山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 30日

弥山-弥山川遡行(双門コース)

【日 付】 2013年6月30日(日)
【天 候】 曇り後小雨
【山 域】 大峰山脈
【メンバー】keikoku、kitayama-walk

【コース】 熊渡駐車地-白川八丁入口-釜滝-クルミ谷出合-一ノ滝吊橋-三ノ滝-滝見平(仙人嵓前テラス)-ザンキ平の肩-河原小屋跡-桶ノ谷出合-聖門ノ滝-狼平避難小屋-大黒岩-弥山-弥山小屋-聖宝ノ宿跡-弁天ノ森-トンネル西口出合-行者還トンネル西口(登山口)

 6月末から7月初旬にかけて、大峰山脈の中心部である八経ヶ岳・弥山はオオヤマレンゲ(天女花)が開花することで有名でたくさんの登山者がやってくるが、その大半は行者還トンネル西口の登山口から奥駈道経由で登ってくる。たくさんの登山者の喧噪を避けようとすれば、川迫(こうせ)川最大の支流である弥山川を遡行する双門コースがある。しかし、このコースは、へつりがあり、垂直・水平ハシゴが連続し、河原小屋跡の先はルートファインディングが必要な難コースである。狼平避難小屋か弥山小屋に1泊するのであれば格別、日帰りするならば登りだけで8時間近くかかることから相当な体力が要求される。

 双門コースを初めて辿ったのは2008年7月のことであるが、その後2011年に再チャレンジし、今年2013年5月には途中のザンキ平の肩から迷ヶ岳・嶽修覆山経由で弥山まで登った。今回の双門コースは4回目のチャレンジとなったが、2012/9の台風により河原小屋が跡形もなくなっているとの情報があり、ザンキ平の肩から先は新たな挑戦となった。

e0110500_2115471.jpg
 一ノ滝と二ノ滝(一ノ滝吊り橋から)



 前回の山行のとき、keikokuさんに大峰に双門コースという垂直ハシゴの連続する難コースがあるという話をしたら、是非とも行ってみたいと大乗り気になったので、2週連続で二人三脚山行となった。今回もkeikokuさんは前夜から京都入りしたので、うまい豚しゃぶに舌鼓を打ちながら一杯やった。翌朝午前3時に京都を出発した。R24(大久保バイパス)-京奈和道-R24(奈良バイパス-大和御所道-橿原バイパス-大和高田バイパス)-P169-R370-R309と進み、5:30に熊渡(くまど)に到着したが、すでに5、6台の車が路駐していた。今回の計画は、弥山から奥駈道を行者還岳まで縦走し、大川口まで下りる予定にしていたので、大川口まで進んでここに自転車をデポして、熊渡に戻った。

 すでに路肩は満杯になっていたが、何とか1台路駐するスペースを探して駐めることができた。4、5人の若者パーティーがヘルメットなどの装備で身支度をしていたので、尋ねると双門コースで狼平まで行くとのことであった。弥山川に架かる橋には鎖が掛かっていて車は進入することができない。橋を渡ったところにはゲートがあり、「平成23年9月台風被害により河原小屋(避難小屋)流失(跡形もありません)狼平避難小屋または弥山小屋へ!」と案内がある。さらに「双門コース案内図」の横には、「この双門コースは弥山川に沿って急な岩場やハシゴが続く上級コースです。至る所に転落の危険がある他、川を渡り、川を登らなければならない箇所等もあることから迷いやすく、また降雨増水時には登行不能になり山中に閉じ込められることもあります。このコースでの遭難は、登山者の軽装備や経験不足、計画の不備等によって発生しており、実際に滑落や道迷いが原因の死亡事故が毎年発生しています」と奈良県警中吉野警察署長の警告板が立っている。もっともだと思っていると、背後からkitayama-walkさんと声をかけられた。振り返ると、何とジオンさんだった。昨年7/16の籾糠山以来の遭遇だった。ジオンさんによれば、私の山レポを参考にして山仲間数人でやってきたという。ザックを見れば、小屋泊の装備であり狼平避難小屋泊の予定だという。気をつけて歩いてほしいと思いながら、私たちは先に歩き出した。

e0110500_17114433.jpg
 河原小屋は跡形もなくなっている
e0110500_17122929.jpg
 登山口にある弥山遡行コースの警告文
e0110500_1716524.jpg
 このアニメの案内板はなかなかおもしろい

 弥山川左岸の林道は幅広で少しずつ登っている。もう歩きなれた感じなので、さっさと進むと20分ばかりで林道終点が見えてきた。直進するとカナビキ尾根に登ることになるが、今日は弥山川遡行なので、終点手前から左に下る分岐を下る。すぐにカナビキ谷に架かる橋を渡り、荒れた林道を進むと広い河原に降り立った。ここが白川八丁の入口である。河原であるが、水流がない。つまり伏流(潜流)になっているのだ。上流に向かってゴーロを進む。すると、間もなく水流が現れてきたが、いつもより早い。釜滝までは渡渉しながら行くことになるが、今日は水量が多いので渡渉にも苦労する。かといって、靴を脱いでというのも面倒だ。バシャバシャと水に浸かって渡渉したが、しっかりと防水を効かせた一枚革の登山靴とスパッツで何とか浸水せずに済んだ。やがて右に岩壁が見えてきたが、ここを越えると釜滝が見えてくるはずだ。5mほどの滝が現れた。滝壺の手前ではいつもは水に浸かっていない石が水没している。やはり今日は水量が多いのだ。

e0110500_17134895.jpg
 林道終点手前を左に下るところ
e0110500_17143355.jpg
 白川八丁の入口-河原には水流がない
e0110500_17152181.jpg
 釜滝までやってきた-今日は水量が多い

 さて、釜滝からは右岸を巻いて登っていく。右岸の取り付きには、「双門弥山線歩道」と書かれた古い標柱が建っている。すぐに古い橋が現れ、「双門・弥山コースは上級向・沢登りコース」「ハシゴ・橋などは必ず安全を確認のこと」「滑りやすい・転落注意・三点支持」と厳しい注意書きがある。もちろん承知の上のことである。すぐに右手下に弥山ダムが見えてきた。ふと右を見ると、岩壁に金属プレートが埋め込んであり、ここで転落遭難した登山者の遺族からの寄付でこのコースの整備が行われたことが書かれていた。やがて滑りやすい一枚岩を取りつけられた鎖を手がかりに下っていく。傾いた橋を確認しながら渡ったり、あるいは古い橋の下を潜ったりして進むと、従前の登山道が崩壊していて左手に巻き道(堀新道)が作られている。結構な高巻きをしながら登り、再び下ってくると、河原に下りてきた。少し河原の中を行くと、右手に「双門弥山線歩道」の標柱があり、ここから左岸に転じることになる。最初は高巻きになっているが、やがて河原に下りてきて、へつりを行くことになる。岩に打たれた鉄棒や設置ロープなどがあるので、ゆっくり慎重に辿ればそう難しくはない。最後に橋が出てくるので、これを渡り少し登ると、右に下るところがある。下ってから登り返すと、目の前に一ノ滝と二ノ滝が二段になって流れ落ちているところに出てくる。左手下には吊り橋がある。

e0110500_17165637.jpg
 釜滝右岸にある双門弥山線歩道の取り付き
e0110500_17184576.jpg
 いきなり橋が現れ、警告がある
e0110500_17193591.jpg
 遭難者の遺族の寄付により歩道が整備されたことを示す銘板
e0110500_1720293.jpg
 一枚岩の滑りやすい下り
e0110500_17203547.jpg
 傾いた橋を登る
e0110500_1721679.jpg
 橋の下を潜る
e0110500_17213350.jpg
 巻き道(堀新道)に入る
e0110500_17221026.jpg
 河原に降り立つ
e0110500_17223859.jpg
 左岸に転じるところ
e0110500_17231995.jpg
 鉄棒やロープがある
e0110500_1724682.jpg
 へつりをよじ登る
e0110500_17244440.jpg
 最後に橋が出てくると一ノ滝が近い
e0110500_17273083.jpg
 二段になっている一ノ滝と二ノ滝
e0110500_1727577.jpg
 吊り橋を渡る

 一ノ滝と二ノ滝の吊り橋を渡ると、いよいよ弥山川遡行の核心部に入っていくことになる。最初は露岩の急登になっているが、矢印の標識のところで右に大きく曲がる。さらに急登が続くが、途中で三ノ滝があり、前回滝壺まで下ることができることがわかったので、今回も下ってみた。20mほどの落差の滝であるが、近づいてみると迫力がある。登山道に戻り、岩の間を通過すると、ここから垂直ハシゴが連続することになる。このあたりが最もしんどいところであるが、気を抜かないように注意が必要である。途中に稲村ヶ岳が見えるところがあるが、今日はガスっていて見えない。急登と垂直ハシゴはまだまだ続く。やがて尾根に出たかと思うと、少し下りとなり、平坦な鞍部に出てきた。ここが滝見平(仙人嵓前テラス)である。対岸には仙人嵓がそそり立ち、名瀑・双門ノ滝(60m)が一条の線を引くように流れ落ちている。ここで小休止だ。

e0110500_19492190.jpg
 この矢印の標識で右に大きく曲がる-直進するミスを犯しやすい
e0110500_1950074.jpg
 三ノ滝の滝壺まで下りてみた
e0110500_19503622.jpg
 岩の間を通過する特徴のあるところ
e0110500_19513737.jpg
 いよいよ核心部に突入!です-ここから垂直ハシゴが嫌というほど堪能できます
e0110500_19523488.jpg
 長いハシゴだね
e0110500_19531157.jpg
 もう一丁登ってみようか
[#IMAGE|e0110500_19533848.jpg|201307/21/00/|mid|1280|960#  ほほう、続きますね
e0110500_1954518.jpg
 まだまだ余裕のよっちゃん
e0110500_19543870.jpg
 さあ、カモン!baby
e0110500_19552838.jpg
 そろそろ疲れが出てきた
e0110500_19561124.jpg
 まだあるある!
e0110500_19564173.jpg
 岩場の鎖も出てきたよ
e0110500_19575084.jpg
 真ん中ガスってるところに稲村ヶ岳が見えるのだが
e0110500_2003277.jpg
 晴れていたら、こんなふうに見える(中央の稲村ヶ岳の左の角みたいなのは大日山)
e0110500_2032096.jpg
 滝見平から仙人嵓と双門ノ滝

 滝見平からもさらに登りが続く。繰り返しハシゴや鎖が連続している。もうここまでくると慣れてきた。何でも来いだ。やがて小さなピークに立つと、岩壁に銘板が取りつけられている。「弥山の山を愛し、弥山の山にかえる」(H6.4.17)と書かれていた。さらに急登を行くと、矢印の標識が出てきて、小尾根にあるしっかりとした道が出てきた。すぐにザンキ平の肩に着いた。前回はここを直進して、迷ヶ岳→修覆山を経て弥山に直登した。今回は弥山川遡行を続けるべく、右手下にある鉄橋を渡って下っていく。かなりザレた斜面になっていて、鎖が設置されている。右下には滝が見えてきたが、これが三鈷ノ滝である。やがて弥山川に降り立つが、右岸沿いに登山道があり、これを進むと河原小屋があるはずだった。しかし、H23.9の台風被害により小屋は流失し、跡形もないという。谷が荒れており、大きな石が転がっている。以前にはなかった光景だ。小さな階段を登ると、そこに小屋があったはずだが、その立っていた台地そのものが崩壊しており、小屋はまさに跡形もなかった。その後は、登山道が右岸と左岸を行ったり来たりしている。

e0110500_21241024.jpg
 ガレ場のトラバースからハシゴへ
e0110500_2125420.jpg
 慰霊のプレートがあります
e0110500_21253743.jpg
 矢印の標識が出てくるとザンキ平の肩が近い
e0110500_21271663.jpg
 ザンキ平の肩にある標識-弥山川遡行はここから右手に下る
e0110500_21285963.jpg
 ザンキ平の肩から鉄橋を下る
e0110500_21295832.jpg
 続いて鉄の階段を下る
e0110500_21302664.jpg
 笹の中をトラバースする
e0110500_21305883.jpg
 右下に三鈷ノ滝が見える
e0110500_2131296.jpg
 ここが河原小屋のあったところ-まさに跡形もなくなっている
e0110500_2132099.jpg
 左岸に登山道がある
e0110500_21323197.jpg
 河原に降り立つ
e0110500_213315.jpg
 今度は右岸に登山道がある

 やがて、桶ノ谷出合にやってきた。ここは直進しないようにしなければならないポイントだ。右手の谷に入ることになる。目印は岩に打ち付けてある鉄棒だ。この谷に入ると、登山道は左岸にあり、左手にナメ滝を見ながら遡上していくことになるが、間もなく鉄ハシゴがぶら下がっている大きな岩のところにやってきた。千丈嵓と呼ばれる巨岩である。この鉄ハシゴは下部が固定されていないので、ぶらぶらするが、短いので思ったより簡単に登れる。続いて岩テラスをトラバースすると、空中回廊がやってきた。岩壁に10本余りの鉄杭が打ち込んであるところだ。ここを越えると右下には聖門ノ滝が流れ落ちているのが見える。左岸の高巻きを越えると、滝の上部に出てきて、明るくなってくる。右岸に渡って平坦な道を歩くと、やがて右手の尾根に高崎横手からやってくる登山道と合流すると、眼前に吊り橋が見えてきて、右手に狼平避難小屋が見えた。ここまで5時間半。まずまずのペースである。時刻も11:30なのでランチタイムにすることにした。今日は野菜冷麺と極ZEROだ。やはり体力を消耗したので食べるものがうまい。喉も鳴る。

e0110500_21333539.jpg
 桶ノ谷出合-ここから右手に入っていく(岩に鉄棒があるのがポイント)
e0110500_21343670.jpg
 千丈嵓に掛けられている鉄ハシゴを登る
e0110500_21351257.jpg
 岩テラスをトラバースする
e0110500_21354231.jpg
 空中回廊を渡る
e0110500_21361185.jpg
 左手下には聖門ノ滝が見える
e0110500_21364770.jpg
 高崎横手からの登山道と合流する
e0110500_21373349.jpg
 狼平に向かう吊り橋
e0110500_2138035.jpg
 狼平避難小屋が見えてきた
e0110500_21383488.jpg
 ランチは野菜冷麺
e0110500_21385756.jpg
 今日は極ZERO!
e0110500_21393587.jpg
 狼平避難小屋の中はきれいだ

 狼平でランチタイムをしていると、ガスが濃くなってきて、小雨もぱらついてきた。ランチも20分で切り上げて、弥山をめざすことにした。狼平からの登山道は整備された階段まじりの道なので問題はない。大黒岩を通過したあたりで、小雨も本降りに近くなってきたので雨具を着ることにした。ガスも立ちこめており眺望もない。登山道の途中から八経ヶ岳が望めるのだが、今日はだめだ。しかし、折角なので弥山の山頂には立ち寄ることにした。弥山小屋に着くと、オオヤマレンゲ目当ての登山者がたくさん来ており、雨を避けて昼食にしていた。ここで八経ヶ岳に登るかどうか思案したが、オオヤマレンゲもまだあまり咲いていないという情報とこの雨模様にテンションが下がった。keikokuさんと相談の結果、そのまま奥駈道を下り、行者還トンネル西口に下山することにした。となると、トンネル西口登山口から大川口までは徒歩1時間ほどなので、これくらいならば歩こうということになる。奥駈道はほとんど下りであったが、ぬかるんでいて歩きにくい。しかも、午後というのに、弥山小屋めざして登ってくる登山者がかなりいた。しかも、20~30人ほどの団体とすれ違ったが、今夜は弥山小屋泊まりで、明日オオヤマレンゲを見物して下山なのだろう。

e0110500_21425077.jpg
 狼平から弥山への登山道は階段が整備されている
e0110500_2143246.jpg
 大黒岩を通過する
e0110500_2144118.jpg
 弥山山頂に到着
e0110500_21444114.jpg
 雨に煙る弥山山頂
e0110500_21452062.jpg
 弥山小屋に立ち寄る
e0110500_21454713.jpg
 止まない雨にテンションが下がり、八経ヶ岳はパスする
e0110500_21463786.jpg
  理源大師像のある聖宝ノ宿跡-触れてはならぬ
e0110500_21482726.jpg
 奥駈道を下る
e0110500_21485963.jpg
 三等三角点のある弁天ノ森

 トンネル西口分岐までやってくると、体力あり余るkeikokuさんが先に下山して大川口まで走ってデポした自転車を取りに行き、熊渡まで戻って車で迎えにくるという。さすがに私にはそれはできないので、お任せすることにした。私は、マイペースでトンネル西口の登山口まで下山した。登山口にはまだたくさんの車が駐まっており、登山口周辺の駐車地には収まらず、路駐がずらりと並んでいた。見たところ、おそらく100台くらいは駐車していたのではなかろうか。中でもバスが3台駐まっていたが、これは先ほどすれ違ったツアーの団体登山のものと思われる。下山すると雨も止み、大川口に向かってR309を歩いていると、後ろからやってきた車から声がかかった。乗っていかないかとのありがたいお言葉。60代の男性単独者で地元奈良在住の方であったが、大峰・台高から鈴鹿によく登っておられるとか。ありがたく乗せていただき、しばしの間、山談義。途中でkeikokuさんの車と出会ったところで下ろしていただいた。ということで、今日は天気予報が外れたため予定どおりにはいかなかったけれど、keikokuさんには弥山川遡行を堪能してもらうことができてよかった。下山後は、天の川温泉に立ち寄り、汗を流した後、一旦京都まで戻り、再び祝杯を挙げた。

e0110500_21502658.jpg
 トンネル西口に下る分岐
e0110500_2151061.jpg
 トンネル西口の登山口
e0110500_21512445.jpg
 行者還トンネルの西口
e0110500_21551422.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

<コースタイム>
6:00熊渡駐車地-6:25白川八丁入口-6:45釜滝-7:20クルミ谷出合-7:30一ノ滝吊橋-8:00三ノ滝-8:40滝見平(仙人嵓前テラス)-9:10ザンキ平の肩-10:00河原小屋跡-11:05桶ノ谷出合-11:15聖門ノ滝-11:30狼平避難小屋11:50-12:10大黒岩-12:40弥山-12:50弥山小屋13:00-13:20聖宝ノ宿跡-13:40弁天ノ森-13:55トンネル西口出合-14:30行者還トンネル西口(登山口)


by kitayama-walk | 2013-06-30 23:13 | 台高・大峰山系 | Comments(3)
Commented by kando1945 at 2013-07-05 23:46 x
こんばんは。
同日私もオオヤマレンゲを見てきました。
橋のたもとの駐車場に止めて、準備をしてさあ出発というとき、一台の車が目の前に止まりました。目でスペースを探してないようなので、そのまま奥に行かれました。目の前の助手席の方のお顔は、なんとkitayama-walkさんではないですか。
弥山川遡行すれば追い付かれたと思いますが、2週間前にしていたのでこの日はカナビキ尾で登り、頂仙岳手前で弥山川へ下り、狼平、弥山、八経ヶ岳、カナビキ尾で下りました。
お見かけしたのは、弥山川遡行のとき、雪の明神岳のふもと、そしてこの日で3回目になります。話をしたのは明神岳のときだけですが、またお会いすることがあればよろしくお願い申し上げます。
Commented by kitayama-walk at 2013-07-06 01:43
kando1945さん、初めまして。というか、やぶこぎネットではお見かけしていますので、知っていましたよ。でも、このコメント読むと、kando
さんは私のことを知っておられたようですね。過去2回ですか。最初は弥山川遡行のときというと、2011/7/10のときではないでしょうか。確
か、このときは私はF田氏と二人で歩いたのですが、単独行の男性とお会いしたような気がします。2回目の雪の明神岳というと、2011/12/28
のときじゃないかな。このときは私は単独行でしたが、明神岳から少し下ったところで単独行の男性と話した記憶があります。

 今回は、一旦熊渡を通り過ぎ、大川口まで自転車をデポしにいきました。このときに見かけられたのですね。その後、熊渡まで引き返してき
ました。それにしても、私の顔を覚えておられたのはどうしてでしょうか?
Commented by kando1945 at 2013-07-06 14:55 x
相手が自分のことを知っていて、相手のことが分からないというのはあまりいい気持ではありませんね、大変失礼しました、すみません。
私の山の情報は皆さんのブログがほとんどです。だいぶ前にkitayama-walkさんのブログを見つけて参考にさせてもらっています。5~6年前くらいでしょうか、ブログのある頁にお顔がはっきり出ている写真があり、それで覚えました。
2011/7/10、河原小屋を過ぎたあたりで男性ペアに追いつかれ挨拶を交わしたときに気付きましたが、気後れしてkitayama-walkさんですねとよう声をかけませんでした。2度目でしたがルートが難しいのでkitayama-walkさんたちの後を追わせてもらいましたが、何かを探しておられるのか非常にゆっくり歩いておられたので、先に行こうと回り込んだところで滑って両足のスネまでドボンしてしまいました。ドジなところを見られて恥ずかしいので追い付かれまいと急いで歩きました。
2011/12/28は桧塚奥峰からの帰り、明神岳から下りてこられたkitayama-walkさんと挨拶して少し話をしました。しかし、この時はkitayama-walkさんとは気付かず、後でブログを覗いて解りました。
どこかでお会いすることがあればよろしくお願い申し上げます。


<< 大菩薩嶺-小説「大菩薩峠」で知...      大長山&赤兎山-越前禅定道から... >>