山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:湖北・福井・美濃・飛騨・加賀( 69 )


2015年 07月 25日

越前経ヶ岳-唐谷を詰めて山頂へ

【日 付】 2015年7月25日(土)
【天 候】 晴れ
【山 域】 奥越
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 8:40唐谷林道入口(駐車地)-9:10登山道入口-9:15巨岩石仏-9:25第1渡渉点-9:55第2渡渉点-10:30尾根取付点-11:00池ノ大沢-11:20切窓-11:55▲経ヶ岳14:20-14:40切窓-14:55中岳-15:05杓子岳-15:30岩峰-15:45▲保月山-16:00アダムとイブの木-16:15保月山登山口(展望所)-16:35(駐車地)

 この日は別の予定があり本来山に登れる日ではなかったが、直前になって予定がキャンセルになった。お誘いを受けていた沢登りに行こうかと思ったが、生憎と時間が遅くなってしまい、沢登りの準備や翌朝の出発時間も早いことなどから、沢登りは断念することにした。しかし天気がよいというので、どこかの山に登らねばストレスが溜まる。あまり低山では暑すぎると思うので、もう一度別山平のハクサンコザクラを見に行こうかとも考えたが、2週間前に行ったばかりなので考え直した。そこでこの時期、どこの山に登っているのか、ちょっと調べてみたところ、昨年は炎天下の荒島岳の八の字登山をやっている。ならば近くの越前経ヶ岳(1625m)はどうかと考えた。一般的な保月山ルートではなく、唐谷を詰めるルートで登れば暑さも軽減できるのではないか。この唐谷ルートは4年前に一度歩いているので記憶もある。ということで、唐谷ルートを詰めて経ヶ岳山頂(南峰)に登り、北峰の展望地でランチタイムを楽しみ(車2台ならば法恩寺山まで縦走できるが)、引き返して保月山ルートで下山するという計画である。保月山登山口のある銚子ヶ口展望台に自転車をデポすることも忘れない。

e0110500_22464922.jpg
 経ヶ岳(南峰)山頂にて

More

by kitayama-walk | 2015-07-25 22:44 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2015年 04月 26日

妙法山から野谷荘司山ぐるりん周回

【日 付】 2015年4月26日(日)
【天 候】 晴れ
【山 域】 両白山地
【メンバー】クロオ、kitayama-walk

【コース】 5:30ゲート(駐車地)-6:00くるみ谷出合-7:45P1128-9:00P1491-10:10美濃原山(P1756)-10:45▲妙法山12:00-12:30美濃原山-13:15P1780-13:50▲野谷荘司山14:00-14:15赤頭山分岐-14:35P1602-15:15P1324-16:30林道出合-16:50ゲート(駐車地)

 先週(4/18)猿ヶ馬場山に登ったが、帰雲山を経由して下山中に正面に白山スカイラインが浮かんでいた。白山本峰から北に連なる山々が印象的であり、「おいでおいで」と呼んでいるかのように思われた。お誂え向きに今週末が好天に恵まれるという予報である。こうなったら登らねばならぬという思いがむくむくとわき起こってきた。そこで日帰りで登れる山を調べたところ、三方岩岳(1736m)、野谷荘司山(1797.3m)、妙法山(1775.6m)が候補である。3つ一遍というわけにはいかないので、ピラミダルな山容が印象的だった妙法山と野谷荘司山の2つをセットにして周回できるコースを探った。野谷橋から荒谷に入り、途中のくるみ谷出合から少し入ったところから取り付き、P1128、P1491を経由して稜線に到達し、妙法山までピストン。その後、稜線伝いに野谷荘司山に向かい、鶴平新道を下り、途中でP1324を経由して駐車地に戻るという計画を立ててみた。

e0110500_19275967.jpg
 ピラミダルな山容の妙法山

More

by kitayama-walk | 2015-04-26 23:26 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2015年 04月 18日

籾糠山から猿ヶ馬場山へ「ぐるりんぽん!」

【日 付】 2015年4月18日(土)
【天 候】 晴れ
【山 域】 天生山地
【メンバー】クロオ、Kasaya、keikoku、kitayama-walk

【コース】 5:45ゲート(P600)-8:30▲保谷(1400.6m)-9:20P1393-10:40▲籾糠山10:50-10:55ランチ場11:50-12:00大瀬戸谷源頭-12:55JCP-13:15猿ヶ馬場山13:40-13:55三角点峰-14:45帰雲山-15:00P1528-15:25P1336-15:50林道出合-16:40白川郷(下山口)

 籾糠山と猿ヶ馬場山-この2つの山は天生山地の代表的な山である。猿ヶ馬場山のことを知ったのは、高木泰夫氏の「奥美濃」(ヤブ山登山のすすめ)を読んだことがきっかけであった。年代は不明であるが、5月初めの残雪期に京大の今西錦司先生ら5人で飛騨河合から横谷林道を使って、まず籾糠山に登り、次いで猿ヶ馬場山に到達したことが書かれている。私は、2012/7/16にbiwacoさんと二人で天生峠から一般登山道で籾糠山に登り、さらにやぶこぎして猿ヶ馬場山に行こうと試みたことがあった。しかし、籾糠山から先はヤブが濃密で、しかも前夜の雨で濡れている。濡れ激ヤブに跳ね返されて退却したわけである。

 調べてみると、猿ヶ馬場山はやはり残雪期に結構登られている山で、しかも白川郷集落の裏から帰雲山を経由してピストンするのが大半であった。しかし、単にピストンするだけでは面白くない。籾糠山とセットにして周回できないかと検討してみた。天生峠に行くR360の堰堤のあるヘアピンカーブ(P600)の先のゲートから右手の山腹に取り付き、保谷三角点(1400.6m)、P1393を通過して、籾糠山の山頂に到達。さらに郡界尾根を辿り、P1720を経由しP1818から猿ヶ馬場山に向かう。下山は、帰雲山を経由して、P1528、P1336を通過し、宮谷西尾根を辿り、大沼山三角点(1062.1m)からR360に着地するという計画である。このロングコースをいつ実行するか。やるなら残雪期の4月で天気のいいときでなければならない。ということで2013年、2014年と経過し、2015/4/18晴天が保証される日がやってきたのだった。

e0110500_23173093.jpg
 籾糠山から猿ヶ馬場山を望む

More

by kitayama-walk | 2015-04-18 23:15 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2015年 03月 28日

野伏ヶ岳・薙刀山-石徹白の白き峰に登る!

【日 付】 2015年3月28日(土)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 越美国境
【メンバー】クロオ、Y田、kitayama-walk

【コース】 7:25白山中居神社-8:40和田山牧場跡-9:25ダイレクト尾根末端-11:00▲野伏ヶ岳11:30-11:50薙刀平-12:30▲薙刀山14:00-14:40推高谷源頭-15:20和田山牧場跡15:30-16:20白山中居神社

 石徹白(いとしろ)という地名の響きがよい。この山域は、いわゆるヤブ山であり、積雪期(とはいっても残雪期になる)にこそ登山が可能になる。そんな石徹白を代表するのが三百名山にも選定されている野伏ヶ岳(1674.3m)である。初めてこの山を訪れたのは2011/3/27のことであった。このときは、ダイレクト尾根の中腹を急登して尾根に取り付き、野伏ヶ岳から薙刀山に向かい、周回した。次は、2013/3/23にクロオさんとKasayaさんの三人でダイレクト尾根の末端から野伏ヶ岳に登り、さらに薙刀山に登ったのだが、薙刀の山頂で矢問さん&Mickeyさんとばったり遭遇したことを思い出す。そして一昨年は2013/4/13-14と、神鳩ノ宮避難小屋に泊まり、丸山→初河山を周回した。このとき、避難小屋で兎夢さんととっちゃんと遭遇し、一夜を共にした。さらに2014/4/26は、biwacoさんと二人で小白山(北峰・南峰)に登り、やぶこぎ10時間の記憶が新しい。

e0110500_9884.jpg
 野伏ヶ岳山頂から、白山・別山を望む

More

by kitayama-walk | 2015-03-28 23:03 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2015年 01月 25日

トガス(戸粕)-3年越しの登頂

【日 付】 2015年1月25日(日)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 奥美濃
【メンバー】クロオ、biwaco、kitayama-walk

【コース】 7:50夜叉龍神社(駐車地)-7:55除雪最終地(取付点)-8:25導水管上部8:40-9:50P854-11:05▲トガス11:25-11:45P1072-12:05展望地(ランチ)13:30-14:05P1072-14:35▲トガス-15:05P854-16:15導水管上部-16:30取付点-16:50夜叉龍神社(駐車地)

 1月も後半になると、雪山も奥美濃が射程距離に入ってくる。しかし、日帰りの場合、林道の除雪がどこまでされているのかが最も重要なポイントとなる。今年は雪が多いだけに林道を深く入って登山口に届くような山は時期的にまだ無理である。従って、この時期に登れる山として、当初、道の駅坂内から天狗山→黒津山の周回を考え、クロオさんとbiwacoさんに声をかけた。この周回コース(黒津山→天狗山)は昨年biwacoさんと一緒に登って黒津山で敗退したコースだ。クロオさんはOKであったが、biwacoさんからは体調の関係もあり、大ダワ→土蔵岳あたりと希望があった。他方でクロオさんからは、一昨年悪天候のため断念したトガス(戸粕)の北展望地に行きたいという希望が届いた。当日の天候や積雪量を考えて最終決定をすることにした。

e0110500_22462450.jpg
 山名プレートを設置する

More

by kitayama-walk | 2015-01-25 21:55 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2014年 10月 26日

火燈山・小倉谷山・富士写ヶ岳-火燈古道・不惑新道を縦走する

【日 付】 2014年10月26日(日曜)
【天 候】 晴れ
【山 域】 加越国境
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 火燈登山口-大内峠-鉄塔-P739-熊の平-火燈山-▲小倉谷山-P783-ブナの小平-P876-▲富士写ヶ岳-大内登山口-火燈登山口

 昨年11/9に石川県の我谷ダムから富士写ヶ岳に登ったとき、山頂に「不惑新道~火燈山へ約3.5㎞」と「大内に下る」という2つの標識があり、気になった。調べてみると、大内峠直下に火燈登山口があり、火燈古道が2012年8月整備され、不惑新道が火燈山から小倉谷山を経て富士写ヶ岳に続いていた。また富士写ヶ岳から大内登山口に直接下る登山道(大内コース)がある。大内登山口と火燈登山口は近接しているので、火燈古道、不惑新道、大内コースを使えば周回登山ができることがわかった。ただ、新・分県登山ガイド「石川県」の「富士写ヶ岳」には「不惑新道は廃道に近いので、やぶこぎの覚悟が必要」と書かれていたのが気になったので、ネットで最近の情報を見ると、不惑新道はシャクナゲの群落が続くが、登山道として整備がされているのでやぶこぎはないということであった。本当はシャクナゲの季節である5月に歩きたかったが、紅葉の季節でもいいかと思い、今回の周回登山となった。

e0110500_2484478.jpg
 火燈山から小倉谷山を望む

More

by kitayama-walk | 2014-10-26 23:45 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2014年 10月 12日

銀杏峰-越前大野の名峰に速攻登山

【日 付】 2014年10月12日(日曜)
【天 候】 晴れ-山頂付近はガス
【山 域】 越前大野
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 いこいの森登山口-上部登山口-羽衣の松-前山(P1150)-中島道分岐-▲銀杏峰-極楽平-ブナの木-鉱山跡-小葉谷登山口-(自転車)-いこいの森登山口

 10月の連休(10/11-13)は、12-13日と台風19号がやってくるという。11日は生憎と仕事が入っており、山には行けない。ところが、台風の速度が落ちており、近畿付近にやってくるのは13-14日という。ならば12日に山に登ろうということで、ネットで天気予報を調べると、晴れマークがあるのは北陸(福井・金沢)である。そこでピンときたのは、越前大野の名峰・銀杏峰である。この山の読み方は「いちょう」でも「ぎんなん」でもない。「げなんぽ」である。その昔、銀鉱山があったことに由来していると言われるが、それならどうして「イチョウ」の実である「ぎんなん」になったのか定かではない。

 山名の読み方の珍しさに加えて、越前大野の有名峰である荒島岳(1523.5m)の西方に位置し、標高も1440.7mとそう見劣りせず、すぐ隣の部子山(1464.4m)と肩を並べている。しかも、その山容は、男性的な荒島岳と比べると、どっしりとした女性的な印象を受ける。宝慶寺いこいの森の登山口から名松コースを登り、宝慶寺コース(小葉谷コース)を下る周回コースでも、無雪期であれば3時間余りの短時間なので、積雪期の登山対象として考えていた山であった。しかし、今回は微妙な天候ということから、雪山の偵察を兼ねて登ってみることにした。

e0110500_2323059.jpg
 銀杏峰山頂はガスのため眺望がなかった

More

by kitayama-walk | 2014-10-12 23:20 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2014年 09月 21日

芦谷岳・庄部谷山-トチとカツラのワンダーランドを訪ねる

【日 付】 2014年9月21日(日曜)
【天 候】 晴れ
【山 域】 若狭(野坂山地)
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 関電取水施設前(駐車地)-林道終点(堰堤)-甲森谷出合-ワンダーランド-二俣-芦谷岳南峰-芦谷岳-P806- Ca850-Ca860-▲庄部谷山-P772-鉄塔-林道終点(堰堤)-関電取水施設前(駐車地)

 9/7は、横谷川林道沿いの関電巡視路を歩いて、大カツラの木のある二俣から尾根に取り付いて芦谷岳に登ったが、今回は甲森谷の「トチとカツラのワンダーランド」を訪ねてみることにした。しかし、単にピストンするのでは面白くないので、ワンダーランドの先の二俣から芦谷岳南峰に続く東尾根に登り、芦谷岳本峰まで歩き、それから引き返して庄部谷山まで尾根を歩くことにした。芦谷岳本峰から庄部谷山までのルートは8/30に歩いたものだ。庄部谷山からは、北尾根を下り、P772からは少し北西に歩き、三分する尾根の真ん中を下って林道終点(堰堤)に下ることにした。最終地点でうまく着地できるかどうか不安であったが、何とかうまく着地することができた。

e0110500_0383546.jpg
 トチとカツラのワンダーランドにて


More

by kitayama-walk | 2014-09-21 23:36 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)
2014年 09月 07日

再訪芦谷岳-横谷川から登る

【日 付】 2014年9月7日(日曜)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 若狭(野坂山地)
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 関電施設前(駐車地)-林道終点(堰堤)-甲森谷出合-二俣(大カツラ)-鉄塔-▲ハサゼンマイ(P562.4)-P577-南峰-芦谷岳-北峰-▲茶屋谷(725.8)-鉄塔-P797-鉄塔-鉄塔(P474)-二俣(大カツラ)-甲森谷出合-林道終点(堰堤)-関電施設前(駐車地)

 先週は、折戸林道から庄部谷山に加えて芦谷岳に登ってきた。そこで、今回は横谷川林道から芦谷岳を再訪してみようと考えた。芦谷岳は、野坂岳から南の三国山に続いている稜線上のほぼ中間地点にあるが、地形図には芦谷岳という山名の記載もなく、P866の標高点でしかない。前回歩いたときも、何だか通過点のような場所で、およそ山頂らしからぬところであった。しかし、その南北には2つのピーク(北峰・南峰)をもつ3つのピークの連なりになっている。ちなみに、ベルグラ山の会の「福井の雪山Ⅱ」では「葦谷山」と記載されている。

 下調べをしたところ、横谷川には二俣まで関電の巡視路があるが、巡視路としては険しい谷道になっていて、吊り橋、ハシゴ、クサリ、アングルなどがあるという。以前はよく整備されていたそうだが、最近では橋やはしごはほとんど使えないほどに荒れているという。それに岸につけられた巡視路よりも谷に降りて歩いた方が安全で時間的にも節約ができるというので渓流シューズを持参することにした。

e0110500_23542154.jpg
 巡視路の鉄塔(P474)付近から芦谷岳を望む


More

by kitayama-walk | 2014-09-07 23:51 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(1)
2014年 08月 30日

庄部谷山・芦谷岳-野坂山地のブナの山

【日 付】 2014年8月30日(土曜)
【天 候】 晴れ後曇り一時雨
【山 域】 若狭(野坂山地)
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 黒谷出合(粟柄関所跡)-P384-▲黒谷-P677-P806-▲庄部谷山-芦谷岳分岐(Ca850)-P806-芦谷岳-P806-芦谷岳分岐(Ca850)-P795-林道出合-黒谷林道出合(駐車地)

 若狭(敦賀)の山といえば野坂岳(913.5m)である。しかし、野坂岳を中心とした野坂山地には、芦谷岳や庄部谷山という、あまり知られていないが、素晴らしいブナ林がある山がある。この2つの山に登るには、横谷林道と折戸林道からのアクセスがあるが、今回は折戸林道からのアクセスを選択した。実は朝寝坊してしまい、出発が予定より1時間半も遅れてしまった。しかし、天気予報が外れ、朝から快晴である。R367で大原を抜けR303を経てR27に入る。三十三間山はよく晴れているが、これから向かうあたりは雲に覆われているではないか。ちょっとテンションが下がってきたが、いまさら仕方があるまい。途中のコンビニで食糧等を仕込み河原市の交差点で左折した。松屋集落から折戸林道に入り、黒谷林道の分岐に駐車した。

e0110500_1941317.jpg
 庄部谷山の山頂は静かであった

More

by kitayama-walk | 2014-08-30 23:37 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(1)