水沢岳に越えて、鎌ヶ岳に至り、カズラ谷から宮妻峡に下る計画を立てました。しかし、予想以上に積雪(膝前後)があり、かつワカンもスノーシューも持参しなかったことから、ラッセルと強いられました。水沢岳に到着したのが午後1時、さらに鎌ヶ岳に向かうのは時間不足になることは明らかだったので、敗退を決め、水沢峠から宮妻峡に戻りました。このコースは、これまで冬期2回(2009/2/8)歩いたことがあるのですが、今回ほどの積雪は初めてで敗退のやむなきとなりました。

e0110500_3201147.jpg
 イワクラ尾根にある仏岩(磐座)-向こうに見えるのは雲母峰

More

by kitayama-walk | 2012-01-08 23:08 | 鈴鹿山系 | Comments(4)
2012年 01月 03日

2012年の初登山-御在所岳-藤内沢・中道

【日 付】 2012年1月3日(火曜)
【天 候】 晴れ後曇り
【山 域】 鈴鹿中部
【メンバー】 単独行

【コース】 冬期ゲート-蒼滝大橋-藤内小屋-藤内沢分岐-フランケ氷柱-鋸岩-9合目-御在所岳-望湖台-山頂公園-富士見台(中道下山口)-キレット-立岩-地蔵岩-負ばれ石-裏道分岐-中道登山口-蒼滝大橋-冬期ゲート

 今年の初登山はどこにしようかと思案しました。辰年なので竜ヶ岳という選択もあったのですが、12/18に登ったばかりなのでパスすることにしました。天気予報を考えると北部はよくないので、中南部で選択するとして、思いついたのが御在所岳の藤内沢でした。2011/2/13に一度登ったことがあるので、もう一度チャレンジしてみることにしました。ここはバリルートなのですが、雪や氷の状態を見極めながら登る必要があります。登攀具も用意して臨むことにしました。

e0110500_11502019.jpg
 第三ルンゼ鋸岩直下の氷結した滝

More

by kitayama-walk | 2012-01-03 23:37 | 鈴鹿山系 | Comments(5)