山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 11日

雨乞岳-杉峠で無念の?敗退

【日 付】 2015年1月11日(日)
【天 候】 晴れ後曇り(吹雪)後晴れ
【山 域】 鈴鹿中部
【メンバー】kitayama-walk(単独行)

【コース】 7:40鳴野橋駐車地-8:10杉谷善住坊かくれ岩-8:45桜地蔵尊-9:15古屋敷跡(ツルベ谷分岐)-9:30蓮如上人旧跡-9:40大シデ-10:10シデの並木-10:50一反ぼうそう-11:40杉峠11:50-12:05一反ぼうそう-12:45蓮如上人旧跡13:45-14:00古屋敷跡-14:25桜地蔵尊-14:55杉谷善住坊かくれ岩-15:20鳴野橋駐車地

 正月明けの雪山第二弾はどこに行こうかと思案した。この三連休は中日の11日しか山に行くことができない予定である。天気予報は、鈴鹿南部は晴れ、北部はみぞれ、中部は中間でよさそうで悪そうだ。こればかりは行ってみないとわからない。年末の登納めがイブネだったので、今度は雨乞岳に登ろうと考えた。

e0110500_138316.jpg
 ようやく辿り着いた杉峠



 八日市ICを下りて甲津畑に向かうと、雨乞岳方面は雲があるものの、明るい。これは晴れてきそうだとテンションが上がる。除雪された甲津畑の集落を抜けると少し雪が出てきたが、さほどでもない。しかし、グリーンランドを過ぎると除雪されていないので、一気に雪道となった。見たところ50㎝ほどの積雪だ。これまで何度も訪れているが、一番の積雪量である。先行車の轍があるので、そのまま進むことにした。昨年乗り換えたスバルのSUVフォレスターにはX-modeという機能がついているので、早速スイッチオン。これは雪道ではタイヤの空転を制御し、スタック防止の機能である。なるほど少しタイヤが滑ったと思うも、車は止まることなく前進してくれる。ハンドル操作に集中して、何とか鳴野橋手前までやってくることができた。しかし、先行車は駐まっておらず、轍は橋を越えて続いている。登山者の車ではなく作業車なのだろうか。

e0110500_1395371.jpg
 鳴野橋付近の積雪状況
e0110500_1404491.jpg
 岩谷林道入口

 身支度を整えて岩谷林道に入ると、最初から30㎝ほどの積雪だ。トレースがあると思っていたが、全くない。今年に入ってから千種街道を歩いた人はいないようだ。歩き始めからスノーシューと履くのは初めてのことだ。しかし、水分をたくさん含んだ雪であるため体力の消耗が予想された。杉谷善住坊のかくれ岩を過ぎると林道が崩落しているところがある。ここがそのまま通過できないので山側に高巻いた。やがて桜地蔵尊にやってきた。足取りは重いものの、青空が広がりテンションが上がってきた。藤切川に架かる橋を渡り、タイジョウへの分岐を左手に見送ると最初の避難小屋に到着した。休憩することなく先に進む。ここからは、無雪期でも右手の谷に落ちそうな箇所が出てくる。今日はそこも雪に埋まっている。スノーシューで足場を固めながら一歩一歩注意しながら進む。やがて古屋敷跡(ツルベ谷分岐)を通過し、左岸へ渡渉し、奥の畑分岐を右手に見送ると蓮如上人旧跡に着いた。辺り一面の積雪で、ここにある避難小屋も雪の中に埋もれているという感じだ。ここまで2時間弱といつもより時間がかかっている。テルモスに入れたコーヒーを飲んで小休止だ。

e0110500_1411521.jpg
 杉谷善住坊のかくれ岩
e0110500_141587.jpg
 林道崩落箇所
e0110500_142169.jpg
 桜地蔵尊には安全祈願
e0110500_1424964.jpg
 藤切川に架かる橋を渡る
e0110500_1432474.jpg
 青空が出てきてテンションが上がる
e0110500_144027.jpg
 最初の避難小屋に到着
e0110500_1444587.jpg
 橋を渡る
e0110500_1452198.jpg
 古屋敷跡(ツルベ谷分岐)
e0110500_1455964.jpg
 蓮如上人旧跡にある避難小屋

 蓮如上人旧跡での小休止の後、すぐに大シデに到着した。雪に覆われた中で大きく空に枝を伸ばしているシデを見ると逞しく感じられる。青空も見えており、今日は雨乞岳山頂から素晴らしい景色を堪能できることに期待が膨らんだ。大シデを通過すると、積雪のためルートがよくわからなくなるが、谷の左岸沿いに進み、やがて右岸に渡渉する橋にやってきた。ここは橋を渡り右岸の道に這い上がることになるところだが、今日は雪に埋もれているので大変だ。何とかよじ登り、右岸のルートを進むと、シデの並木にやってきた。ここは旧向山鉱山跡でもある。雪を被った樹木が林立している景色は自然の生命力を感じさせる。ここから再び左岸に渡渉する橋を渡ると、次第に雪が深くなってきた。やがて一反ぼうそうと呼ばれるミズナラの大木にやってきた。大シデよりさらにたくさんの雪を被っていて、いい感じだ。これまで見えていた青空がなくなり、灰色に変わっているのが気にかかるが、前進するしかない。この先は右岸に渡渉して、杉峠直下の避難小屋に到着することになるが、いつもの登山道が雪に埋もれているため、かなり手前から渡渉しやすい所を選んで右岸に渡る。深い雪を蹴って登っていくと、避難小屋が見えてきた。

e0110500_1465139.jpg
 大シデが迎えてくれる
e0110500_1471957.jpg
 右岸に渡渉する橋
e0110500_148234.jpg
 シデの並木が続く
e0110500_149171.jpg
 雪を被った樹木
e0110500_1493847.jpg
 生命力を感じる一旦ぼうそう(ミズナラ)
e0110500_150994.jpg
 最後の避難小屋

 この避難小屋から杉峠までは距離的には短いが、トラバース道になっていて、補助ロープが設けてあるところである。今日は積雪のため道がわからないので、記憶を辿りながら進む。実はここからが最難関のところであった。トラバースは雪に覆われると、雪の斜面になっているので、スノーシューで足場を作りながら進まなければならない。その雪の足場が崩れると、左手の谷に転落することになるので、細心の注意を要するところである。雪に埋もれた補助ロープを探しながら進むが、次第に小雪が舞い始めた。予想された好天が荒天に変わってきた。危険な箇所の通過と合わせてテンションが急降下だ。そうはいっても転落するわけにはいかないので本当に一歩ずつ慎重に前進する。何とか記憶を蘇らしながら進むと、覚えのある杉峠までやってきた。出発から4時間もかかっている。しかし、すでに青空はなく、モノトーンの世界だ。積雪は1mほどであろうか。ここから右手にとって雨乞岳に急登していくことになるが、この状態ではさらに雪が深くなり、もがくことになることは必至であろうと思われた。雨乞岳までの往復時間、そして杉峠から甲津畑までの帰りの時間を考えると余裕がない。そして小雪がちらついてきたかと思うと吹雪いてきた。この天候では雨乞岳山頂に行っても眺望もないので、今日は杉峠で退却することにした。

e0110500_1504639.jpg
 杉峠に到着したが・・・
e0110500_201259.jpg

e0110500_20266.jpg
 御在所岳方面もよく見えない

 退却するとしても、杉峠から直下の避難小屋までのトラバース道の通過が危険であるため、再び緊張を強いられるが、今度も何とか転落することなく、通過することができた。避難小屋でランチと思っていたが、あまりに寂しい感じなので、そのまま通過して、蓮如上人旧跡まで戻ってランチにすることにした。ピストンなので歩いてきたトレースを忠実に辿ればよい。杉峠からは1時間ほどで蓮如上人旧跡まで戻ってきた。先ほどまで吹雪いていた天気も元に戻り、空が明るくなってきた。小屋の中ではなく、ベンチでランチだ。今日は、カレーうどんではなく、コンビニで調達してきた豆腐チゲ鍋だ。追加の野菜、天ぷら、豚バラ肉も入れて、ぐつぐつと煮込む。杉峠で撤退したのは残念だが、冷たいビールで乾杯だ!ふー、うまい。再び青空がのぞいてきたので、気持ちよくなり1時間ほどのランチタイムを楽しむことができた。あとは、往路を辿って鳴野橋の駐車地まで戻った。今日は誰にも会わなかった。

e0110500_151323.jpg
 帰りの避難小屋-ここでランチという気分ではない
e0110500_152596.jpg
 一旦ぼうそう
e0110500_1522687.jpg

e0110500_2149.jpg
 蓮如上人旧跡小屋まで戻ってきた
e0110500_1524264.jpg
 さあランチタイムだ!
e0110500_1532115.jpg

e0110500_1533319.jpg
 スノーシューの向こうには
e0110500_153593.jpg
 無事に戻ってきた
e0110500_1541721.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

by kitayama-walk | 2015-01-11 23:35 | 鈴鹿山系 | Comments(0)


<< トガス(戸粕)-3年越しの登頂      綿向山-今年の初登山はガスの中 >>