山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 26日

取立山から鉢伏山へ-白山ビューラインのスノーシューハイク

 2月26日(土曜) 快晴 F田氏と二人行

 2月26日(土)は2週連続で晴天予報。1週間前は敦賀三山の岩籠山から白山を眺望しました。今度はもっと間近で白山を見たいという思いに駆られ、加越国境にある取立山&鉢伏山に登ることにしました。ミズバショウで有名な取立山には2008/5/18に一度だけ登ったことがあります。そのとき、山頂から見る白山の眺望に感動したことを思い出しました。今回は雪山なので、もっと真っ白な白山を見たいという衝動に駆られてしまいました。

 この取立山-鉢伏山-大長山というルートは2004年2月に関西学院大学WV部の14人が5mの雪で立ち往生し遭難するという事件が起きたことはまだ記憶に新しいことも手伝って、どれくらいの積雪なのか、雪道はどのようになっているのかなど不安材料がありました。しかし、事前に資料集めを行い、取立山より先は行けるところまで行き、遅くとも午後1時には引き返すことにしました。この季節には滅多にない好天がそんな不安を吹き飛ばしてくれ、雪も締まっていて、スノーシューによる歩行も快適で、素晴らしい眺望を楽しむことができました。

<本日のコース>
R157駐車場-取立山登山口-取立山-原高山(P1339)-P1383-鉢伏山-P1383-原高山-取立山-登山口-R157駐車場


e0110500_0363779.jpg
 鉢伏山から白山を眺望しています

More

by kitayama-walk | 2011-02-26 23:17 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(2)
2011年 02月 19日

岩籠山(敦賀三山)-ブナ林と展望を楽しむ雪山

 2月19日(土曜) 快晴 F田氏と二人行

 この時期、晴天率の低い北陸・日本海側の天気ですが、2/19はニヤッとするほどの晴天に恵まれ、敦賀三山のひとつ-岩籠山に登ってきました。最もポピュラーなコースは渓谷沿いに登る市橋コースで、2007/9/15に登ったことがあります。近年、東麓の尾根を登る駄口コースが開拓され、尾根を登るので展望がよく、ブナ林も楽しめるということでした。これは「岳人」2011/2月号に載った記事ですが、今回歩いてみてまさに「ブナ林と展望を楽しむ雪山」という紹介がぴったりでした。

 最初少し樹林の中を歩くことになりますが、尾根に出ると展望が開け、スノーシューを履いて、ガシガシ、サクサクと登っていくことができました。先日の雨が上がり、気温が下がったせいで雪面が締まってくれていたおかげでした。尾根筋には見事なブナ林があり、その中をスノーシューで快適に登って行きました。そして、山頂部の直下には岩塔が点在するインディアン平原があるのですが、ここへは急斜面を駆け上る爽快感を味わうことができました。まさにスノーシューならではの醍醐味です。

 岩籠山の山頂からは、敦賀弯を一望することができ、敦賀三山の野坂岳と西方ヶ岳も間近に望むことができます。さらに伊吹山、金糞岳、横山岳、三周ヶ岳、もっと遠くには白山も眺望することができました。また、琵琶湖、余呉湖はもちろんのこと、武奈ヶ岳や蓬莱山までも見ることができ、本当にラッキーな日でした。

<本日のコース>
駄口登山口-鉄塔跡-▲三角点-コブ-P677-P708-インディアン平原-岩籠山-インディアン平原(昼食)-P708-コブ-▲三角点-鉄塔跡-駄口登山口

e0110500_247323.jpg
 インディアン平原に駆け上っています-雪面が適度に締まっていて、スノーシューでガシガシと登ることができ快適でした

More

by kitayama-walk | 2011-02-19 23:22 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2011年 02月 13日

御在所岳-藤内沢から中道へ

 2月13日(日曜) 曇り一時晴れ後雪 単独行

 最近、藤内沢をつめて御在所岳に登ったという山レポをときどき見かけるようになりました。これまで御在所岳にはあまり登ったこともなく、ましてや積雪期の登山は未経験でした。もともと、藤内壁はロッククライミングのゲレンデになっていて、初級クラスの前尾根があり、その左側の谷が藤内沢です。積雪期には、藤内滝、コーモリ滝などが氷結して氷瀑になっており、第3ルンゼの鋸岩の手前の氷瀑もアイスクライミングの練習場になっているそうです。

 藤内小屋の裏から裏道登山道を進み、兎の耳を越えた先で藤内壁分岐があります。ここで北谷を横切り、前尾根を見ながら藤内沢に入っていくことになります。第3ルンゼからは左寄りに登っていき、最後は登山道に合流します。以上は、ネットなどで調べた情報なのですが、この時期は入沢する登山者が多いので、トレースもしっかりとあるだろうと予想しました。一応、クライミングギアのピッケル、アイゼン、ハーネス、ヘルメット、スリング、カラビナ、ロープ等も持参しました。

<本日のコース>
駐車地-裏道登山口-藤内小屋-藤内壁分岐-藤内沢-コーモリ滝-第三ルンゼ-九合目-御在所岳山頂-望湖台-アゼリア(昼食)-山頂公園-富士見台-八合目-キレット-地蔵岩-負われ石-裏道分岐-裏道出合-裏道登山口-駐車地
e0110500_1425190.jpg
 藤内沢をつめています-向こうには前尾根のやぐら(P2)が見えています

More

by kitayama-walk | 2011-02-13 23:01 | 鈴鹿山系 | Comments(6)
2011年 02月 06日

御池岳-雪のテーブルランド周回

 2月6日(日曜) 曇り時々晴れ K峰君と二人行

 雪のテーブルランド-2010/2/7に訪れました。このときは、晴天の下、雪も状態もよく、素晴らしい雪山山行を楽しむことができました。今年も雪のあるときにテーブルランドをスノーシューで歩きたいという思いに駆られ、いつ行くことができるかとその機会をうかがっていました。

 2/6(日曜)-雪はたっぷりあります。天気予報は晴れです。絶好の雪山山行になると思い、御池岳に行くことに決めました。ただ、昨年より今年は雪が多いようで、2/2の山レポを見ると、R306が大君ヶ畑の集落を抜けた当たりで通行止め(除雪されていない)になっていることが分かりました。雪の国道歩きが片道1時間ほどかかるだろうと予想されました。往復2時間の国道歩きを加算しても、何とか日帰りは可能であり、もし余計に時間がかかったときは、テーブルランドの歩きを短縮すればよいとの計画にしました。

<本日のコース>
駐車地-鞍掛橋-御池谷出合-尾根取付き-鞍掛尾根出合-鈴北岳-西ボタンブチ-夕日のテラス-天狗鼻-ボタンブチ-奥の平-御池岳(丸山)-鈴北岳-鞍掛尾根出合-鞍掛橋-駐車地


e0110500_1533818.jpg
 御池岳(丸山)山頂にて-標柱を見ると1mくらい埋まっています

More

by kitayama-walk | 2011-02-06 23:41 | 鈴鹿山系 | Comments(8)