2015年 05月 10日

超ロングな佐目子谷周回コース満喫

【日 付】 2015年5月10日(日)
【天 候】 晴れ
【山 域】 鈴鹿
【メンバー】 keikoku、クロオ、Kasaya、kitayama-walk

【コース】 6:00佐目子谷橋-7:55▲カクレグラ-9:20タイジョウ9:30-10:05P1084-10:15佐目峠-10:35イブネ10:45-10:50イブネ北端-11:00クラシ-11:15銚子12:00-12:20P1022-12:35舟窪-12:55大峠の頭-13:05大峠-13:15水舟の頭-13:30西峰-13:40中峰-13:50▲銚子ヶ口14:00-14:15中峰-15:25P1016-15:35P971-15:50▲黒尾山16:00-16:45P681-17:00庭戸山-17:20丸山-18:05蓼畑

 雪山シーズンが終わり鈴鹿に戻ってきた。ヤマビルの出没する前の日の長い時期だけにロングなコースを歩きたい。そこで、佐目子谷橋のたもとから巡視路を使って取り付き、カクレグラ(水谷岳)に向かい、タイジョウから佐目峠を経てイブネ・クラシに登り、次は銚子ヶ口まで縦走し、杠葉尾に下山するという計画を立ててみた。これをkieikokuさんとクロオさんに話すと、二人とも銚子ヶ口からは黒尾山経由で下山したいという。どれくらいの時間がかかるかわからない。遅くとも午後4時を回っていたら黒尾山はあきらめて杠葉尾に下るということにした。このときは黒尾山経由の場合は少なくとも下山に3時間はかかるだろうと思っていたのでスタートを午前6時にすることにした。これにKasayaさんも加わって、籾糠山・猿ヶ馬場山以来の4Kの山行となった。

e0110500_2357022.jpg
 タイジョウ・アゲンギョ間の尾根から大峠の頭、銚子ヶ口を望む



 午前5時半に下山予定の蓼畑に集合したが、keikokuさんが次週に予定されているフルマラソンの練習として前日に20㎞走ったため左足痛のため、このコースを歩き通せるかどうかわからない、とりあえずタイジョウまでという。そこで蓼畑にKasaya号、杠葉尾にクロオ号、大瀧神社にkitayama号をそれぞれデポし、keikoku号で佐目子谷橋に向かう。佐目子谷橋の架け替え工事が未だに続いているが、現場小屋の脇に駐車して、予定どおり午前6時に出発した。当初は2つの送電線の中間から鉄塔(L167)に向かうつもりだったが、林道入口から直接鉄塔に向かって急斜面を登った。最初の鉄塔から2番目の鉄塔(R167)までも急登の連続である。先頭を行くkeikokuさんはぐんぐんとピッチを上げて登っていく。一体どこが痛いのかと思ってしまうほどである。巡視路は次の鉄塔(R166)に向かっているが、植林の中に急登で直接P740に向かう。ここからしばらく尾根が平坦になるが、次の水呑ヶ岳という小ピークを越えると再び尾根の急登だ。Keikokuさんはこのあたりには白いイワカガミが咲いているというが、確かに淡いピンク色をしているものの、真っ白いイワカガミは見つからない。やがて傾斜が緩やかになって尾根が広がってきて気持ちのよい二次林になってきたかと思うとカクレグラ(990.1m)に着いた。二等三角点があり、数枚のプレートも掛けられていたが、展望はなかった。

 カクレグラで小休止後、タイジョウに向かう。カクレグラからタイジョウまでは地図上も結構長いが、標高差は100m前後とあまりない。薄い踏み跡程度の道であるが、途中で不鮮明なところもあって、慎重に方向を見定めながら進まなければならない。途中で左手に大きなガレ場があり、そこからはイブネから銚子ヶ口に向かう尾根が見える。P962には「向平西」という古いプレートがあったが、ここからフジキリ谷(千種街道)に下る尾根が向平(むかいびら)尾根と呼ばれている。P962から少し進んだところに平坦地があったが、ここが向平なのだろう。P911も通過し、タイジョウ(1061m)の手前で大きな岩場が立ちはだかってきた。ここは左から回り込むようにして北側からタイジョウの山頂に到着した。この付近にはシャクナゲがたくさんあったが、花がほとんどついていない。今年は裏年なのであろう。タイジョウからも薄い踏み跡が続くが、時折右に雨乞岳が見えたり、左には銚子ヶ口に向かう稜線、舟窪あたりのガレが見え、遠く霊仙山や伊吹山が霞んでいる。P1084のピークを越えると緩やかな斜面を登っていく。右手から杉峠の頭からやってくる稜線と合流する。このあたりは尾根が広がったアゲンギョと呼ばれているところだ。ブナを初めとする自然林の新緑が眩しい。ここで右に曲がって緩やかに下っていき樹林から抜け出ると特徴のある二つに割れた岩がある佐目峠だ。ここからイブネの台地までは歩き慣れた稜線で、右手には鎌ヶ岳が頭を出してきて、登るにつれて鎌尾根が見えてくる。イブネの台地に上がると風が少々あるが、カラッと晴れているので気持ちがいい。

 イブネで初めて登山者と出会ったが、これは予想されたことである。いつもながら、イブネの台地から御在所岳、鎌ヶ岳、そして雨乞岳の峰々が並んでいるのを見渡すのは痛快である。今は季節柄、足元にはハルリンドウの花がたくさん咲いているのもうれしい。イブネで記念撮影をしてからクラシに向かう。イブネ北端からは正面に釈迦ヶ岳の姿が大きいが、さらに竜ヶ岳、藤原岳、御池岳、鈴ヶ岳、霊仙山と続く鈴鹿山脈の峰々が続いている。クラシはP1145から少し東に進んだところにあるピーク(1154m)である。西尾氏はクラシは「クラシシ」(羚羊=かもしか)の古名で「嵓猪」「嵓羊」と同根とみられるとしている。このピークは樹木で覆われていて展望もないが、2014/12/30イブネに登ったときには風が強く、風除けのためにクラシ山頂でランチタイムをしたことがある想い出の場所である。今回はクラシは踏んだというだけで引き返して銚子に向かった。今日も晴天なれど風が少々強いということで銚子の斜面ならば風除けができると踏んでのことである。予想どおり、銚子は風も当たらず、ポカポカと陽の当たる場所であった。絶好のランチプレイスとなった。今日も冷やし中華と缶ビールだ。プシュッ、ゴクゴク、ああ美味い!まさに極極である。向こうにイブネの台地とクラシのピークを眺めながらの癒やしの一時であった。しかし、まだ先は長いので、そうまったりもしていられない。午後1時に出発した。

 銚子ヶ口から銚子までは、これまでピストン1回、縦走1回やったことがある。銚子からは130mほどの激下りがある。途中にシャクナゲの花がちょっとだけ咲いていた。眺望もよく、歩いてきたタイジョウ、カクレグラの縦走尾根、そしてこれから向かう大峠の頭、水舟の頭、そして銚子ヶ口なども見えている。最低鞍部からは緩やかに登り返しP1022(西尾本によると「深谷山」と呼ばれている)を通過すると、自然林の新緑に癒されながら、少しずつ高度を上げていく。やがてブナの大木が倒れている平坦地にやってきた。ここが「舟窪」と呼ばれるところである。地形を見ればなるほどと頷ける。舟窪を通過すると左手にガレ場があり、ここからはタイジョウから雨乞岳、銚子を眺望することができる。さらに登っていくとピークになるが、ちょっと右に進んだところがP1087(大峠の頭)である。大峠の頭からは自然林の中を緩やかに下っていくと突然樹林から抜け出て鞍部に着いた。ここが大峠である。カクレグラからタイジョウの稜線が見渡せ、その向こうには綿向山が見えている。思えば一昨年の4月に佐目子谷橋から拝坂尻(ハイサカ)越えで水舟の池を通って大峠に登ってきたことを思い出した。この大峠に対する小峠は拝坂尻を登ってきた姫ヶ滝の上部あたりの乗越のことである。大峠からは再び登り返すとP1067(水舟の頭)である。ここからは御在所岳と国見岳が見えるが、ズームアップしてみると、きのこ岩を確認することができる。水舟の頭からは小さなアップダウンを繰り返しながら、銚子ヶ口の西峰、中峰、本峰、さらには東峰までやってきた。少々地形が複雑であるが、登山道が整備してあるのでスムーズに歩ける。東峰からの展望は抜群で、雨乞岳、御在所岳、釈迦ヶ岳、三池岳、竜ヶ岳、静ヶ岳、藤原岳、御池岳、鈴ヶ岳、霊仙山などの鈴鹿山脈の主要峰を一望することができる。時刻を見ると午後2時だ。これなら黒尾山に行っても午後5時には下山できるであろうと読んで、分岐点の中峰まで引き返した。

 分岐から黒尾山をめざすが、道は踏み跡程度になってきたが、テープがつけられている。左手に植林の多い尾根をアップダウンしながら次第に高度を下げていく。やがて870mの鞍部から100mの登りとなるが、この途中はヤセ尾根で左側が切れ落ちているところだ。ここは樹木の根や枝をつかみながら登っていけば、そう怖がるところでもない。時々佐目子谷を挟んでカクレグラやタイジョウ、そして雨乞岳や綿向山の頭も見える。ガレ場の急登を登り切るとP971で平坦となってくる。ここからは緩やかに登って下ると黒尾山(948.7m)に到着した。展望はないが、三等三角点と山名プレートがあった。ここで時刻は15:50なので午後5時には蓼畑に下山できるだろうと思っていた。しかし、これが誤算であった。黒尾山からは庭戸山と丸山を経由して北尾根端の蓼畑に下るのであるが、実は地形図を見ると黒尾山からすぐのところとP681の手前と丸山を過ぎたところの3箇所で尾根の乗換があり、これをうまくクリアできるかどうかがポイントだった。最初の黒尾山を過ぎた直後の切替は難なくスムーズに進んだ。問題はP681の手前の乗換であった。急な尾根を下りながら少しずつ右に切っていき等高線が少し広がったところで切り替えるところ、少し下りすぎてしまい、途中で右手の尾根にトラバースしなければならなかった。この斜面も急で滑落するのではないかと心配したが、予想外にトラバースの足場が安定していたおかげで何とか尾根の乗換がうまくいった。そのままP681に登り返すと、そこからは平坦な尾根道を進み鉄塔に出た。右にはR421を挟んで竜ヶ岳と不老堂、水木野(割山)が見え、左には永源寺ダムが見える。さらに尾根沿いに進むと次の鉄塔が庭戸山(687m)であった。鉄塔越しに岳(781.2m)が見え、その向こうには御池岳、藤原岳、静ヶ岳、竜ヶ岳の姿も見ることができる。

 庭戸山からは尾根を忠実に進むと丸山(676m)は近かった。丸山自体は小ピークではあるが、眺望もない。しかし、その先で尾根が二分するが、蓼畑に下るには尾根の中間にある尾根に乗り換えなければならない。確認が不十分なまま右手の植林を下っていったが、GPSで確認すると案の定右手の尾根に乗ってしまっている。左手を見ると谷になっているので、登り返さなければならない。ところが、少し登り返したところで谷に下るような踏み跡を見つけて下っていくと、簡単に谷を越えて左側の中間尾根に乗り換えることができた。やれやれである。あとは尾根を一直線に下るものと思っていたら、いつしか登山道らしき道が現れた。これを辿ると鉄塔が見えてきた。この鉄塔の巡視路があり、これに従って少し右に振って下っていく。最後は、今朝Kasaya号をデポした林道の入口にドンピシャリと着地した。

 長い長いロングコースを計画したが、よくもまあ最後まで完歩できたものであると感心している。当初の計画は銚子ヶ口から杠葉尾に下るものだったが、これならば余裕があったであろう。しかし、keikokuさんの馬力ある歩きに引っ張られてハイペースで歩き、ランチタイムもしっかりと取ることができ、午後2時には銚子ヶ口まで到達した。驚異のハイスピードである。ところが、その余裕から黒尾山という曲者の山に足を踏み入れてしまった。銚子ヶ口から黒尾山経由で蓼畑に下山するには3時間と見込んでいたが、とんでもない4時間もかかってしまった。黒尾山はまさに「苦労山」であった。まあ何とか闇下にならず済んでよかったものである。4Kで握手し合いお互いの健闘を称えた。その後は、永源寺温泉「八風の湯」に入りしっかりと汗を(サウナで)流した。温泉を出たのはすでに午後9時半を回っていた。

by kitayama-walk | 2015-05-10 23:52 | 鈴鹿山系 | Comments(0)


<< 三国岳から三国峠へ-芦生研究林...      雨乞岳・イハイガ岳-五月晴れの... >>