2009年 02月 08日

入道ヶ岳から鎌ヶ岳へ周回

 このところの暖かさと雨のため、鈴鹿の山々にも雪が少なくなってきています。本当は、雪山に行きたいところですが、やはり天候のこともあり、結局晴れている山の方を選択することにしました。

 今回は、好天予報の鈴鹿南部にある、鈴鹿セブンマウンテンの鎌ヶ岳を選択し、せっかくなので入道ヶ岳も一緒に登ることにしました。登山口は宮妻峡キャンプ場で、新道コースから入道ヶ岳の北の頭に登り、イワクラ尾根を辿って県境尾根に至りました。ここからは県境尾根歩きとなり、水沢峠-水沢岳-衝立岩-岳峠-鎌ヶ岳と歩きました。

 この日は、午前から次第に晴れてきたのですが、稜線では強風に吹かれました。しかし、鎌ヶ岳山頂に到着した頃(正午すぎ)から、次第に風もおさまってきて、山頂では日向ぼっこ気分で昼食をとり、登山者と歓談して、1時間も過ごしました。あとは、カズラ谷コースを下って、宮妻峡キャンプ場まで戻りました。
e0110500_1811584.jpg
 青空のバックに迫力のある鎌ヶ岳(鎌尾根にて)



 午前5時30分に京都を出発し、京都東ICから名神高速に乗り、新名神を経由して、東名阪の鈴鹿ICで下り、R306から宮妻峡キャンプ場に向かいました。いつものことながら、この道中では鈴鹿方面の山には雲がかなりかかっていて、高速の路面は昨夜の雨でまだ濡れていました。ます。昨日(7日)は天気がよかったものの、今日(8日)は少し曇りがちの予報ですが、次第に晴れてくるとのこと。午前6時50分宮妻峡キャンプ場に到着し、身支度を整えて、午前7時ちょうどに出発しました。
e0110500_101251.jpg
 宮妻峡キャンプ場の駐車地

 駐車地のすぐ側に入道ヶ岳の新道コースの標識があります。これに従い、谷に下り、2回渡渉すると、右手に堰堤が現れ、ここから登山道が始まります。
e0110500_111510.jpg
 新道コースのポイント1(P1)地点

 堰堤の左から登山道に入ると、いきなり山腹の急登が始まります。ジグザグを切りながら登っていくものの、すぐに汗が出てきました。やがて尾根道になりますが、まだ急登が続きます。P3あたりから傾斜が一旦緩やかになりますが、再び急登になります。
e0110500_110148.jpg
 P3付近は緩やかな登りになっています

 P4を過ぎると、笹尾根になってきて、アセビの群生のところにやってくると、鎌ヶ岳と御在所岳の姿がよく見えてきました。アセビの群生の中を抜けると、P5に至ります。
e0110500_1133412.jpg
 アセビの群生の手前から鎌ヶ岳と御在所岳の姿が見えます
e0110500_114123.jpg
 アセビの群生を抜けるとP5です

 P5からは再び尾根道に入り、右手方向に鎌尾根の姿が見えてきました。P6を通過すると、北の頭の姿も見えてきました。
e0110500_11783.jpg
 右手に鎌尾根の姿がよく見えるようになります

 やがて灌木帯の中から抜けて視野が広がり、笹原道になってきました。笹原にはアセビの群生があり、その間を通り抜けるようにして登っていきます。尾根に上がったところに風向計があり、ここが宮妻林道からの登山道が合流してくるP7でした。
e0110500_1205583.jpg
 視野が広がり笹原の中を進みます
e0110500_123959.jpg
 風向計が設置してあります
e0110500_121408.jpg
 宮妻林道からの登山道との合流点(P7)
e0110500_1335151.jpg
 P7地点から水沢岳、鎌ヶ岳、御在所岳の姿を眺望しています
e0110500_1353178.jpg
 登ってきた方向には雲母峰が見えています

 さらに笹原の道を進むと、北尾根からの登山道と合流しました。ここがP10になっています。つまり、P8とP9はなかったわけです。P10から右に進むとすぐに北の頭に到着しました。ここで先行していた男性単独者(秋狸さん)に追いつきました。聞けば、これから入道ヶ岳の三角点峰に寄り、イワクラ尾根、鎌尾根を通って鎌ヶ岳に行くとのことで、私と同じコース取りでした。
e0110500_1331173.jpg
 北尾根コースが合流するP10
e0110500_1363880.jpg
 北の頭から鎌ヶ岳、御在所岳を望んでいます
e0110500_1444332.jpg

e0110500_1415175.jpg
 北の頭から三角点峰(鳥居)を眺望しています

 今回は、三角点峰には立ち寄らず、北の頭から奥の宮をめざします。アセビの中を通り抜けて笹原に下ります。ここは実に展望のよい場所になっていて、お気に入りです。
e0110500_144921.jpg
 鎌ヶ岳方向の眺望
e0110500_1453567.jpg
 三角点峰(入道ヶ岳)方向の眺望

 笹原を歩くと、再びアセビの群生の中に入り、少し進むと、椿大神社(つばきおおかみやしろ)の奥の宮が祀られていました。
e0110500_1474411.jpg

e0110500_1475969.jpg


 奥の宮から右手に上がるとP915(ここが入道ヶ岳の最高点)となり、ここからイワクラ(磐座)尾根へと入っていきます。最初からヤセ尾根の急降下になっているので慎重に下っていきます。
e0110500_1552058.jpg
 イワクラ尾根P7があります
e0110500_1561297.jpg
 ヤセ尾根を急降下していきます
e0110500_156413.jpg
 ロープが張ってあります

 やがて尾根には大きな岩塊が立ちはだかっていますが、これは左横から登っていきます。
尾根道は、歩きやすいところと岩場になったところが交互にやってくるという感じになっています。
e0110500_22049.jpg
 行く手に立ちはだかる巨岩塊
e0110500_223889.jpg
 平坦になっている尾根道

 アップダウンを繰り返しながら進むと、岩が重なったような大岩が鎮座しています。この付近にP4があります。さらに進むと、右手に展望がある箇所に出てきました。ここから正面に鎌ヶ岳と水沢岳がよく見えます。右手には三角形の岩が鎮座していますが、この岩が奥の院のいわくら(通称:仏岩)です。
e0110500_291775.jpg
 水沢岳と鎌ヶ岳
e0110500_295419.jpg
 三角形の仏岩(その向こうに雲母峰)

 仏岩から広い溝道を下った鞍部(P3)が奥の沢口で、右手に下ると奥の沢コースを経て、宮妻峡キャンプ場まで戻ることができます。また、左の谷に下ると大岩谷から小岐須渓谷に至ります。ここではさらに直進すると急登になり、やがて県境尾根に到達しました。
e0110500_2152570.jpg
 奥の沢口(P3)
e0110500_2162775.jpg
 県境尾根に達しました(イワクラ尾根P1)

 さて、県境尾根に出ると、いよいよ鎌尾根に向けて県境稜線歩きに入りますが、まずは水沢峠に下り、水沢岳に登り返さなければなりません。県境稜線に出ると、少し積雪が出てきましたが、かなり固まっていて歩くには全く支障はありません。水沢峠までは急降下になります。正面に水沢岳の南斜面があり、その上部には馬の背渡りのザレ場が見えています。
e0110500_9455662.jpg
 右手には雲母峰が見えています
e0110500_9462154.jpg
 P930のあるザレ場を回り込むようにして通過します
e0110500_947922.jpg
 正面に水沢岳が迫り、馬の背渡りのザレ場も見えています

 最低鞍部である水沢峠に到着しましたが、ここで休んでいるわけにはいきません。これから水沢岳までは激登になっているので、一気に登っていきます。きつい登りを辛抱しながらいくと、中程を過ぎた当たりで展望が開けてきて、ザレ場に出てきました。ここが「馬の背渡り」と呼ばれる風化したザレ尾根です。
e0110500_9511135.jpg
 水沢峠に下りてきました
e0110500_951351.jpg
 馬の背渡りのザレ場
e0110500_952131.jpg
 馬の背渡りから県境尾根を眺望しています(左に野登山、真ん中に仙ヶ岳の双耳峰、手前に宮指路岳が見えています)

 やがて平坦な台地状のところに出てきたら、ここが水沢(すいざわ)岳の山頂(1029m)で三等三角点があります。周囲は灌木があるので眺望はイマイチですが、東方向だけが開けています。
e0110500_123035.jpg
 水沢岳山頂(1029m)の標識(向こうに見えるのは雲母峰)
e0110500_12304699.jpg
 立派なプレートが新しく取り付けられていました

 水沢岳の台地を少し進むと、今度は下降することなりますが、下降口のあたりから、正面に鎌ヶ岳の姿がよく見えてきました。また左手には白く冠雪した雨乞岳の山容も見渡すことができます。
e0110500_12353271.jpg
 鎌ヶ岳の姿が正面に見えています
e0110500_12362975.jpg
 雨乞岳は白い雪をいただいています

 急降下になりますが、いきなり風化した岩が集まったガレ場になります。このガレ場の中を滑らないように慎重に下っていきます。雪はほとんどありません。
e0110500_12383664.jpg
 正面に鎌ヶ岳を見ながらガレた岩場を下ります
e0110500_12391022.jpg
 左手には雨乞岳から綿向山へのラインがきれいに見えています
e0110500_12394435.jpg
 ガレた岩場を下ったところで振り返って見上げています

 さて、ここから衝立岩までは、小さなアップダウンがあるものの、快適な尾根歩きになります。所々ガレ場がありますが、そこは展望がよく、鎌ヶ岳や衝立岩がよく見えます。
e0110500_13311933.jpg
 鎌ヶ岳の姿を前方に見ながら快適な尾根歩きが続きます
e0110500_1332157.jpg
 右手には雲母峰の姿もきれいに見えています
e0110500_133312.jpg
 鎌ヶ岳と衝立岩がよく見えています
e0110500_1333438.jpg
 鎌ヶ岳のアップ(300㎜望遠)
e0110500_13342890.jpg
 衝立岩のアップ(300㎜望遠)

 白滝山への分岐をところで、右にほぼ直角に下って行きます。前方に衝立岩が見えているので、その方向に下ります。衝立岩の下部では、岩の左側に回り込むと、ロープがあり、ここを登っていきます。衝立岩の左側の岩稜からは眺望がよく、綿向山、雨乞岳、イブネ、御在所岳と続いて見ることができます。
e0110500_134504.jpg
 左に回り込んだところにあるロープ
e0110500_13454419.jpg
 綿向山、雨乞岳、イブネと見えています
e0110500_13462086.jpg
 振り返ると、左に入道ヶ岳とこれまで歩いて来た稜線が見えます
e0110500_13465032.jpg
 前方には鎌ヶ岳があります

 衝立岩を過ぎると、いよいよ鎌尾根の中核部に入っていきます。岩頭とザレ場の繰り返しになりますが、いずれも好展望が続きます。
e0110500_1349428.jpg
 最初のザレ場を通過します
e0110500_1351417.jpg
 綿向山
e0110500_13512617.jpg
 雨乞岳
e0110500_13514464.jpg
 イブネ
e0110500_1353133.jpg
 御在所岳
e0110500_13535454.jpg
 綿向山からイブネまで
e0110500_13542020.jpg
 再度のザレ場
e0110500_13562171.jpg
 鎌ヶ岳にかなり近づいてきました

 ザレ場を通過すると、あと2つの岩頭が待ち受けています。一つ目は右下を巻くように通過しますが、ここには鎖が設けてあってヨコバイのように進みます。一旦鞍部に下り、さらに登り返して再び下ると鎌ヶ岳直下にある岳峠に出てきました。
e0110500_2391750.jpg
 鎖のあるキレットをヨコバイで通過します
e0110500_2395752.jpg
 鎌ヶ岳の左に御在所岳が見えています
e0110500_23105710.jpg
 岳峠に着きました

 岳峠からは、鎌ヶ岳のガレた南斜面の岩壁を見ながら、その右手にあるルンゼ状の道を登っていきます。右肩に上がると、そこからは急登になっていますが、鎖が設けてあり、しばらく登ると鎌ヶ岳の山頂に到着しました(12:30)。
e0110500_231606.jpg
 岩壁の右にあるルンゼを登っていきます
e0110500_23165188.jpg
 ルンゼの途中で鎌尾根を振り返っています

 今日はよく晴れていて、鎌ヶ岳山頂からの眺望は申し分ありません。ちょうどこの頃から風がおさまってきて、山頂で昼ごはんをゆっくりと食べることができました。山頂部は南北に細長くなっていて、北端に小ケルン、中程に「伊勢皇太神宮」の祠があり、南端からは鎌尾根が見渡せます。
e0110500_23261725.jpg
 山頂にある小ケルン
e0110500_23202050.jpg

e0110500_23275824.jpg
 左から綿向山、雨乞岳、イブネ
e0110500_23284324.jpg
 イブネと御在所岳
e0110500_23204558.jpg
 山頂にある「伊勢皇太新宮」の祠
e0110500_232467.jpg

e0110500_23245219.jpg
 南端から鎌尾根を眺望しています
e0110500_23293542.jpg
 雲母峰とその向こうに伊勢平野
e0110500_2330472.jpg
 入道ヶ岳を眺望しています

 1時間ほど山頂でゆっくりした後は、岳峠まで戻り、ここからカズラ谷コースを下山します。岳峠直下は日当たりが少ないところなので結構積雪が残っています。溝道を下ると、やがて雲母峰との分岐点がありますが、ここは右のカズラ谷に降りていきます。
e0110500_23332094.jpg
 積雪の残る溝道
e0110500_2333424.jpg
 雲母峰との分岐

 掘れた溝道を下り、ロープのある急坂もあります。途中一箇所だけ支尾根から直進してしまいそうな迷点があるので、確認しながら下っていきます。最後の水場という表示があり、どんどんと下っていき、植林の中の道となり、再び尾根の溝道となります。そして、ジグザグを切りながら下っていくと、、右手に一筋の滝が見えてきました。この滝のところを下ると左手に堰堤があり、カズラ谷と合流します。
e0110500_2340431.jpg
 掘れた溝道を下ります
e0110500_234031100.jpg
 最後の水場
e0110500_23405281.jpg
 カズラ谷との合流点にある滝

 カズラ谷に沿って3回渡渉すると、カズラ谷の登山口に下りてきました。ここからは舗装された林道を少し歩くと宮妻峡キャンプ場の駐車地まで戻ってきました。
e0110500_23431680.jpg
 カズラ谷の堰堤
e0110500_23433648.jpg
 カズラ谷を渡渉します
e0110500_23435927.jpg
 カズラ谷登山口
e0110500_23442240.jpg
 カズラ谷登山口にある道標
e0110500_23443815.jpg

e0110500_23452415.jpg
 宮妻峡キャンプ場まで戻ってきました
e0110500_23455599.jpg
 帰りにR306から眺めた入道ヶ岳、鎌ヶ岳、御在所岳、雲母峰
e0110500_2347028.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

090208晴れ
700宮妻峡駐車場 810北の頭825 830奥の宮 900仏岩 930県境尾根 945水沢峠 1005水沢岳 1115衝立岩 1220岳峠 1230鎌ケ岳1330 1335岳峠 1350雲母峰分岐 1445宮妻峡駐車場


by kitayama-walk | 2009-02-08 23:58 | 鈴鹿山系 | Comments(19)
Commented by 三太夫 at 2009-02-09 22:06 x
 kitayama-walk さん、こんばんは。
 相変わらずロングコースですね。それでお昼に鎌ヶ岳の頂上ですか。私たちには、とても真似ができません。
 私たちは、姫の膝もだいぶよくなったとのことで、様子見で藤原岳を少しだけ、もちろん、頂上にはいっていません。お陰さまで、膝のほうは悪くならなかったので、少しづつ距離を伸ばしていこうかと考えています。
 なお、藤原岳のほうも、そちらと同様に強風で、帰りにはウインドウブレーカーを着ました。こんなことは久しくなかったので、寒さたるや想像してください。
Commented by ひとり部 at 2009-02-09 22:45 x
何とも欲張りなルート取りですねぇ♪
普通、大半の人はイワクラ尾根、鎌尾根って別々に歩きますよ~。
この日は、お隣の御在所岳にいましたが、風は同様に強かったです。でも青空はなかなかでしたね。
いつもの丁寧な山行記、楽しみにしています!
Commented by 秋狸 at 2009-02-09 23:01 x
昨日はお疲れ様でした。
山頂他で歓談させていただきました登山者です。
早速遊びに来ました。
風は強かったですけど、青空が綺麗で良かったですね。
いろんな角度からの鎌の迫力を堪能できた一日でした。
では、またどこかでお会いしましょう。
Commented by kitayama-walk at 2009-02-10 10:14 x
 三太夫さん、おはようございます。
 今回は単独行だったので、自分だけのペースで歩きました。情報によると、多分、雪もほとんどないだろうと判断し(的中)、ロングランにしてみました。去年の1月に、宮妻峡から水沢峠に登り鎌尾根を歩いて鎌ヶ岳に登ったのですが、イチマルさんから入道ヶ岳も加えるといいとのアドバイスを受け(イチマルさんは昨年11月に歩かれています)、そのとおり実行しました。

 午前7時ちょうどに宮妻峡キャンプ場を出発したのですが、次第に天気がよくなり、景色がなかなかよく、度々立ち止まって写真を撮りました。今回はデジイチのカメラを持参したのでかなりきれいな画像が撮れました。

 鎌ヶ岳山頂に到着したのは12時半でした。この頃から風がおさまってきて、山頂はお日様の日差しを受けてぽかぽか陽気になってきました(花はありませんでしたが)。おかげでゆっくりとお昼ご飯を食べることができました。もちろん、周囲の景色もよろしく、雨乞岳やイブネがまだ白く積雪しているのが見えました。藤原岳はずっと寒かったのでしょうか?
Commented by kitayama-walk at 2009-02-10 10:21 x
 ひとり部さん、こんにちは。
 鎌尾根とイワクラ尾根を同時に歩くのはちょっと大変かも知れませんが、雪のないときであれば、何とかなりますよ。去年1月に宮妻峡から鎌尾根を歩いて周回してきたのですが、歩き足りない感じだったので、今回はイワクラ尾根も加えてみました。これは、イチマルさんからのアドバイスですね。

 確かに、入道ヶ岳に登っているときなどは、時折強風がびゅっと吹いてきて寒かったですが、登りはやはり暑くてアウターはほとんど脱いだままでしたね。自分自身寒さには結構強い方なのでしょうね。衝立岩のところで写真を撮っていたときに、強風にあおられてびっくりしましたが、事無きを得ました。でも、12時半に鎌ヶ岳山頂に到着してからは風もおさまって寒さは感じないようになりましたが、御在所岳でも同じではなかったのでしょうか。鎌ヶ岳から御在所岳は北正面に見えましたが、そこにおられたんですねぇ。
Commented by kitayama-walk at 2009-02-10 10:29 x
 秋狸さん、ようこそお越し下さいました。
 2/8は、ほとんど同じコースを歩きましたね。でも、秋狸さんは、入道ヶ岳、鎌ヶ岳に加えて、雲母峰まで行かれたのですから、もっとロングランでしたね。私も当初は雲母峰まで行こうと思っていたのですが、予定していた下山口から宮妻峡キャンプ場までは1時間ほど歩かなくてはならないので変更しました。雲母峰からの下山ルート(登山道でないところということでしたが)はいかがでしたでしょうか。

 雪がほとんどなく、風が強かったですが、天気がよく青空が広がって気持ちがよかったですね(これは07/1/14の山行と同じです)。超広角レンズをお持ちでしたが、いい写真が撮れたことでしょう。カメラはα700くらいだったでしょうか?

 また、どこかでお会いしたいですね。私のブログにもまた遊びに来て下さいね。
Commented by biwaco06 at 2009-02-13 21:18
こんばんは~
8日はホンマに風が強かったですね。雨乞岳から鎌ヶ岳がクッキリでしたよ。kitayamaさんが見えてました~(ウソーっw)
鈴鹿南部、雪がないですねー!まだ2月ですよ~、雪山楽しんでくださいね~♪

Commented by kitayama-walk at 2009-02-14 21:30 x
 biwacoさん、こんばんは。
 2/8は、稜線に出るにつれて、風が強くなってきて、どうなることかと思いました。衝立岩に登ると、強風のため吹き飛ばされそうになりました。ところが、鎌ヶ岳の山頂に着いた頃から風がおさまってきてぽかぽか陽気になりました。山頂から雨乞岳を眺めると白くなっていました。鈴鹿でまだ雪のあるのは、雨乞岳、イブネ、それと御池岳くらいでしょうか。
Commented by tihom at 2009-02-15 20:17
雪がほとんど溶けてしまい、もう早春の様相ですね。
今日は、南勢の山でしたが暑くて暑くて、汗が流れました。
異常気候らしいですが。
Commented by じんじん at 2009-02-15 21:15 x
入道も鎌も雪がなく寂しいですね
このまま春になってしまうのでしょうか? もう1回どっさりと降ってほしいですね
僕は今日、雨乞から綿向へ縦走してきました
こちらも同様、ほとんど雪は無しでした
おかげで暗くなる前に登山口までたどり着く事が出来ました
Commented by kitayama-walk at 2009-02-16 02:02 x
 マレーネさん、こんばんは。
 そうなんですよ。鈴鹿の山には本当に雪がなくなってしまっていますよ。藤原岳では、もうフウジュソウが咲き出したという情報も入っています。

 南勢の山も相当暑かったのでしょうね。私も今日は鈴鹿峠から油日岳まで縦走しましたが、最初は少し風があったのですが、昼前から風もなくなり、アップダウンを繰り返して暑いの何の。でも、今週の前半は寒波がやってきそうですね。雪が降るかどうか、わかりませんが、まだ春には早すぎると思います。

 
Commented by kitayama-walk at 2009-02-16 02:10 x
 じんじんさん、こんばんは。
 この時期、雨乞岳から綿向山の縦走はすごいですね。雪が少なかったので、割りとすんなり歩けたのでしょうか? 大峠からイハイガ岳への登りがきつかったでしょうね。

 私も、昨年のGWに、銚子ヶ口からイブネ-雨乞岳-綿向山と縦走しましたが、なかなかのロングコースでした。登山口が甲津畑で下山口が御幸橋駐車場?ということであれば、置き車したのでしょうね。
Commented by じんじん at 2009-02-16 08:57 x
おはようございます 昨日は気持ち良い疲れのため、グッスリ眠れました。 車は御幸橋に1台停めて甲津畑へ向かいました
イハイガ岳の登りはシャクナゲと馬酔木の木に難儀しました
銚子から綿向は超ロングコースですね 
僕も同じ事を計画しています(2回に分けてですが)
出来れば来週、銚子から雨乞縦走を考えています
Commented by じんじん at 2009-02-16 09:12 x
昨年のレポ拝見しました
テント泊での縦走だったんですね
kitayama-walk さんは健脚なので、1日で縦走されたのかと思っていました
銚子からイブネまでのコースタイム教えてもらえませんか?
参考にしたいと思っています
Commented by kitayama-walk at 2009-02-16 10:40 x
 じんじんさん、おはようございます。
 お問い合わせのコースタイムですが、まず昨年GWのテント泊縦走のときは、080503晴れ 845杠葉尾 1115東峰1130 1135銚子ケ口 1150南峰1210 1230西峰 1300水舟の池(昼食)1330発 1350水舟の頭 1355大峠 1410大峠の頭 1425舟窪 1525銚子1550発 1605クラシ・イブネ 080504晴れ 730イブネ 820杉峠 920雨乞岳945発 955南雨乞岳 1025清水頭 1135大峠 1220イハイガ岳(昼食)1335発 1445綿向山 1630御幸橋駐車場となっています。このときは、二人でしたので相棒に合わせて少しゆっくり目に歩いています。
 もう1回は、銚子ヶ口からイブネまでピストンしたことがあります。と登山口を風越林道のケーブルにしています。071117晴れ 830風越林道登山口 910ケーブル終点 915東峰940 945銚子ケ口 955中峰 1000南峰1020 1035西峰 1100水舟の池1110 1120水舟ノ頭 1130大峠 1145大峠ノ頭 1210舟窪 1230P1022 1245銚子 1310イブネ 1330イブネ北端 1410舟窪 1440大峠 1455西峰 1515東峰 1600登山口
Commented by 温泉玉子 at 2009-02-16 20:50 x
鎌ヶ岳は未踏なので詳しくないですが入道ヶ岳からの周回はかなり長そうですね。
一時期積もるも総じて暖冬な今冬、雪も少ないですね。
週末にかけ少し寒さが戻りそうですが雪山は期待出来そうにないです。
Commented by じんじん at 2009-02-16 21:21 x
コースタイムありがとうございます
少し気合を入れて歩かないときつそうですね
今日は昨日までの天気から一変、仕事で彦根にいましたが
15時ころから雪が降り始めました
霊仙や伊吹の山頂が、あっと言う間に真っ白になりましたよ
Commented by kitayama-walk at 2009-02-17 03:01 x
 温泉玉子さん、こんばんは。
 今回のコースはロングランですが、思ったよりは楽です。イブネの方がしんどいと、イチマルさんも言っていましたよ。それよりも、温泉玉子さんが鎌ヶ岳を未踏とはちょっと意外でした。鎌ヶ岳に登るコースはいろいろありますが、やはり鎌尾根を辿るコースが一番ですよ。是非とも今年は登って下さい。
Commented by kitayama-walk at 2009-02-17 03:05 x
 じんじんさん、こんばんは。
 銚子ヶ口からイブネまでのピストン縦走は、ちょっと気合いを入れていかないとだめですね。コースが長いだけに、この時期だと朝早立ちしないといけません。

 今日は夕方に京都でも雪がちらほら降りました。急に寒波がやってきてちょっとにんまりしています。2、3日は寒さが続くようですが、その後雨模様です。週末はどうなりますかね。


<< 雨乞岳-奥の畑から      入笠山スノーシューハイキング >>