山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 28日

能登ヶ峰から、鹿の楽園、サクラグチをぐるっと周回 (準備中)

 鈴鹿の山歩きのHPを見て興味を惹きつけられたものに「鹿の楽園」というところがありました。写真を見ると、何だか草原ふうのところにアセビが点在し、まさに鹿が戯れるに絶好の場所ではありませんか。
 
 どういうコースを選択しようかと迷ったのですが、鮎河集落から能登ヶ峰(759.7m)に登り、鹿の楽園に行き、その尾根を横谷山(873m)まで縦走し、そこから鯎川(うぐいがわ)をはさんで、サクラグチ(918.8m)に回り、再び鮎河集落に戻ってくるという周回コースを設定しました。

 このコースの注意点は、カタコシ峠から横谷山への登りが不鮮明かつ、かなり急登であり、横谷山からサクラグチまでの尾根では支尾根に迷い込んでしまいそうな迷点が2、3箇所あることです。地形図の読図の力が試されるコースですが、GPSがあれば、そう苦労もしないと思います。
e0110500_15132835.jpg
 アセビが点在する草原-鹿の楽園を行く

by kitayama-walk | 2008-04-28 23:12 | 鈴鹿山系 | Comments(7)
Commented by ひとり部 at 2008-05-11 22:41 x
最初、周回ルートがピンと来なくて、山と高原地図で確認しましたが、結構なロングルートですね。
鹿の楽園ではシカさんたちに出会えましたか?出会うことはあっても、なかなか写真に収められないのが野生動物ですが…。
Commented by kitayama-walk at 2008-05-11 23:00 x
 このコースは、昨年6月ちゃたろうさんが、今年4月pekeさんが歩いています。もっとも、ちゃたろうさんは逆回りで、おヒルさまに献血されています。pekeさんは、天気がいまいちのようでしたね。
 
 最後に鮎河集落に下りるところが、地形図に書いてある道がなかったように思います。適当に下って行くと、ちょっとした藪漕ぎでしたけれど、最後は林道に下りることができました。
 
 鹿の楽園ではシカさんにはお目にかかれませんでしたが、心和む場所で、結構人気にあるコースになっています。もっとも、途中でウグイ川沿いか、田村川沿いに下るのが一般的のようです。イチマルさんは、2回歩いて、それぞれに下っておられますよ。

 鹿の楽園の尾根筋からは、この前歩いた御所平や仙ヶ岳を間近に見ることができます。つまり、このあたりは、御所平ライン、鹿の楽園ライン、サクラグチラインと3本の尾根が走っていて、その間にウグイ川と田村川が流れていることになります。
Commented by 山たまご at 2008-05-12 20:49 x
こんにちは。
先週末、鹿の楽園に行こうと思っていたのですが雨雨雨。
これからどんどん気温が高くなってヒル・シーズンになってしまいます。正直あせる~。さてリンクをはっていなくて失礼していました。今週のアップで貴HPとリンクさせていただきましたので今後もよろしくお願いします。
Commented by kitayama-walk at 2008-05-13 02:42 x
 山たまごさん、いらっしゃいませませ(*^_^*)
 先週末は土日とも天候が悪く、私も久しぶりに山休みでした。しかし、今度の週末は天気がよさそうですから、是非とも「鹿の楽園」に出かけて下さい。まだおヒルさまは大丈夫ではないでしょうか。

 どのコースで歩かれるのでしょうか? 私のように周回するのはかなり大変ですが、イチマルさんが歩かれているように、黒滝集落から能登ヶ峰に登り(1時間ほど)、鹿の楽園をめざし、P696を過ぎた先で田村川林道に下り、林道歩きで黒滝に戻ってくるいうコースがよいのではないでしょうか。イチマルさんによれば林道歩きも1時間弱とのこと。

 田村川林道への降り口がどこかが問題のようですが、錆びたドラム缶が目印になっているとか。私はこの前ドラム缶は見落としてしまいましたが、「田村川へ下ル→」と書かれた標識は見つけました。ここが降り口だと得心したわけですね。

 これからは新緑が次第に濃くなってきますので、実にいい季節になります。鹿の楽園も緑がますますきれいになっていることでしょう。きれいな写真をアップされることを期待しています。
Commented by 山たまご。 at 2008-05-18 21:13 x
能登ケ峰へ17日(土)に行きました。イチマルさんと同じコースです。アセビが新芽を出して言葉にならないほど素晴らしい景観でした。
京都北山ウォークさんの4/28と裏書されたP696で見ましたよ。山頂のものは、先ほどアップしたレポの写真にあります。
ヒルはまったくいませんでした。陽気が良くなって覚めたところ、冬のような寒さに襲われ逝ってしまわれたかな。
Commented by イチマル at 2009-10-19 20:46 x
kitayama-walk さん、こんばんは。
きのうサクラグチと西峰でkitayama-walk さんの山名プレートを見つけました。kitayama-walk さんがサクラグチに登られた山レポは記憶になかったので、どんなコースを辿られたのかと思って、調べてみるました。さすがに健脚のkitayama-walk さんは、能登ヶ峰からの周回でしたか。確かにサクラグチだけだとつまらないので、鮎河から登って、能登ヶ峰と合わせて周回するのが正解だと思います。
Commented by kitayama-walk at 2009-10-19 21:28
 イチマルさん、こんばんは。
 サクラグチの山名プレートがありましたか。今回の周回コースを考えた
のは、ひとつはイチマルさんが07/12/2能登ヶ峰から横谷山を経てサク
ラグチに向かおうとして誤ってウグイ川林道に下ってしまった山レポを読
んだことです。もうひとつは、ちゃたろうさんの山レポに今回と同じコース
ですが、反対回りに歩かれていたことです。

 山レポを書こうと思いながら、「準備中」になったまま、もう1年半が経過
してしまったいます。記憶もかなり薄れてしまっています。やはり山レポ
はすぐに書かないといけないですね。


<< シャクナゲ尾根から天ヶ岳へ (...      鈴鹿の秘境イブネへ (準備中) >>