山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 21日

茶野から鈴ヶ岳へ

 御池岳の周辺の衛星峰がいくつかあります。気になっていたのは、御池岳のテーブルランドの北端である鈴北岳から鞍掛峠に向かう県境稜線と分岐して北西に伸びる稜線上にある鈴ヶ岳(1130m)と茶野(938m)です。鈴北岳から眺めると、こんもりとしたドーム状の山が鈴ヶ岳で、ここには07/04/28に立ち寄ったことがあります。さらに延長線上には、標高こそ938mしかないのですが、平坦地に石灰岩と灌木が点在し、360度の大パノラマの広がる茶野という山があります。
 今回は、晴れの予報のもと、大展望を堪能すべく、鞍掛橋から茶野に登り、稜線上を鈴ヶ岳に歩き、ヒルコバを経て、鈴北岳まで縦走してきました。残雪も思ったほどなく、ツボ足でも十分歩くことができましたが、鈴ヶ岳から鈴北岳へ向かう途中のフクジュソウの群落はまだ雪の下に埋もれていました。しかし、茶野の登る途中にフクジュソウが咲いているところがあり、今年初めてのフクジュソウを堪能することができました。
e0110500_071259.jpg
 左のこんもりとしたのが鈴ヶ岳、右に西ボタンブチ、右にはピラミダルな天狗堂が見えます



 いつものように彦根ICから国道306号線を鞍掛トンネルに向けて車を走らせました。大君ヶ畑(おじがはた)の集落を通過し、やがて鞍掛橋のところまでやってくると、冬期閉鎖ゲートががっちりとガードしていて、ここで通行止めになっています。HP情報では、3月末まで閉鎖されているとのことです。
e0110500_16562557.jpg
 冬期封鎖ゲートがしっかりとされていてこれより先通行止め

 この鞍掛橋のたもとの路肩に駐車しました。ここから稜線を見上げると、これから登っていく鉄塔が2本立っているのが確認できました。
e0110500_16574257.jpg
 稜線には鉄塔が2本立っているのが見えています

 鞍掛橋の手前に御池谷林道への入口がありますが、今回はこの林道より少し右手のところに関電の巡視路の入口があります。火の用心の赤い立て札があるので、この右手から巡視路に取り付きました。
e0110500_16583556.jpg
 取り付きは火の用心の立札の右側になります

 すぐに植林帯の中に入り、尾根に乗ると急登になります。幹に鹿よけのテープを巻かれた杉木立の中を巡視路が登っています。
e0110500_1659274.jpg
 尾根に乗ると急登になります

 徐々に左手にトラバース気味になっていきますが、まず丸太橋があり、次に金網製の橋があるので、これらを渡って進みます。
e0110500_1701745.jpg
 金属網の橋があり、小谷を渡ります

 次いで、右巻きになると、小さな岩谷に出て、これを越えて登っていくと、やがて最初の鉄塔に出てきます。
e0110500_1712246.jpg
 最初の鉄塔(甲5)が見えてきました

 ここからの展望が開けていて、北には霊仙山と伊吹山が並んで見えています。また、右の眼下には通行止めになっている鞍掛トンネルに向かう国道が蛇行しているのが見えます。
e0110500_1743773.jpg
 最初の鉄塔から展望が開け、霊仙山と伊吹山が見えています

 再度植林帯の中を進むと、すぐに2番目の鉄塔に着きました。ここからは右手に折れて、植林帯の中の山腹をトラバースして進んで行きます。
e0110500_176121.jpg
 2番目の鉄塔からの展望はよくありません

 残雪があってトラバースにはちょっと不安定なところになっていました。途中に岩壁のようなところがあり、滑り落ちないように注意しながら進んでいくと、日当たりのよい斜面に出てきました。行く手の急斜面に何か黄色いものがあると近づいてみると、何とフクジュソウが黄色い花を咲かせているではありませんか。こんなところでフクジュソウにお目にかかれるとは思ってもみませんでしたので、ラッキー!と思いながら、シャッターを切りまくりました。
e0110500_177935.jpg

e0110500_1773165.jpg

e0110500_1774210.jpg

 今日は幸先いいな、この分では鈴ヶ岳ではもっとたくさんのフクジュソウが見られるかなと期待が膨らみました。

 この後、再び植林帯の中に入り、火の用心の立て札を幾本か見ながら登って行きましたが、積雪のためルートがよく分からなくなってしまいました。とにかくめざすは稜線に出ることなので、適当なところを登っていくことにしましたが、これがかなりの急斜面です。おまけに膝下くらいまでの雪に足がはまり、ペースが鈍ってしまいました。しかし、勘がよかったのか、最後はちょうど桜峠の鉄塔が見えてきました。鉄塔のあるところは樹木が伐採されているので、明るくなっています。ふうふう言いながら、ようや稜線に辿り着きました。
e0110500_1781592.jpg
 桜峠の鉄塔にようやく辿り着きました

 この桜峠の鉄塔からは展望が開けていました。北を見ると、間近に少し雪の残っている霊仙山、そしてその右手の奥には伊吹山が姿を現しました。東を見ると、まだ開通していない国道306号線が蛇行しながら走っています。もう全く雪はないようなので通行止めを解除してもよさそうです。その向こうに見えるのは三国岳でしょうか。
e0110500_1785730.jpg
 再び霊仙山と伊吹山がよく展望することができます
e0110500_179843.jpg
 国道306号線が蛇行して走っていますが、もう雪はありません

 さて、桜峠の鉄塔で景色を楽しみながら小休止した後、稜線沿いに茶野をめざします。稜線は雑木林になっていて、所々に雪が残っています。少し進むと石灰岩がたくさん出てきて、その中を歩いて行きます。
e0110500_171134.jpg
 桜峠から稜線沿いに雑木林の中を進みます

 やがて石灰岩の集まった小ピークを通過して登り返すと、すぐに独標P938です。
e0110500_17115926.jpg
 独標938に近づいています

 ここを過ぎると、二次林の雑木もなくなり、平坦な裸地になってきました。左手に茶野と思われるこんもりとした丘が見えてきました。左に回り込んで行くと、石灰岩の点在する茶野の山頂に到着しました。
e0110500_1713476.jpg
 左手に茶野の山頂が見えてきました

 茶野の山頂は938mしかありませんが、周囲に遮るものがないので、天気のよい日には素晴らしい360度のパノラマが広がっています。
e0110500_17134733.jpg
 茶野の山頂には灌木と石灰岩が点在しています

 まずは、北に霊仙山と伊吹山がよく見えています。今日はよく晴れているので、間近に迫ってくるような感じがします。
e0110500_17163559.jpg
 茶野から見た霊仙山と伊吹山

 東南には、ドーム状の鈴ヶ岳が立っています。その左に隠れるように鈴北岳が見えています。また右に見えているのは、御池岳テーブルランドの西ボタンブチあたりでしょうか。さらに右手の南には、銚子岳と静ヶ岳、御在所岳が並んでいて、ずっと右には三角形の山が見えます。これは天狗堂です。こんな素晴らしい展望があるので、少し早い時間なのですが、ここで昼ごはんにしました。
e0110500_17173283.jpg
 真ん中に鈴ヶ岳、左に鈴北岳、右に西ボタンブチ
e0110500_1719758.jpg
 茶野山頂からの南方面のパノラマ写真です 

 茶野でゆっくりとした時間をとった後は、桜峠まで引き返します。途中の独標から鈴ヶ岳を眺めると、きれいに整った山であることを再認識させられました。その左には鈴北岳から東に鞍掛尾根が延びており、焼尾山、三国岳などが見渡せます。
e0110500_17202821.jpg
 鈴ヶ岳から東に向かってのパノラマ写真です

 桜峠の鉄塔からは、登りになり、次の鉄塔を越えると、石灰岩が点在するところに出てきましたが、比較的歩きやすい尾根道になっています。やがて尾根が広がってきますが、歩きやすい適当なところを進むと、右手から尾根が合流してきます。
e0110500_17232548.jpg
 鈴ヶ岳に向かって雑木林の中を登ります

 二次林の雑木林の中を雪に足を取られながら進んで行くと、ピークらしいところに着きました。プレートも2、3枚架かっていて、ここが鈴ヶ岳山頂であることが分かります。山頂には石灰岩と灌木があり、展望こそさほどありませんが、灌木も疎らなので明るい山頂になっています。まだ山頂付近は雪に覆われているので、フクジュソウがあるのかどうかも分かりませんでした。
e0110500_17244263.jpg
 鈴ヶ岳の山頂は展望こそないが、明るい山頂になっています

 鈴ヶ岳の山頂で小休止した後は、鈴北岳をめざします。山頂から下り始めるところから南方向の展望があり、左に鈴北岳が見え、真ん中の向こうには御池岳のピーク(丸山)も頭がのぞいています。
e0110500_17261520.jpg
 左に鈴北岳、真ん中に御池岳(丸山)が見えています

 鈴ヶ岳の山頂からは雑木林の中を少し南東に降りながら急降下して行きます。
e0110500_17272514.jpg
 ヒルコバに向かって急降下です

 鞍部に出ると平坦なところがあり、ここがヒルコバでした。昨年4月に鈴北岳からやってきたことがあり、見覚えがありました。鈴ヶ岳と鈴北岳の方向を示す標識が2枚あり、ヒルコバの標識もあります。それにしても、ヒルコバとはとんでもない名前ですね。夏になると、たくさんのおヒル様がお出ましになるのでしょうか。いずれにしても長居はしたくない感じです。
e0110500_1728074.jpg
 ヒルコバはこんな感じの鞍部です

 当初は、このヒルコバから御池谷を下って鞍掛橋に戻ろうと思っていましたが、まだ時間があるので、鈴北岳まで行ってみることにしました。この間にフクジュソウの群落があったと記憶していたからです。ヒルコバからは真っ直ぐに登り返して稜線に出て左にカーブしていくことになります。所々にある目印のテープを確認しながら進みます。このあたりにフクジュソウが咲いていてもよいはずなのですが、まだ雪に埋もれています。あと2週間ほどはかかるのではないでしょうか。
e0110500_17392375.jpg
 鈴北岳の山頂が見えてきました
e0110500_17292317.jpg
 鈴北岳の手前から鈴ヶ岳を振り返ってみました

 鈴北岳に到着すると、テーブルランドの光景が広がっています。ここは眺めがよいので気に入っています。藤原岳、御池岳(丸山)から西ボタンブチにかけての稜線が見えています。もちろん、北には霊仙山と伊吹山、東には鞍掛尾根、その向こうには焼尾山、三国岳と続いています。南東には伊勢平野が広がっています。
e0110500_17302623.jpg
 左に藤原岳、真ん中に御池岳(丸山)が見えています
e0110500_17304344.jpg
 東方向には明るい伊勢平野が展望できます
e0110500_17305412.jpg
 

 さて、3時近くなってきたので、帰ることにします。1月に歩いた鞍掛尾根の途中から左に折れて尾根を下るルートで鞍掛橋に戻ることにします。
e0110500_1733172.jpg
 まずは鞍掛尾根を下っていきます

 尾根の分岐点は記憶にあり、ちゃんと確認して下っていきました。テープもあるので確認しながら進んだのですが、途中で雑木林から樹林帯に入ったところでちょっと怪しくなりました。左手に谷を見ながら下ればよいと思っていたのですが、テープがなくなり、尾根が急降下しているので、おかしいと思い、右手を見ると、谷の向こうにもうひとつ尾根があるではありませんか。これは尾根をひとつ間違えたことに気づきました。事前にGPSにルートを入れていなかったので(ヒルコバから御池谷を下るルートを入れていました)、きちんと読図ができていなかったのです。また登り返して、山腹をトラバースして、ルート修正をしました(20分くらいロス)。今度は、見覚えのあるコースで、テープもちゃんと見つかりました。
e0110500_17343363.jpg
 ルート修正した尾根を下ります

 尾根をどんどんと下っていき、御池谷との分岐まで辿り着いたときはやれやれでした。後は、鞍掛橋までゆっくりと歩いて戻ることができました。
e0110500_17353371.jpg
 御池谷の登山口に戻ってきました
e0110500_17354721.jpg
 車を置いている鞍掛橋が見えてきました
e0110500_17375975.jpg

080321晴れ
840鞍掛橋 910鉄塔1 915鉄塔2 1030桜峠 1040茶野(昼食)1150発 1240桜峠 1315鈴ヶ岳 1340ヒルコバ 1425鈴北岳1440発 1455稜線分岐 1600鞍掛橋(歩行距離約6.8㎞)


by kitayama-walk | 2008-03-21 23:05 | 鈴鹿山系 | Comments(7)
Commented by ひとり部 at 2008-03-24 22:23 x
こんばんは、ひとり部です。
鞍掛橋から茶野ということは、桜峠に向かう鉄塔巡視路のルートでしょうか。登山道の荒れ具合と明瞭度はいかがでした?
鞍掛峠の通行止めが解除されたら、一度歩いてみたいものです。

23日(日)は宮指路岳でした。雪はほとんどありませんが、たった一人にお会いしただけで、静かな山が満喫できましたよ。
Commented by kitayama-walk at 2008-03-24 23:10 x
 そのとおり、鞍掛橋のところから巡視路を歩いて桜峠に上がるルートです。取り付きから最初の鉄塔(甲5)、そして2番目の鉄塔(甲6)までは巡視路がはっきりしています。それ以降、桜峠の鉄塔まではちょっと怪しい道となっています。山腹をトラバースする道で、所々に「火の用心」の標識が立っていますが、雪が積もっていたせいもあって、最後のあたりはルートが不明になりました。しかし、適当に(かなり急登ですが)登っていくと、稜線に出るので、そう難しいわけではありません。桜峠から茶野までの稜線歩きは快適です。あまり有名ではないのですが、茶野の大展望はいいですよ。霊仙山や伊吹山もちゃんと眺望できます。なお、この日は平日(連休の谷間)であったこともあって、一日誰にも会いませんでした。
Commented by ERI♪ at 2008-03-25 00:23 x
kitayama-walkさま、始めまして今日は。私も 5才の頃は毎日犬達の散歩で瓜生山(301m)へ行き たまに右大文字の山(山の名前を忘れました)へ登ったりで 山道を犬達と駆け回って過ごしていました。しかし6才以後は さっぱり遠のいてしまいました。
こちらでkitayama-walkさまの文を興味深く楽しく拝見させて頂いております。そして いつも そのパワフルさに 
底~抜~け~に~!(NHKのTVドラマ「ちりとてちん」内の流行語)驚いています。
Commented by kitayama-walk at 2008-03-25 22:41 x
ERIさん、ようこそ (*^_^*) 藤田先生のブログからおいでになりましたね。瓜生山は京都造形芸術大学の裏山になりますね。右大文字山(231m)の名前はやはり大文字山かな。これから春になります。身近な低山に登りましょう。山野草などを愛でながらの山歩きもなかなかいいもんですよ。
 ブログを見ていただければおわかりのように、私は最近京都北山に行かず、鈴鹿の山にのめり込んでいます。でも、6月~10月までは鈴鹿からは撤退し、北山や比良、福井の山に戻ってくるつもりですよ。
Commented by ひとり部 at 2008-04-06 21:43 x
kitayama-walkさんのレポートに触発(?)されて、茶野へ行ってきましたよ。
フクジュソウの大群落、この目にしっかりと焼き付けてきました。あの岩壁の「知る人ぞ知るポイント」は最高ですね♪
でも思っていた以上に、踏み跡が薄い、テープ類が少ないとあって、結構ルートを外しました(笑)。
そろそろGPSを…と思う今日この頃です。
それと、山頂では力強い筆跡も拝見しました。生の文字を見て、とても親近感がわきました。
Commented by kitayama-walk at 2008-04-06 23:23 x
 ひとり部さん、こんばんは。
 茶野に登ってこられましたか。多分今頃がフクジュソウが満開を迎えているのではと思います。4/6は天気もよかったことでしょうから、景色も360度の大パノラマが楽しめたと思います。
 登りが踏み跡が薄いですよね。私が登ったときに外したのは、2番目の鉄塔から桜峠鉄塔までの間でした。とにかく稜線に上がればよいので、適当に登りましたが、結構急登でしたね。GPSは抜群の安心感がありますが、読図が疎かになるという危険もあります。しかし、是非とも入手して下さい。お勧めは、ちょっと値が張りますが、GRRMIN 60CSxです。どうせ買うなら、これでしょうね。
 ところで、4/5に臼杵山・臼杵ヶ岳に登ってきました。臼杵ヶ岳からさらに、御所平-仙ヶ岳まで登り、南尾根を下りました。結構ロングコースでしたが、歩きごたえがあり、大満足しました。近くブログアップします。
Commented by ひとり部 at 2008-04-07 21:47 x
臼杵山・臼杵ヶ岳から御所平・仙ヶ岳…地図を眺めて見ましたが、とんでもないロングコースですね。とても真似できそうにありません。
それにしても、山行記の「準備中」がかなりたまってきてますよ(笑)。各レポートを首を長~くして待っています♪


<< ピラミダルな天狗堂からサンヤリへ      綿向山からイハイガ岳へ >>