<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 27日

若丹国境尾根の秀峰・頭巾山-若丹国境尾根を歩くPart2

 頭巾山(とうきんざん)は京都丹波の名峰で、綾部市と旧美山町(現南丹市)と福井県旧名田庄村(現おおい町)との境に位置する標高871mの山である。遠くから見ると、山の形が修験者山伏の被る頭巾(ときん)に似ているところから名付けられたと言う。若丹国境尾根ではひときわ高い山であり、先日(5/12)八ヶ峰に登ったときに、西方に大きく抜きんでていたので、登ってみようと思った山であった。
e0110500_22531797.jpg
 若丹国境尾根から頭巾山の頭が見える

More

by kitayama-walk | 2007-05-27 22:49 | 京都北山 | Comments(0)
2007年 05月 13日

奥八丁山から掛橋谷山へ

 廃村八丁は、京都北山のハイキングコースではかなり有名なところである。しかし、廃村八丁から北西に約2㎞に位置する奥八丁山(752m)はあまり知られていない存在である。廃村八丁を流れる八丁川は、ババ谷の流れを集めながら、八丁橋で掛橋谷と合流し、佐々里川になり、やがては芦生から流れてくる由良川に合流している。その八丁川の流れを見つめるような山が奥八丁山である。以前から一度登ってみたいと思っていたところ、今回ようやく機会が訪れたので、掛橋谷山(カヤンダン)と併せて登ってみた。
e0110500_9491075.jpg
 静かな奥八丁山の頂に架けられたプレート

More

by kitayama-walk | 2007-05-13 09:37 | 京都北山 | Comments(1)
2007年 05月 12日

八ヶ峰~五波峠から森林浴-若丹国境尾根を歩くPart1

 京都弁護士会のハイキング企画で、丹波と若狭の国境-若丹国境尾根にある八ヶ峰(800.1m)に、五波峠から尾根歩きで登ってきた。八ヶ峰の山名の由来は、山頂から、丹波、丹後、山城、近江、若狭、加賀、能登の8つの国が見渡せることから名付けられたと言われている。

 八ヶ峰の南側は京都・南丹市(旧美山町)で、北側は福井・おおい町(旧名田庄村)であり、京都側からのアプローチは、かやぶきの里で有名な知見(ちみ)から知井坂(ちいさか)経由で登るか、五波(ごなみ)峠から若丹国境尾根を縦走するかの、どちらかになる。昨年10月には知井坂から登ったが、今回は五波峠から尾根道歩きで山頂をめざすことにした。
e0110500_2222535.jpg
 八ヶ峰山頂広場の三角点(東方向に三国岳、百里ヶ岳などが見える)

More

by kitayama-walk | 2007-05-12 23:03 | 京都北山 | Comments(0)