山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 10日

裏剱への道 (初日)

 前から行ってみたいと思っていた裏剱。写真で見る仙人池からの八ッ峰の鋭鋒が何とも言えないくらい美しい。この光景を自分の目で見てみたい。そんな思いを実現する山旅になりました。

 初日は室堂から剱沢へ。2日目は剱沢を下り、真砂沢から仙人新道を経て池の平へ。3日目は仙人池から仙人温泉を経て阿曽原温泉へ。最終日は旧日電歩道を歩いて欅平へ。ピークはひとつもないのですが、雪渓と峡谷を辿って、剱岳から黒部渓谷へと長大なトレッキングとなりました。

 「それは鑢(やすり)で磨き上げられたような鋭い岩峰であった。立山連峰のどの山とも似ていなかった。劔岳だけが地質学的に成因を異にした山のように思われた。浄土山も、雄山も、大汝山も、別山もすべておだやかな表情をしていた。劔岳だけが奥まった一角で肩をいからし、近づく者を威嚇しているようであった。」-これは、新田次郎「劔岳-点の記」に記された、柴崎芳太郎が初めて劔岳を見たときの描写です。
e0110500_23353670.jpg
 別山乗越から剱岳を望む



 初日の室堂までのアクセスは、7月の剱岳のときと同じです。富山地方鉄道で富山駅から立山駅へ。次いで立山ケーブルカーで美女平へ。さらに高原バスで室堂ターミナルに向かいました。今回は、7月のときと違い、天気がいいのです。快晴の青空が広がっています。気分もルンルン状態ですね。

 弥陀ヶ原を過ぎたあたりからバスの車窓の左手には、大日岳と奥大日岳が見えてきました。もうこのあたりは紅葉の真っ直中です。
e0110500_22175554.jpg
 左が大日岳、右が奥大日岳

 やがて天狗平を過ぎると、ソーメンの糸のように流れ落ちる滝があり、剱岳の姿が見えてきました。
e0110500_22271331.jpg
 中央右に糸を引いて落ちる滝、左上に剱岳の頭が見えます
e0110500_22272657.jpg
 左に剱岳、右には別山乗越が見えています

 バスは順調に室堂バスターミナルに到着しました。青空の下に立山が見えてきました。
e0110500_22305212.jpg
 立山三山(右から雄山、大汝山、富士の折立)が見えています
e0110500_2231639.jpg
 室堂ターミナルを出ました(左が雄山、右は浄土山)
e0110500_22355838.jpg


 室堂バスターミナルを出たところに、立山玉殿の湧水があります。この湧き水で喉を潤して歩き始めました。青空が広がっていて、何とも気持ちがいい。
e0110500_22404995.jpg
 玉殿の湧水があります
e0110500_22422247.jpg
 立山三山が間近に迫っています(手前は立山室堂山荘)

 まずはみくりが池の方向に向かいます。15分ほどでみくりが池に着きました。今日は、水面に光りが当たってコバルトブルーになっています。左手を見ると、地獄谷の光景が眼に入り、異様な雰囲気になります。
e0110500_225132100.jpg
 みくりが池温泉に向かいます
e0110500_22471513.jpg
 みくりが池の水面はコバルトブルーです
e0110500_22475065.jpg
 対照的な地獄谷の光景(向こうに見えるのは奥大日岳)

 みくりが池温泉を通過し、エンマ台のところを大きく右に曲がると、右手に血の池(池塘)が見えてきます。今度は左に大きく旋回して下ると、リンドウ池の向こうに雷鳥荘が見えてきました。
e0110500_22573544.jpg
 エンマ台から雷鳥荘を望む(正面は雷鳥坂、別山乗越-剱岳が少し見えています)
e0110500_22574967.jpg
 右手には血の池があります

 雷鳥荘を越えると、ここから雷鳥平のテント場まで90mの大下りとなります。この時期にはテントは少なかったです。テント場の真ん中で左に曲がり、浄土沢にかかる橋を渡り、雷鳥坂に取り付きます。別山乗越まで約500mの登りとなります。
e0110500_2352393.jpg
 雷鳥平に下って行きます
e0110500_2354286.jpg
 浄土沢にかかる橋を渡ります
e0110500_2362100.jpg
 浄土沢からの眺望
e0110500_239214.jpg


 雷鳥坂は、けっこう急登になっていますが、最初はハイマツ帯のジグザグを登り、傾斜が一段落したあたりで、尾根を出ます。このあたりから振り返ると、雄山と浄土山、そして室堂平が箱庭にように見えます。
e0110500_23154740.jpg
 傾斜が一段落したあたりです
e0110500_23143076.jpg
 箱庭のような室堂平
e0110500_23162449.jpg
 雄山と浄土山を眺望しています

 やがて剱御前小舎のある別山乗越に到着しました。剱岳が見えるかと若干心配もしましたが、今日はきれいな姿を見せてくれていました。
e0110500_23185328.jpg
 間もなく別山乗越
e0110500_2319533.jpg
 剱御前小舎です
e0110500_23212379.jpg
 剱岳と八ッ峰がよく見えています

 別山乗越からは、前回同様、剣山荘をめざします。次第に剱岳の姿が大きくなってきました。また、右手には剱沢小屋も見えてきました。
e0110500_2325110.jpg
 剣山荘へ向かいます
e0110500_23253033.jpg
 右手に剱沢小屋が見えています
e0110500_23262553.jpg
 剱岳が大きく迫ってきました
e0110500_2327338.jpg
 間もなく剣山荘に到着します

 剣山荘の手前からは、後立山連峰の姿がはっきりと見えるようになりました。鹿島槍、五竜岳の二峰は、前回は見えなかったのですが、今回はすかっとして見えました。
e0110500_23303879.jpg
 左が五竜岳、右が鹿島槍

 この時期、剣山荘にはもっと登山者がいるかと思っていましたが、何と私たち(4人)を含めて全部で8名しかいませんでした。10月に入ると剱岳山頂をめざす登山者はもう少ないのですね。もっとも、剣山荘も10/13で営業終了とのことでした。
e0110500_2325399.jpg

<コースタイム>081010晴れ後曇り
1255室堂 1340雷鳥平 1500別山乗越1515 1615剣山荘


by kitayama-walk | 2008-10-10 23:57 | その他 | Comments(2)
Commented by 三太夫 at 2008-11-10 21:19 x
 kitayama-walk さん、こんばんは。
 実に良い天気ですね。本当に羨ましい限りです。
 このルートは、私たちの初めての北アルプスで思い出が一杯あります。
 この頃は、登山が何たるか全く知らず、普通の旅行の延長だとおもっていたので、旅行会社で全コースのクーポン券を頼んだところ、北アルプスの山小屋は断られたとのことで、ここだけは現金支払いをしました。今からおもうと、嘘のような話です。
 これからが核心部ですね。2日目以降を楽しみにしております。
Commented by kitayama-walk at 2008-11-11 10:15 x
 三太夫さん、おはようございます。
 もう1か月も経ってしまっているのですが、なかなかレポートが進みません。(^^;) 毎日少しずつでも時間をとればよいのですが、それも難しくて。
 
 室堂ターミナルから別山尾根の歩きは、7月のときと比べると別世界でしたね。こんな景色が広がっているなんて、本当にうれしく思いました(実は2日目が一転して悪天候になります)。

 三太夫さんの普通の旅行の延長だと思っていたというお話はおもしろいですね。でも、よく考えると、結構そんな経験をした人もいるのではないかと思います。2日目以降のできるかぎり早くアップしたいものです。


<< 剱沢から池ノ平へ (2日目)      木曽殿越から東金尾根を下る (... >>