2009年 02月 11日

雨乞岳-奥の畑から

 2/8に鎌ヶ岳に登ったとき、雨乞岳だけが白く見えていました。そこで、2/11にまだ雪の残っているは雨乞岳に登ってみました。この日の天気予報は午前中は晴れるが、午後からは気圧の谷が通過するので雲が広がってきて雨になるとのこと。そのため、できるだけ早く登って下りてくるためには、甲津畑からのアプローチして奥の畑経由で登ることにしました。

 予報どおり、早い時間は晴れていて、奥の畑までは快適でしたが、奥の畑峠に上がると雲が立ちこめてきてどんよりとした天気になってしまいました。雨乞岳山頂も30分ばかりの滞在で、杉峠に下りました。ここまで少ない積雪で締まった雪だったので、ワカンもアイゼンも要らなかったのですが、杉峠への下りはアイスバーンになっていて、滑り落ちそうでした。
e0110500_0325111.jpg
 南雨乞岳から雨乞岳-東雨乞岳の稜線を眺望しています



 今日も単独行ということで、午前5時30分に京都の自宅を出発し、京都東ICから名神に乗り、八日市ICで下り、R421から甲津畑に向かいました。車道には積雪はなく、グリーンランドの前を通過し、鳴野橋の手前に車を駐めました。まだ駐車車両は1台もありませんでした。
e0110500_2317520.jpg
 鳴野橋手前に駐車しました

 身支度を整えて、午前7時ちょうどに出発しました。岩ヶ谷林道の入口には通行止めの立て看板が出ていました。しばらくは舗装された林道が続きます。10分ほど歩いたところの左手に空地に「千草街道散策行程」という新しい案内板が設置してありました。これによると、岩ヶ谷林道入口から杉峠まで、6.6㎞、2時間35分となっています。
e0110500_2321311.jpg
 スタート地点の岩ヶ谷林道入口
e0110500_23274240.jpg
 新しく設置された「千草街道散策行程」案内板

 舗装道路から地道に変わってからも雪は全くなく、途中倒木が邪魔をしているところがありましたが、難なく通過して、15分ほどで杉谷善住坊のかくれ岩に着きました。
e0110500_23355331.jpg
 林道には全く積雪はありません
e0110500_23362013.jpg
 杉谷善住坊かくれ岩に着きました
e0110500_23365538.jpg


 雪のない林道をスタスタと進み、樹林帯の中も駆け抜けると、やがて桜地蔵尊に到着です。今日は、下山するまで雨に降られないように!とお願いしました。
e0110500_23412696.jpg
 樹林帯の中の林道を進みます
e0110500_23414957.jpg
 桜地蔵尊には下山まで雨を降らせないようにとお祈り!
e0110500_23422574.jpg


 桜地蔵尊を過ぎるとすぐに林道終点の鉄橋があります。この橋を渡ると、フジキリ谷の右岸にある登山道を進むことになりますが、奥の畑入口まで3つの丸太橋を渡ることになります。
e0110500_23465055.jpg
 フジキリ谷にかかる鉄橋を渡ります
e0110500_23472016.jpg
 一つ目の丸太橋(最近修理されています)
e0110500_23475383.jpg
 二つ目の丸太橋(H19.9)

 やがて古屋敷跡というところにやってきました。ここは、ツルベ谷出合とも呼ばれるところで、右に折れてフジキリ谷を渡渉してツルベ谷に入り、大峠に向かう分岐点になっています。今日はそのまま直進します。
e0110500_23513560.jpg
 古屋敷跡には集落の石積の名残があります
e0110500_2352696.jpg


 さらに進むと、三つ目の丸太橋があり、フジキリ谷を渡ります。渡った直後に登山道が左に直角に曲がるところがありますが、実はここが奥の畑の登山口になっています。
e0110500_2356181.jpg
 フジキリ谷にかかる三つ目の丸太橋
e0110500_23565651.jpg
 直角に曲がるところにある標識
e0110500_23571930.jpg
 奥の畑に入る場所を示す標識
e0110500_23575767.jpg
 奥の畑に入る前に蓮如上人旧跡に立ち寄ってみました

 奥の畑の登山口に入ると、山腹をトラバースして、奥の畑谷を渡渉します。谷の左岸を行くと、次第に広がってきます。ここが奥の畑の入口になっています。
e0110500_013844.jpg
 奥の畑谷の最初の渡渉地点
e0110500_031778.jpg
 奥の畑の入口の風景

 広い草原のようなところを進むと、再度右岸に渡渉することになります。すると、さらに広い草原(今は雪の下に隠れています)になります。ここが奥の畑です。太陽が昇ってきて、青空も見えています。コバ地のようなところを谷寄りに進むと、奥の畑の主ともいうべき大きな樹木がありました。
e0110500_08810.jpg
 奥の畑の中心部に入ってきました
e0110500_083196.jpg
 奥の畑の主「シオジの大木」

 その後、谷の渡渉を3回くらい繰り返し、右手に稜線(これは清水の頭のある稜線)が近づいてきたところで、低い笹尾根に取り付きました。積雪が締まっているので、キックステップでどんどんと登っていきます。3日前に歩いたと思われる足跡が残っていたので、後を追うように登り詰めると奥の畑峠に到達しました。
e0110500_0213647.jpg
 奥の畑谷を何度か渡渉します
e0110500_022196.jpg
 取り付いた笹尾根には灌木もあります
e0110500_0223585.jpg
 奥の畑峠に出る手前のところ

 奥の畑峠に出てみると、いつの間にか青空はなくなっていて、厚めの雲がどんよりと立ちこめていました。清水の頭の方に目をやると、稜線の上に鹿がいました。じっとしてこちらを見つめています。せっかくの稜線でしたが、青空に恵まれないのは前回(08/03/15)と同じでした。
e0110500_0304279.jpg
 清水の頭を眺望しています
e0110500_0312798.jpg
 稜線上に鹿が1頭いました
e0110500_032248.jpg
 南雨乞岳の方向を眺めています
e0110500_0323546.jpg
 南方向の山並み(仙ヶ岳などが並んでいます)

 稜線上の雪は少なく、低い笹が所々に出ていました。南雨乞岳に向かって進むと、小ピークがあり、このあたりから積雪が増えてきました。
e0110500_036184.jpg
 小ピークから綿向山の方向を見ています
e0110500_0364510.jpg
 南雨乞岳に向かう稜線には雪庇が残っていました
e0110500_0371954.jpg
 よく見ると鹿が1頭います(南雨乞岳への尾根)

 南雨乞岳の山頂には10時すぎに到着しました。ここは眺望がよいので、しばらく滞在して写真撮影をしました。
e0110500_040716.jpg
 正面に雨乞岳を見ています
e0110500_041085.jpg
 御在所岳と鎌ヶ岳
e0110500_042113.jpg
 鎌尾根が見えています(手前は南雨乞岳の南尾根)
e0110500_0434032.jpg
 清水の頭から続く稜線-向こうには綿向山があります

 南雨乞岳から雨乞岳までの道は、無雪期であれば背丈を越える笹で覆われていて藪漕ぎをしなければなりませんが、今は笹も雪の下に潜り込んでしまっていて、実に歩きやすい。ワカンもアイゼンも不要の雪質でした。すぐに雨乞岳の山頂に到着しました。
e0110500_0485445.jpg
 雨乞岳山頂から御在所岳と鎌ヶ岳を眺望しています
e0110500_051138.jpg
 雨乞岳から東雨乞岳に続く稜線(よく見ると登山者が写っています)
e0110500_052954.jpg
 雨乞岳山頂の小広場
e0110500_052473.jpg

e0110500_0532539.jpg
 雨乞岳から綿向山方向を写しました

 雨乞岳山頂には、午前6時に湯の山温泉を出発し、武平峠を経て、4時間かけて登ってきた男女4人がいたので、少しばかり山談義。30分ほど山頂にいましたが、雨の心配もあり、下山は杉峠を経由して、千草街道を戻るのがよいと判断しました。
e0110500_131041.jpg
 雨乞岳から杉峠に下りるところに小雪庇があります
e0110500_10946.jpg
 杉峠に下る稜線からイブネに続く稜線ラインがくっきりと見えています

 杉峠への下りの後半部分はアイスバーン状態になっていて、滑り落ちそうになりました。本来ならばアイゼンを取り付けるべきところでしたが、ちょっと横着してノーアイゼンで下りてしまいました。
e0110500_161336.jpg
 杉峠の杉が眼下に見えます
e0110500_163747.jpg
  杉峠の風景

 杉峠からは、もう何度も歩いたことのある千草街道を甲津畑に向けて戻ります。杉峠の直下に何やら建物があると思ったら、蓮如上人旧跡のところにある小屋と同じような感じの山小屋でした。さらに下ると、ミズナラの大木である一反ぼうそうがありました。
e0110500_19229.jpg
 杉峠直下の小屋
e0110500_1114482.jpg
 一反ぼうそう-天に向かって手を広げているようです
e0110500_1124297.jpg
 一反ぼうそうの全体像

 さらに下っていくと、シデの並木と呼ばれる巨樹の並ぶところを通過します。大きな古木が倒れていました。
e0110500_1155960.jpg
 シデの並木道
e0110500_1183652.jpg
 大きな古木が倒れています
e0110500_1162590.jpg


 向山鉱山跡を通過すると、谷を渡るところに橋がありました。この橋は最近修理されているようです。
e0110500_1203973.jpg
 向山鉱山跡付近を通過
e0110500_121888.jpg
 修理された橋を通過

 やがて大シデのあるところにやってきました。このシデはいつみても立派なもので、足(根)を大地にしっかりとおろして立っています。大シデを過ぎると、蓮如上人旧跡のところにある小屋まで戻ってきました。時刻もまだ12時過ぎで雨も降ってこないようなので、ここで昼食タイムにしました。
e0110500_124025.jpg
 いつ見ても立派な大シデ
e0110500_1242546.jpg
 大シデの全体像
e0110500_1245286.jpg
 蓮如と頓入の一夜泊まりの竈
e0110500_126275.jpg
 小屋の中にあった蓮如上人の絵

 あとは、往路を急ぎ足で戻ることにしたので、約1時間で岩ヶ谷林道の入口の駐車地まで戻ることができました。何とか雨に降られずに済みました。下山時刻が午後1時35分と、まだ十分時間があったので、帰りに永源寺温泉「八風の湯」に立ち寄りました。ここの入浴料金は1500円と高いので、今日は2時間ほどゆっくりと汗を流しました。

e0110500_1381897.jpg

e0110500_1382974.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)
 
<コースタイム>090211晴れ後曇り
700岩ケ谷林道 715杉谷善住坊隠れ岩 735桜地蔵尊 750古屋敷跡(ツルベ谷出合) 800蓮如上人旧跡810 840奥の畑 930奥の畑峠 1005南雨乞岳1020 1030雨乞岳1100 1120杉峠 1135一反ぼうそう 1210蓮如上人旧跡(昼食)1240 1250古屋敷跡(ツルベ谷出合) 1305桜地蔵尊 1320杉谷善住坊隠れ岩 1335岩ケ谷林道


by kitayama-walk | 2009-02-11 23:23 | 鈴鹿山系 | Comments(11)
Commented by ジオン at 2009-02-16 20:32 x
初めまして m(_ _)m  ジオンです。
ブログに書き込みありがとうございました。
遠足尾根の大日向、、
綿向山のP913など、、
いつも、kitayama-walkさんの
看板は拝見しています。

昨日もクロオさんの案内で
12月20日のイブネ、クラシ、銚子の
ルートを行きました。
ほぼ同じルートでした。
お天気もよく、憧れの地に立てて良かったです。
もちろん、高昌山も寄りました。(^^)v
山でお会いしましたら、よろしくです。m(_ _)m
Commented by イチマル at 2009-02-17 08:00 x
kitayama-walkさん、こんにちは。
写真を拝見すると、私が歩いた2/7より、さらに雪が少なくなっているのが分かります。今日の雪で、少し冬に逆戻りですね。奥ノ畑ルートは、まだ登ったことがないので、参考にさせていただきます。
Commented by kitayama-walk at 2009-02-17 21:53 x
 ジオンさん、コメントありがとうございます。
 2/15は、イブネ・クラシ・銚子でしたか。天気に恵まれて、なかなかよい山行が楽しめたものと思います。クラシの北東尾根を登られたと思いますが、なかなかの激登だったのではないでしょうか。また、イブネ北端から小峠までの下りも急だったでしょう。

 また、ときどきお立ち寄り下さい。山で会うこともあると思いますので、その際はよろしく。
Commented by kitayama-walk at 2009-02-17 21:59 x
 イチマルさん、こんばんは。
 鈴鹿の山はますます雪が少なくなっていますよ。でも、昨日、今日とで多少なりとも積もったのではないでしょうか。この天気は明日も続きようなので、ある程度積雪が見込めます。ただ、木・金と雨予報です。雪が溶けてなくなってしまうかも知れません。

 奥の畑からの雨乞岳は時間が短くてよいと思います。私も、最初大峠から清水の頭を越えて雨乞岳に向かっていたら、谷から稜線に上がってきた登山者に出会い、奥の畑からのルートがあることを知りました。奥の畑の分岐は、蓮如上人旧跡の手前のところ(丸太橋を渡ったところ)です。分岐を示すプレートをつけておきました。
Commented by 温泉玉子 at 2009-02-17 22:42 x
奥の畑は気持ち良い場所ですね、西内さんの本や色々な方の山レポ参考に歩きました。
ハルリンドウが咲く頃か新緑の頃が歩き易いでしょうね…梅雨~初秋はヒルが出そうです。

あとショートカットルートの西尾根はまだ未踏です。
Commented by kitayama-walk at 2009-02-18 01:09 x
 温泉玉子さん、こんばんは。
 昨年7月に奥の畑経由で雨乞岳、そしてイブネまで足を延ばされていますね。かなりのロングコースになっていますね。帰りを杉峠まで戻るのではなく、アゲンギョからタイジョウに向かうというコース取りはいかがでしょうか。

 奥の畑は、雪のないときであれば、確かにGWの頃がベストかと思いますね。西尾根は雪のあるときに下ったことがありますが、登りはいかがでしょうか。
Commented by ikesan_k at 2009-02-18 01:28
kitayama-walkさん、こちらでは初めまして。
詳しい山行レポートですね。このルートは林道のアプローチが長くて敬遠されているせいか、鈴鹿登山のガイドブックなどでもあまり紹介されていないようです。それだけに、この記事は鈴鹿ファンにとって参考になるでしょうね。(池さん)
Commented by kitayama-walk at 2009-02-18 09:57 x
ikesan(池さん)、おはようございます。
 早速のレス、ありがとうございます。毎回の山行をきちんと山レポにしてアップするのがよいのですが、忙しいときにはできずじまいになっていることもあります。詳しいレポは、やはりこれを読んでもらい山行の参考にしてもらえればという思いからですので、こう言ってもらえるとうれしい限りですね。

 甲津畑から千草街道を辿り、杉峠から雨乞岳あるいはイブネに行くコースは、確かにアプローチは長いけれど、結構趣きがあって好きですね。もう、何度も歩いています。でも、行きと帰りは別のコースにした方がおもしろいでしょう。雨乞岳へは、奥の畑コース、大峠コース、西尾根コースなどがあり、イブネからはアゲンギョからタイジョウ周回コースなどもあります。

 芦生には何度も通ったのですが、雪のあるときには一度しか行ったことがありません。天気がよい日に訪ねてみたいと思います。
Commented by じんじん at 2009-02-19 17:47 x
いつもレポのアップが早いので感心しています
ぼくもやっと先週歩いた、雨乞から綿向縦走のレポ完了しました
今週末は、銚子から雨乞への縦走を考えています
銚子からイブネは初めてのコースです 不明瞭な処はないでしょうか?
歩いたルートが1本の線となって繋がるのは嬉しいですね
Commented by kitayama-walk at 2009-02-19 18:34 x
 じんじんさん、僕は、山レポのアップが遅いのですよ。今回はたまたま時間があったので早めにアップできましたが、時間がないときは、次の山行になってしまい、アップできずそのままになっているもの(最初の1枚のみ)もあります。

 銚子ヶ口までのアプローチは杠葉尾の登山口ですか?だったら銚子ヶ口まで2時間半ほどかかります。ここまではまず間違わないですね。銚子ヶ口の三角点峰から中峰(ちょっと寄り道して南峰=ここは眺望がよい)、そして西峰へと向かうところはちょっと注意して下さい。西峰からは尾根筋なので問題ないと思います。

 水舟の池に立ち寄るよていですか? これが結構見つからないものです。右手の植林帯の中の下るところにテープがありますよ。4、5分で着きます。

 水舟の頭や大峠の頭はピークなので間違わないと思います。舟窪から先はちょっと険しくなりますが、尾根を外さないかぎり大丈夫です。最後の銚子への登りが激登になっていますよ。

 週末の土日は天気はまあまあのようなので頑張って下さい。私は北八ヶ岳に1泊で遠征してくる予定です。
Commented by じんじん at 2009-02-19 21:54 x
詳細な情報ありがとうございます
銚子ケ口から南峰までは何度と無く行っているんですが
いつも大峠への分岐を見て、一度歩いてみたいと思っていました
水船ノ池見つけられるといいんですが
週末は北八ですか? 冬の時期には行ってませんが良い処ですね
お互い気をつけて歩きましょう


<< 鈴鹿峠から油日岳へ-鈴鹿最南端部縦走      入道ヶ岳から鎌ヶ岳へ周回 >>