<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 27日

御池岳-テーブルランドのスノーシューハイク

 この冬は雪が少なく、京都北山も比良も鈴鹿もあまり雪がありません。ところが、1月24日から冬型の気圧配置が強まり、京都市内でも小雪がちらつきました。窓から北山を眺めると、山頂付近は白くなっていました。25日も同じような天気が続き、週末の日曜日には雪山に行けるという期待が高まりました。しかし、天気予報によると、京都北山や比良山系はくもりで時雨れるということでしたが、鈴鹿は晴れ時々くもりの予報です。そこで、鈴鹿の山に行こうと思ったのですが、どこに行くかです。
 鈴鹿山脈でも北に位置する山が積雪量が豊富なので御池岳にしようと思いました。それに御池岳は山頂付近が平坦なテーブルランドになっているので、スノーシューで歩き回ることができるという期待もありました。しかし、今の時期、鞍掛峠(306号線)も、鈴鹿スカイラインも通行止めなので、どこから登るかを検討した結果、大君ヶ畑集落を過ぎた鞍掛橋のところから御池谷に入り、途中から尾根に取り付き鞍掛尾根に出て鈴北岳に至るのがベストと判断に至りました。
e0110500_2264325.jpg
 鈴北岳から御池岳(丸山)を望む

More

by kitayama-walk | 2008-01-27 23:22 | 鈴鹿山系 | Comments(14)
2008年 01月 19日

南比良稜線縦走-権現山から蓬莱山へ

 新年が明けると、比良山系には雪が積もり、琵琶湖を眼下に眺めながら、南比良の稜線歩きができる季節となっています。この冬はちょっと異変が起きているようで、年末から新年にかけて少し雪が降ったものの、その後はまた暖かい日が続き、雪は一向に積もりそうにありません。ところが、17日(木)に気温が下がり、京都北山や比良山系は白く冠雪しました。翌18日(金)はよく晴れて、もってこいの雪山歩きの日和でしたが、生憎平日で仕事も休めませんでした。1日遅れの19日(土)に南比良稜線の縦走に出かけました。
 コースは、いつもと同じで、平バス停から花折峠道入口から林道を歩き、花折分岐からドン谷に沿って登り、アラキ峠を経て、権現山に至ります。権現山からは南比良の稜線を縦走し、蓬莱山のびわ湖バレイスキー場に至り、打見山から下山してJR志賀駅まで歩くという計画です。
e0110500_11469.jpg
 ホッケ山から蓬莱山へ続く稜線

More

by kitayama-walk | 2008-01-19 23:06 | 比良山系 | Comments(2)
2008年 01月 14日

鎌ヶ岳-宮妻峡から大迫力の鎌尾根

 今年最初の3連休-雪山に行けると楽しみにしていましたが、初日、2日と天候不順で山に行けませんでした。最後の日は何とかしてくれ!と神頼みでした。前夜ネットで天気予報を見ると、京都北山や比良はくもりです(これは時雨れる可能性が高い!)。ところが、何と鈴鹿は終日晴れとなっているではありませんか。これは鈴鹿に行こう!と決めました。
 そこで、どの山に登るかと思案した結果、昨年12月に宮指路岳から県境尾根を北上し、水沢岳(すいざわだけ)まで来て引き返し、イワクラ尾根を入道ヶ岳へと歩きました。そのときに眼前に聳えていたのが鎌ヶ岳(1161m)でした。今回は、雪の鎌ヶ岳にチャレンジしようと宮妻峡から水沢峠-水沢岳(宮越岳)を経て、鎌尾根を縦走して、鎌ヶ岳をめざそうと決定です。
 今回のコース(宮妻峡-水沢峠-水沢岳-衝立岩-岳峠-鎌ヶ岳-カズラ谷登山口-宮妻峡)は、3年前の5月に歩いているのですが、今回は冬期ということで、どれだけ雪があるのか分からないので、アイゼン、ワカンも装備しました。
e0110500_2335576.jpg
 鎌尾根から見た大迫力の鎌ヶ岳

More

by kitayama-walk | 2008-01-14 23:32 | 鈴鹿山系 | Comments(0)
2008年 01月 06日

恒例の雲取山行

 このところ、年末年始に恒例となっている京都北山の雲取山行に出かけてみました。雲取山という名前を聞けば、山好きな人であれば、最初に思い浮かべるのは、東京都最高峰の雲取山(2017m)でしょう。もちろん深田久弥の日本百名山にも入っている山です。しかし、京都北山にも雲取山があります。この山は、地形図にも山名すら記載されていない山ですが、立命館大、京都産業大、京都府立大、渓友クラブの4つの山小屋が建てられていて、昔から地元の岳人たちにより、親しみ愛されてきた山であるかがうかがわれるところです。深く刻まされた谷や支流を歩き、清らかな水と緑の木立の織りなす森林浴を楽しむことができるところから、「京都の自然200選」にも選定されています。また、登山口の花背高原も標高が560mあり、無雪期であれば、京都バスを利用した3時間半ほどの行程で気軽に登れる山にもなっているので、是非とも一度登ってほしいと思います。12月下旬から2月にかけてはかなりの積雪があることから、雪の中の雲取山の魅力に取り付かれてしまったようです。
e0110500_23254356.jpg
 雲取峠(フカンド峠)は雪と青空のコントラストが美しい

More

by kitayama-walk | 2008-01-06 23:24 | 京都北山 | Comments(1)
2008年 01月 03日

2008年初登山-武奈ヶ岳

 2008年の初登山はどこにしようかと思案した結果、やはり雪山にしようと思い、比較的積雪があると見込んだ武奈ヶ岳にしました。武奈ヶ岳にはこれまで何回も登りましたが、積雪期には4年ほど前に1回だけ、山仲間と2人で登った経験しかなく、その記憶もかなりあやふやになっていました。今年最初の雪山ということで多少なりとも不安があったのですが、今回は単独行としてチャレンジしてみることにしました。年末に購入したシャルレのアイゼンとスノーシューも用意しました。天気予報は晴れ時々くもり、気温も年末から年始にかけての寒波が緩んできて上昇するとのことでした。
e0110500_23554132.jpg
 積雪している武奈ヶ岳の西南稜

More

by kitayama-walk | 2008-01-03 23:56 | 比良山系 | Comments(4)