山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

天候が悪化する前に下山します(3日目)

 12月31日(木曜) 曇り N野氏と二人

 今日は12月31日大晦日です。お正月を山で迎える人たちもたくさんいて、山小屋も29日から次第に宿泊客が増えてきています。しかし、今日の大晦日から明日の元旦にかけての天気予報は、日本海側を中心に天気が崩れ大雪になるとのこと。山間部でもかなりの積雪が見込まれるとの予報で、当初よりも天気の悪化は早まり、かつ大きくなるということで、ぐずぐずしていると山を下りられない、下りられたとしても帰りの高速道路がまともに進まず今日中に京都に帰り着けないのではないかとの心配が出てきました。となれば、さっさと山を下りることに即断しました。
e0110500_1641131.jpg
 足早に赤岳鉱泉から美濃戸に向かっています

More

by kitayama-walk | 2009-12-31 23:09 | 八ヶ岳 | Comments(0)
2009年 12月 30日

八ヶ岳の主峰赤岳アタック(2日目)-文三郎道から地蔵尾根へ

 12月30日(水曜) 曇り時々晴れ N野氏と二人

 今日はいよいよ八ヶ岳の主峰・赤岳にアタックします。天気は、曇り時々晴れという、曇りがちの予報であり、次第に下り坂というので早めに登ることにします。例年に比べてまだ雪が少ないこともあり、昨日硫黄岳から横岳を経て赤岳に縦走してきた登山者の話を聞くと、十分縦走することができそうでした。ということで、まずは行者小屋から文三郎道を登り、赤岳山頂に到達し、ついで天候を見ながら、横岳から硫黄岳に縦走することにし、場合によっては縦走せず地蔵尾根を下ることにしました。
e0110500_1119238.jpg
 赤岳展望荘から赤岳への稜線を見上げています-稜線には強風が吹き雪を舞い上げています

More

by kitayama-walk | 2009-12-30 23:10 | 八ヶ岳 | Comments(2)
2009年 12月 29日

積雪期の南八ヶ岳山行(初日)-アイスクライミング

 12月29日(火曜) 晴れ N野氏と二人

 積雪期の本格的な登山は未だ経験がなかったので、今回は経験者のN野氏を伴って、入門的な雪山である南八ヶ岳の赤岳にアタックすることにしました。これまでロープワークや岩場のアイゼン歩行などのトレーニングを経ての山行となりました。

 南八ヶ岳は、北アルプスなどに比べると、アクセスが簡単で、積雪も少ないことから入門的な雪山になっているのですが、気温がマイナス10~20℃と低いのが特徴的で日中でもマイナス5℃くらいなので、氷瀑ができています。そこで、アイスクライミングにも挑戦してみることにしました。
e0110500_1532867.jpg
 ジョウゴ沢のF2と呼ばれる氷瀑を登ります

More

by kitayama-walk | 2009-12-29 23:51 | 八ヶ岳 | Comments(8)
2009年 12月 27日

「鈴鹿の槍」鎌ヶ岳-入道ヶ岳からイワクラ尾根&鎌尾根

 12月27日(日曜) 晴れ F田氏と二人

 今年最後の鈴鹿山行はどこにするかと迷ったのですが、最近の天気予報の目まぐるしい移り変わりから、鈴鹿の中南部が比較的よさそうなので、鎌ヶ岳に登ることにしました。鎌ヶ岳への登山は、これまで何回かあるのですが、やはり天を突き上げる鎌ヶ岳の雄姿を見ながら鎌尾根を歩くのが魅力的なので、今回も宮妻峡からのアプローチにしました。ただ、水沢峠に直登するのでは、時間的に余裕がありすぎるので、新道コースで入道ヶ岳に登り、イワクラ尾根を辿って県境稜線に至ることにしました。

 12/18、19の積雪がどれだけ残っているかと心配もしましたが、12/23に御所平に登ったときの感じからすると、雪もほとんど残っていないだろうと予測しました。予測どおり、雪はほとんどなく、かつ天気予報どおり、晴天の下、快適に歩くことができました。

<今日のコース>
宮妻峡駐車地-北の頭-奥の宮-仏岩-奥の谷口-県境尾根出合-水沢峠-水沢岳-衝立岩-岳峠-鎌ヶ岳-岳峠-雲母峰岳分岐-小滝-宮妻峡駐車地

e0110500_0492717.jpg
 県境稜線から見る、衝立岩(左)と鎌ヶ岳

by kitayama-walk | 2009-12-27 23:38 | 鈴鹿山系 | Comments(0)
2009年 12月 23日

御所平-鬼ヶ牙から臼杵ヶ岳・臼杵山へ周回

 12月23日(祝日) 晴れ後曇り 単独行

 この祝日は曇りがちの予報で、比較的天気のよさそうなのは、やはり鈴鹿南部ということだったので、御所平に行ってみることにしました。これまで二度、御所平に登りましたが、最初は石水渓から臼杵山・臼杵ヶ岳を経て、二度目は能登ヶ峰から仙ヶ岳に立ち寄った帰りでした。今回のアプローチをどうするか考えましたが、やはり石水渓からが最も近いことから、これに未だ登ったことのなかった鬼ヶ牙・長坂の頭をセットすることにし、臼杵ヶ岳・臼杵山も周回することにしました。

 HPの情報では、石水渓からの林道が一部崩落のため通行止めになっているということなので、滋賀県の山女原(あけびはら)から安楽峠を越えてアクセスすることにしました。天気は、午前中の早い時間は晴れていましたが、次第に雲が広がってきました。正午前には、御所平から北方向を眺めると、雨乞岳や綿向山には雪が降っているようでした。次第に天気が下り坂になるということで急いで下山しましたが、ちょうど下山した頃に雨滴が落ちてきました。

<今回のコース>
石水渓駐車地-鬼ヶ牙登山口-展望台-鬼ヶ牙分岐-鬼ヶ牙(北峰)-鬼ヶ牙分岐-岩壁-長坂の頭-県境稜線-南端-御所平-南端-舟石-臼杵ヶ岳-臼杵山-石水渓登山口

e0110500_0505280.jpg
 御所平には-向こうには鎌ヶ岳、宮指路岳、仙ヶ岳が並んでいます

by kitayama-walk | 2009-12-23 23:43 | 鈴鹿山系 | Comments(2)
2009年 12月 20日

アイゼントレーニング+大原三山

 年末に南八ヶ岳に行くことになりました。赤岳登山とアイスクライミングを予定しています。ついては、岩場の登りがあるとの想定で、アイゼントレーニングをすることにしました。練習場所は、前回と同じ、京都・金毘羅ロックガーデンです。ここには、たくさんの岩場とルートがあるのですが、私は初心者なので最も簡単なY懸尾根でのアイゼントレーニングを行いました。この時期は、雪山に備えてアイゼントレーニングをやりに来る登山者が結構いました。

 これまでアイゼンを装着しての歩行は、雪面では何度もあるのですが、岩場では初めてでした。これが慣れるまで結構大変で、アイゼンの爪をズボンに引っかけてしまうことが何度かありました。それで雪山のスパッツが厚手でできていることが理解できました。アイゼントレーニングは午前中で終わったので、午後からは大原三山(金毘羅山、翠黛山、焼杉山)をぐるりと周回して寂光院に下りてきました。
e0110500_07253.jpg
 アイゼンの爪を岩場に引っかけて登る練習をしています

by kitayama-walk | 2009-12-20 23:55 | 京都北山 | Comments(4)
2009年 12月 13日

国見峠から朝明渓谷へ(その2)

 国見峠は、御在所岳の裏道登山道の8合目になっていますが、まずはこの県境稜線を国見岳に向かって北上します。最初はササのある溝道を登って行きます。途中でザレ場があり、ここから御在所岳を眺望することができます。やがて右手に国見尾根の分岐があります。この尾根にはゆるぎ岩などの奇岩があり、藤内小屋に下っていきます。国見尾根分岐を過ぎると、今度は左手に石門の標識があります。左に折れてすぐのところに石が重なってできた大きな門がありました。この石の上に登ることができます。再び県境稜線まで引き返して北に進むと、すぐに国見岳に到着しました。ここにも大きな岩があり、この上に登ると鈴鹿山系中北部の主要な山を見渡すことができました。
e0110500_1103416.jpg
 ササのある県境尾根を北上します

More

by kitayama-walk | 2009-12-13 23:47 | 鈴鹿山系 | Comments(0)
2009年 12月 13日

クラシ北尾根-鈴鹿のジャンダルムを越えてイブネへ

 12月13日(日曜) 晴れ F田氏、N野氏と3人
 
 イブネ・クラシというと、鈴鹿では最も知られざる地域で「鈴鹿の秘境」とも呼ばれていたそうです。それが今ではかなり歩く人が出て来ていると言われていますが、かく言う私もその一人です。昨年08.12.20には、オゾ谷からクラシ北東尾根経由でクラシ・イブネに登ったのですが、気になっていたのはクラシ北尾根でした。

 HPなどでクラシ北尾根を検索してみると、ヤセ尾根、ジャンダルム(クラジャン)、シャクナゲ地獄という言葉が出てきます。鈴鹿界隈では危険な尾根ということなので、是非とも一度歩いてみたいと思っていました。1年越しの計画を実行する機会がやってきました。当日は、歩行時間に余裕をもたせるため、いつもより早く歩き始めるように計画を立てました。ワサビ峠からクラシまでのクラシ北尾根は最近整備されたようで、特にシャクナゲの木枝は、通過しやすいように邪魔になるところは切除されていて、歩くのに苦労することはありませんでした。奥村光信氏の地図では120分のコースタイムと書かれていましたが、実際には1時間もかかりませんでした。歩行ルートは以下のとおりです。

<歩行ルート>
朝明渓谷駐車場-中峠分岐-曙滝-中峠-大瀞-オゾ谷出合-クラシ登り口-ワサビ峠-クラジヤン-クラシ-イブネ北端-イブネ-杉峠-コクイ谷出合-上水晶谷出合-国見峠-国見岳-青岳-きのこ岩-根の平峠-朝明渓谷駐車場

e0110500_22401938.jpg
 鈴鹿のジャンダルムと呼ばれる「クラジャン」の岩峰

More

by kitayama-walk | 2009-12-13 23:18 | 鈴鹿山系 | Comments(6)
2009年 12月 06日

桧塚奥峰・桧塚・明神平-マナコ谷登山口から周回

 12月6日(日曜) くもり時々晴れ 単独行

 台高山脈の稜線から東(三重県側)に派生した支稜線上に小高い2つのピークがあります。それが桧塚奥峰(1420m)と桧塚(1402m)で双耳峰を形成しています。前回09/10/31には、奈良県側の大又から明神平を経て辿り着きましたが、今回は三重県側の蓮(はちす)ダムの奥香肌湖(おくかはだこ)に流れ込む青田川の上流の木屋谷川に沿って延びる千秋林道を遡りました。マナコ谷登山口の先から木屋谷川沿いに遡上し、奥山谷出合から渓谷美を楽しみながら、明神平の台地に駆け上がり、支稜線を歩いて桧塚奥峰と桧塚に辿り着きました。

 当日の天気予報は晴れ時々くもりでしたが、稜線上は別世界でした。ガスに覆われた稜線上は強風に晒されて霧氷ができていました。とにかく風が強かったこともあり、体感温度が低く、ついつい先を急いでしまいました。それでも、桧塚奥峰の山頂では、時折ガスが切れて青空も出てきました。寒空の下、昼食を兼ねて40分ほど粘ると、青空の下、霧氷を抱いた桧塚の姿を見ることができました。

<歩行ルート>
マナコ谷登山口-万歳橋-ワサビ谷出合-奥山谷出合-明神平-三ッ塚分岐-明神岳-P1394-ヒキウス平-P1394-桧塚奥峰-桧塚-マナコ谷登山口
e0110500_21212073.jpg
 桧塚奥峰から霧氷の桧塚(右)を眺めています

More

by kitayama-walk | 2009-12-06 23:43 | 台高・大峰山系 | Comments(4)