<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

乗鞍高原スノーシューハイク

 1月31日(日曜) 晴れ後曇り F田氏、K君と3人

 前日の上高地のスノーシューハイクを終えた後、雪道を一路「白骨温泉」に走り、一泊した翌日、今度は乗鞍高原でお手軽スノーシューハイクをやることにしました。乗鞍高原スキー場から2本のリフトを乗り継ぎ、三本滝レストハウスのところから歩き始めました。

 このコースは、ほぼ下りのコースなので楽ちんなのです。孫一平付近では自由に歩き回れる快適なところですが、ルートを間違えないようにする必要があります。東大ヒュッテでは白樺林から乗鞍岳を望みながら休憩し、シラビソやトウヒの原生林の中を下って、車を駐めている休暇村まで戻りました。

<本日のコース>
休暇村-リフト乗り場-三本滝レストハウス-孫一平-東大ヒュッテ-夜泣峠-牛留池-休暇村

e0110500_13184817.jpg
 右に聳えているのが乗鞍岳(剣ヶ峰)、左は高天ヶ原

by kitayama-walk | 2010-01-31 23:05 | その他 | Comments(0)
2010年 01月 30日

冬の上高地-スノーシューハイキング

 1月30日(土曜) 晴れ時々曇り F田氏、K君と3人

 上高地には、これまで何度も足を運んだことがありますが、いずれも無雪期で、バスで河童橋手前の上高地バスターミナルまで入りました。今度は冬に行ってみたいと思うようになり、今回はその機会が巡ってきました。もちろん、冬季には通行止めになっているので、釜トンネル入口から歩かなければなりません。大正池ホテルのところからスノーシューを履いて歩き始めました。

 梓川に沿って進み、田代池、田代橋を経て、河童橋に至りました。夏や秋と違い、人影もほとんどなく、静かな上高地の冬景色を堪能することができました。時間的余裕があったので、さらに明神池まで訪ねることができました。

<本日のコース>
坂巻温泉-釜トンネル入口-出口-大正池ホテル-田代池-田代橋-河童橋-明神館-明神池-岳沢登山口-河童橋-ウェストン碑-田代橋-大正池ホテル-釜トンネル出口-入口-坂巻温泉

e0110500_2144332.jpg
 上高地のケショウヤナギ(化粧栁)は有名です-晩秋から冬にかけて小枝が紅くなります(バックの山は明神岳)

by kitayama-walk | 2010-01-30 23:02 | その他 | Comments(0)
2010年 01月 24日

日帰りの冬季蓼科山登山

 1月24日(日曜) 快晴 単独行

 今週末は日曜(1/24)しか山に行けないことから、当初鈴鹿の霊仙山に登る予定にしていました。ところが、どうやら鈴鹿は雪が少ないという情報があり、しかも、前日の天気予報では東の方が天気がよく終日快晴の予報になっていたことから、急遽北八ヶ岳の蓼科山に行くことに方針を変更しました。蓼科山なら昨年5月に登っていること、登山道も危険なところがなかったこと、時間的にもコースタイムが2時間30分であったことから決めました。
 
 スズラン峠付近(女乃神茶屋)の登山口8時30分にスタートしました。当日は朝から快晴に恵まれました。雪はよく締まっていて登りやすく、登山道が南側斜面であることから暑いくらいで、3分の1の地点でヤッケを脱ぐとともにアイゼン装着しました。10時50分に山頂到着しましたが、無雪期とそう変わらないタイムでした。
 
 山頂でも快晴が続いていて、360度パノラマが広がっていました。八ヶ岳はもちろんのこと、南アルプスの北岳、甲斐駒、仙丈ヶ岳、中央アルプスの空木岳、木曽駒、御嶽山、乗鞍岳、北アルプスの穂高連峰、槍ヶ岳から鹿島槍、白馬岳までずらりのラインアップ、北には浅間山がばっちりと見えていました。
e0110500_0413188.jpg
 下山後、麓から見た北八ヶ岳の風景(左から蓼科山、横北岳、縞枯山、茶臼山と並んでいます

by kitayama-walk | 2010-01-24 23:31 | 日本百名山 | Comments(6)
2010年 01月 17日

北八ヶ岳スノーシューハイキング(2日目)

 1月17日(日曜) 快晴 F田氏と二人

 初日の天狗岳登頂で南八ヶ岳のアルペン的な登山を経験したのとは対照的に、2日目は北八ヶ岳の針葉樹林帯の中をスノーシューで歩くというハイキングにしました。これも、黒百合平(黒百合ヒュッテ)に泊まったことから可能になったのですが、中山峠から中山展望台に登り、そこから高見石を周回して渋の湯に戻るというコース設定です。

 前々日の積雪のため、中山展望台から高見石までのルートがトレースがあるかどうか心配でした。最初はトレースがないと不安になりましたが、直に前日のトレース(どうやら一人歩いているようでした)が見つかり、そう苦労することなく、高見石まで辿り着くことができました。

<本日のコース>
 黒百合平(黒百合ヒュッテ)-中山峠-中山展望台-高見石小屋(高見石)-賽の河原-渋の湯

e0110500_21303395.jpg
 中山峠付近のビューポイントから東・西天狗岳を眺望しています

by kitayama-walk | 2010-01-17 23:10 | 日本二百名山 | Comments(0)
2010年 01月 16日

積雪期の北八ヶ岳-天狗岳(初日)

 1月16日(土曜) 曇り後晴れ F田氏と二人

 北八ヶ岳の雄峰・天狗岳は、雪山登山の初級から中級へのステップアップとなる山と言われています。北八ヶ岳は針葉樹の原生林に包まれ穏やかな山並みが広がっている中でも、天狗岳はアルペン的な峻険な山容を見せる、いわば南北八ヶ岳の両方の表情をもつ山とされています。

 昨年5月に唐沢鉱泉から西尾根コースで天狗岳に登りましたが、積雪期には最もポピュラーな渋の湯から黒百合平(黒百合ヒュッテ)に至り、中山峠から天狗岳へ主稜線を往復するというコース設定にしました。山と渓谷社のアドバンス山岳ガイド「冬の八ヶ岳」で中級コースとして紹介されているので、これを参考にしました。

<本日のコース>
 渋の湯-八方台分岐-唐沢鉱泉分岐-黒百合平(黒百合ヒュッテ)-中山峠-東天狗岳-西天狗岳-中山峠-黒百合平(黒百合ヒュッテ)

e0110500_21591637.jpg
 東天狗岳山頂から西天狗岳を望む

More

by kitayama-walk | 2010-01-16 23:39 | 日本二百名山 | Comments(2)
2010年 01月 10日

誰もいなかった雨乞岳-深雪、ガス、トレースなし

 1月10日(日曜) 曇り 単独行

 1/9-11の3連休は、中日の10日しか時間が取れません。天気は、北部はよくないが、中南部は曇り時々晴れという予報だったので、1週間前に仙ヶ岳から眺めた雨乞岳に登ることにしました。滋賀県の甲津畑から登ることにし、蓮如旧跡の手前から奥の畑に入り、雨乞岳-大峠の稜線に出て、南雨乞岳から雨乞岳に至り、帰りは杉峠に下り、千草街道を甲津畑まで戻るコース設定にしました。

 ところが、今回は、思いの外、ハードかつ緊張した山行になってしまいました。その原因ですが、第一に積雪量が意外と多かったことです。稜線から山頂に至るところでは、膝上までの積雪で、しかも湿気を含んだ柔らかい雪なので、沈み込んで歩きにくい。第二に、奥の畑入口から杉峠までトレースが全くなかったことです。奥の畑はトレースがないだろうと予想していましたが、雨乞岳山頂にもトレースはなく、従って杉峠にもありませんでした。第三にガスが巻いていたことです。稜線あたりから濃くなり、視界は20mくらい。南雨乞岳から雨乞岳へのルートを間違えそうになりました。時間的にはまだ余裕があったので、「遭難」騒動には至らなくてよかったです。

<今回のルート>
岩ヶ谷林道入口(駐車地)-杉谷善住坊隠れ岩-桜地蔵尊-古屋敷跡-奥の畑入口-シオジの大木-奥の畑峠-南雨乞岳-雨乞岳-杉峠-一反ぼうそう-大シデ1410-蓮如旧跡-桜地蔵尊-杉谷善住坊隠れ岩-岩ヶ谷林道入口(駐車地)

e0110500_0533576.jpg
 寒そうな杉峠-杉峠にはトレースがなかった

More

by kitayama-walk | 2010-01-10 23:32 | 鈴鹿山系 | Comments(8)
2010年 01月 04日

今年の初登山-野登山・仙ヶ岳・宮指路岳

【日 付】 2010年1月4日(月曜)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 鈴鹿南部
【メンバー】 単独行

【コース】小岐須渓谷山の家-マド-国見広場-野登山-野登寺-仙鶏尾根入口-仙鶏乗越-仙の石-仙ヶ岳東峰-仙ヶ岳西峰-小社峠-岩峰-犬返しの険-宮指路岳-馬乗り岩-小岐須峠-(カワラコバ谷)-小峠-ヤケギ谷道出合-大石橋-小岐須渓谷山の家

 新年明けましておめでどうございます。
 今年の初登りはどこにしようかと思案しました。最初は1/3に武奈ヶ岳にしとうと思っていましたが、正月の不摂生と天気がイマイチだったため断念し、1/4に登ることにしました。これも当初は御池岳に登ろうと計画していましたが、当日朝の予報が曇りがちだったため、急遽比較的天気のよさそうな鈴鹿南部の山にしました。

 これまで登ったことのない山にも登りたいということから、小岐須渓谷から野登山に登り、仙鶏尾根を歩いて仙ヶ岳に行き、そこから県境尾根を北上し、宮指路岳に登り、下山は小岐須峠から、これも歩いたことのないカワラコバ谷を下り、小岐須渓谷まで戻りました。最初は、晴れ間あったものの、雲が多く景色ぱっとしませんでしたが、正午頃から晴れ上がってきて、綿向山、雨乞岳、御在所岳、鎌ヶ岳などの鈴鹿の主な山がきれいに輝いていました。

e0110500_13213812.jpg
 宮指路岳の馬乗り岩にて-右後方に綿向山が見えています

More

by kitayama-walk | 2010-01-04 23:07 | 鈴鹿山系 | Comments(2)