山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 12月 06日 ( 1 )


2009年 12月 06日

桧塚奥峰・桧塚・明神平-マナコ谷登山口から周回

 12月6日(日曜) くもり時々晴れ 単独行

 台高山脈の稜線から東(三重県側)に派生した支稜線上に小高い2つのピークがあります。それが桧塚奥峰(1420m)と桧塚(1402m)で双耳峰を形成しています。前回09/10/31には、奈良県側の大又から明神平を経て辿り着きましたが、今回は三重県側の蓮(はちす)ダムの奥香肌湖(おくかはだこ)に流れ込む青田川の上流の木屋谷川に沿って延びる千秋林道を遡りました。マナコ谷登山口の先から木屋谷川沿いに遡上し、奥山谷出合から渓谷美を楽しみながら、明神平の台地に駆け上がり、支稜線を歩いて桧塚奥峰と桧塚に辿り着きました。

 当日の天気予報は晴れ時々くもりでしたが、稜線上は別世界でした。ガスに覆われた稜線上は強風に晒されて霧氷ができていました。とにかく風が強かったこともあり、体感温度が低く、ついつい先を急いでしまいました。それでも、桧塚奥峰の山頂では、時折ガスが切れて青空も出てきました。寒空の下、昼食を兼ねて40分ほど粘ると、青空の下、霧氷を抱いた桧塚の姿を見ることができました。

<歩行ルート>
マナコ谷登山口-万歳橋-ワサビ谷出合-奥山谷出合-明神平-三ッ塚分岐-明神岳-P1394-ヒキウス平-P1394-桧塚奥峰-桧塚-マナコ谷登山口
e0110500_21212073.jpg
 桧塚奥峰から霧氷の桧塚(右)を眺めています

More

by kitayama-walk | 2009-12-06 23:43 | 台高・大峰山系 | Comments(4)