山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 30日

武奈ヶ岳-比良も雪が多かった!

 1月30日(日曜) 晴れ後曇り 単独行

 今年は雪が多く、比良山系もたっぷりと雪があるという情報が伝わってきます。行きつけのロッジ京都店の店員さんに聞いた話では、1/17に店が主催した武奈ヶ岳山行では、あまりに雪が多くて、御殿山までたどり着けなかったとか。確かに、1/16にたくさん積雪があったことからすると想像に難くありません。しかし、それからすでに2週間経過しており、積雪量も適度に減ったものと思い、また前日(1/29)に武奈ヶ岳に登ったHPを見ると、ラッセルに苦労しながらも山頂に立っており、これは行けないことはないと判断し、武奈ヶ岳に登ることにしました。

<本日のコース>
坊村-P846-御殿山-ワサビ峠-(西南陵)-武奈ヶ岳山頂-(西南陵)-ワサビ峠-御殿山-P846-坊村


e0110500_19525145.jpg
 誰もいない武奈ヶ岳山頂に到着しました(10:45)-残念ながら眺望はほとんどありません

More

by kitayama-walk | 2011-01-30 19:40 | 比良山系 | Comments(18)
2011年 01月 23日

北横岳-2つ目の雪山

 1月23日(日曜) 晴れ F田氏と二人

 入笠山から下山途中、八ヶ岳を眺めると、それまで棚引いていた雲が切れてきて、山頂が見え始めてきていました。権現岳、赤岳、阿弥陀岳、横岳、硫黄岳、天狗岳、縞枯山、そして北横岳と蓼科山-八ヶ岳連峰の山々が南端から北端まで見えるようになっているではありませんか。こうなったら、最初の予定どおり、北横岳に行こう!(大岳・三ッ岳周回は無理としても)という考えがぱっと浮かんできました。

 問題は時間でした。午後1時までにピラタス蓼科ロープウェイの山頂駅をスタートすることができると、北横
岳までの往復は約2時間なので、休憩時間などを入れると、午後3時半までには山頂駅に戻ってくることができるので、ロープウェイの最終時刻午後4時に間に合うという計算でした(もっとも、下りはスノーシューで歩いて降りることも可能でしょう)。

 ということで、富士見パノラマリゾートのスキー場から車をとって返し、一路、ピラタス蓼科ロープウェイをめざしました。午後12時半に到着し、すぐにロープウェイで山頂へ向かい、12時50分には山頂駅に到着しました。これで何とか、北横岳までの往復が可能となりました。ゴンドラやロープウェイを使ったとしても、離れた2つの雪山を一日で登るのは結構大変でした。

<本日のコース>
ピラタス蓼科ロープウェイ山頂駅-坪庭(第一休憩所)-三ッ岳分岐-北横岳ヒュッテ-南峰-北峰-南峰-北横岳ヒュッテ-三ッ岳分岐-坪庭-山頂駅


e0110500_22163093.jpg
 北横岳(北峰2480m)にて-バックには蓼科山が見えています

More

by kitayama-walk | 2011-01-23 23:59 | その他 | Comments(2)
2011年 01月 23日

晴れた入笠山(1955m)へ

 1月23日(日曜) 晴れ F田氏と二人

 今年に入ってからの山行はあまり天気に恵まれていません。先週(1/16)は、寒波襲来で大雪になり、敢えなく山行中止になりました。だから、今週は晴天の山に登りたいと思っていました。予定としては、台高の明神平を考えていましたが、天気予報は一日中曇りです。これではテンションが上がらないと、どこか晴れるところはないかとネット検索してみたところ、どうやら八ヶ岳方面は晴れマークが並んでいました。

 というわけで、前日、急遽行き先を、何とか日帰り可能な北八ヶ岳に変更し、北横岳・大岳から三ッ岳・雨池山の周回コースを歩くことにしました。確かに八ヶ岳山麓は晴れていましたが、何と!八ヶ岳は北端の蓼科山から南端の編笠山まで、山頂あたりが横に棚引く雲に覆われていました。いつまで懸かっているのかもわからないので、やむなくよく晴れている入笠山に行き先を変更することにしました。

<本日のコース>
富士見パノラマスキー場ゴンドラ山頂駅-入笠湿原-マナスル山荘-入笠山山頂-入笠湿原-ゴンドラ山頂駅

e0110500_10464279.jpg
 入笠山山頂にて-バックには八ヶ岳連峰がありますが、雲が棚引いて見えません

More

by kitayama-walk | 2011-01-23 23:27 | その他 | Comments(2)
2011年 01月 09日

3度目の正直で鎌ヶ岳-雲母峰経由(長丁場だが屈指の縦走路)

 1月9日(日曜) 晴れ後曇り 単独行

 今年は、綿向山、竜ヶ岳の2回とも吹雪かれたので、次は吹雪は避けたいということで、天気予報もまずまずだった1/9に鎌ヶ岳に登ることにしました。これまで鎌ヶ岳は積雪期も含めて数回登ったことがありますが、今回はこれまで歩いたことのないルートである雲母峰経由で登ることにしました。以前に山頂から雲母峰を眺めると結構長い尾根が続いていましたので、一度歩いてみたいと思っていました。問題は、どれくらの積雪があるのか、トレースがあるのかどうか、よくわからないので、鎌ヶ岳山頂までに要する時間が計れず少し不安でした。しかし、午後1時まで行けるところまで行き、だめなら引き返すということを条件に歩くことにしました。

 午前8時ちょうどに宮妻口登山口を出発し、雲母峰まで1時間50分、鎌ヶ岳までは4時間15分かかりました(到着時刻12時15分)。積雪も30㎝くらいで、トレースもあったのですが、それでも結構時間がかかったと思います。下りはピストンを予定していたのですが、雲母Ⅱ峰に到着した時刻が午後3時だったので、ここから小林新道を下ることにしました。これがヤセ尾根などがあり結構ハードで、間違えやすい箇所もあったりしましたが、何とか午後4時までには下山することができました。

<本日のコース>
雲母橋駐車場(宮妻口)-P735-雲母Ⅱ峰-雲母峰-P791-白ハゲ-カズラ谷道分岐-岳峠-鎌ヶ岳-岳峠-ズラ谷道分岐-白ハゲ-P791-雲母峰-雲母Ⅱ峰-(小林新道)-東海自然歩道-雲母橋駐車場

e0110500_1316141.jpg
 雲母Ⅱ峰から鎌ヶ岳を眺望しています(鎌ヶ岳の右奥に白く見えるのは雨乞岳です)

More

by kitayama-walk | 2011-01-09 23:57 | 鈴鹿山系 | Comments(6)
2011年 01月 04日

竜ヶ岳-今年2回目の登山も悪天候

 1月4日(火) 晴れ後曇り一時吹雪 単独行

 今年2回目の登山はどこにしようかと思案した結果、一昨年の1月に登った竜ヶ岳に決定し、歩くコースも金山尾根(ホタガ谷西尾根)を登り、遠足尾根を下ることにしました。天気予報は、午前が晴れ、昼頃に一時曇って、午後は晴れとなっていたので、何とか行けるだろうという推測でした。

 午前6時半に京都を出発し、登山口の宇賀渓に到着したのが8時過ぎでした。R306沿いからは、鈴鹿中南部の山々は朝日を浴びて輝いていました。もちろん、竜ヶ岳もそのこんもりとした山容を見せてくれていたので、今日はなかなかのコンディションで登山ができるという期待が高まりました。しかし、登り始めて1時間ほど経過すると、次第に雲が広がってきました。やがて雪が降ってきて、山頂付近では吹雪いていました。やっと山頂に到達したものの、これでは長居することもできず、早々に下山する羽目になりました。遠足尾根からも振り返りながら下ったものの、天気の回復はイマイチでした。

<本日のコース>
宇賀渓駐車場-ホタガ谷分岐-金山尾根出合-P567-県境稜線-竜ヶ岳-遠足尾根出合-P964-大日向-宇賀渓駐車場

e0110500_1001356.jpg
 竜ヶ岳山頂は吹雪いていました

More

by kitayama-walk | 2011-01-04 23:51 | 鈴鹿山系 | Comments(11)
2011年 01月 02日

今年の初登山は綿向山-樹氷を求めて

 1月2日(日) 曇り時々晴れ 単独行

 新年明けましておめでとうごさいます。
 さて、新春早々に山に出かけようと考えていましたが、天気があまりよくないようです。その中で、1月2日は比較的天気予報がよく、滋賀南部や三重県北部には晴れマークが並んでいたことから、樹氷を求めて綿向山に登ることにしました。

 綿向山の冬期登山は、これまで数度ありますが、やはり人気の山なんでしょうね、登山者がたくさん登ってきます。1/2に初登山をされる方も多いのではないかと思いながら、出かけることにしました。しかし、予報は平野部のみ当たっていて、山沿いや山頂部は雲に覆われて、一日中雲が切れませんでした。ただ、時折風に流されて青空がのぞくこともありましたが、全般的にはガスに覆われた登山になってしまい、ちょっと残念でした。それでも、イハイガ岳まで足を延ばしてみることにし、トレースのない雪面をスノーシューで歩きました。

<本日のコース>
御幸橋駐車場-ヒミズ小屋-三合目-五合目避難小屋-七合目(行者コバ)-綿向山-竜王山分岐-イハイガ岳-竜王山分岐-綿向山-七合目(行者コバ)-五合目避難小屋-ヒミズ小屋-御幸橋駐車場

e0110500_1164090.jpg
 綿向山の山頂の景色はガスのためイマイチでした

More

by kitayama-walk | 2011-01-02 23:51 | 鈴鹿山系 | Comments(5)