山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 10月 27日

藤原岳-西尾根からの周回(やぶこぎオフ会)

【日 付】 2013年10月27日(日曜)
【天 候】 曇り後晴れ
【山 域】 鈴鹿中部
【メンバー】 クロオ、kitayama-walk

【コース】 御池川林道駐車場-ノタノ坂-廃村茨川-蛇谷分岐(西尾根取付)-藤原山荘-オフ会会場-天狗岩-藤原山荘-藤原岳展望台-多志田山-迷い尾根分岐-(迷い尾根)-P845-廃村茨川-ノタノ坂-駐車地

 藤原岳には何度も登っているが、三重県側からが多い。滋賀県側からのルートでアクセスしたのは過去3回ある。①2008/4/4茨川から西尾根を登り、県境稜線を治田峠まで縦走し、伊勢谷を下って茨川まで戻った、②2010/4/4茨川から茶屋川を遡行し、御池岳まで登った後、県境稜線を縦走し、西尾根を下って茨川まで戻った、③2011/4/3茨川から茶屋川を遡行し、途中で白船峠に登り、県境稜線を縦走し、西尾根を茨川まで下った。

 今回は、藤原岳(藤原山荘と天狗岩の中間地点付近)でやぶこぎオフ会が開催されるというので、どういうルートでアクセスすべきか思案した。三重県側からのルートではちょっと面白くないので、やはり滋賀県側からのルートにすることだけは決めていた。ルートの候補としては、往路は、①土倉岳経由かT字尾根経由で御池岳のテーブルランドに登り、県境稜線伝いに藤原岳をめざす、②廃村茨川から茶屋川本流を遡行し、真の谷から県境稜線にある白船峠に登り、藤原岳をめざすことを考えた。復路は、①藤原岳の西尾根を下って蛇谷分岐から廃村茨川に戻る、②県境稜線を南下し、迷い尾根分岐点から迷い尾根を廃村茨川に下るというルートである。問題点は2つ。ひとつは、茨川林道を通行して廃村茨川まで行けるかどうか。もうひとつは台風27号通過直後で茶屋川が増水しているであろうことから遡行ができるどうか、また廃村茨川のところで渡渉ができるかどうかということであった。
e0110500_17585346.jpg
 西尾根から紅葉の藤原岳を望む



 単独行では少し不安もありクロオさんに声を掛けたところ、クロオさんも滋賀県側からのルートを考えていたことから同行することになった。午前7時に御池川林道の駐車地(小又谷入口)に集合した。まだ小雨が降っていてテンションが上がらない。帰りは、時間的制約(日没)もあって、やはり廃村茨川経由にならざるを得ないことから、廃村茨川の茶屋川の渡渉ができるかどうかの確認が必要ということになり、取りあえずノタノ坂を越えて廃村茨川まで行ってみることにした。色々と意見を出し合っているうちに、小雨も止んで少し青空も広がってきた。また登山者の車が2台入ってきた。多分、土倉岳経由か、T字尾根経由で御池岳に登るのだろう。

e0110500_21401925.jpg
 小又谷駐車地で30分思案していると小雨が上がった
e0110500_2141471.jpg
 「クマ出没注意」の看板は新しい!

 出発は7:30となった。林道を歩き始めると、すぐに小さなコンクリート縁堰の渡渉があり、これは駆け足で渡ることができた。小又谷を離れて鉄橋を渡り、送電線巡視路に沿って谷を詰めていく。最後は小さな鉄橋を渡り、山腹に取り付くとジグザグ道を登ると、すぐにノタノ坂に到着した。2年前にここから土倉(はぜくら)岳を経由して御池岳に登ったことがあるが、今日は茨川に下る。ノタノ坂から茨川への道は初めてである。最初はトラバース道であったが、すぐに溝状の道となり、さらにジグサグ道となって下降していく。テープもあり、道としてははっきりしている。やがて小さな支谷に降り立った。この谷の左岸沿いに踏み跡が続いており、しばらく行くと左手下に廃村の建物が見えてきて、茶屋川右岸に降りた。

e0110500_21425961.jpg
 最初の小さな渡渉は問題なかった
e0110500_21441360.jpg
 小又谷から離れる地点です
e0110500_21502663.jpg
 堰堤前にある鉄橋を渡る
e0110500_2152717.jpg
 ノタノ坂に到着-これから茨川に下る
e0110500_21525075.jpg
 支谷に降り立ち、谷沿いに歩く

 今日の茶屋川はいつもの清流と違い、濁流となって流れが速い。しかし、流れの幅はそう広くないので、何とか渡渉ができそうであった。私は、十分防水を効かせた登山靴にロングスパッツ装備で駆け足(4、5歩)で渡り切ったが、ほとんど浸水はなかった。クロオさんは、ゴミ袋を脚に履いてゆっくりと渡ったが、ゴミ袋が川底の石で破れて浸水の憂き目に遭った。これで帰りにここに戻ってくれば無事に帰還することができるとの確信が得られたので、復路は県境稜線から迷い尾根を下ることにした。しかし、この濁流では茶屋川本流は遡行することができないので、藤原岳西尾根の取付きである蛇谷分岐までは茶屋川の左岸を高巻きに歩くことにした。

e0110500_21544966.jpg
 廃村茨川の茶屋川は濁流となっていた
e0110500_21553965.jpg
 濁流をゴミ袋で渡渉するクロオさん

 廃村茨川には、滋賀県立八幡工業高校山岳部の小屋(茨川前進基地と書かれている)と名古屋大学ワンゲル部の小屋がある。前者はまだ管理がなされているようであるが、後者は老朽化が進んでいて利用できるようなものではない。名大小屋の横手から茶屋川左岸に沿って歩き始めた。やがて大きな蛇行があるところでは、大きく高巻きをせざるを得なくなり、かなりの斜度のある山腹を登り、尾根を歩くことにした。その後、薄い踏み跡が見つかり、これが高巻き道だと思い、調子に乗ってかなり進んだ。もうそろそろ蛇谷出合に着いてもよさそうだとGPSで確認したところ、すでに蛇谷左岸の山腹をかなり遡っていた。高巻き道と思い込んだのは、蛇谷を遡行する道だったのだ。ここで蛇谷に下降し、蛇谷は増水がさほどでもなかったので登山靴で歩くことができた。蛇谷分岐まで戻り、見覚えのある藤原岳西尾根の標識を確認し、やれやれである。廃村茨川を出発して、ここまで1時間以上かかっている。茶屋川本流が遡上できれば30分のところが倍以上かかってしまった。

e0110500_2157408.jpg
 滋賀県立八幡工業高校の山小屋
e0110500_21582749.jpg
 「茨川前進基地」と書かれている
e0110500_2159644.jpg
 こちらは名古屋大学ワンゲル部の山小屋
e0110500_21593782.jpg
 名古屋大学ワンゲル部「茨川小屋」のプレートが掲示されている
e0110500_2221594.jpg
 高巻きの途中で天狗岩が眺望できるところがあった
e0110500_2225964.jpg
 行き過ぎたところで蛇谷に降り立った
e0110500_2234127.jpg
 蛇谷分岐点にある藤原岳への標識

 蛇谷分岐で小休止の後、藤原岳西尾根への取付きを登り始めた。最初からかなりの急登を強いられる。やがて左側は植林、右側が自然林の尾根道となり、P893の手前で善右ヱ門谷分岐から登ってくる尾根道(地形図に記載されている)と出会った。このあたりが少し不鮮明であり、西尾根を下ってきた場合には迷いやすいところである。西尾根に乗ると自然林の中の登りとなる。左手の樹間からは天狗岩を垣間見ることができる。P893から少しは傾斜が緩やかだが、その後急登になってきた。尾根芯に沿って登っていくと、やがて傾斜が緩やかになってきた頃、右手の眺望が開け、正面に藤原岳展望台(1140m)が見え、山肌が紅葉している。南側には下山に歩く県境稜線、その向こうには静ヶ岳と竜ヶ岳も姿を見せている。時刻は11:05、オフ会開始時刻の11:30まで25分しかない。ここで藤原岳展望台に直進せず、トラバース道を藤原山荘に行くことにした。どうせ帰りには展望台を通過するからである。藤原山荘には11:20に到着し、それから石灰岩のカレンフェルトの庭を通過し、オフ会会場には11:30ちょうどに到着することができた。

e0110500_248694.jpg
 樹間から天狗岩を垣間見る
e0110500_22131931.jpg
 西尾根の自然林の中を登って行く
e0110500_22135497.jpg
 藤原岳の展望台が見える
e0110500_22142537.jpg
 県境稜線、その向こうに静ヶ岳と竜ヶ岳が見えている
e0110500_22154537.jpg
 藤原山荘に到着(11:20)
e0110500_2217642.jpg
 カレンフェルトの登山道を歩く

 オフ会は2時間の予定どおり終了となった。帰りは県境稜線を南下する予定であるが、せっかくなので天狗岩に立ち寄ることにした。天狗岩からは、藤原岳の紅葉が見え、さらに登ってきた西尾根、その向こうに迷い尾根が見える。さらに県境稜線の向こうには、銚子岳、静ヶ岳、竜ヶ岳、そのまた向こうには御在所岳、雨乞岳の姿も望めた。また、西方向には、土倉岳からテーブルランドへの稜線、その向こうには天狗堂とサンヤリが眺望できた。

e0110500_22163359.jpg
 オフ会で乾杯!
e0110500_22203164.jpg
 天狗岩-向こうには藤原岳展望台が見える
e0110500_22212613.jpg
 藤原岳西尾根、その向こうには迷い尾根
e0110500_2222239.jpg
 県境縦走t路の向こうには銚子岳、静ヶ岳、竜ヶ岳、その向こうに御在所岳、雨乞岳が見える
e0110500_2223160.jpg
 土倉岳からテーブルランド、その向こうに天狗堂とサンヤリ

 さて時刻は14時前だ。そろそろ急がねばならない。天狗岩から引き返して、再びカレンフェルトの道を進み、藤原山荘の前を通過して、展望台に駆け上った。展望台からは、西尾根とこれから歩く県境稜線や迷い尾根も確認できる。天狗岩では見えなかった御池岳と霊仙山の姿も見ることができた。もう14:30を回ったので県境稜線を下ることにした。藤原岳展望台の先からは石灰岩のゴロゴロした尾根を急降下だ。慎重に下る。石灰岩がなくなってもまだ急降下が続く。登山道は少し山腹に入っているようだが、尾根に沿って下っていけば問題はない。やがて孫太尾根分岐点となる多志田山(P965)にやってきた。ここで県境稜線は右(西)にほぼ直角に曲がっている。県境稜線は小さなアップダウンを繰り返しながら、迷い尾根分岐点までやってきた(15:15)。ここを直進すると迷い尾根に入ってしまうので、ここには標識があって、迷い尾根に踏み込まないように注意を促している。また、迷い尾根の入口にはトラロープが張ってあった。

e0110500_22293973.jpg
 藤原山荘に向かって下る
e0110500_22302842.jpg
 藤原岳の展望台に到着(標識の標高1120mは間違っていて1140mである)
e0110500_22315989.jpg
 西尾根と向こうに天狗堂とサンヤリ
e0110500_22381715.jpg
 石灰岩のゴロゴロした尾根を下る
e0110500_22385017.jpg
 この工作物は何でしょう?
e0110500_22392073.jpg
 県境稜線を急降下する
e0110500_22395469.jpg
 稜線から伊勢平野が眺望できる
e0110500_22404360.jpg
 多志田山は孫太尾根分岐点でもある
e0110500_22412131.jpg
 迷い尾根分岐には標識がある

 私たちは、敢えて迷い尾根を下るのだ。尾根に入ると、まずP845ピークに登る。この次のピークで尾根が別れており、右に行けばP743を経て蛇谷分岐に近い茶屋川に下ってしまう。ここでは左に行くことになる。事前に山日和さんに尋ねたところ、迷い尾根を下るのが最も早く廃村茨川に着けるルートで、この分岐さえ注意すれば、危険箇所もなく踏み跡もしっかりしているので問題ないとのこと。山日和さんのアドバイスどおり、迷い尾根はテープもちゃんとついていて、問題なく歩くことができた。最後は名大小屋の前に着地した(15:45)。廃村茨川に16時までに着ければOKと思っていたので一安心した。

e0110500_1343562.jpg
 迷い尾根の着地点は名大の茨川小屋の前だった

 茶屋川の水量は、少しは減っているかと思ったが、午前とほとんど変わらなかった。再び濁流を渡渉して、ノタノ坂への道を登る。最後にこの登りが堪えるかと思ったが、オフ会で2時間の休憩時間があったせいか、まだ余力があり、ノタノ坂mで30分で登り返すことができた。あとはゆっくりと御池川林道の小又谷駐車地までの下り道を歩いて戻った(17時到着)。

e0110500_135548.jpg
 茶屋川の水量は朝と変わらなかった
e0110500_1362935.jpg
 再びゴミ袋で渡渉するクロオさん
e0110500_1365817.jpg
 ノタノ坂も元気に登り返す
e0110500_1372697.jpg
 小又谷分岐の鉄橋まで帰ってきた
e0110500_1381081.jpg
 御池川林道の駐車地まで戻ってきた
e0110500_1384062.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

<コースタイム>
7:30御池川林道駐車場-8:05ノタノ坂-8:35廃村茨川8:50-10:00蛇谷分岐(西尾根取付)-11:20藤原山荘-11:30オフ会会場13:30-13:40天狗岩13:50-14:05藤原山荘-14:15藤原岳展望台14:30-14:50多志田山-15:15迷い尾根分岐-(迷い尾根)-15:20P845-15:45廃村茨川16:00-16:30ノタノ坂-17:00駐車地


by kitayama-walk | 2013-10-27 23:38 | 鈴鹿山系 | Comments(0)


<< 浄法寺山・丈競山-紅葉登山を楽しむ      御嶽山-台風一過のピーカン登山 >>