山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 07月 25日

越前経ヶ岳-唐谷を詰めて山頂へ

【日 付】 2015年7月25日(土)
【天 候】 晴れ
【山 域】 奥越
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 8:40唐谷林道入口(駐車地)-9:10登山道入口-9:15巨岩石仏-9:25第1渡渉点-9:55第2渡渉点-10:30尾根取付点-11:00池ノ大沢-11:20切窓-11:55▲経ヶ岳14:20-14:40切窓-14:55中岳-15:05杓子岳-15:30岩峰-15:45▲保月山-16:00アダムとイブの木-16:15保月山登山口(展望所)-16:35(駐車地)

 この日は別の予定があり本来山に登れる日ではなかったが、直前になって予定がキャンセルになった。お誘いを受けていた沢登りに行こうかと思ったが、生憎と時間が遅くなってしまい、沢登りの準備や翌朝の出発時間も早いことなどから、沢登りは断念することにした。しかし天気がよいというので、どこかの山に登らねばストレスが溜まる。あまり低山では暑すぎると思うので、もう一度別山平のハクサンコザクラを見に行こうかとも考えたが、2週間前に行ったばかりなので考え直した。そこでこの時期、どこの山に登っているのか、ちょっと調べてみたところ、昨年は炎天下の荒島岳の八の字登山をやっている。ならば近くの越前経ヶ岳(1625m)はどうかと考えた。一般的な保月山ルートではなく、唐谷を詰めるルートで登れば暑さも軽減できるのではないか。この唐谷ルートは4年前に一度歩いているので記憶もある。ということで、唐谷ルートを詰めて経ヶ岳山頂(南峰)に登り、北峰の展望地でランチタイムを楽しみ(車2台ならば法恩寺山まで縦走できるが)、引き返して保月山ルートで下山するという計画である。保月山登山口のある銚子ヶ口展望台に自転車をデポすることも忘れない。

e0110500_22464922.jpg
 経ヶ岳(南峰)山頂にて



<アプローチ>
 午前5時に京都を出発し、北陸道福井ICで下り、R158で大野に向かい、南六呂師から広域基幹林道法恩寺線に入った。この林道は舗装されている立派な林道で、少々落石もあったが、通行に支障は全くない。途中先行する福井ナンバーの2台の車があったが、唐谷林道入口の手前で止まった。唐谷ルートを登るのだろうか。見送って林道を進み、保月山コースの登山口まで行く(7:25)。まずは自転車のデポだ。銚子ヶ口展望広場からは大野市のパノラマが広がっており、左手から荒島岳、屏風山、銀杏峰、部子山などの山並みもくっきりと見ることができる。とって返して唐谷林道入口に戻る。途中で先ほどの福井ナンバーの車1台とすれ違った。この男性二人組は唐谷ルートを下山に使うのだろう。林道入口を少し下った右手に空き地があったので、ここに車を駐めた。身支度をしていると、京都ナンバーのSUVが通り過ぎて行った。私と同じながらご苦労様なことだ。

e0110500_2315683.jpg
 銚子ヶ口展望広場
e0110500_2312882.jpg
 唐谷林道入口

<唐谷林道~第1渡渉点>
 唐谷林道の入口には材木が積まれていた。林道は、所々コンクリート舗装になっているが、総じて地道である。最近はあまり使われていないのか、雑草がかなり伸びている。まむしでも出てきそうな感じなのでストックで払いながら進む。下草に朝露か前夜の雨がかなりついていて足下が濡れるのでスパッツをつけることにした。途中左手に保月山コースの岩峰を見上げることができる。帰りはあそこを下るのだと思うと気持ちが高揚してくる。やがて右手に唐谷が近くなってきたが、1mほどの雑草がびっしりと生えているので道が見えなくなり林道はなくなった。記憶によると、確か左手に登山道の入口があったはずだ。少し戻って調べるとようやく入口が見つかった。踏み跡程度の道であるが、古いテープもあるので間違いない。間もなく左手に巨岩に彫られた石仏があった。高さは2mほどであろうか。足下に「法名釋尼妙撰」と刻まれた比較的新しい石碑がある。嘉永4年5月14日と書かれている。嘉永といえば江戸末期の元号(孝明天皇)であるが、嘉永6年(1953年)には、かの有名なペリー提督率いる黒船が浦賀に来航している時代である。このあとも唐谷の左岸沿いにトラバースして行きながら進むとやがて沢の渡渉地点にやってきた。ここが第1渡渉点である(9:25)。今日は水量が多く、飛び石伝いというわけにはいかない。登山靴が多少水没するが、スパッツをつけているのでかまわず渉り切った。

e0110500_2248401.jpg
 巨岩に彫られた石仏
e0110500_2322674.jpg
 第1渡渉点

<第1渡渉点~池ノ大沢>
 第1渡渉点を渉ったのはよいが、それから先がよくわからない。濡れた下草に覆われているため道が見えないのだ。記憶ではブナのある尾根を登って行った。しばらく右往左往しながら沢伝いに歩いたが、やはり道がない。やむなく左手の尾根に取り付いてヤブをかき分けていくと踏み跡があった。これだこれだと安心する。記憶のとおりブナのある尾根を登っていく。唐沢の左岸の尾根である。左下に沢が見えるところにやってくると第2渡渉点までは下っていくことを思い出した。尾根から左方向にトラバースしながら次第に下っていく。急な下り箇所や崩落箇所には固定ロープが残っていて記憶が蘇ってくる。やがて第2渡渉点にやってきた(9:55)。沢幅は短いものの、滑って流されると危険なため固定ロープがある。ここも慎重に渉り切ることができた。ここからは右岸沿いに登っていく。相変わらず濡れた下草に邪魔されながら薄い踏み跡を辿っていく。所々に古いテープがあるので、これを確認しながら進む。第2渡渉点から20分ほどのところに荒島岳と銀杏峰を垣間見ることができる展望地がある。やはり蒸し暑く喉が渇くので水分補給のため小休止である。今日は熱中症を警戒しなければならない。水分も2リットル(アワワを除く)持ってきた。やがて岩がごろごろした涸れ谷に変わってきたかと思うと、左手の尾根が迫ってきた。記憶ではブナ林が見えてきたところで尾根に取り付くところがあった。下草をかき分けて探すと尾根に上がる道が見つかった。ここには固定ロープが設置してある。尾根に上がるとブナ林の中の急登が始まる。所々に固定ロープが設けてある。ヒイヒイいいながら急登を何とか登り切って平坦な自然林の中を進むと広々とした草原に出てきた。ここが池ノ大沢と呼ばれる火口原である(11:00)。経ヶ岳は100万年前の火山活動によりできた火山と言われ、噴火口が池ノ大沢である。ここからは経ヶ岳の山頂(南峰)が間近に見上げることができる。

e0110500_233048.jpg
 第2渡渉点
e0110500_22491714.jpg
 池ノ大沢(火口原)から経ヶ岳山頂を見上げる

<池ノ大沢~経ヶ岳山頂>
 池ノ大沢からは再びブナ林の中に登山道が続いている。左手にはかなり大きなブナの木が林立している。これを見送りながら少しずつ登っていくと峠にポンと出た。ここが切窓と呼ばれる鞍部で保月山コースとの合流点である(11:20)。この鞍部からは最後の登りであるが、280mの急登である。登山道は笹原を切り開いた道であり、樹木がないため今日は太陽に照りつけられる。登山道の脇には、アザミ、シモツケソウ、ヒヨドリソウ、カラマツソウなどの花が咲いている。高度を上げていき振り返ると中岳から杓子岳へと続く尾根が見える。また火口原の池ノ大沢や荒島岳なども眺めることができる。途中で下山してくる数人のパーティーとすれ違ったが、こんな暑い日でも登山する人がいるのだ。もっとも比較的涼しい早い時間に登って山頂で長時間滞在していたのかも知れない。正午前になってようやく経ヶ岳(南峰)山頂に着いた(11:55)。登りに3時間15分もかかってしまったが、暑さのせいか、疲労感が大きい。

e0110500_2335744.jpg
 鞍部の切窓
e0110500_2332583.jpg
 ピンクのシモツケソウが咲いている

<経ヶ岳山頂にて>
 山頂には男女ペアが1組だけいた。聞くと京都ナンバーのSUVでやってきた登山者であった。しかも住んでいるところも御所の近くで私の家と5分ほどのところではないか。奇遇である。彼らと話をしながら20分ほど休んで北峰まで行くことにした。ところが、ササが刈られていない。少し進んだところに三角点があるのだが、これもササに覆われていた。さらに進むとササの密度が濃くなってきた。足下には踏み跡があるが、ササの海を泳ぐようにしてかき分けていくことがしんどい。この先、刈られているかも知れないと思って進むが、やはりササの海が続いている。これから下っていくというところで白山と別山が正面に見えるようになる。白山は大長山と赤兎山を従えるようにして立っている。しかし、疲労感が大きく、これから先も笹漕ぎをして進む気力がなくなり、途中で引き返すことにした。再び南峰山頂に戻ってくると、福井ナンバーの車の男性2人がいた。尋ねると下山に唐谷ルートを使うというので、これまでに歩いたことがあるか聞いた。ないという。それなら悪いことはいわないから、下山に唐谷を下るのは止めたほうがよいとアドバイスした。登りよりも下りの方が滑ったり道迷いする危険が大きいからである。二人は保月山コースをピストンすることにして下山して行った。私一人になったのでゆっくりとランチタイムにした。今日もアワワをプシュッとやって白山に別山に乾杯である。コンビニで買った越前おろし蕎麦とおにぎりというメニュー。周囲にはもうアキアカネがたくさん飛び交っている。山は、白山から別山、さらに三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰、銚子ヶ峰と続いている。南の方角には屏風山、荒島岳があり、西には銀杏峰、部子山、そして間近に法恩寺山が見えている。さすが独立峰としては福井県最高峰の経ヶ岳は眺望は抜群である。やがて前夜の睡眠時間が少なかったことや疲労感とで何だか急に眠くなっていた。山頂は暑かったが、昼寝することにした。少し風が出てきたこともあってか寝られるものだ。

e0110500_236343.jpg
 経ヶ岳山頂にて
e0110500_2352476.jpg
 笹の海を漕ぐ
e0110500_22501072.jpg
 白山と別山を望む-大長山と赤兎山を従えて
e0110500_22512777.jpg
 荒島岳、能郷白山を望む
e0110500_22521120.jpg
 法恩寺山の向こうに越前甲山と加賀大日山を望む
e0110500_2343896.jpg
 白山と別山に乾杯!

<山頂~保月山登山口>
 山頂には2時間以上滞在した。さてそろそろ下山しよう(14:20)。山頂から切窓までは急な下りを引き返し、それから中岳(1467m)、杓子岳(1490m)に登り返すことになる。今日は暑さのため体力が落ちているので、下りは気をつけなければならない。切窓までは滑らないように慎重に下った。切窓からの登り返しは低木の中だったので日差しが緩和されたこともあって思ったより楽であった。3月の残雪期にこの中岳への斜面をスノーシューで駆け上がったことを思い出す。中岳からは笹原の中の道を少し下って杓子岳に登り返す。杓子岳からは急な下りになっているが、登山道は整備されていて階段やハシゴがつけられている。やがて行く手に岩峰が立ちはだかった。これも左側を巻くことになるのはわかっている。そして少し登ると保月山の山頂である。ここには三等三角点があり、樹間から銀杏峰と部子山が見える。保月山からは下り一方の登山道となり、ブナ林の中をどんどんと下って高度を下げていくことになる。途中で「アダムとイブの木」と命名された木がある。これはブナとミズナラが絡み合った木である。そばにある小さなブナは子どもということであろうか。さらにブナの中を下っていくと保月山登山口である基幹林道に出た。あとはデポしてある自転車に乗って林道を下って駐車地まで戻った。

e0110500_22533374.jpg
 中岳と杓子岳(左)を望む
e0110500_2254165.jpg
 杓子岳から中岳と経ヶ岳を望む
e0110500_2375475.jpg
 保月山山頂
e0110500_2363486.jpg
 アダムとイブの木
e0110500_2365855.jpg
 保月山登山口(下山口)
e0110500_22544887.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

by kitayama-walk | 2015-07-25 22:44 | 湖北・福井・美濃・飛騨・加賀 | Comments(0)


<< 大熊三山を駆け抜けろ-迷岳・白...      三国岳から三国峠へ-芦生研究林... >>