2012年 02月 12日

御在所岳-本谷を詰めて、藤内沢を下る

【日 付】 2012年2月12日(日曜)
【天 候】 雪後曇り
【山 域】 鈴鹿中部
【メンバー】 単独行

【コース】 冬期ゲート-裏道登山口-御在所山の家-不動滝-潜り岩-アゼリア-山頂公園-第三ルンゼ氷瀑-第二ルンゼ-コーモリ滝-マイナス滝-藤内滝-藤内小屋-裏道登山口-冬期ゲート

 御在所岳の一般登山道である中道と一ノ谷新道の間に「本谷」という沢があります。これは、ロープウェイの山頂駅付近を水源として三滝川に注ぐ支流であり、本来は「一ノ谷」と呼ばれているものです。この本谷を詰めて山頂駅付近に達する本谷ルートは登山地図に載っていないバリエーションルートのひとつですが、今回はこれを詰めてみることにしました。ネットで情報を見ると、結構たくさん載っていました。

 下山は、どのルートをとるか迷いました。当初の予定では国見尾根を下るつもりでしたが、生憎の吹雪の天候となり、景色を堪能することができないことから、藤内沢を下りました。先月28日に藤内沢を登って下ったことから、下りの様子もわかっており、第二ルンゼの様子もみておきたかったので、藤内沢を下山ルートに選択しました。

e0110500_0555162.jpg
 本谷上部の巨岩を巻いて登っていきます



<アクセス>京都東IC-(名神)-草津JCT-(新名神)-亀山JCT-(東名阪)-四日市IC-R477-鈴鹿スカイライン冬期ゲート

 7:30過ぎに冬期ゲートに到着しましたが、すでに道路の両側の路側に20台以上に車が駐車していました。しかし、天気予報がよかったはずですが、今日は三重県側もかなり厚い雲に覆われていて、太陽も見えません。しかも、身支度を整えていると、小雪が舞ってきました。そのうち、晴れてくるだろうという楽観的予想の下に出発しました(7:50)。今日は、冬期ゲートから、蒼滝大橋のたもとの裏道登山口を右手に見やり、蒼滝トンネルを抜けて、中道登山口まで行きます。中道登山口の左手にある橋を渡って、御在所山の家に出て、その右側にある本谷ルートの登山口に入ります。

e0110500_15112977.jpg
 スカイライン冬期ゲート前(路面は凍結している箇所があります)
e0110500_15121487.jpg
 蒼滝大橋も積雪がほとんどなくなっています-しかし橋上の路面が凍結しています-ちょっと吹雪いてきました
e0110500_15133937.jpg
 蒼滝トンエルを抜ける頭上にロープウェイからの落下防止ネットがあります
e0110500_15143577.jpg
 中道登山口の満天星駐車場は満車状態です
e0110500_15152037.jpg
 中道登山口に到着しました(8:15)
e0110500_15165921.jpg
 中道登山口の左手にある橋を渡り、山の家に向かいます
e0110500_15174065.jpg
 御在所山の家に到着しました(8:20)
e0110500_15181075.jpg
 山の家をそのまま通過すれば一ノ谷新道に入りますが、右手の方に行くと、本谷コースを示す表示があります
e0110500_1520308.jpg
 「この先、本谷 上級者向けコースにつき、入山注意」とビビらせてくれます
e0110500_23302759.jpg
 一ノ谷(本谷)の概念図
e0110500_23324634.jpg
 取水口に出てから谷に入ると、大きな石がゴロゴロとしているところに入っていきます
e0110500_23343293.jpg
 最初のナメ滝-これから花崗岩の滝が連続します
e0110500_233619100.jpg

e0110500_23363595.jpg

e0110500_23365160.jpg

e0110500_23371128.jpg

e0110500_2337263.jpg

e0110500_2337391.jpg

e0110500_23375287.jpg

e0110500_23391969.jpg
 やがて20mほどの不動滝に突き当たります-ここは左に巻きます
e0110500_23424210.jpg
 不動滝を左から高巻くと、→と×があり、冬期は×方向に迂回するようですが、敢えて→に進みます
e0110500_2345336.jpg
 ゴーロを越えていくと正面に巨岩が現れます
e0110500_2345471.jpg
 巨岩は右を迂回することもできますが、左端をよじ登ります

 巨岩を過ぎたところで二俣となり、右に急カーブして高度を上げて行くべきところでしたが、ここで左のコーモリ谷に入ってしまいました。この谷も結構大きな谷だったので、すぐには間違いに気づきませんでした。トレースもなかったのですが、適当に登っていくにつれて不安になり、GPSで確認すると、本来のコースから外れていることがわかりました。大岩のところまで戻ってもよかったのですが、結構登ってきていたことから、コースを修正し、右手に行くことにしました。一つの小さな尾根を越えるともう一つ谷がありました。この谷は、後で大黒谷と分かりましたが、これも越えてトラバースしていくとやっと本来のコースに戻ることができました。戻った地点は、多分、大黒滝を越えたあたりではないかと思います。

e0110500_23483851.jpg
 巨岩を過ぎたところで二俣なり、ここで右に行くべきところを左の谷(コーモリ谷)に入ってしまいました
e0110500_23564198.jpg
 これはどうやら大黒谷のようです
e0110500_23584741.jpg
 三角の形をした岩が見えてきました
e0110500_002242.jpg
 三角岩は潜り岩とも呼ばれていて、文字どおり下から潜ることができます(ただし、ザックは外さないと潜れません)
e0110500_072727.jpg
 先行者の後ろ姿を捉えました
e0110500_075695.jpg
 振り返るとロープウェイの鉄塔が見えます
e0110500_082768.jpg
 先行者に追いつきました
e0110500_084755.jpg
 先行者を抜くと、行く手は狭まってきてもう山頂に近くなってきました
e0110500_093443.jpg
 「この先線路点検道」という標識があり、その方向にトレースがありましたが、まっすぐにルンゼを詰めていきます
e0110500_0103381.jpg
 一ノ谷新道との合流地点は近い
e0110500_0115686.jpg
 山頂のスキー場やレストラン「アゼリア」は繁盛していました
e0110500_0123581.jpg
 名物になっている人工氷瀑

 山頂スキー場に到着しても、天気は一向に回復せず、吹雪いていたことから、レストラン「アゼリア」でランチタイムにすることにしました。せっかくカップ麺なども持参しましたが、雪の降る寒い中で煮炊きする意欲が湧きませんでした。30分ほどで素早くランチを済ませて、下りは藤内沢を降りることにしました。前回も下っているので様子はわかっています。

e0110500_0205393.jpg
 樹氷の遊歩道を通って山頂公園に向かいます
e0110500_0213775.jpg
 山頂公園に到着(11:30)-三角点はここにはありません
e0110500_0225566.jpg
 中道の下山口
e0110500_0233241.jpg
 藤内沢の第三ルンゼに下る地点
e0110500_024431.jpg
 今日は第三ルンゼの氷瀑に取りつけているクライマーがいません
e0110500_0244695.jpg
 第三ルンゼの氷瀑は立派に発達しています
e0110500_059533.jpg
 前尾根のヤグラが見えています
e0110500_0594411.jpg
 ヤグラが正面に大きく見えます
e0110500_101726.jpg
 このあたりで右手にトラバースしていき第二ルンゼに向かいます
e0110500_11111.jpg
 第二ルンゼで目につくツルム(尖塔)
e0110500_115780.jpg
 奥又壁を登るクライマーがいました
e0110500_123384.jpg

e0110500_124796.jpg

e0110500_13955.jpg
 先日登ったマイナス滝にも立ち寄りました
e0110500_134073.jpg
 右側にマイナス滝があります
e0110500_14446.jpg
 コーモリ滝を下り、ゴルジュ状のルンゼを下っていきます
e0110500_145099.jpg
 前尾根P5直下のフランケの氷柱も前回より少し大きくなっています
e0110500_153291.jpg
 第一ルンゼの一ノ壁、中又、バットレスも健在です
e0110500_161317.jpg
 藤内滝を偵察に行きました
e0110500_164755.jpg
 下ってくると伊勢平野は晴れていました
e0110500_171396.jpg
 藤内沢、前尾根を振り返ります
e0110500_174445.jpg
 藤内小屋で小休止です
e0110500_1103729.jpg
 四の渡しを通過します
e0110500_182420.jpg
 七の渡しを通過します
e0110500_111261.jpg
 大きな堰堤の真ん中を通過します
e0110500_1113388.jpg
 蒼滝大橋まで戻ってきました
e0110500_1115789.jpg
 冬期ゲートに帰ってきました(14:35)
e0110500_11445100.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

<コースタイム>
750冬期ゲート 805裏道登山口 820御在所山の家 910不動滝 1020三角岩 1055アゼリア1120 1130山頂公園 1145第三ルンゼ氷瀑 1205第二ルンゼ 1245コーモリ滝 1300マイナス滝 1330藤内滝 1355藤内小屋1405 1425裏道登山口 1435冬期ゲート


by kitayama-walk | 2012-02-12 23:42 | 鈴鹿山系 | Comments(2)
Commented by 三太夫 at 2012-02-21 19:26 x
 Kitayama-walk さん、こんばんは。
 本谷の雪は、私が想像していたよりは少なく、これでは登るのが大変だったでしょう。ご苦労様でした。
 私たちは、本谷も藤内沢も何回も登っているものの、降ったことは1度もありません。両者ともに危険な箇所があるので、そこの通過に自信が持てないのです。これに比べて、こんな難関を果敢に挑戦されるkitayama-walk さんは流石だと感心しております。
 私たちは、このような場所は登ることすらできなくなってきました。kitayama-walk さんの活躍をみて我がことのように手に汗を握りながら眺めております。
 それでは、ますますのご活躍を……。
Commented by kitayama-walk at 2012-02-22 01:29
 三太夫さん、こんばんは。
 そうですね。本谷は、藤内沢に比べると雪が少なかったです。しかし、登るのはいうほど難しいことはなかったです。変化に富んでいて面白い
と思います。雪のないときも、結構歩かれているところではないでしょうか。

 藤内沢を下るとき、難しいのは2箇所あると思います。いずれも凍った場所で、ここはピッケルとアイゼンとでクライムダウンする必要がありま
す。まあ、ロープまでは必要なかったですが。


<< 北八ヶ岳(縞枯山・茶臼山)-快...      入道ヶ岳-やっぱりいざというときの山 >>