2009年 01月 25日

綿向山からイハイガ岳、そして竜王山周回

 この週末の天気予報はイマイチでしたが、前日になると晴れの確率が高くなってきたので、この冬豪雪になっているとの報告の綿向山に登ってみることにしました。登山口は、いつもの御幸橋登山口として(ここも1週間ほど前までは積雪のため車が進入できなかったようです)、山頂から稜線沿いにイハイガ岳までピストンし、帰りは竜王山を周回しようとする計画を立てました。

 7:40御幸橋駐車場を出発し、9:35山頂に到着しましたが、この時点では山頂付近は曇っていて眺望がありませんでした。しかし、今日は時間が経てば必ず晴れてくると信じて待つこと30分。期待どおり晴れてキタ━━(゜∀゜)━━ッ!!ではありませんか(狂喜乱舞)。
e0110500_059531.jpg
 待つこと30分-綿向山山頂は晴れてきました



 今日は久しぶりの単独行となり、午前6時に自宅を出発し、京都東ICから名神に乗り、八日市ICで降り、R421→R307→R477と進みました。次第に綿向山の姿が大きくなってきましたが、この時点ではまだ雲が多く、綿向山も薄暗い状態でした。
e0110500_22331815.jpg
 まだ雲が多く薄暗い状態の綿向山(R477から)

 音羽(北畑口)の信号を左折して、西明寺口のバス停にやってきました。2週間前には積雪のため、ここから先は車で進入できなかったというのがウソのようです。ここには新しいトイレがあり、綿向山の案内板があります。よく見ると、案内板がきらきらしていて、昨年新しくされたようです。
e0110500_22315744.jpg
 2008年に新調された登山案内板

 道路には全く雪がないので、そのまま御幸橋(みゆきばし)駐車場に入ることができました。時刻は7:30でしたが、駐車場には車は3台しか駐まっていませんでした。身支度を整えて7:40出発しました。
e0110500_22381589.jpg
 まだほとんど車の駐まっていない御幸橋駐車場

 間もなく水木砂防堰堤が見えてきて、この堰堤の右端を登ると、北畑谷林道と合流します。すばらく林道を行きますが、途中で左手に天然記念物の「接触変質地帯」があります。ジュラ紀(14000~19000万年前)に堆積したもので、石灰岩が花崗岩と接触し地熱の影響で大理石などの変質したものと説明されています。
e0110500_22411224.jpg
 水木砂防堰堤を越えていきます
e0110500_22414210.jpg
 天然記念物「接触変質地帯」とあります

 10分ほどでヒミズ谷出合小屋までやってきました。ここが表参道コースの登山口であり、水無山北尾根コースとの分岐にもなっています。表参道というのは、山頂に大嵩神社が祀られているからです。
e0110500_225149.jpg
 ヒミズ谷出合小屋が表参道登山口になっています

 ヒミズ谷出合小屋を過ぎると、すぐにヒミズ谷を渡る橋があります。この橋を渡ると、本格的な登山道に入ります。登り始めの道には全く雪がなかったのですが、しばらく登ると少しずつ積雪が出てきました。
e0110500_22545592.jpg
 ヒミズ谷出合小屋を過ぎたところの橋を渡ります
e0110500_22562270.jpg
 1合目を過ぎたあたりから積雪が出てきました
e0110500_2257675.jpg
 2合目あたりの積雪状況

 植林帯の中をジグザグを切りながら登っていきます。やがて林道に出てくると、ここが3合目になります。少し林道を右手に行くと、すぐに登り口があり、ここを少し登ると、あざみ小舎があります。しかし、ここではまだ休憩には早すぎます。
e0110500_23058.jpg
 林道に出ると3合目です
e0110500_2302994.jpg
 樹林の中にある「あざみ小舎」

 あざみ小舎を過ぎると、大きき2回ジグザグを切ると、展望が現れてきて、5合目小屋に着きました。ここからは日野町の町並みが展望でき、また冠雪した湖北の山並みが見えていました。小屋は少し前に建て替えられ、「花咲き鐘」が設置されています。誰もいない小屋の中でアイゼンを装着することにしました。
e0110500_236564.jpg
 5合目小屋に着きました-花咲き鐘があります
e0110500_2365437.jpg
 日野町の町並みと湖北の山並み(赤坂山あたりでしょうか?)が見えます
e0110500_2374932.jpg
 帰りに通過する竜王山と鉄塔が見えています

 5合目からは登山道がトラバース気味に登っていきます。15分ほどで7合目の行者コバに付きました。ここには行者堂が祀られていて、不動明王と役行者の像があります。昔、聖なる綿向山にたくさんの山伏が修行のため登り、ここで服装などを整える儀式を行ったそうです。
e0110500_2313616.jpg
 7合目-行者コバに着きました
e0110500_2316536.jpg
 行者堂の様子
e0110500_23164255.jpg
 右には不動明王像があります
e0110500_2317924.jpg
 左には役行者の座像があります

 7合目付近はブナ林になっていて、冬季には樹氷が見られますが、今日は樹氷はさほどでもありませんでした。ここから冬期ルートがあり、尾根を直登することになります。尾根道の冬期登山道は積雪が固くなっていて、アイゼンがサクサクと食い込んで、快適に登っていくことができます。しかし、天気の方があまりよくなく、5合目では晴れ間が出ていたのですが、雲が出てきました。
e0110500_23224552.jpg
 冬期ルートの取り付きです
e0110500_2323864.jpg
 冬山登山道の樹氷の状況

 7合目から30分弱で綿向山山頂に到着しました。しかし、この時点では山頂は曇っていて、期待していた眺望はありません。せっかく登ってきたのに(涙)。
e0110500_2326591.jpg

e0110500_23264849.jpg
 山頂到着時の状況です
e0110500_23272618.jpg
 寒々としている山頂です

 曇った綿向山山頂はモノトーンの世界です。これは、昨年2/9のときと同じです。
e0110500_233088.jpg

e0110500_23302584.jpg

e0110500_23303933.jpg

e0110500_23305372.jpg


 しかし、天気予報は「晴れ」のはず。しばらく待てばきっと晴れてくるはず。まだ9:35と早いので時間は十分ある。待ちましょう!と、誰もいない山頂で一人待つこと30分。雲の流れが速く、次第に雲が切れてくるではありませんか。ああ、晴れてキタ━━(゜∀゜)━━ッ!!(涙) 今まで見えていなかった雨乞岳も鎌ヶ岳も見えてきました。寒い最中、辛抱して待った甲斐がありました。
e0110500_23365314.jpg
 先ほどの写真と見比べて下さい
e0110500_23374026.jpg
 山頂から少し下ったところです
e0110500_23383147.jpg
 おお、雨乞岳と鎌ヶ岳が姿を現しました
e0110500_2340664.jpg
 イブネから北に向かう県境ライン
e0110500_23412321.jpg
 水無山と日野町の町並み

 約1時間も綿向山山頂に滞在しましが、その間に10人くらいの登山者が登ってきました。今日は少し遅めの出発が正解だったかも知れません。さて、これからイハイガ岳をめざします。まずは、変形ブナ「幸福の木」を見て、稜線の上を進みます。
 
e0110500_23501084.jpg
 今度はイハイガ岳方面に向かいます
e0110500_23505071.jpg
 これから歩く稜線が見えています
e0110500_23513431.jpg
 「幸福の木」付近の積雪はこれくらいです
e0110500_23521152.jpg
 竜王山とイハイガ岳の分岐です
e0110500_2353135.jpg
 分岐付近の樹氷
e0110500_23532728.jpg


 竜王山との分岐にやってきましたが、帰りはここから竜王山をめざすとして、まずは右にイハイガ岳に続き稜線歩きです。ここでスノーシューを履くことにしました。この稜線歩きが今回のハイライトになります。
e0110500_23582468.jpg
 綿向山を振り返って見ています
e0110500_2359045.jpg
 行く手には雨乞岳と鎌ヶ岳が見えています
e0110500_23595147.jpg
 藤原岳、御池岳、霊仙山と続く山並みも見えます
e0110500_010533.jpg
 御池岳と霊仙山をアップで(200㎜望遠)

 イハイガ岳への稜線には、トレースがついていました。途中でイハイガ岳まで行ってきたという60代の夫婦に会いました。綿向山山頂では眺望がなかったので、イハイガ岳まで行ってきたとか。これから晴れるので綿向山に戻ると眺望が楽しめることでしょう。
e0110500_084263.jpg
 イハイガ岳に続く稜線
e0110500_095662.jpg
 鎌ヶ岳をアップで(200㎜望遠)
e0110500_091679.jpg


 イハイガ岳までの稜線は小さなアップダウンがありますが、さほど難儀はしませんでした。途中に2回シャクナゲのある小ピークを通過しましたが、今回は右を巻くでも左を巻くでもなく、直進することができました。2つ目のピークでスノーシューを脱いでツボ足で歩くことにしました。
e0110500_0155369.jpg
 目の前にイハイガ岳が見えてきました
e0110500_0163176.jpg
 イハイガ岳直前のピークでスノーシューを脱ぎました

 11:30綿向山からちょうど1時間でイハイガ岳に到着しました。山頂の三角点は雪に埋もれてしまっています。一人山頂で昼食タイムにしていると、40代の男性がやってきました。30分ほど山談義に話が進みました。イハイガ岳から先はトレースはありませんでした。大峠くらいまでなら行けないことはなかったのですが、竜王山への周回を考えると自重することにしました。
e0110500_0232155.jpg
 イハイガ岳山頂から綿向山方面を眺望しています
e0110500_0262566.jpg
 雨乞岳(右)とイブネ(左)を眺望しています
e0110500_0283052.jpg
 イハイガ岳山頂の私製プレート

 約1時間のランチタイムが終わると、今度はピストンして、竜王山分岐まで戻ることになりました。途中で綿向山などを見上げると、真っ白な雪面が輝いていて、感動的でした。
e0110500_0311576.jpg
 ピストンの帰りで稜線を見上げたもの
e0110500_0332093.jpg
 稜線の上にあった樹氷
e0110500_0334094.jpg
 太陽の光に輝いています

 竜王山分岐まで戻ってきましたが、この付近の樹氷はまだ健在でした。眺望もよく、御池岳や霊仙山が見えています。
e0110500_0413181.jpg
 竜王山分岐付近から綿向山を見ています
e0110500_0422691.jpg
 まだ樹氷がありました
e0110500_0442684.jpg


 竜王山分岐からは、右にとると急降下になります。しかし、トレースがしっかりとしているので何ら不安はありません。
e0110500_1142112.jpg
 竜王山へ向かう道が急降下しています
e0110500_1155238.jpg
 午後になっても樹氷は残っています
e0110500_1163221.jpg
 御池岳と霊仙山

 登り返してP962を越えると、再度急降下します。ロープも設置してありますが、転倒しないように注意します。そして、最低鞍部から登り返すと、917mピークにやってきました。ここから綿向山を振り返ることができました。
e0110500_1212224.jpg
 P962 を通過します
e0110500_1215038.jpg

e0110500_122961.jpg

e0110500_123949.jpg

e0110500_1224094.jpg
 綿向山を振り返っています
e0110500_1233844.jpg
 御池岳と霊仙山が見えています

 P913 からは左に直角に曲がります。稜線を忠実に辿ると、やがて送電線の鉄塔にやってきます。ここから谷を隔てて綿向山の姿が見えます。
e0110500_1255657.jpg
 P913 では左に曲がります
e0110500_1271670.jpg
 途中で綿向山の姿が見えます
e0110500_1274426.jpg
 送電線の鉄塔が見えてきました
e0110500_1282088.jpg
 「オンバノフトコロ」とはどういう意味でしょう?
e0110500_1291710.jpg
 鉄塔から綿向山を振り返っています
e0110500_1302945.jpg
 鉄塔から御池岳を望んでいます

 鉄塔からは稜線伝いに歩くと、間もなく竜王山に到着します。山頂からは北方向が開けています。さらに少し行ったところに三角点がありますが、今日は雪に埋もれて見ることができませんでした。
e0110500_133850.jpg
 竜王山山頂に到着しました
e0110500_1333317.jpg
 三角点は雪の下に埋もれて見えません

 竜王山の山頂からは急な下りとなります。千畳平まで来ると、傾斜も緩くなり、自然林の中を下っていくことになります。積雪も次第に少なくなってきて、ジグザグを切りながら進むと、竜王山登山口に降りてきました。ここからは林道歩きにになり、御幸橋駐車場まで30分ほど歩くことになりました。
e0110500_1372563.jpg
 千畳平と呼ばれるところです
e0110500_1384751.jpg
 自然林の中を進みます
e0110500_1391352.jpg
 積雪も少なくなってきました
e0110500_1394960.jpg
 竜王山登山口に降りてきました
e0110500_1401821.jpg
 御幸橋駐車場の手前から綿向山を見上げています

 午後4時前に御幸橋駐車場に戻ってきましたが、残っている車は3台でした。イハイガ岳山頂で出会った男性は駐車場が満杯になっていたと言っていましたが、もうほとんど下山してしまったのでしょう。
e0110500_1425392.jpg
 帰りにR477沿いに綿向山を眺めてみました
e0110500_1442078.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

<コースタイム>090125曇り後晴れ
740御幸橋駐車場 750ヒミズ小屋 830三合目 845五合目855 910七合目 935綿向山1030 1040イハイガ分岐 1130イハイガ岳(昼食)1230 1320竜王山分岐 1340P962 1420P913 1445鉄塔(P842) 1500竜王山 1530登山口 1555御幸橋駐車場


by kitayama-walk | 2009-01-25 23:52 | 鈴鹿山系 | Comments(23)
Commented by biwaco06 at 2009-01-27 21:31
山頂まで2時間足らずとは、あらためて健脚ぶりに脱帽です。正月明けに行ったときは3時間半もかかりましたよ~(泣) それにしてもスノーシューは雪原歩きには強力なアイテムですね!
レポ、待ってますね~。
Commented by じんじん at 2009-01-27 21:42 x
こんばんは 週末は綿向山でしたか 綿向山は自宅から一番近い1000mオーバーの山なので、とても親しみ深い山です
山頂で晴れてよかったですね
僕はkitayama-walkさんの足跡を追って金山尾根で竜に登ってきました こちらも良い天気に恵まれ、気持ちよい一日を過ごせました
下山の遠足尾根は少し不明瞭なところがありましたが、とにかく下へ下へと斜面を駆け下りました
Commented by kitayama-walk at 2009-01-28 00:35 x
biwacoさん、こんばんは。
 今回は、積雪量がずっと減っていて、普段の綿向山に戻っていたことから、歩くには何ら支障がありませんでした。7合目からの冬山登山道も固くてアイゼンさくさく効かせて登ると、スムーズに登れました。biwacoさんが歩いたときとは条件が違っているので2時間ほどで登れたのです。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-28 00:39 x
 じんじんさん、こんばんは。
 HPを拝見させていただきましたよ。この日は、竜ヶ岳も天気がよくて、青空と白い雪とのコントラストが素晴らしかったですね。
 登りの金山尾根もスムーズに登られたことでしょうね。また下山の遠足尾根もよかったでしょう! 最後の樹林帯の中の下降はちょっと不鮮明になっていますが、最後は何とか着地されたようでよかったですね。着地点はどこだったのでしょうか(北河内橋付近ですか?)。
Commented by go_n_ta at 2009-01-28 09:52
やっぱり綿向でしたか^^
綿向からイハイガ岳までの稜線は,素晴らしい展望が開けていたでしょうね(嫉妬)。綿向から竜王山への下りは,シャクナゲの急坂。転けませんでしたか。
私は,宴会→会議→宴会の狭間で,快晴にもかかわらず悶々としておりました^^。たまにはいいかぁ~
Commented by kitayama-walk at 2009-01-28 10:28 x
 23、24日と新年会が続いたのですが、決して2次会に出ることはせず自重し、25日に備えたのですね。天気も回復傾向で、25日は晴れるということも手伝ってくれましたよ。

 綿向山は毎年積雪期に訪れていますが、今回は積雪もほどほどに減っていて歩くには程よいくらいでした。欲を言えば、イハイガ岳までの稜線はもうちょっと積雪があってもよかったかなと思います。しかし、雪原が太陽の照り返しを受けて輝いている様は何とも言えないくらい素晴らしかったですね。

 綿向山への登りも、イハイガ岳へのピストンも、雪面が締まっていたこともあって、サクサク歩けて気持ちよく、早く歩くことができました。!(^^)! 

 イハイガ岳から先はトレースが全くありませんでしたので、大峠まで行ってみたいという衝動に駆られましたが、ここは急降下、激登なので今回は自重しておきました。下降地点まで行くと、正面に雨乞岳がドンと迫っていました。

 竜王山への下りは急下降でしたが、トレースがはっきりしていて、歩きにくかったので、ちょっと外して歩くと、気持ちよく降りることができました。もちろん、1回も転びはしませんでしたよ。
Commented by ひとり部 at 2009-01-28 21:11 x
晴れてキタ━━(゜∀゜)━━ッ!! やっぱり山は青空に限りますね。
綿向はルート整備も行き届いているので、四季を通じて安心できますね。
積雪時の表参道2時間切り!さすがです。
自分の山行記録を見たら、無雪期でも2時間半でした(笑)
Commented by peke at 2009-01-28 23:05 x
予定通り行かれたのですね。惜しい事をしました。
当日、しんどくて山行は止めました。ちらっとだけ、それでもイハイガに行こうかと思ったのですが、体が付いていかず...。
先週のトレースは無かったでしょうが、イハイガの山頂へはどの方向からでしょうか。私は昨年は左、今年は右からシャクナゲを越しました。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-29 01:50
 ひとり部さん、こんばんは。
 そのとおりですね。山頂に着いたときは、がっかり気分でしたが、必ず晴れてくるとの確信のもと、待つと晴れてきました。もううれしくなって狂喜乱舞の気持ちでしたよ。
 積雪が少なくなっており、しかも適度に固まっているので、歩きやすかったですね。こういう条件が重なったので早く登ることができたのだと思います。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-29 01:53
 pekeさん、こんばんは。
 予定どおりでした。もしかしたら、お会いすることができるのではないかと、青い服の男性に注意したのですが、見かけませんでしたね。
 イハイガ岳へのトレースはちゃんとありました。シャクナゲのある2つのピークがありますが、今回は巻くことなく、そのまま上を通過しましたよ。
Commented by 山たまご at 2009-01-29 20:15 x
今晩は。綿向山は、以前11/10にヒズミ谷出合小屋から登ったことがありますが、kitayama-walkさんの2時間は早いですね。それに寒い頂上で納豆のような粘りを発揮し30分も待つことができたと驚きます。お陰でいい絵を見ることができました。樹氷群は魅力的です。我が家からこの時期、武平峠はだめなので八日市IC経由。スノーシューは、おきつめ価格なのでワカン・軽アイゼンでもいいでしょうか?
Commented by 温泉玉子 at 2009-01-29 20:25 x
こんばんわ、レポ拝見しました。
年末はドカ雪の後で麓でもそこそこ雪がありましたがそこそこ減った様ですね。
イハイガ岳への稜線は夏でも好きな場所で冬も気持ち良さそうです、今度はイハイガ岳まで行きますゎ。
竜王山までは長いのでオンバノフトコロからの下山ルートも考えてます…昔は地図にも登山道表示あったのですがいつ頃からか消えてしまってます。
Commented by イチマル at 2009-01-29 20:39 x
こんばんは。私の行った1/16と比べると、格段に雪が減っているのが分かります。これで平年並みでしょうか。私はイハイガまで行けなかったので、kitayama-walkさんの写真を見ると、行きたくなってしまいました。ところで、五合目からの写真で、赤坂山あたりでしょうか?と書かれているのは、比良の蓬莱山です。写真の右端に武奈ヶ岳も写っています。
Commented by 三太夫 at 2009-01-29 20:45 x
 kitayama-walk さん、こんばんは。
 地図をみると凄い歩行距離で驚きました。こんな強行軍は、私たちにはとても無理です。釈迦ヶ岳だけでもヘトヘトになりました。
 また、景色が素晴らしいのには驚きました。特に、雨乞岳と鎌ヶ岳の
入った写真の初めのもの(前景に樹氷を入れたもの)が、私の好みです。私も、こんな写真が撮れたならと羨ましく拝見しました。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-30 02:43 x
 山たまごさん、こんばんは。
 山頂に着いたときは愕然としました。予報と違うじゃないか。でも、山の天気は変わりやすいから、今日は間もなく晴れてくるはずと信じて待ちましたよ。確か、去年の3/15も雨乞岳で同じようなことがあり、このときは1時間も待ちました。やっぱり晴れてきたのですね。待てばカイロの何とやらですね。でも、じっとしていたわけじゃなく、辺りを歩き回って樹氷の観察、撮影をしていたので、あっという間に時間が経ちました。

 綿向山は、7合目からの冬期登山道が少し急登になっていますが、6本爪アイゼンでも十分登れると思います。また、今ならワカンは不要でしょう。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-30 02:48 x
 温泉玉子さん、こんばんは。
 一時の積雪に比べると、うんと減っています。いつもの綿向山に戻っているいますね。昨年2/9に登ったとき、結構積もったと思ったのですが、今年はもっとすごかったですね。これじゃ、イハイガ岳までのルートも行けないですね。でも、もう大丈夫ですよ。綿向山からイハイガ岳へと続き尾根は、イチマルさんも大好きなところです。

 竜王山までの道のりはそんなに長くはありませんよ。温泉玉子さんなら十分こなせるルートです。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-30 02:51 x
 イチマルさん、こんばんは。
 ご指摘を受けて考えてみると、五合目小屋から見えた山並みは比良山系としては南の方ですね。赤坂山はもっと北にあたりますので、蓬莱山と武奈ヶ岳なんでしょうね。何か、霊仙山からの眺めと勘違いしてしまったようです。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-30 02:55 x
 三太夫さん、こんばんは。
 今回のコースは、言われるほど長い距離ではないですよ。イハイガ岳までの往復をカットすれば、適度の距離ではないでしょうか。このコースは結構歩かれているようです。イハイガ岳まで行かなくとも、ちょっとだけ足を延ばしたところに景色のよい場所があります。ここで鍋を囲んでいるグループがいましたね。
Commented by tihom at 2009-01-31 17:45
昨年の1月27日に綿向山へ登りました。
そのときも樹氷が美しく感動しましたが、ホワイトアウトでイハイガはゆけず、下山しました。
小屋が充実していて、愛する会の方の熱意を感じました。
Commented by やまねこ at 2009-02-01 20:56 x
掲示板に書き込み頂きありがとうございました。
私たちは山頂に11時でしたので待つことなく青空に映える樹氷を見ることが出来ました。
>イハイガまでの景色の良いところ
次回はそこで鍋をしたいと思います~♪
Commented by kitayama-walk at 2009-02-03 03:20 x
 やまねこさん、訪問ありがとうございます。
 綿向山山頂到達は11時でしたか。ちょうどよい頃でしたね。この日は少し遅めの登山が正解でしたか。その頃といえば、私はイハイガ岳に向かって稜線を歩いているときですね。この稜線は実に快適なところですよ。雨乞岳、鎌ヶ岳はもちろん、御池岳から霊仙山まで見渡すことがでます。だから、景色がよくて、ついついうれしくなって叫んでしまいます。!(^^)!
 今後もちょくちょく訪問して下さいね。
Commented by 乱丸 at 2009-02-06 17:44 x
初めましてイチマルさんのブログでは良く拝見しています、鈴鹿の山では沢山のプレートを付けていただき助かります、下調べしてプレートを作りGPSにて要所に取り付けるのは大変かと思います。
4日に私達も7人で綿向山へ登りましたが雪の無くなっているのには驚きました山頂は地肌が見えてました前日の雨のお陰で樹氷は綺麗で御嶽山から乗鞍まで見えましたイハイガは行きたかったのですが登り返しと大人数だったので断念し竜王山周りで下山しましたが各ピークに付けてあるプレートには脱帽です、よく調べましたね地図にも載ってません有り難うございます。
Commented by kitayama-walk at 2009-02-06 19:50 x
 乱丸さん、ようこそお越し下さいました。
 もう綿向山には雪がなくなっていましたか。この時期では異例なことですね。もう一度降らないかなと思っています。このままじゃ、今年の雪山は、鈴鹿から他に移動しなければならなくなってしまいますね。湖北や福井の方の山はまだ雪があると思うのですが、何せ天気が悪いので、予報がよくなければ足が出ませんね。

 標高プレート(P)は、ほとんど地形図に載っているポイントです。予めGPSに読み込んでおくと、正確に位置が分かりますよ。実は、京都北山にも同じようなことをしている方がおられます。ピークハンターさんですね(自分もやっていますが)。


<< 入笠山スノーシューハイキング      スノーシューハイク-南比良稜線縦走 >>