山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 23日

烏帽子小屋から高瀬ダムへ(最終日)

 さて、いよいよ最終日は、烏帽子小屋からブナ立尾根を高瀬ダムに下ります。このブナ立尾根は北アルプス3大急登のひとつで標高差1200mあります。本来なら登るべきところですが、これは裏銀座縦走にとっておくこととし、今回は一気に下ることにしました。

 高瀬ダムに下る前に槍が見たいという思いに駆られ、早朝に裏銀座コースを野口五郎岳方面に向かい、三ッ岳手前付近まで行ったところで槍の姿を見ることができました。
e0110500_22123682.jpg
 朝日を浴びて輝く槍ヶ岳(左には奥穂と前穂が見えています)

by kitayama-walk | 2009-08-23 23:08 | その他 | Comments(0)
2009年 08月 22日

船窪小屋から烏帽子小屋へ(3日目)

 3日目の船窪小屋から烏帽子小屋に向かうコースが最もロングコースとなっていましたが、今日は昨日と打って変わって朝から一日中好天に恵まれました。剣岳から立山から薬師岳に続く山々、また燕岳から槍ヶ岳に連なる表銀座の山稜が青空のもと、目の前に展開し、素晴らしい山行を満喫することができました。忘れられた山域の静かなコースは、反対に有名な山域の展望が手に取るように楽しめることもわかりました。
e0110500_223118.jpg
 烏帽子岳を望む(南沢岳付近から)

by kitayama-walk | 2009-08-22 23:56 | その他 | Comments(0)
2009年 08月 21日

蓮華岳から船窪小屋へ(2日目)

 縦走2日目は、針ノ木小屋を出発し、船窪小屋までの縦走でした。この日の天候は、朝から雨。しかも、強風が吹きすさんでいました。まずは、蓮華岳まで300mの登り、次は蓮華の大下り(500m)、さらに北葛岳まで300mの登り、七倉岳まで200m下って200m登るというアップダウンを繰り返しました。しかも、不安定な岩場ややせ細った花崗岩の岩稜、崩壊が著しい稜線と鞍部が連続する難所でした。天気がよければ、もっと楽に歩けるのにという思いが何度も込み上げてきました。ただ、この日の歩行時間は、もともと5時間半のコースタイムだったことから、早めに船窪小屋に到着したため、しんどい思いも半分というところでした。
e0110500_21435314.jpg
 強風の中でもしっかりと咲いていたコマクサ(蓮華岳山頂付近にて)

by kitayama-walk | 2009-08-21 23:30 | その他 | Comments(0)
2009年 08月 20日

針ノ木岳から烏帽子岳へ縦走(初日)

  後立山連峰の南端・針木岳と裏銀座の北端・烏帽子岳とを結ぶ山域には、蓮華岳、北葛岳、七倉岳、船窪岳、不動岳、南沢岳などの2500m前後の山が連なっています。後立山連峰と裏銀座が有名であるだけに、これらの中間にあるこの山域はマイナーな雰囲気があります。しかし、300~500mのアップダウンが続き、ガレ場や崩壊地が連続するだけに、歩きごたえのある山行ができるコースになっています。

 今回は、初日(扇沢-針木岳)、2日目(蓮華岳-船窪小屋)、3日目(船窪岳-烏帽子小屋)、4日目(高瀬ダム)という3泊4日のロングコースになりました。
e0110500_2114153.jpg
 今年は小さい雪渓となっていた針ノ木雪渓

by kitayama-walk | 2009-08-20 23:03 | その他 | Comments(3)
2009年 08月 16日

打って変わってピーカンの甲斐駒ヶ岳

 前日の仙丈ヶ岳はガスに見舞われて眺望がなく、沈んだ気持ちで北沢駒仙小屋のテント場に幕営することにしました。夕食を終えた午後6時頃、雨が降り出しました。次第に雨脚が強くなり、一晩中テントに打ち付けました。「晴れ」という天気予報も当てにならないと口惜しい気持ちでテントの中に潜り込んで悶々とした一夜を過ごしました。1時間毎に目が覚め、その度に雨音を聞かされました。

 テントの外のざわざわする音に目が覚めて出てみると、雨が上がっていました。まだ曇り空でしたが、今日こそは晴れていることを期待して、甲斐駒ヶ岳めざして5時15分出発しました。次第に雲が切れ始め、仙水峠辺りでは青空が出てきました。駒津峰までの急登を上がると、鮮やかに晴れてきたではありませんか。昨日見えなかった仙丈ヶ岳はもちろんのこと、北岳、間ノ岳、塩見岳、そして鳳凰三山の向こうには富士山が姿を見せていました。結局、昨日の罪滅ぼしということでしょうか、今日は一日晴天に恵まれ、ピーカンのもと、甲斐駒ヶ岳に登ることができました。
e0110500_1529282.jpg
 駒津峰付近から甲斐駒ヶ岳を眺望しています(右には摩利支天が見えています)

by kitayama-walk | 2009-08-16 23:14 | 日本百名山 | Comments(3)
2009年 08月 15日

鬼門の仙丈ヶ岳

 昨年(2008)8/29に南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳に4回目のチャレンジをしました。しかし、雨とガスに見舞われて、仙丈小屋までで撤退を余儀なくされました。今度こそはということで、今年8/15「晴れ」という天気予報を信じて、5回目のアタックを試みました。

 長野側の仙流荘から朝一番のバスで北沢峠をめざしました。南アルプス林道を走るバスの車窓からは、仙丈ヶ岳は朝日に輝いており、今日は絶好の登山日和になると信じ、かつ期待が膨らみました。6時半に北沢峠を出発し、1時間余りで大滝ノ頭(五合目)を通過しましたが、振り返るとバスの車窓からよく晴れていた甲斐駒に少し雲がかかり出しました。8時40分小仙丈ヶ岳に到着し、正面の小仙丈カールに大きな仙丈ヶ岳が見えていました。

 しかし、ここから天候が一変しました。見る見るうちに小仙丈尾根の西側にガスがかかり始め、仙丈ヶ岳山頂に着いた10時にはガスで眺望がほとんどなくなりました。山頂で1時間、仙丈小屋で1時間待ちましたが、ガスは晴れず終いでした。やっぱり、仙丈ヶ岳は私にとっては「鬼門」なんでしょうか。
e0110500_1555226.jpg
 小仙丈ヶ岳から正面に大きな仙丈ヶ岳が眺望できました

by kitayama-walk | 2009-08-15 15:01 | 日本百名山 | Comments(0)
2009年 08月 01日

生きている火山-十勝岳

 トムラウシから下山した後、車で白金温泉に移動し、翌日、十勝岳と美瑛岳に登ることにしました。十勝岳は、いうまでもなく、十勝連峰の主峰(2077m)として君臨し、今も旺盛な火山活動を見せている山です。今回は、望岳台登山口から十勝岳に登り、縦走路を歩いて、美瑛岳を周回してくるという一般的な日帰りコースを歩いてみることにしました。

 「主峰十勝岳を中央にして、その右に上ホロカメットク山、三峰山、富良野岳、その左に美瑛岳、美瑛富士、オプタテシケ山。眺め飽きることがなかった。」(深田久弥「日本百名山」から)
e0110500_0543989.jpg
 美瑛岳から南西に十勝岳を望む

More

by kitayama-walk | 2009-08-01 23:43 | 日本百名山 | Comments(4)