カテゴリ:八ヶ岳( 7 )


2014年 09月 23日

阿弥陀岳-南稜を登り中央稜を下る

【日 付】 2014年9月23日(火曜・秋分の日)
【天 候】 晴れ
【山 域】 八ヶ岳
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 舟山十字路(駐車地)-南稜取付点(堰堤)-稜線出合-立場山-青ナギ-P1-P3-阿弥陀岳-中央稜下降点-林道出合-南稜取付点-舟山十字路(駐車地)

先週の連休(9/14-15)に南八ヶ岳南部の観音平から、編笠山-権現岳-赤岳-阿弥陀岳と縦走し、美濃戸口に下った。そのとき、阿弥陀岳の山頂から南稜を覗くと何だか厳しそうなピークが4つ見えていた。もともと阿弥陀南稜は積雪期のバリルートとして知ってはいたが、無雪期にはどうなのだろうと思っていたところに、山日和さんから南稜も中央稜もおもしろいとのアドバイスがあった。調べてみると、南稜はP3に直登ルートがあり、これはザイルを使った登攀中級コースであるが、別にルンゼコースがあるので、単独行でザイル不要の登山も可能とわかった。そこで、南稜を登り、中央稜を下ることを考えたが、晴天の日でなければならないと思っていたところ、秋分の日が好天に恵まれるという予報であった。

e0110500_135797.jpg
 南稜の核心部であるP3

More

by kitayama-walk | 2014-09-23 23:33 | 八ヶ岳 | Comments(0)
2014年 03月 16日

北八ヶ岳-茶臼山経由で麦草峠周回スノーシューハイク

【日 付】 2014年3月16日(日)
【天 候】 晴れ後曇り
【山 域】 北八ヶ岳
【メンバー】kitayama-walk、Y田、H岡、N尾

【コース】 ピラタス蓼科山頂駅-五辻-▲茶臼山-展望台-中小場-大石峠-麦草峠(昼食)-大石峠-出逢いの辻-五辻-ピラタス蓼科山頂駅


 今回は職場の若者たちを引率してスノーシューハイクに行くことにした。この時期はまだ雪が豊富にあるはずが、今年は珍しく少ない。鈴鹿は比良では物足りないが、せめて赤坂山あたりを検討したが、天気があまりよくない。スノーシューハイクに行くなら、晴天の下、歩きたい。それにビギナーがいるので、標高差の厳しいコースは避けたい。ということで、晴天率の高い八ヶ岳。そして、ロープウェイを使えば一気に2230mまで登れるということで、ピラタス蓼科の北八ヶ岳に行くことにした。ロープウェイの営業開始が8時なので朝3時に集合をかけ、車でピラタス蓼科をめざした。予定より少し早い7時40分に到着したが、今日のロープウェイの営業は8時50分からであった。待ち時間が1時間余りあり、余裕で身支度を整えることになった。
<ロープウェイ山頂駅の気象情報>
晴れ、気温マイナス7℃、風速12m(風が強いことが予想外であった)


e0110500_15293789.jpg


More

by kitayama-walk | 2014-03-16 23:25 | 八ヶ岳 | Comments(0)
2012年 02月 26日

北八ヶ岳(北横岳・大岳)-二匹目のドジョウはいなかった!

【日 付】 2012年2月26日(日曜)
【天 候】 曇りのち雪
【山 域】 北八ヶ岳
【メンバー】 単独行

【コース】 ピラタス山頂駅-三ッ岳分岐-北横岳ヒュッテ-南峰-北峰(北横岳)-大岳-北峰(北横岳)-南峰-三ッ岳分岐-ピラタス山頂駅

 この週末の天気予報は芳しくない。曇りや時々雨のようです。ネットで予報を探索すると、天気のよさそうなのは八ヶ岳。先週末も快晴に恵まれて絶好のスノーシューハイクを楽しむことができました。二匹目のどじょうを探しに、この週末も連続して八ヶ岳に行くことにしました。

 どうせ行くなら、今回は唐沢鉱泉から西尾根を経て天狗岳に登る計画を立てました。しかし、諏訪ICで下りると、八ヶ岳の空は曇っていました。おかしいな? 晴れじゃなかったの!とテンションが急降下。これじゃ、天狗岳に登っても・・・という思いと、せっかく遠くまでやって来たのだからという思いから、ピラタスを使って北横岳に登ろうと方針変更。北横岳までのピストンじゃ、おもしろくないから、大岳まで足を延ばし、帰りは三ッ岳・雨池山を経由して戻ろうという計画にしました。しかし、これも計画どおりにはいきませんでした。

e0110500_23173810.jpg
 大岳山頂から北横岳を望んでいます

More

by kitayama-walk | 2012-02-26 23:50 | 八ヶ岳 | Comments(3)
2012年 02月 19日

北八ヶ岳(縞枯山・茶臼山)-快晴のスノーシューハイク

【日 付】 2012年2月19日(日曜)
【天 候】 快晴
【山 域】 北八ヶ岳
【メンバー】 単独行

【コース】 ピラタス山頂駅-森林浴展望台-五辻-出逢の辻-オトギリ平-大石峠-麦草峠(麦草ヒュッテ)-大石峠-中木場-茶臼山展望台-五辻分岐-五辻-森林浴展望台-ピラタス山頂駅

 この週末は日曜しか空いていないので、どこか日帰りで行ける雪山はないかと探してみました。しかし、比良も鈴鹿も天気がイマイチ、湖北や北陸は雪模様で青空は望めそうにありません。この時期、晴天率の高いのは、アクセスが遠いけれど、八ヶ岳です。天気予報を見ると、八ヶ岳方面は土日月と連続して晴れマークが出ています。これは行かない手はないと思い決定です。今シーズン初めての、しかも単独行なので比較的簡単な北八ヶ岳のスノーシューハイクにしました。ピラタスロープウェイで2240mまで登り、スノーシューで麦草峠まで歩き、茶臼山・縞枯山を経由して山頂駅まで戻るという計画です。

 ところが、朝寝坊してしまいました。予定では5時出発で、ピラタスロープウェイの9時始発で登ることにしていましたが、1時間の寝坊で6時出発になってしまいました。ピラタスロープウェイは16時が最終になるので、それまでに戻ってこなくてはなりません(もっとも、歩いて降りてもよいのですが、小一時間かかります)。場合によっては、エスケープルートを採ることも頭の中に入れての出発になりました。

e0110500_13312527.jpg
 茶臼山天望台から南八ヶ岳を望む

More

by kitayama-walk | 2012-02-19 23:13 | 八ヶ岳 | Comments(4)
2009年 12月 31日

天候が悪化する前に下山します(3日目)

 12月31日(木曜) 曇り N野氏と二人

 今日は12月31日大晦日です。お正月を山で迎える人たちもたくさんいて、山小屋も29日から次第に宿泊客が増えてきています。しかし、今日の大晦日から明日の元旦にかけての天気予報は、日本海側を中心に天気が崩れ大雪になるとのこと。山間部でもかなりの積雪が見込まれるとの予報で、当初よりも天気の悪化は早まり、かつ大きくなるということで、ぐずぐずしていると山を下りられない、下りられたとしても帰りの高速道路がまともに進まず今日中に京都に帰り着けないのではないかとの心配が出てきました。となれば、さっさと山を下りることに即断しました。
e0110500_1641131.jpg
 足早に赤岳鉱泉から美濃戸に向かっています

More

by kitayama-walk | 2009-12-31 23:09 | 八ヶ岳 | Comments(0)
2009年 12月 30日

八ヶ岳の主峰赤岳アタック(2日目)-文三郎道から地蔵尾根へ

 12月30日(水曜) 曇り時々晴れ N野氏と二人

 今日はいよいよ八ヶ岳の主峰・赤岳にアタックします。天気は、曇り時々晴れという、曇りがちの予報であり、次第に下り坂というので早めに登ることにします。例年に比べてまだ雪が少ないこともあり、昨日硫黄岳から横岳を経て赤岳に縦走してきた登山者の話を聞くと、十分縦走することができそうでした。ということで、まずは行者小屋から文三郎道を登り、赤岳山頂に到達し、ついで天候を見ながら、横岳から硫黄岳に縦走することにし、場合によっては縦走せず地蔵尾根を下ることにしました。
e0110500_1119238.jpg
 赤岳展望荘から赤岳への稜線を見上げています-稜線には強風が吹き雪を舞い上げています

More

by kitayama-walk | 2009-12-30 23:10 | 八ヶ岳 | Comments(2)
2009年 12月 29日

積雪期の南八ヶ岳山行(初日)-アイスクライミング

 12月29日(火曜) 晴れ N野氏と二人

 積雪期の本格的な登山は未だ経験がなかったので、今回は経験者のN野氏を伴って、入門的な雪山である南八ヶ岳の赤岳にアタックすることにしました。これまでロープワークや岩場のアイゼン歩行などのトレーニングを経ての山行となりました。

 南八ヶ岳は、北アルプスなどに比べると、アクセスが簡単で、積雪も少ないことから入門的な雪山になっているのですが、気温がマイナス10~20℃と低いのが特徴的で日中でもマイナス5℃くらいなので、氷瀑ができています。そこで、アイスクライミングにも挑戦してみることにしました。
e0110500_1532867.jpg
 ジョウゴ沢のF2と呼ばれる氷瀑を登ります

More

by kitayama-walk | 2009-12-29 23:51 | 八ヶ岳 | Comments(8)