2016年 01月 04日

仙ヶ岳・御所平-南尾根から御所平へ周回(2016初登山)

【日 付】 2016年1月4日(日曜)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 鈴鹿南部
【メンバー】 kitayama-walk(単独行)

【コース】 7:40石水渓キャンプ場(駐車地)-7:50石谷川林道出合-8:20林道終点(白雲の滝)8:35-9:15滝谷不動明王-9:30法印のコバ-9:40上不動滝-10:10滝谷不動明王-11:00仙ノ石11:50-12:00仙ヶ岳(西峰)12:25-12:45御所峠-13:05ヨコネ-13:30御所平13:40-13:50水無し-14:10家老平-14:35舟石-15:10臼杵ヶ岳-15:20かもしか高原-15:35安楽越-(自転車)-15:50石水渓キャンプ場(駐車地)


 今シーズンはなかなか雪が降らない暖冬になっている。正月明けの初登山は例年近場の雪山に行っていたが、今年はそれも難しい。ならば、雪山はあきらめて、せめて天気のよさそうなところにしようと考えた。鈴鹿の山にしようと思ったが、中北部は天気が悪そうだ。午前曇り、午後晴れマークがついていたのが鈴鹿南部地域だったことから仙ヶ岳に登ることにした。それは前から気になっていた法印のコバと不動滝である。この時期、矢原川滝谷本流を詰めることは厳しいので、仙ヶ岳の南尾根を辿り、滝谷不動明王のところからアクセスしてみようと考えた。小一時間の寄り道で済むだろう。その後、仙ノ石から仙ヶ岳を辿り、御所平を周回してみることにした。このコースは2008/4/5と2012/3/25歩いたことがある。今回は最後に安楽越に下ることにし、ここに自転車をデポすることにした。

e0110500_10173595.jpg
 水無付近から御所平を望む



<アクセス>
 京都東ICから名神に乗り、草津JCTから新名神に入る。新名神から鈴鹿の山を眺めるとまだ雲に覆われていて青空は見えない。甲賀土山ICで降り国道1号を走り鈴鹿峠の手前で左折して山原女集落をめざす。集落の外れから舗装林道に入るが、雪はないものの、昨夜の雨のせいか路面は濡れていた。下山予定地の安楽越に自転車をデポし、石水渓キャンプ場に到着した。1台だけもみじマークを付けた車が駐車していた。

<石水渓~滝谷不動明王>
 石水渓キャンプ場のガイドマップには、仙ヶ岳の南尾根コースの東側に、滝谷不動明王、法印小場、不動滝が紹介されている。ここに車を置き、仙ヶ岳南尾根の取り付きのある石谷川林道に向かう。キャンプ場からショートカットを辿り、植林の中を登り、石谷川沿いに少し下って渡渉し、白糸の滝の分岐を見送り、少し登り石谷川林道に出ると駐車地がある。これより先の林道には崩壊箇所が2、3あり、車では通行することができない。左手に石谷川越しに鬼ヶ牙の岩壁を眺めながら、しばらく林道を歩くと林道終点に着く。ここから山道に入るが、すぐに小沢に架かっている板橋を2つ渡ると、きれいに片づけられた造林小屋跡の手前に白谷コースと南尾根コースの分岐点を示す標識がある。造林小屋跡の奥に白雲の滝があるので立ち寄ってみた。2段15mほどのきれいな滝が落ちていた。分岐に戻り、南尾根コースに入っていく。石谷川の支流であるイタハシ谷沿いに登山道がついている。途中に、窯跡、固定ロープ、朽ちた板橋などがある。やがて谷は水流がなくなり、岩屑の多い涸れ谷になっている。「南尾根コース」という標識がたくさんある。ガレ谷を詰めていくような感じで登るとますます傾斜がきつくなってくる。登り着いたところに「左:南尾根コース、右:滝谷不動明王」の標識があり、まず不動明王に立ち寄ることにした。

e0110500_1048694.jpg
 白雲の滝
e0110500_1056552.jpg
 造林小屋跡
e0110500_10562791.jpg
 分岐の標識
e0110500_1115630.jpg
 イタハシ谷沿いにある登山道を登る
e0110500_1123814.jpg
 ガレ谷を詰めていく
e0110500_12435273.jpg
 滝谷不動明王分岐

<滝谷不動明王~不動滝>
 分岐から右に少し登ると花崗岩の岩峰があり、岩腹に不動明王像が東向きに安置されている。さらにはしご・鎖で登ると上部には、大日、不動、地蔵の三体仏が並んで仙ノ石の方向を向いている。石仏の背後の岩の上には人一人が座禅を組むのに適した場所があり360度パノラマが広がる展望地である。野登寺の住職や修行僧などがこの岩上で座禅を組んで修行をしたことであろう。滝谷不動明王までのイタハシ谷道は、今も真新しい花が供されているところからすると、現在も不動明王に登拝するための役割を担っているものと思われる。今回は不動明王からさらに下って法印のコバと不動滝を見に行くことにした。急な下りで鎖やロープをたどりながら15分ほど下ると矢原川滝谷の右岸に小広い台地があり、ここに数体に石仏が祀ってある。ここが法印のコバである。江戸時代に野登寺の住職であった昭空和尚が桑名の石工を連れて不動明王像を彫刻するために寝泊まりした場所とされている。さらに右岸沿いに5分ほど急降下すると不動滝の下部に出た。2段40mほどの滝である。滝の左右の岩壁には不動明王像を安置した小穴が開けられている。この滝は上不動滝で、さらに下部には100mの高さを誇る下不動滝があるが、今回は上不動滝までとし滝谷不動明王まで戻ることにした。

e0110500_12475559.jpg
 東向きに安置されている不動明王
e0110500_1249947.jpg
 ハシゴ・鎖で岩壁を登る
e0110500_12492066.jpg
 大日、不動、地蔵の三体仏
e0110500_12502728.jpg
 法印のコバに下る
e0110500_12505449.jpg
 法印のコバにある石仏たち
e0110500_12522877.jpg
 石で作られた器
e0110500_12512735.jpg
 上不動滝(2段40m)
e0110500_1252480.jpg
 下不動滝

<滝谷不動明王~仙ノ石>
 滝谷不動明王から仙ヶ岳の南尾根コースに戻る。分岐点からすぐのところにロープが設置してあり、ここを乗り越えると急登が続く。高度が上がるにつれて、先ほどの不動明王の岩峰がよく見えるようになり、新名神の高架も視野に入るようになるが、今日は天気がよくなく霞んでいる。この辺から南尾根コースの核心に入ってきて、小ピークが連続して現れ、次々と越えていくことになる。まだ周囲にはガスがかかっていて眺望がよくない。すると前方から高齢の男性単独行者が下りてきた。仙ノ石まで登ったが、ガスで眺望がなく、かつ強風で寒いので引き返してきたとのことである。石水渓キャンプ場に車を置いていた方であろう。前回(2101/3/25)は落第忍者とすれ違ったことを思い出した。これから晴れてくるという天気予報を信じて、それからも岩塊を通過したり岩間を抜けたりしながら、高度を上げていく。行く手に仙ノ石が見えてきた頃にようやく雲が切れて青空も見え始めた。予報どおりだとほくそ笑みながら、あとは風が弱まることを祈った。最後の岩峰を右を巻いて登っていくと仙ノ石に到着した。時刻はちょうど午前11時だが、天気の回復と風のおさまりを待つ意味でも少し早いランチタイムにすることにした。

<仙ノ石~仙ヶ岳>
 仙ノ石には誰もいないので一人静かにランチタイムを過ごす。スーパーで買ったキムチ鍋に追加の豚肉を入れてぐつぐつと煮る。あわわは帰省で買って帰った一番搾りの「岡山づくり」だ。最近はこの時間が楽しみになってきている。はふはふと汗を掻きながらキムチ鍋をいただいた。今日は天気予報どおりで次第に回復してきて、仙ヶ岳付近は青空が広がってくるとともに風もなくなった。ランチ後は、仙ヶ岳の東峰を踏みに行き、西峰を眺望し、鎌ヶ岳や御在所岳の姿も確認した。鈴鹿中北部は天気の回復が遅れているようであり、眺望がはっきりとしない。東峰からは西峰に向かう。尾根伝いに下り、鞍部の白谷コースの分岐点を見送り、再び登り返してと西峰山頂(961m)に到着した。西峰からはうっすらとではあるが、鎌ヶ岳と御在所岳の姿は見ることができたが、雨乞岳と綿向山はガスに覆われていた。

<仙ヶ岳~御所平>
 西峰で小休止の後、御所平をめざす。仙ヶ岳山頂にある標識には「安楽越(難路)」と書かれているが、今は結構歩かれており難路というほどでもない。前方に御所平を眺めながら尾根伝いに下っていく。一部薄い踏み跡のようなところもあり、注意を要するが、テープがあるのできちんと確認して行けば問題ない。やがて御所峠(鞍部)にやってきた。左は御所谷コースで、右は割谷に下るルートである。鞍部から登り返して尾根に到達すると左に直角に曲がって進む。やがて笹原のような高原に出てきた。ここはヨコネ(P832)と呼ばれているところで御所平の入口(北端)になっている。この北端をヨコネとすれば、南端は水無(P832)と呼ばれるところである。その中で最も標高の高いところ(P850)を御所平と呼んでいる。ヨコネからはカヤトや笹原の中の踏み跡を辿って少しずつ登っていく。左手には先ほど登ってきた仙ヶ岳の南尾根が青空をバックに連なって見える。20分ほどで御所平のピークに到着した。仙ヶ岳から宮指路岳、鎌ヶ岳、御在所岳までは確認できるが、イブネや雨乞岳はガスがかかっている。御所平で小休止の後、一旦下ってから水無しへ登り返す。綿向山は見えるとようになったが、雨乞岳は最後までガスに覆われて見ることができなかった。しかし、能登ヶ峰、鹿の楽園、横高山、サクラグチなどは比較的近いところによく見える。

<御所平~安楽越>
 御所平の南端からの鈴鹿主脈は下りとなる。植林の中を降りていくと突然アセビの群生がある平坦地に出てきた。ここは小太郎谷の源頭付近にあたる場所で、家老平と呼ばれているところだ。西尾寿一著「鈴鹿の山と谷6」には、「当地に隠棲したと伝えられる北畠左中将信意卿の従士が隠されたと言われる地である。」(63頁)と書かれている。家老平からは再び県境稜線を登り返していく。長坂の頭からやってくる登山道との合流点(P756)には「大岩」という標識があった。ここを通過すると次のピークの左手に「舟石」と呼ばれる巨石がある。2畳ほどの広さの平たい舟を思わせる石である。その上からの眺望がいい。その後、ベンケイの分岐点を右に見送り下っていく。このあたりからは踏み跡が薄くなるが、テープがあるのでこれを確認しながら進む。途中でガレ場を通過し、古い壊れた鹿除けネット沿いに進むと鞍部に下り、再び細い尾根を登り返す。やがて臼杵山への分岐点を左に見送って少し登ると臼杵ヶ岳に到着した。ここで男女ペアに出会った。これから臼杵山経由で下山するという。臼杵ヶ岳山頂は樹林が伐採してあって仙ヶ岳や野登山が眺望できる。臼杵ヶ岳からの県境縦走路は植林の中にはっきりした尾根道が続いている。かもしか高原と呼ばれる草地を通過すると遊歩道になる。階段を上がったり下りたりしながら進むとやがて東海自然歩道のある安楽越に着地した。デポしておいた自転車に乗って下り坂を石水渓キャンプ地まで戻った。

e0110500_10223042.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)


by kitayama-walk | 2016-01-04 23:12 | 鈴鹿山系 | Comments(1)
Commented at 2016-11-10 13:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


     2015年登山 >>