2009年 01月 11日

寒波襲来の中-竜ヶ岳へ登る

 この三連休には、この冬第2陣の寒波が襲来するとの予報でしたが、それならということで前から計画していた竜ヶ岳に登ることにしました。ご存じのとおり、竜ヶ岳には、表道(石榑峠)、中道、裏道(ホタガ谷道)という3つの主要ルートがありますが、今回はバリルートで行こうと思っていたことから、登りは金山尾根(ホタガ谷西尾根)、下りは遠足尾根を選択することにしました。結果的には、積雪期のルート選択としては正解でした。

 問題の天候はというと、午前は曇っていて山頂付近は吹雪いている様子でしたが、登山道で時折陽も差してきたことから、予報どおり天候が回復傾向であることを願っていました。しかし、山頂付近に達したときも、まだ回復せず、ガスが巻いたりして、風も強く、寒くて早々に降りてしまいました。午後からは天気が回復してきて、晴れ間が出てきました。遠足尾根を下る頃には青い空ものぞいてきて、快適な尾根歩きをすることができました。
e0110500_1683095.jpg
 寒かった竜ヶ岳山頂



 予定どおり午前6時すぎに京都を出発し、京都東ICから名神に乗り、新名神を経て、四日市ICで降り、国道306号線を走り、宇賀渓をめざしました。午前7時45分頃に宇賀渓口に到着しましたが、駐車場には1台も車は駐まっていません(手前の無料駐車場に2台だけ)。
e0110500_1613374.jpg
 宇賀渓口の有料駐車場には駐車車両がありません

 身支度を整えて、まずは登山口をめざします。小さな商店街のアーチを抜けると、北河内橋があり、ここから林道が始まっています。林道歩きをしながら、帰りに遠足尾根から降りてくる場所はどのあたりになるのか観察していました。崖になっている部分もあったので、こういうところに降りてこないように祈りました。
e0110500_16175429.jpg
 北河内橋には通行止めの標識が出ていました

 20分ほど林道を歩いていくと終点になり、ここが裏道登山道(ホタガ谷道)と中道登山道の分岐となっています。この分岐で裏道登山道を行く4人パーティーが身支度を整えていました。
e0110500_16214541.jpg
 
e0110500_16215627.jpg


 金山尾根に行くには、まず中道の方に行きます。すぐに白竜吊り橋があります。橋上から眺めると何とも寒そうな景色です。さらにもうひとつ吊り橋を渡ります。ここから長尾滝や五階滝に行くルートがあり、これが谷沿いルートと山沿いルートに分かれています。
e0110500_16281469.jpg
 ひとつ目の白竜吊橋
e0110500_16284169.jpg
 白竜吊り橋から上流を眺めると寒そうです
e0110500_16291696.jpg
 ふたつ目の吊り橋を渡ります

 まず魚止滝との分岐があり、さらに行くと固定ロープのある岩のところに、つばめ滝との分岐があります。この岩を乗り越えたところの右手に、金山尾根(ホタガ谷西尾根)への取り付きがあります。標識はありませんが、テープがあり、明瞭な分岐になっています。
e0110500_16352798.jpg
 固定ロープのある岩壁
e0110500_16363765.jpg
 金山尾根(ホタガ谷西尾根)への取り付きです

 取り付きからは明瞭な道がついていて、目印のテープもあります。所々に分岐のような箇所がありますが、概ね尾根に登るように進んでいきます。岩が増えてきて急登になりますが、間もなく平坦なところに出てきて、右手に遠足尾根の下部あたりが見えてきます。
e0110500_1647334.jpg
 明瞭な道がついています
e0110500_16472258.jpg
 右手に遠足尾根の下部あたりが見えています

 やがてヤセ尾根から岩尾根の急登になってきたかと思うと、今度は尾根が広がってきて二次林の気持ちのよい平坦な林になってきます。今度は尾根の左下をトラバースして登ると、右手が植林帯の尾根にやってきます。
e0110500_23215744.jpg
 ヤセ尾根を通過します
e0110500_23221976.jpg
 尾根が広がり気持ちのよい林になります
e0110500_23224639.jpg
 右手が植林帯になった尾根を登っていきます

 植林帯の尾根を過ぎると、岩の集まっている急登になります。しかし、今日は雪に覆われているので岩はあまり見えません。実は、先ほどからこの尾根にトレースがありました。よく見ると、2つあり、ひとつは小さいので女性のものと思われます。この急登では、このトレースに助けられました。40~50㎝ほどの積雪なので、ツボ足で歩くとかなり雪に埋まってしまいます。トレースを利用させてもらうと、時々ズボッと埋まってしまいましたが、比較的楽に進むことができました。
e0110500_23284180.jpg
 急登の岩尾根は雪で岩が隠れています

 岩尾根の急登を登り終えると、尾根が広がってきて平坦になってきました。積雪もそこそこあるので、ここでスノーシューを履くことにしました。スノーシューを履くと、歩行はこれまでと打って変わって快適です。尾根をサクサクと登っていくことができます。やがて右手の眺望が開けてきて、帰りに下る遠足尾根が見えてきました。
e0110500_23331532.jpg
 スノーシューを履いてエイサホイサです
e0110500_233413100.jpg
 少々ガスっているけれれど、遠足尾根も見えてきました
e0110500_23351288.jpg
 樹氷に覆われた樹木の中を走り抜けていきます(快適!)

 樹木がなくなると、雪で覆われた笹原の平原に出てきました。少し左手に進んでいくと、裏道登山道からやってきている道に出合いました。先行者の薄いトレースがありましたが、気温が低いので雪が固く、風で吹き飛ばされるので、トレースは長く残らないようです。間もなく、県境尾根分岐にやってきました。このあたりにはシロヤシオの樹木が多く、樹氷がたくさんできていました。
e0110500_23434961.jpg

e0110500_23442100.jpg

e0110500_23441916.jpg


 このあたりでは、まだ天候も回復しておらず、ガスも巻いてきていて、視界はよくありませんが、取りあえず竜ヶ岳山頂をめざして進みました。途中で山頂から下ってきた男女ペアに会いましたが、先行していたトレースの方達でした。男性はワカン、女性はツボ足でした。どう見ても60代後半の方のようでしたが(失礼)、お元気ですね。
e0110500_23552755.jpg
 山頂めざして頑張っています(スノーシューが威力発揮ですね)

 山頂には11時10分到着です。登山口から2時間40分ですから、積雪期としてはかなり早いペースで登ることができました。積雪期の登山は金山尾根がお勧めです。しかし、山頂は視界なしで、風がびゅうびゅうです。寒い寒い。それでも10分ほど滞在し、周辺の探索を怠りなくしました。
e0110500_23595764.jpg
 竜ヶ岳山頂の標識
e0110500_012122.jpg
 お地蔵さんも顔面を雪だらけにして耐えているようです
e0110500_021345.jpg
 中道への下山道の標識
e0110500_024848.jpg
 表道(石榑峠)への下山道の標識

 早々に山頂から降りていくと、途中で登山口で出会った4人パーティーに出会いました。やはり、裏道登山道よりも金山尾根の方が早かったようです。山頂から県境尾根分岐までは、余裕もあるせいか、シロヤシオの樹氷をしっかりと観察することができました。
e0110500_06411.jpg

e0110500_061968.jpg

e0110500_063274.jpg

e0110500_064656.jpg


 県境尾根分岐からは、遠足尾根をめざします。まずは裏道登山道の分岐の手前が急傾斜になっています。スノーシューでは滑ってしまうほどの傾斜があります。ここから左手に藤原岳の眺望がありますが、まだ山頂(展望丘)あたりはガスに覆われているようです。
e0110500_0111171.jpg

e0110500_011326.jpg
 正面に遠足尾根が見えています
e0110500_0131277.jpg
 藤原岳方面を眺望しています

 遠足尾根に入る手前の尾根は少し雪庇ができていましたが、快適な尾根になっていました。この頃から天気は回復してきて、陽が差してきました。少し暖かくなってきたことから、このあたりで昼食としました。
e0110500_0161479.jpg
 遠足尾根手前のあたりには雪庇ができています

 さて、昼食を済ませた後は、いよいよ遠足尾根に入ります。ますます晴れてきて、空が青くなってきて、白い雪とのコントラストが美しくなってきます。雪面も光りに輝いてきれいというほかありません。
e0110500_0185725.jpg
 いよいよ遠足尾根に入ります
e0110500_0192753.jpg
 素晴らしい雪面を快適に歩くことができます
e0110500_0204177.jpg


 尾根が右に曲がってくると、P964に出てきました。このあたりから振り返ると、竜ヶ岳の山頂は少し顔を出しているように見えました。時折強風が吹いてきて雪煙を舞い上げ、まるでブリザードのようでした。
e0110500_023521.jpg
 P964付近の美しい景色
e0110500_0242890.jpg
 振り返ると竜ヶ岳の山頂が見えています
e0110500_025924.jpg
 登りの金山尾根もきれいに見えています
e0110500_0255751.jpg
 時折雪煙が舞い上がります
e0110500_02773.jpg
 遠足尾根が続いています

 遠足尾根とはよくつけた名前です。まるで遠足のように眺望を楽しむことができることから名付けられたものと思います。尾根の先には伊勢平野が見えています。
e0110500_0283091.jpg
 遠足尾根の突端手前付近
e0110500_029676.jpg
 藤原岳の山頂(展望丘)がやって見えてきました
e0110500_0301088.jpg
 快適な尾根下りが続きます
e0110500_030431.jpg
 振り返ると竜ヶ岳の山頂が見えます

 遠足尾根の突端からは右に下っていきますが、掘れた溝道のようになっています。やがてヤセ尾根があり、さらに左斜面をトラバースしながら、尾根の分岐に出てきます。直進すると青川に下りますが、ここでは右に直角に折れ、宇賀渓をめざします。
e0110500_0381860.jpg
 トラバースする雪道は注意が必要です
e0110500_0384812.jpg
 尾根分岐(右が宇賀渓に下ります)

 やがて大日向という三等三角点のあるところやってきますが、展望もなく、単なる通過点のようです。大日向でスノーシューを脱ぎました。ここからは樹林帯の中に入ります。途中で樹間から竜ヶ岳の山頂を垣間見ることができます。
e0110500_042028.jpg
 三角点のある大日向
e0110500_0422958.jpg
 樹林帯の中を歩きます
e0110500_0425066.jpg
 途中で竜ヶ岳を垣間見ることができました

 遠足尾根最後の突端から右に直角に曲がります。ここから西に向けて急降下していきました。途中にテープがあり、導いてくれました。往路の林道で見ていた崖のようなところに降りてこないように祈っていました。その甲斐あってか、ちょうど北河内橋のところに降りてくることができました。
e0110500_0474250.jpg
 樹林帯の中を急降下しています
e0110500_048931.jpg
 ちょうど北河内橋のところに降りてきました

e0110500_0485311.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

090111曇り後晴れ
810宇賀渓 830登山口(林道終点) 845金山尾根取付 1050県境尾根 1110竜ケ岳1130 1220遠足尾根(昼食)1300 1315P964 1405大日向 1455林道出合 1500宇賀渓


by kitayama-walk | 2009-01-11 23:53 | 鈴鹿山系 | Comments(12)
Commented by じんじん at 2009-01-12 21:50 x
こんばんは 僕はその日、朝明から根ノ平峠、青岳まで行ってきました。 きのこ岩から見た竜は、陽を浴びて真っ白に輝いていました
午後から少し天気が回復したようですね 
Commented by kitayama-walk at 2009-01-13 00:55
 じんじんさん、こんばんは。
 この日は、天気が午後から回復するという予報が見事に当たりました。竜ヶ岳山頂では視界がありませんでしたが、遠足尾根では晴れ間が広がり快適なお散歩でしたね(時折雪煙が舞い上がっていましたけれど)。
 今回の金山尾根(ホタガ谷西尾根)と遠足尾根-なかなかいいですから、一度歩いてみて下さい。
Commented by 温泉玉子 at 2009-01-13 19:59 x
先日ワカンを初めて使いましたがツボ足と比べると楽々でした。
金山尾根(ホタガ谷西尾根)と遠足尾根は面白そうですね(^^♪
Commented by ひとり部 at 2009-01-13 21:09 x
遠足尾根、何とも言えない絶景ですね。
これだけ大らかで開放的な尾根は、鈴鹿では貴重な存在ですね。
もう少し雪が締まったら、一度訪れたいです。
もちろん kitayama-walkさんの山行記をザックに忍ばせて♪
Commented by tihom at 2009-01-13 22:10
遠足尾根は、とても雰囲気のいい尾根だと聞いてます。
竜ヶ岳、すっかり雪景色ですね。
私は、中道から登り、裏道でおりてきましたが、中道、結構ハードで裏道は切れかかってるところあり、なにか長い長い感じで、丸太橋の隙間が、大きいところあり、はまりそうと思いました。
スノーシューで、あの笹原が埋もれた新雪の上を頂上まで歩くのは、面白いでしょうね。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-14 09:53 x
 温泉玉子さん、おはようございます。
 ツボ足では歩行が難儀するところが、ワカンやスノーシューでは楽ちんになりますね。行く場所によりますが、スノーシューの方がよいところもあります。例えば御池岳のテーブルランドを歩くのであれば、ワカンではなくスノーシューの方が断然歩きやすくスピードも速いですね。一度スノーシューハイキングをやってみたいと思っています。つまり、比較的平坦な雪原を何時間もかけて歩くのです。候補地としては入門的なコースのある北八ヶ岳くらいでしょうか。

 今回のバリルートは、そんなに大変ではありません。特に積雪期には遠足尾根がいいですね。下りに使う方がよいと思います。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-14 18:52 x
 ひとり部さん、こんばんは。
 積雪期の竜ヶ岳というのはマイナーな存在なんですね。御池岳や藤原岳にはたくさんの登山者が登っていますが、竜ヶ岳にはあまりいません。どうしてでしょうかね。でも、今回のコース、登り=ホタガ谷西尾根、下り=遠足尾根というのはおもしろいコース設定だと思いますよ。気をつけるのは、遠足尾根からの最後の着地点だけですね。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-14 19:02 x
 マレーネさん、こんばんは。
 誰がつけたか、遠足尾根。実におもしろい感じですね。無雪期には多分ブッシュがあると思うので、是非とも積雪期に歩いてみたいところです。晴れていればもう最高です。

 遠足尾根からは、竜ヶ岳の眺望はもちろん、北には藤原岳、南には、三池岳、釈迦ヶ岳、御在所岳なども見ることができます。

 ホタガ谷西尾根(金山尾根)は、長いという感じは全くなく、裏道を登るよりは時間短縮になると思います。積雪期には尾根を歩く方がよいでしょうから、もってこいでしょうね。

 スノーシューはおもしろいですよ。もっと時間的に長くスノーシューを履いて歩けるコースはないでしょうかね。(*^_^*)
Commented by 山たまご。 at 2009-01-14 19:14 x
こんにちは。積雪期に竜ケ岳の谷道は、ちょいっとやばい。金山尾根~遠足尾根は、いいコース設定ですね。遠足尾根は未踏なので今度シロヤシオが、花期に羊の群れのように見えるとき辿ってみましょう。kitayama-walkさんも未見でしたら是非。
Commented by 三太夫 at 2009-01-14 20:44 x
 kitayama-walk さん、こんばんは。
 私たちも、昨年、このコースを周回したが、長丁場なので手抜きして、頂上は踏まずに金山尾根からホタヶ谷登山道に出て直ぐに下山して遠足尾根に入りました。
 それにしても、この日は寒かったようですね。樹氷は、昼頃には解けることが多いが、昼過ぎでも綺麗な樹氷なので驚きました。ペットボトルの水が凍るのもむべなるかなと納得しました。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-16 17:05 x
 山たまごさん、こんにちは。
 積雪期の竜ヶ岳は、ご指摘のとおり、登り=金山尾根、下り=遠足尾根という設定がいいと思います。今回の山行ではそれを実証することができましたよ。

 遠足尾根は下りに使った方がよいと思いますが、最後の林道への着地点が問題です。北河内橋を渡ったところに着地するのがベストですので、今回のルート軌跡が参考になると思います。

 竜ヶ岳といえば、5月半ばのシロヤシオですね。草原に子羊が戯れているように見えるというので、昨年行きましたが、裏年だったせいか、だめでした。今年もう一度チャレンジしてみましょう。
Commented by kitayama-walk at 2009-01-16 17:14 x
 三太夫さん、こんにちは。
 三太夫さんも、昨年1/6に同じルートを周回されていますね。積雪期の遠足尾根はとてもワンダフルでした。ただ、三太夫さんがご指摘されているとおり、最後の樹林帯の中の急降下が問題ですね。西内正弘さんの本に紹介されているルートは幾分北よりに着地しているようです。私たちは、北河内橋のところにちょうど降りてきました。杉の樹木にテープが所々ありましたが、途中で不鮮明になっている区間があります。

 この点、遠足尾根を登りに使えば、北河内橋を渡ったところに取り付き(テープあり)がありますので、ここから急登を一気に尾根まで登ればいいと思います。


<< スノーシューハイク-南比良稜線縦走      2009年の初登山-入道ヶ岳 >>