<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 27日

剱岳アタック(2日目)

 2日目は、いよいよ剱岳にアタックすべく、午前4時に起床。身支度をして外に出てみると、次第に明るくなってきましたが、どうやら曇天模様です。この日の行程は約10時間を予定していますが、天候はイマイチのようです。岩稜帯を歩くので、何とか晴れてもってくれるように祈りながらの出発となりました。

 明治40年7月13日初めて劔岳に登頂したのは、陸地測量部の測量官柴崎芳太郎と案内人の宇治長次郎らでした。当時は、劔岳には登山路がなく、別山尾根も岩壁に阻まれて登山することができませでした(今のように鎖やはしごはありません)。「雪を背負って登り、雪を背負って帰れ」という行者の謎めいた言葉に意味がありました。つまり、柴崎らは、劔岳の東面の大きな雪渓のうちの長次郎谷の雪渓を詰めて、熊ノ岩から左俣に入り、長次郎のコルに上がり、絶頂を極めたのです。

 「そこは日本中の山が一望のもとに見えるほど高いところに思われた。遮るものは何一つとしてなかった。どの方向もすばらしい景観にあふれ、区々としては目を牽くものはなく、弾き返すような勢いで全体として迫っていた。なにか、壮大な景観に圧倒されて眩暈がしそうに思われた。」-新田次郎「劔岳-点の記」に書かれた劔岳登頂のときの描写です。
e0110500_0223658.jpg
 剱岳山頂ケルン(祠はありませんでした)

More

by kitayama-walk | 2008-07-27 23:17 | 日本百名山 | Comments(8)
2008年 07月 26日

岩の殿堂・剱岳(別山尾根ルート)初日

 前々から登りたいと思っていた岩の殿堂・剱岳(2999m)。06年立山三山をめぐったときに、別山から眺めた剱岳は迫力満点そのもの。なかなかチャンスがなかったのですが、今年は何とかやりくりをつけ、1泊2日で登ってくることにしました。

 初日は、アルペンルートを辿り、室堂平まで行き、雷鳥沢を登り、別山乗越を経て、剣山荘まで行きました(泊)。2日目に、剱岳にアタックし、カニのタテバイなどの岩の難所を通過し、無事剱岳山頂に立ち、40分の山頂滞在の後、下山しました。天候は、雲が多かったものの、青空も見え、剱岳山頂での滞在時間は晴れていました。下山時の別山乗越あたりから雷雨になり、雷鳥坂を駆け下りましたが、その途中で雷鳥に遭遇することができました。まさに「かみなりどり」の雷鳥であると痛く感銘しました。
e0110500_17584910.jpg
 別山乗越から剣山荘に向かうルートにて剱岳を望む

More

by kitayama-walk | 2008-07-26 23:29 | 日本百名山 | Comments(4)
2008年 07月 21日

伊吹山・夏山登山 (準備中)

 伊吹山には昨年8月26日(登山マラソン「かっとび伊吹」の開催日-今年は8/31予定)に登りましたが、今年は1か月早く登ってきました。花の山である伊吹山の花の様子も1か月の違いで異なっていると思います。

 夏休み突入の3連休の最終日の海の日(7/21)に山に登るのは、また違った趣でいいかなと思いながらのことでした。ところが、19、20日とかんかん照りの天気が続いたのに、この日は曇り空。暑くないので登りやすかったのですが、登るに連れてガスが巻いてきて、山頂では景色がほとんど見えない状態でした。登りやすさをとるか、眺望をとるか、と言われれば、やはり後者です。ちょっと残念な天候でしたが、花はかなり咲いており、満喫することができました。

 ちなみに、「海の日」は1996年に国民の祝日に制定されたのですが、祝日化される前は「海の記念日」と言われていました。これは、1876年、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海し、7月20日に横浜港に帰着したことに因み、1941年に逓信大臣村田省蔵の提唱により制定されたということです。
e0110500_12315348.jpg
 3合目から伊吹山山頂を眺める

by kitayama-walk | 2008-07-21 23:30 | 日本百名山 | Comments(1)
2008年 07月 19日

比良山系・八淵の滝めぐり

 比良山系に「日本の滝100選」にも選ばれている名瀑である八淵(やつぶち)の滝があります。比良最高峰・武奈ヶ岳の北東に端を発する鴨川源流にかかる名瀑として有名です。その名前のとおり、8つの淵(滝)があり、下流から、魚止の滝、障子の滝、唐戸の滝、大摺鉢、小摺鉢、屏風の滝、貴船の滝、七遍返しの滝となっています。

 八淵の滝はこれまで2回訪れたことがありますが、8つの中でも、障子の滝と貴船の滝は大きくスリルに富んでいます。この猛暑の中、滝めぐりは清涼感の漂う、気持ちのよい山行となりました。
e0110500_1275038.jpg
 大摺鉢-最も印象的な淵となっています

More

by kitayama-walk | 2008-07-19 23:25 | 比良山系 | Comments(7)
2008年 07月 12日

白山に登ってきました(その2)

 2日目。朝5時前に起床。外に出て見たら辺り一面ガスの中。これじゃあ、お日の出(ご来光のこと)を拝むことはもちろん、お池めぐりも無理かなとがっかりしました。もっとも、この時期、日の出は4時45分頃なので、晴れという予報であれば、4時前に起きて、御前峰に登山することになります。

 5時半から朝食を摂り、とりあえず、空身で主峰の御前峰をめざすことにしました。午前6時出発。室堂センターの正面に、白山比咩(しらやまひめ)神社祈禱殿があり、早朝からどんどんと太鼓の音が鳴り響いていました。
e0110500_21495785.jpg
 コバイケイソウの花が揺れています

More

by kitayama-walk | 2008-07-12 23:40 | 日本百名山 | Comments(6)
2008年 07月 11日

白山に登ってきました(その1)

 白山は、富士山・御嶽山と並んで日本三大霊山として有名であり、最高峰の御前峰(2702.2m)を中心として、近くの剣ヶ峰(2677m)と大汝峰(2684m)、そして少し離れた別山(2399m)などの周辺の峰々を含めての総称です。もちろん、日本百名山にも入っていますが、これまで登山する機会がありませんでした。今年は是非とも登ろうと年頭の登山計画に組み入れて、夏山シーズンの始まる直前に7月中旬に設定しました。

 1泊しか日程が取れないので、最も白山の魅力(眺望&高山植物)を満喫するコースとして、初日は別当出合から出発し、砂防新道を登って室堂センターに宿泊、2日目は御前峰に登頂し、お池めぐりをして、室堂センターに戻り、エコーラインから南竜山荘に向かい、油阪から別山に向かい、下山は長いチブリ尾根を下って市ノ瀬ビジターセンターまで戻るという行程にしました。予定歩行時間は、初日4時間20分(標高差1200m)、2日目9時間30分(同1870m)です。
e0110500_004258.jpg
 お目当てのミヤマクロユリが咲いていました(室堂平)

More

by kitayama-walk | 2008-07-11 23:58 | 日本百名山 | Comments(7)
2008年 07月 06日

再び八経ヶ岳へ(弥山川遡行-双門コース)~オオヤマレンゲの花が見たくて

 前回(6/27)オオヤマレンゲを見たくて八経ヶ岳に登ったのですが、まだ蕾状態でした。また来年にはきっと開花したところをみようと思っていたのですが、無性に開花したオオヤマレンゲの花が見たくなり、いてもたってもいられなくなってしまいました。そこで、7/6再び八経ヶ岳をめざしました。

 前回と同じ行者還トンネル西口からのアプローチではおもしろくないので、今回は熊渡(くまど)から弥山川渓谷を遡る「双門コース」と呼ばれるコースからアプローチしてみました。予想以上に難関コースで、30を超えるはしごや鎖の連続で、しかもアップダウンの繰り返しでした。でも、頑張ったおかげで、美しく咲いたオオヤマレンゲの花に逢うことができ、大満足の山行となりました。

 この双門コースは、弥山小屋に1泊するのが普通のようですが、今回は帰りはカナビキ尾根を下って、何とか日帰りをすることができました。
e0110500_22594086.jpg
 ようやく開花したオオヤマレンゲの美しい花(天女花)

More

by kitayama-walk | 2008-07-06 23:46 | 日本百名山 | Comments(16)