山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 03月 15日

藤原岳-フクジュソウ鑑賞山行のはずが・・・

 今年は暖冬で鈴鹿の山にはもう雪がなくなり、フクジュソウの写真もHPにアップされるようになったので、そろそろ藤原岳にフクジュソウ鑑賞山行に行かなければならないと考えていました。ちょうど3/15は天気もよさそうなので、フクジュソウも花開いて待っていてくれるだろうと期待していました。

 ところがです。藤原岳に登ってみれば、8合目から山頂付近にかけては雪が積もっていました。深いところでは30㎝を超すほどで、せっかく咲いたフクジュソウも雪の下に埋もれてしまっていました。山頂付近では、何と樹氷が見られました。樹氷を見に来たのではなく、フクジュソウを観に来たのですが・・・。それでも、ごくわずかですが、雪の中から恥ずかしそうに顔を覗かせたフクジュソウが観られたので、それなりに満足することができました。
e0110500_1841870.jpg
 雪の中から顔を覗かせたフクジュソウ



 F田氏と待ち合わせて午前6時30分に出発。午前7時京都東ICから、新名神で鈴鹿に向かいました。鈴鹿の山並みが見えてきたのですが、山頂付近が何だか白くなっています。あれ?山には雪が積もっている?と不安がよぎります。東名阪四日市ICからR306で藤原岳の大貝戸登山口をめざしていると、藤原岳の山頂付近が白く積雪しているのがはっきりとしてきました。昨日街中は雨がたくさん降っていましたが、山は雪だったのです。不安的中です。この分じゃ、今日はフクジュソウは雪の下。一気にトーンが下がってきました。

 午前8時過ぎに大貝戸道登山口の駐車場に着くと、すでに上下とも満車。しかも、直ぐ右下にある路肩にもあふれんばかりに車が駐まっています。フクジュソウの開花情報と好天の天気予報のため、こんなにも登山者がやってきたのでした。仕方がないので、西藤原小のところにある観光駐車場に料金300円を払って車を駐めることにしました。
e0110500_2175238.jpg
 午前8時-すでにこんなに満車です
e0110500_2182337.jpg
 藤原岳の山頂付近は白くなっているのがわかります

 身支度を整えて(今日は泥んこになる覚悟で)、出発しました。神武神社の鳥居を潜ると、樹林の中に入り、深く掘れた登山道を小さなジグザグを切りながら登っていきます。今日は、かなりの数の登山者、しかも団体さんが多いので、いつもより速度を上げて登ることし、どんどんを先行する登山者を追い越していきます。
e0110500_2111857.jpg
 登山口にある神武神社の鳥居をくぐります
e0110500_2114481.jpg
 深く掘れた登山道をジグザグを切って登ります

 すぐに2合目の標識があるところにやってきました。よく見ると、ここには「山の神」の石像があります。二合目を過ぎると、再び樹林の中を登ることになります。三合目あたりは傾斜も比較的緩やかになっています。やがて樹林が自然林に変わってくると、四合目に着きました。
e0110500_21232912.jpg
 二合目にある「山の神」の石像-不動明王に似ています
e0110500_21242429.jpg
 三合目付近は緩やかな登りです
e0110500_21245346.jpg

e0110500_2125889.jpg
 自然林に変わると四合目に着きます
e0110500_21252348.jpg
 自然林の中を登っていきます

 五合目を過ぎると、再び樹林帯の中を登っていきます。昨夜の雪がうっすらと残っています。七合目あたりから雪もはっきりとしてきましたが、太陽の光を浴びて、樹林から溶けた雪がぼとぼとと落ちてきて冷たい。ようやく八合目に到着しました。登山口を出発してから65分とまずまずのタイムです。
e0110500_21301525.jpg
 五合目にはまだ雪はありません
e0110500_213037100.jpg
 七合目手前付近の樹林の中を行く登山道
e0110500_21312496.jpg
 七合目で雪がはっきりとしてきました
e0110500_21315945.jpg
 65分で八合目に到着しました
e0110500_21322881.jpg
 八合目から山頂付近を展望しています

 八合目からはもう雪がかなりあり、まさに雪山に逆戻りしたという感じです。このあたりで20㎝くらいの積雪でしょうか。八合目から九合目にかけての登りでは、例年の時期ならば、フクジュソウが見られるようになりますが、今日は白一面でフクジュソウの影も見当たりません。
e0110500_21374866.jpg
 八合目を過ぎたあたりの積雪の様子
e0110500_21381533.jpg
 雪山に戻った登山道

 九合目にやってきたところ、右手に何だか黄色いものがありました。おお、フクジュソウです。このあたりはちょうと日当たりがいいのでしょうか、雪の中から恥ずかしそうにフクジュソウが黄色い顔を覗かせていました。もちろん、即撮影タイムに突入です。今日から、マクロレンズ(タムロンSP AF90 F2.8)を使ってみることにしました。
e0110500_21404286.jpg
 九合目までやってきました
e0110500_21411989.jpg
 まずは全体の撮影です
e0110500_21421443.jpg

e0110500_2157412.jpg
 続いてマクロレンズでアップ撮影開始
e0110500_21574217.jpg

e0110500_21575991.jpg

e0110500_2158923.jpg


 撮影を終えて再び雪に覆われた登山道を進み、山荘をめざします。途中、左手に展望が開け、いなべの街が見えるようになります。午前10時30分藤原山荘に到着しました。約1時間半(撮影時間10分を含む)で山荘に着いたことになるので結構速いペースでした。
e0110500_2213748.jpg
 再び雪道を進みます
e0110500_222389.jpg
 眼下にはいなべの街が見えています
e0110500_2222444.jpg

e0110500_2224033.jpg
 藤原山荘に到着しました

 午前10時半とちょっと時間でしたが、これからどんどんと登山者が登ってくることを考えると、早めに昼食にした方がよいと思い、山荘内で食事を摂ることにしました。10~15人くらいの登山者で賑わっていましたが、隣に座ったおっさんがコンロと網を取り出したかと思うと、やにわにシシャモを網にかけて焼き始めました。山荘内にはシシャモを焼く匂いが充満し、宴会が始まりました。山で焼肉をするところは見たことがありますが、魚を焼くのを見たのは初めてでした。

 さて、お腹もふくらんだので、山荘を出て、その周辺の散策をしました。まだ気温がさほど下がっていないせいか、あたりには樹氷がたくさん見られました。この時期に樹氷が見られるとが想定外のことでしたね。
e0110500_2212871.jpg

e0110500_22122499.jpg

e0110500_22124269.jpg

e0110500_2212576.jpg

e0110500_22131359.jpg

e0110500_22132585.jpg


 さて、今度は天狗岩に向かって歩くことにしました。この途中にはフクジュソウがたくさん咲いているところがあるので、淡い期待をもっていました。途中で霊仙山の姿が見えてきました。
e0110500_22163793.jpg
 山荘の裏手からの眺望
e0110500_22171486.jpg
 天狗岩に向かって進みます
e0110500_22174177.jpg
 途中で振り返ると、展望丘が見えます
e0110500_22191821.jpg
 霊仙山の姿が見えています

 山荘から天狗岩に向かって進み、ちょうと半分くらいのところで、再びフクジュソウに出会いました。ここの日当たりがよいところで雪が薄くなっていました。ただ、ちょうど登山道になっていたことから、いくつのか花は無残にも踏まれてしまっていました。天狗岩からの帰りに30分ほど時間をかけて撮影しました。
e0110500_22221470.jpg

e0110500_22223092.jpg

e0110500_2222428.jpg


 天狗岩までのコースはこれまで何度も歩いたことにあるところですが、積雪しているときは今回が2回目です。前回は曇っていて時々吹雪いていたのですが、今回は晴れていたので気持ちよく歩くことができました。
e0110500_22271229.jpg

e0110500_2228365.jpg

e0110500_22281897.jpg

e0110500_22283371.jpg


 天狗岩にはすでにたくさんの登山者がおり、記念撮影の最中でした。標識のあるところから少し先にあるカレンフェルトの岩場に行くと、眺望がよくなります。藤原岳の展望丘から西尾根、県境稜線、竜ヶ岳、御在所岳、雨乞岳、綿向山、右手には、天狗堂、サンヤリ、T字尾根から御池岳のテーブルランドまで見渡せました。
e0110500_22314864.jpg
 展望丘を眺望しています(天狗岩から)
e0110500_22331415.jpg
 県境尾根、竜ヶ岳、銚子岳、静ヶ岳、その向こうには御在所岳、雨乞岳、綿向山が並んでいます
e0110500_22345878.jpg
 左に天狗堂、サンヤリ、T字尾根、右には御池岳のテーブルランド
e0110500_2236228.jpg
 テーブルランドの御池岳をアップで撮影
e0110500_22364365.jpg
 天狗岩にもこんなに樹氷がありました

 さて、天狗岩からの帰りは、そのままピストンしたのではおもしろくないので、途中から南に逸れて、藤原山荘の西側にあるピーク(P1128)に立ち寄ることにしました。トレースのない自然林の中を歩きます。積雪も30㎝くらいなので、そう苦労することもありませんした。
e0110500_22403546.jpg
 登山道を逸れてP1128に向かいます
e0110500_22411186.jpg
 P1128からは正面に展望丘が望めます

 P1128からは急斜面を下り、展望丘に向かいました。最初、展望丘の北斜面を登ろうと思ったのですが、急登の上に積雪もかなりありそうなので、回避して通常にルートに戻り、展望丘をめざしました。どろどろになっていると思った登山道はそうでもなく、意外と簡単に展望丘に辿り着くことができました。
e0110500_22442537.jpg
 展望丘への登りから山荘方向を見ています(左のピークがP1128)

 展望丘にはまだたくさんの登山者がいましたが、今日はよく晴れていて、伊吹山も見え、眺望は申し分ありませんでした。
e0110500_22453612.jpg
 藤原岳山頂から北方向を見ています
e0110500_22462534.jpg
 正面に御池岳(テーブルランド)、右に天狗岩
e0110500_22475628.jpg

e0110500_22481690.jpg

e0110500_22483981.jpg
 伊吹山の姿も見えていました
e0110500_22491166.jpg
 南方向の眺望-向こうには御在所岳、雨乞岳、綿向山が並んでいます-手前には竜ヶ岳、銚子岳、静ヶ岳が見えています

 さて、展望丘からの眺望を堪能した後は、県境尾根を下っていきます。展望丘から少し南に行くと、カレフェルトの岩の集まったところがあり、ここから今日下る長大な孫太尾根が見えています。この下りがかなりの急降下になっていて、最初は岩場、次いで自然林の中に入ると雪が腐っていて、雪崩のように雪ごと滑ってしまうので、ちょっと難儀しました。
e0110500_22541940.jpg
 長大な孫太尾根が見ています
e0110500_22544687.jpg
 カレンフェルトの岩場の急降下です
e0110500_22551548.jpg
 今度は自然林の中の急降下-腐った雪で滑りやすい
e0110500_22563591.jpg
 急降下してきた尾根を振り返っています

 急降下も一息つくと、今度は登り返して小ピークに至りました。ここは多志田山(965m)というピークで、ここから左に孫太尾根が分岐しています(右手に行くと県境尾根で治田峠に行きます)。孫太尾根の下りも腐った雪、その下に落ち葉があり、さらにその下に粘土質の地面があるという、まさに滑って転けて下さいというシチュエーションになっていました。
e0110500_2334330.jpg
 孫太尾根分岐点です(左に行くと孫太尾根、右は県境尾根)
e0110500_234375.jpg
 まさに滑って転げといわんばかりのところです

 何度か転びそうになりながらも、必至にこらえると、今度は登りになりました。またもカレンフェルトの岩の集まったところを登り切ると草木(834m)というピークに到着しました。
e0110500_2372085.jpg
 草木直下の岩の集まったところ
e0110500_2381199.jpg
 小ピークの草木(834m)

 草木からは再び下り、そして登り返すことになります。そう急な坂ではなく、雪も少なくなってきました。次のピークの丸山に手前あたりで、何やら白い花があるのが目につきました。これがセツブンソウ(節分草)でした。ちょっと時期的に遅い感じでしたが、何とか撮影に堪えられました。また、開花しているフクジュソウもありました。ここでも撮影のため30分ほどかけてしまいました。
e0110500_23322127.jpg
 可憐なセツブンソウに出逢えました
e0110500_23324579.jpg

e0110500_23343288.jpg
 こちらはミスミソウ(三角草)でしょうか?
e0110500_2335076.jpg

e0110500_2338537.jpg
 大きく開花しているフクジュソウ

 程なく次の小ピークの丸山に到着しました。ここにはたくさんのセツブンソウが咲いていました。ここからはまたもや急降下でした。撮影に時間をかけ過ぎたことと、孫太尾根の長さを十分考慮していなかったため、時間がなくなり、急いで駆け下りることにしました。
e0110500_2340495.jpg
 丸山直下にも岩が集まっていました
e0110500_23404242.jpg
 丸山の山頂にはセツブンソウがたくさん咲いていました
e0110500_23413482.jpg
 丸山からの下りの途中で展望があります

 長かった孫太尾根もまもなく終わりとなりました。最後は林道に出てきて、ここからはアスファルト道になり、三岐鉄道の伊勢治田駅まであることなりました。林道から治田駅までは3㎞ほどの距離がありました。午後5時45分に伊勢治田駅に着くと、駅員さんがすぐに西藤原駅行きの電車が来るとのこと。しかし、実際は57分でした。このあたりではすぐというのは10分ほどのことをいうようです。
e0110500_2349358.jpg
 林道にはゲートがありました
e0110500_23492775.jpg
 三岐鉄道の伊勢治田駅
e0110500_23495520.jpg
 西藤原行きの電車がやってきました
e0110500_23501669.jpg
 ユニークな駅舎の西藤原駅

 西藤原駅から駐車地に戻りましたが、もう午後6時を回っていました。私たちの車以外には、もう車はないだろうと思ったら、1台だけありました。テント泊でもしているのかなと思っていたら、若者3人が帰ってきました。お互いに暗くなる前に下山できてよかったです。

 今回の山行の反省点のひとつは、孫太尾根の歩行時間を慎重に計算していなかったことです。地図からしてかなり長いことはわかっていましたが、コースタイムがきちんと割り出せていませんでした。丸山からの下りでは2箇所ほどわかりにくいところがあり、GPSで確認することで迷うこともありませんでした(下りは支尾根に迷い込みやすいの要注意)。もうひとつは、初めてマクロレンズを携行して花の写真撮影に夢中になり、時間をかけすぎたことです。

 遅くなってしまいましたが、やはり汗を流したいので、来るときに目を留めた「阿下喜温泉・あじさいの里」という温泉に直行しました。3年前にできたまだ新しい温泉で、大人400円(子供無料)と安かったです。広い2つの湯船と、狭いながらも露天風呂とサウナがあります。泉質はアルカリ性単純泉で、まあまあといったところでしょうか。
e0110500_09368.jpg

e0110500_091410.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)


<コースタイム>090315晴れ
830大貝戸登山口 855三合目 910五合目 935八合目 950九合目(撮影)1010 1030藤原山荘(昼食)1115 1145天狗岩(撮影)1210 (途中撮影30分) 1315P1185 1335展望丘1405 1440多志田山(孫太尾根分岐) 1510草木 (途中撮影20分) 1615丸山 1705林道出合 1745伊勢治田駅


by kitayama-walk | 2009-03-15 23:53 | 鈴鹿山系 | Comments(13)
Commented by 三太夫 at 2009-03-16 22:07 x
 kitayama-walk さん、こんばんは。
 藤原岳のロングラン、お疲れ様でした。降りの孫太尾根は、私なら何かと気を使う場面が多いが、流石は kitayama さん。スイスイと降りておみえには、ただただ脱帽するのみです。
 それから、とてもよいフクジュソウが撮れましたね。この写真だけで成果は充分だとおもうが、まだまだ他の収穫もあったようですね。続編に期待しています。
Commented by じんじん at 2009-03-16 22:29 x
やっぱり藤原でしたか 僕も先週に続き連続で行ってきました
コースは違いますが、稜線の樹氷は思わぬ自然がくれた贈り物でしたね 花見山行のつもりがサプライズでした
今回もバリエーションで沢山のフクジュソウを見てきました
Commented by kitayama-walk at 2009-03-17 00:40 x
 三太夫さん、こんばんは。
 今回のフクジュソウ鑑賞山行は、積雪というハプニングで、樹氷鑑賞山行になってしまいました。それでも、わずかでしたが、フクジュソウも観ることができたので、それなりに満足しています。

 孫太尾根は初めてのことでしたが、長いとは思いながらも、どれくらい時間がかかるか見極めていなかったので、長い時間となってしまいました。それに、急斜面、腐った雪、雪のしたの落葉、粘土質の地面と、転びなさいという要素でいっぱいでしたね。でも、なんとか転ばずに済みました。
Commented by kitayama-walk at 2009-03-17 00:46 x
 じんじんさん、こんばんは。
 昨日は同じく藤原岳へのフクジュソウ鑑賞山行だったのですね。隊長さんの記録でコースとタイムがわかりましたが、12:40~13:00あたりでニアミスした感じですね。それに、車を駐めたのは8時過ぎに西藤原小前の観光駐車場でしたので、これまたニアミスというところでしょうか。

 結果的には、九合目あたりと、山荘と天狗岩との中間地点で、少ないながらもフクジュソウを観ることができて、それなりに満足しています。

 孫太尾根は長かったです。これは、事前に十分検討していなかったせいもあり、下山が遅くなってしまいました。でも、GPSのおかげで道に迷うことはなかったのでよかったです。
Commented by tihom at 2009-03-17 20:05
3月7日は、展望丘までに残雪があり滑ると思いましたが、全然樹氷とかない状況でした。
寒の戻りだったのですね。
雪のなかから咲きだした福寿草、きれいですね。
藤原岳はお花が多いので、また4月にゆき、楽しみたいです。
Commented by ひと at 2009-03-17 22:06 x
マクロレンズは90mmでしたか。
…ということは、標準ズーム+望遠レンズ+マクロレンズで、計3本での山行でしょうか。
結構な重量になりそうですね。
今回のルートは、地元に住んでいながらとても参考になりましたよ。
登山口間は三岐鉄道で移動…なるほど~!と思いました。
Commented by 温泉玉子 at 2009-03-17 22:59 x
花を見たい時に雪は予想外ですね、この雪が融けた頃が良さそう。あと福寿草も寒いからか閉じ気味ですね。

孫太尾根も未踏ですが小和田尾も未踏でして、次は聖宝寺道から展望丘経て小和田尾の周回を考えてます。
Commented by kitayama-walk at 2009-03-18 02:23 x
 ひとり部さん、こんばんは。
 山行に携行したレンズは2本です。ひとつは、タムロンAF28-300F3.5-6.3Di VCの高倍率標準ズームレンズ(手ブレ補正機能付き)のありがたいもので、もうひとつがタムロンSP AF90 F2.8 Diという中望遠マクロレンズです。いずれもコンパクト設計なので、そう重くはありません。

 登山口の電車移動は思いつきですが、1時間に2本あるので待っても30分ですから、そこそこ使えますね。この電車でびっくりしたので、自転車をそのまま電車に乗せていたことですね。車両もJRのものより少し幅があるようでした。
Commented by kitayama-walk at 2009-03-18 02:32 x
 温泉玉子さん、こんばんは。
 藤原岳へのルートはいろいろあると思います。これまで私が通過したのは、表登山道(大貝戸道)、裏登山道(聖宝寺道)、木和田尾根、西尾根、県境尾根(治田峠へ)でした。今回は、下りに県境尾根⇒孫太尾根というルートを選択しましたが、これが結構ロングコースになっています。

 木和田尾根を下ると山口登山口に出てきますが、ここから聖宝寺登山口までは歩いて30分くらいでしょうか。歩けない距離ではありませんね。その点、孫太尾根の下山口から大貝戸登山口までは6㎞あまりあるのでちょっと歩くのはしんどいですね。
Commented by 乱丸 at 2009-03-19 14:54 x
15日は藤原岳でしたか、私達は18日に逆回りで同じ様なルートを廻り丸山、草木でプレートを見て来ました昨日は黄砂は有りましたが汗ばむ陽気と雲一つ無い天気で雪は驚くほど溶けてました。車を大貝戸道登山口の駐車場に一台配置して孫太尾根方面から登ったのですが雪がなかったので巻き道の治田峠の分岐から展望台へ廻りましたが展望台までの登りは、きつかったですね藤原山荘へ行き食事をしてから天狗岩まで行きましたが黄砂で霊仙山は見えませんでした下山は花が多そうだと思い聖宝寺へ降りてから歩いて戻りましたが今年は花が少なかったです写真撮影などで時間を使いましたから9時間ほど掛かってしまいましたが福寿草は綺麗でした。
Commented by biwaco06 at 2009-03-21 22:08
3連休はどちらでしたか? 今日は最高の好天でしたね。ぼくは風邪でダウン(><) 明日は雨模様です。藤原岳は長いこといってません。ヒルが出る前に、茶屋川を詰めてみようかと思っています。
Commented by kitayama-walk at 2009-03-22 22:03 x
 乱丸さん、3/18は平日ですが、山に登れたんですね。週末の天気が悪いことが続くと、平日に休みを取って登りたくなったしまいますね。最近は週末が何とか晴れていることが続いているので、その心配もありませんが。

 孫太尾根は長いですよね。ここは登りに使った方がよさそうです。しかし、15日から3日後ですが、かなり雪が溶けていたのではないでしょうか? フクジュソウもたくさん咲いていましたか?
Commented by kitayama-walk at 2009-03-22 22:12 x
 biwacoさん、こんばんは。
 この3連休は、中日の21日がよかったでしょう。私の相棒のF田氏はひとり霊仙山に登ってたくさんのフクジュソウを見てきたよですね(羨ましい)。URLをクリックしてみて下さい。

 私はですね、この3連休は山はお休みでして、九州の湯布院と黒川温泉に旅行してきまして。20日の午後と21日は天気がよく、湯布院の町を散策しながら、由布岳(1583m)を眺めていました。由布岳には5年ほど前に一度だけ登ったことがありますが、意外と簡単に登れたことを覚えています。

 そして、今日は阿蘇めぐりだったのですが、雨と濃霧のため、ほとんど何も見えず、散々な日でした。(>_<)


<< 藤原岳 再び・・・      野坂岳-敦賀富士と呼ばれる名峰 >>