2015年 01月 04日

綿向山-今年の初登山はガスの中

【日 付】 2015年1月4日(日)
【天 候】 くもり後晴れ
【山 域】 鈴鹿
【メンバー】biwaco、kitayama-walk

【コース】 8:30御幸橋駐車地-8:45ヒミズ谷出合小屋-10:50水無山北峰-11:00水無山南峰-11:05水無山北峰-11:20北尾根コース分岐-11:30文三ハゲ-12:00綿向山13:40-13:55七合目(行者コバ)-14:05五合目小屋-14:35ヒミズ谷出合小屋-14:50御幸橋駐車地

 今年の初登山は昨年に引き続き相棒のbiwacoさんと一緒だ。当初御池岳をめざすことにし、多賀大社近くのコンビニで待ち合わせした。が、前日の予報が変わって晴れマークは午後からになっている。御池岳の方向を見ると厚い雲に覆われている。再び予報をみると日野町に晴れマークが出ているので、綿向山に変更することにした。御幸橋駐車場に到着したのは午前8時だ。日曜日ということもあって駐車場は満杯でぎりぎり駐車することができた。しかし、山頂の方はガスっている様子でテンションが下がる。biwacoさんは山頂に到着する頃にはガスも取れて晴れるだろうと楽観的である。身支度と整えて出発する。

e0110500_128116.jpg
 綿向山山頂はガスっていた



 砂防堰堤の階段を越え北畑谷林道と合流し、接触変成岩地帯の説明表示を通過すると、間もなくヒミズ谷出合小屋に到着(8:45)。たくさんの人が登るのは表参道コースである。そこで我々は水無山北尾根コースを登ることにした。このコースはこれまで無雪期に下ったことが一度だけあるが、積雪期にはない。今日のトレースはないので、ラッセル覚悟である。しばらくは植林の中を登っていく。緩やかにジグザグを切りながら登ると、途中で補助ロープのあるところが2箇所あった。ほどなく林道に出て再び山道と思われるところに取り付く。無雪期の登山道は尾根下のトラバース道で谷筋を回り込みところもあるので、積雪期には尾根を登っていくことになる。尾根の突き当たりが水無山北峰である。尾根は、最初は植林であるが、いつしか自然林に変わってきた。雪が次第に深くなってきたところでスノーシューを履くことにした。

e0110500_2234933.jpg
 バス停の駐車地にある案内板
e0110500_224382.jpg
 御幸橋駐車場
e0110500_2245939.jpg
 ヒミズ谷避難小屋に到着
e0110500_2252875.jpg
 ちょっといやらしいトラバース箇所
e0110500_226089.jpg
 案内標識がある
e0110500_2264523.jpg
 三合目の林道を横断する

 景色はないが、温度が低いため樹氷が発達している。途中に比較的立派なブナの木があり、天に向かって枝を拡げている。気温は低いが、ラッセルしているため、汗をかいている。やがて水無山北峰の少し北あたりの稜線に辿り着いた。右手に少し進むと標高990mと書かれた水無山北峰の標識があった(10:50)。ここは眺望がない。南峰まで往復してみることにした。少し下り鞍部から登り返したところが南峰であるが、ここにも標高958mと書かれた水無山南峰の表示があった(11:00)。晴れていれば鎌ヶ岳の鎌尾根が見渡せるところであるが、ガスのため眺望がない。引き返して綿向山に向かう。北峰から下ると鞍部に出た。ここが本来の北尾根コースの分岐点である(11:20)。さらに進むと文三ハゲにやってきた(11:30)。右手の水無谷の斜面が大きくえぐり取られている崩壊地であるが、今日は雪とガスに覆われているので、それも見ることができない。文三ハゲからは登りとなり、右が切れ落ちた縁を登っていく。やがて自然林の中に入り急登になる。黙々とスノーシューを蹴って登るとガスの中に綿向山山頂のシンボルになっているケルンの姿が見えてきた(12:00)。

e0110500_227207.jpg
 途中に大きなブナがあった
e0110500_228462.jpg
 水無山北峰
e0110500_2281969.jpg
 水無山南峰
e0110500_2284597.jpg
 稜線もかなり雪が深い
e0110500_2291913.jpg

e0110500_2293433.jpg

e0110500_2294714.jpg


 綿向山山頂もガスに覆われていて眺望は全くない。晴れていれば、雨乞岳と鎌ヶ岳がよく見えるのであるが。こんな天気でも20人ほどの登山者がいてランチタイムをしていた。さらに続々と登ってくる。山頂は少し風もあってかなり寒い。山頂にある大嵩神社の小さな祠の陰でランチタイムとした。今日はコンビニで買った豆腐チゲ鍋を持ってきたが、こう寒いとちょうどよい。biwacoさんはちゃんぽん鍋だ。寒くてもビールは欠かせない。ガスの綿向山に乾杯だ!寒い中1時間40分も山頂に滞在した。そろそろ出発だ(13:40)。

e0110500_230385.jpg
 山頂はガスで覆われていた
e0110500_2301641.jpg
 ランチは豆腐チゲ鍋で温まる
e0110500_231416.jpg
 biwacoさんはちゃらんぽらん鍋だ
e0110500_2313728.jpg


 当初は竜王山経由で下山しようと思っていたが、思ったより時間がかかったことと寒さのために、おとなしく表参道から下山することにした。竜王山・イハイガ岳方面に向かうとすぐに冬期ルートの下山口がある。アイゼンに履き替えているため、小走りに下ることができる。尻セードで下る若者を尻目にどんどんと下っていくとあっという間に七合目の行者コバに到着した(13:55)。雪の中でも不動明王と役行者は凛々しく出迎えてくれた。さらに雪道を下ると、六合目を通過し、五合目小屋に到着した(14:05)。ここからは日野の町が見下ろせるが、街中はよく晴れていることがわかる。五合目からは少しショートカットして下っていくと、途中で林道を越え、送電線の鉄塔を2つ通過すると、二合目の標識のあるところに出た。あとはジグザグを切りながら下る。気温が上がったため樹木から溶けた雪がどんどん落ちてきて濡れ鼠になる。ようやくヒミズ谷出合小屋に下りてきた(14:35)。あとは往路を辿り御幸橋駐車地まで戻った(14:50)。

e0110500_2315677.jpg
 竜王山方面との分岐点-冬期ルート下降点
e0110500_2323946.jpg
 冬期ルートの入口(七合目)
e0110500_2331157.jpg
 無雪期ルートは閉鎖されている
e0110500_2333493.jpg
 行者コバ(七合目)
e0110500_2335917.jpg
 不動明王と役行者
e0110500_2343083.jpg
 五合目小屋
e0110500_2344926.jpg
 二合目付近の鉄塔
e0110500_235933.jpg
 ヒミズ谷避難小屋に下ってきた
e0110500_2353495.jpg
 下山したら晴れるという
e0110500_2364621.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

by kitayama-walk | 2015-01-04 23:24 | 鈴鹿山系 | Comments(0)


<< 雨乞岳-杉峠で無念の?敗退      2014年登山 >>