山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 04月 08日

瓢簞崩山から箕裏ヶ岳へ

 桜が満開になり、春らしい気候となってきた地元岩倉の山-瓢簞崩山と箕裏ヶ岳に久しぶりに登ってきました。岩倉花園町の自宅を出発し、まずは瓢簞崩山をめざしました。いつ来ても、静かな山頂からは比叡山が見渡せるように南方面が伐採してありました。

 瓢簞崩山から下った寒谷峠からは、北西尾根を下って一旦林道に降り(道なし)、オショ谷から静原越に向かい、途中の尾根から箕裏ヶ岳の登山口となっている坂原峠(静原墓地)に下りました。

 箕裏ヶ岳に登る谷にカタクリの花が自生しているのを見つけてびっくりました。岩倉の山でもカタクリを見ることができて感動しました。ほかにも藪椿、すみれ、ミツバツツジなど春を告げる花が咲いていました。
e0110500_17112169.jpg
 箕裏ヶ岳に登る谷に咲いていたカタクリの花

by kitayama-walk | 2007-04-08 23:14 | 京都北山 | Comments(0)


<< 金勝アルプスを行く      フカンド山(深洞山)から小野村割岳へ >>