2015年 11月 21日

ひとりきりのダイラ-三国岳・横根三山を巡る山旅

【日 付】 2015年11月21日(土)
【天 候】 晴れ時々曇り
【山 域】 鈴鹿北部
【メンバー】 kitayama-walk(単独行)

【コース】 8:15百々女鬼林道分岐(駐車地) 8:20二の谷川 8:35鉄塔1 8:50鉄塔2 9:00P670 9:20P769 10:00P794 10:15稜線出合 10:30焼尾山10:40 11:20三国岳最高点11:30 11:40三国岳 11:45 12:00三国岳三角点 12:20鉄塔3 12:25ダイラ分岐 12:45ダイラ13:30 14:00ダイラ分岐 14:15ダイラの頭 14:40P676 15:15東ヨコネ 15:40ヨコネ15:50 16:20ヨコネ最高点 16:45権現谷林道 17:55百々女鬼出合 18:00駐車地


 先週11/15に開催されたやぶこぎオフ会inダイラには都合が悪くて参加することができなかった。そこで1週間遅れで訪ねてみることにした。もともと11/8に開催される予定で参加するつもりだったが、雨で順延となったため参加することができなかった。ダイラには岐阜県側の阿蘇谷からのアプローチが通常であるが、今度は滋賀県側からアプローチしてみることにした。その場合は三国岳を絡めて行くことになるが、周回ということになると、百々女鬼(鳴川)林道入口を起点とし、さらにヨコネ(横根)にも立ち寄るというロングコースを設定して歩いてみることにした。

e0110500_15323669.jpg
 烏帽子岳、三国岳(双耳峰)、焼尾山を望む-ヨコネ付近から




 彦根ICからR306に入り大君ヶ畑に向かう。大君ヶ畑の集落を抜けると、最初の分岐が権現谷林道で、2番目の分岐が百々女鬼(鳴川)林道である。この少し先にかなり広い駐車地があるので、ここに駐車してスタートする(8:15)。R306を進み、一の谷橋、二の谷橋と2つの橋を渡ると、左に小さな谷がある。これが二の谷川である。これから取り付こうとしている尾根には送電線の鉄塔があるので巡視路があるはずと読んでのことだ。予想どおり、二の谷川に入ると最初の堰堤の左側に関電の巡視路があった。最初の鉄塔に辿り着くまではかなりの急登になっている。鉄塔にやってくると眺望が開け、鈴ヶ岳から茶野の稜線、またヨコネからザラノ、高室山などあたりが窺える。ここから次の鉄塔までの尾根は樹木が伐採されていて眺望がいい。2番目の鉄塔からは三国岳やダイラの頭が見える。

e0110500_153615.jpg
 百々女鬼(鳴川)林道分岐過ぎの駐車地
e0110500_15365313.jpg
 二の谷川の堰堤から取り付く
e0110500_15384825.jpg
 植林の中に続く巡視路階段
e0110500_1539262.jpg
 最初の鉄塔
e0110500_15394493.jpg
 ヨコネからザラノ方向の眺望
e0110500_1541481.jpg
 鈴ヶ岳から茶野に続く稜線
e0110500_15421536.jpg
 2番目の鉄塔
e0110500_15423451.jpg
 2番目の鉄塔からは、三国岳とダイラの頭が見える

 2番目の鉄塔からは右に直角に曲り尾根伝いにP670、P769、P794と登っていき、鞍掛峠と三国岳を結ぶ稜線に向かう。この尾根は植林と自然林が混じり合っているが、所々にテープがある。P769を過ぎるとシャクナゲが出てきて歩きにくくなるが、尾根芯を少し右に外せばよい。それでも所々で左手に眺望のきく場所があり、三国岳が大きく見える。また霊仙山、鍋尻山、さらに伊吹山も見え、手前にはこれから歩く予定にしているダイラの頭からヨコネに向かう稜線も見えている。やがてP794を過ぎると疎林になり、最後は急登して稜線に出た。せっかくなので焼尾山(922m)に立ち寄ってみることにした。実は焼尾山は未踏であった。しかも今回のコースの中では標高が最も高い。焼尾山の手前の眺望地からは、鍋尻山、霊仙山、伊吹山が見え、山頂からは藤原岳から鈴北岳までの稜線が見渡せる。ここで初めての小休止となる(10:30)。

e0110500_15432888.jpg
 三国岳が大きく見える
e0110500_15435789.jpg
 なめこがぎっしりと鈴なり
e0110500_15442312.jpg
 霊仙山、鍋尻山、さらに伊吹山も見える
e0110500_15445735.jpg
 稜線手前の疎林の中を登る
e0110500_15454115.jpg
 焼尾山の分岐点
e0110500_15461588.jpg
 鍋尻山、霊仙山、伊吹山が見える
e0110500_15464966.jpg
 焼尾山山頂にて
e0110500_1547725.jpg
 藤原岳から鈴北岳続く稜線が見える

 焼尾山から戻る途中で初めて登山者に出会った。多分、鞍掛トンネルからやってきたのであろう。次々と4人出会った。鞍掛峠から三国岳に続く稜線も実は今回が初めてである。鞍部まで150m下って三国岳最高点まで160mの登り返しだが、大して苦労することもない。登り始めの頃は、御池岳以南は青空が広がっていたが、北方向はいささか雲が広がっていた。しかし、この頃から三国岳以北も雲が散ってきて青空が多くなってきた。よしよしいい傾向だと自然とテンションが上がる。途中で3人の登山者とすれ違ったが、あっという間に三国岳最高点(911m)に到着した。ここは見覚えがある。以前にここまでやってきてから引き返して烏帽子岳に向かったのだった。国境点に向かうと、ソノド、さらに向こうに伊吹山が姿を見せている。国境点の三国岳は雑木林の中にあるが、南方向だけが伐採されていて、御池岳と鈴ヶ岳がよく見える。ここから烏帽子岳に行くには方向をよく確認しなければ間違えるという迷点になっている。今日は三角点に行くので道なりに下っていけばよい。右手に烏帽子岳を望み、行く手に鍋尻山、霊仙山や伊吹山が見え、手前の鉄塔の向こうにダイラの頭がある。すぐに三角点峰に到着した(12:00)。麓から正午を知らせるサイレンが聞こえてくる。ランチタイムはダイラなので急ごう。

e0110500_15501249.jpg
 県境稜線を三国岳に向かって進む(左には烏帽子岳が見える)
e0110500_1551692.jpg
 振り返ると、焼尾山、そして藤原岳から御池岳への稜線が見える
e0110500_15515074.jpg
 三国岳最高点にて
e0110500_15522714.jpg
 三国岳(国境点)の向こうにはソノドと伊吹山が見える
e0110500_15531265.jpg
 三国岳(国境点)にて
e0110500_15534095.jpg
 鈴北岳と鈴ヶ岳
e0110500_15543251.jpg
 烏帽子岳が間近に見える
e0110500_1555314.jpg
 鍋尻山、霊仙山や伊吹山が見え、手前の鉄塔の向こうにダイラの頭がある
e0110500_15554030.jpg
 三国岳三角点

 三角点からは方向を確認しなければならない。右にほぼ直角に急降下していく尾根だ。尾根芯がちょっと通過しづらく少し右を巻きながら下る。すぐに傾斜が緩くなると行く手には先ほど見えていた鉄塔がある。その向こうに小高いピークが見えているが、これはダイラの頭だ。手前の鞍部にダイラへの分岐点があった。以前、ここからダイラに下ったことがある。もう7年も前のことだ。記憶を辿りながら下っていくと、最近つけられたと思われるピンクの紐が続いている。一旦阿蘇谷の支谷まで下り、すぐに左の台地に緩やかに登っていくと炭焼き窯跡がある。さらに登っていくと見覚えのある広いダイラに到着した(12:45)。予定を45分過ぎている。すでに多くは落葉しているが、紅葉も少しだけ残してくれていた。青空も広がってきていい感じだ。気温も低くなく、風もなく、誰一人いない。ひとりきりのダイラでランチタイムを楽しむのだ。今日はキムチ鍋にした。例によってプシュッとやって一息ついた。ぐつぐつ煮えるキムチ鍋に舌鼓を打った。今日は、これから横根三山を踏破しなくてはならないので小一時間で切り上げることにした(13:30)。

e0110500_1601315.jpg
 前方に鉄塔が見える
e0110500_161240.jpg
 ダイラ(時山)に下る登山道分岐
e0110500_16135100.jpg
 一旦阿蘇谷に下る
e0110500_162579.jpg
 炭焼き窯跡に出てきた
e0110500_1623437.jpg
 ダイラに到着
e0110500_1625747.jpg
 いい雰囲気のダイラ
e0110500_164832.jpg
 今日はキムチ鍋で乾杯!
e0110500_165183.jpg
 ダイラに残っていた紅葉
e0110500_1653965.jpg


 ダイラからは往路を引き返して分岐点に到達。ここからダイラの頭(803m)まで100mほどの登りが、食後の重い体に堪える。だが、ここは頑張って15分で駆け上った(14:15)。まだ先が結構長い。ダイラの頭からP676を越えて東ヨコネまでの県境稜線は未踏箇所だ。稜線が蛇行しているため支尾根に迷い込んでしまう可能性が高いところだ。この時間帯に道迷いをしたら致命的なのでGPSで進路を確認しながら進む。意外とヤブっぽい尾根になっていて、東ヨコネ手前は加えて結構急登になっているため往生した。東ヨコネ山頂(740m)は樹林の中であるが、少し手前でダイラの頭と猫耳の三国岳が望める。ここは以前に五僧峠から県境稜線を歩いてきたことがあり、それからヨコネ(三角点)、最高点と周回した。今回も同じコースを進む。東ヨコネからは60mほど下ってからヨコネに登り返す途中、左側が伐採されている展望のよい箇所がある。ここからの眺めが素晴らしい。烏帽子岳、ダイラの頭、三国岳、焼尾山、藤原岳、御池岳、鈴北岳、鈴ヶ岳と並ぶパノラマが広がっている。今日随一の眺望である。ヨコネの山頂は狭く、三等三角点がひっそりを佇んで迎えてくれた(15:40)。ヨコネから最高点(764m)まではなかなかおもしろいところでヤセた岩尾根が続いている危険な箇所である。慎重に岩に登ったり右を巻いたりして進むと最高点に到達した(16:20)。

e0110500_1644741.jpg
 ダイラの頭
e0110500_166083.jpg
 振り返ると三国岳があった(ダイラの頭にて)
e0110500_1663074.jpg
 茶野から続く稜線
e0110500_1665450.jpg
 樹間の向こうに東ヨコネとヨコネが見える
e0110500_1675524.jpg
 東ヨコネに到着
e0110500_1681723.jpg
 東ヨコネからはダイラの頭と猫耳の三国岳が見える
e0110500_16102020.jpg
 烏帽子岳と猫耳の三国岳-ヨコネの手前から
e0110500_16105528.jpg
 烏帽子岳、ダイラの頭、三国岳、焼尾山、藤原岳、御池岳、鈴北岳、鈴ヶ岳と並ぶパノラマが広がっている
e0110500_16114116.jpg
 振り返ると東ヨコネが大きい
e0110500_16121164.jpg
 ヨコネ山頂は眺望がなく三等三角点がある
e0110500_16131161.jpg
 東ヨコネ、烏帽子岳、ダイラの頭
e0110500_1617654.jpg
 ヤセ尾根の岩稜を行く
e0110500_16132888.jpg
 ヨコネの最高点

 日没までもうあまり時間がない。暗くならないうちに安全なところに出るためには北尾根を下ることである。前回歩いたときは、北尾根は疎林の歩きやすい尾根で最後は植林の中を歩いて権現谷林道に着地した。今回も同じように歩いた。最高点から25分で林道に降り立つことができた。まだ日没前で明るいうちに下山できたのでホッとした。あとは安全だけれど長い権現谷林道歩きが待っていた。今夜は月が出ていたために月明かりの下、トレランよろしく小走りに車まで戻った(18:00)。

e0110500_16174059.jpg
 権現谷林道の起点まで戻ってきた
e0110500_1618833.jpg
 百々女鬼橋-何とも恐ろしげな名前だ
e0110500_16185096.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)


by kitayama-walk | 2015-11-21 23:27 | 鈴鹿山系 | Comments(0)


<< 2015年登山      愛知川(神崎川)源流を訪ねて-... >>