2011年 08月 27日

難関の百名山・幌尻岳に登る-新冠コースから

【日 付】 2011年8月26日(金曜)-28日(日曜)
【天 候】 26日晴れ時々曇り 27日快晴 28日快晴
【山 域】 日高山脈
【メンバー】 M井、M村、kitayama-walk

【コース】 ニイカップポロシリ山荘-二俣出合(渡渉地点)-水場-大岩-額平コース出合-▲幌尻岳(往復) 

 日高山脈の最高峰である幌尻岳-百名山の中では最難関のと言われています。通常案内されているコースは、幌尻岳の西側の平取(びらとり)から入る額平コース(振内コース)ですが、登山口にある幌尻山荘は完全予約制であり、なかなか予約が取れませんし(予約は毎年4月1日からです)、幕営も禁止になっています。また、幌尻山荘の手前の約2時間は額平川の渡渉の繰り返しがあり、通常でも沢靴に履き替えることになり、増水しているときには渡渉が不可能となって引き返すことを余儀なくされます。

 今年の夏山登山計画として、8/26-28で予定を入れていたのですが、幌尻山荘の予約を忘れてしまったことから、この期間で予約が取れませんでした。直前までキャンセル待ちをすることにするとともに、幌尻岳の南からアプローチする新冠コースを選定して、計画を立てました。新冠コースの長所は、渡渉がないので山頂に到達する可能性が高いこと(敗退の可能性が低い)、ニイカップポリシリ荘は人が少ないので予約が要らないことで、短所は片道約18㎞の林道歩きをしなければならないことです。

 「日高で唯一の二千メートル峰であるのみならず、その山容からいっていも、貫禄からいっても、日高の代表として十分の資格を持っている、ということであった。アイヌ語でポロは『大きい』、シリは『山』の意。その名もまた快いではないか。」(深田久弥「日本百名山」から)

e0110500_10323841.jpg
 快晴のもと、幌尻岳山頂に到達しました



<アクセス>
6:25京都駅→(空港バス)→7:15伊丹空港8:05→(JAL3911)→9:55新千歳空港(レンタカー)10:30→(千歳市内でガスボンベ、飲食料等購入)→14:30奥新冠ダムゲート前駐車地


 <新冠コースを選択した理由>
1 額平コースで利用する幌尻山荘の予約ができなかった
2 額平コースは、2011年から林道の通行規制が強化され、従前マイカーで行けていた林道第一ゲートまで行けなくなり、町の運行するシャトルバス(往復3500円)を利用するしかなくなった
3 額平コースは、額平川の増水により渡渉不能の危険性がある(新冠コースは心配ない)
4 新冠コースの新冠ダムゲートが開放され、奥新冠ゲート(イドンナップ山荘)までマイカーでアクセスできる(新冠町のホームページ
5 ニイカップポリシリ荘は予約がいらない(宿泊する人が少なく管理人もいない)

8月26日(金曜)
 新千歳空港でレンタカーを借り、千歳市内のホームセンターでガスボンベ、コンビニで飲食料品を調達しました。3日間の食事は全部自炊になることからガスコンロ・ボンベは必携品です。時間がないことから、昼食はコンビニ弁当を車の中で食べることになりました。千歳ICから道央道に乗り、苫小牧東ICから日高道に入り、日高富川ICで、R235(浦河国道)に降ります。新冠町に入る手前で左折して県道209(サラブレッド銀座通)に入ります。やがて県道71と合流した先にある昭和シェルのGSのところを直進します。すぐに町道岩清水ダム線入口にやってきて、ここから舗装道路でなくなっています。ダートな道(といっても、新冠ダムまでは比較的まともな道路です)を進むと、岩清水ダム、下新冠ダムと2つの小さなダムを右手に通過し、新冠ダムに着きました。林道では時速40㎞ほどしか出せないので、林道入口から新冠ダムまでの約22㎞に約1時間かかりました。

e0110500_19365551.jpg
 新冠ダム湖

 新冠ダムのところでは直進せずに、ダムの堰堤の上にある道路を進みます。ダム上を通過すると、道なりに左にカーブしていて、ここにゲートがあります(新冠林道ゲート)。事前の情報によると、今年6月から新冠林道ゲートが開放されているので、車でイドンナップ山荘の少し奥にある奥新冠ゲート(北電ゲート)までは行けるということでした。そのとおり、この新冠林道ゲートは開放されていて、そのまま通過することができました。
ところが、このゲートからイドンナップ山荘付近までの林道は極めて悪路でした。大きな水たまりがあちこちにできていて、車の動揺は相当なものでした。

e0110500_1952251.gif


 途中にイドンナップ岳への登山口がありましたが、そのまま通過します。キタキツネも3匹ほど林道を横切ったりして、ここは北海道だなと実感したりました。16㎞の林道走行でしたが、かなり時間がかかったように思われました。まだかまだかと思いながら進むとようやくイドンナップ(糸納峰)山荘が見えてきました。山荘前を通過して1.5㎞進むと、2つ並んだゲートが見えてきました。右側のゲートが奥新冠ゲート(北電ゲート)と呼ばれるもので、車はここまでしか入れません。このゲート前に広場があるので、ここに車を駐めることになります(すでに5台の車が駐車してありました)。

e0110500_204215.jpg
 イドンナップ山荘-ここからさらに1.5㎞で奥新冠ゲート(北電ゲート)に着きます
e0110500_205248.jpg
 奥新冠ゲート(北電ゲート)-黄色のテープのあるところを潜って入るように指示されています
e0110500_207055.jpg
 北電から登山者に対するお知らせ-悪質な登山者による車両乗入や設備損壊の被害が発生しているため、この奥にもゲート(鉄壁です!)を設けていると警告しています

 身支度を整えて、15:10北電ゲートを潜って出発しました。これから約18㎞の林道歩きになります。ニイカップポリシリ荘までは約4時間半かかるので、到着予想時刻は午後7時半を過ぎます(もう周囲は真っ暗になっていることでしょう)。林道は、最初新冠川の左岸についていましたが、3㎞ほど先の「いこい橋」で右岸に渡ります。このあと、奥新冠ダムまでずっと右岸を歩くことになりますが、途中で大きな3つの沢(大理石沢、雷沢、原石沢)を越えていくことになります。

e0110500_2027115.jpg
 まずは、やさしい林道歩きからスタートします(15:10)
e0110500_20305649.jpg
 「ポロシリ山荘まで15㎞」の標識-5㎞ごとに立てられています
e0110500_20322628.jpg
 いこい橋にかかる第二ゲート(15:45)-ご覧のとおり、上下も左右も通させぬという強い意思が窺われます-長い林道歩きを避けるため自転車を使う人がいるそうです。大人二人いれば、ゲートの上を通過させることができると思いますが、ゲートの下は40㎝ほどの空間しかないので、折りたたみ式自転車(ハンドルがたためるもの)しか通過させることができないでしょう。カラビナとシュリンゲがあれば、一人でもゲートの左右を通過させることができるかも知れません。ただし、この橋の下はかなりの高さがあり、落ちればお陀仏でしょう。
e0110500_20402042.jpg
 人の通過も難しい回転式ゲートになっています(ザックを背負ったままでは通過できません)
e0110500_20523311.jpg
 このポストの数字は0.5刻みでつけてありますが、北電ゲートからの「距離を表していると思います(奥新冠ダムまで15㎞)
e0110500_2050322.jpg
 林道に咲く花に止まる蝶
e0110500_20512596.jpg
 エゾトリカブト(蝦夷鳥兜)でしょうか?
e0110500_2052070.jpg
 ポロシリ山荘まで10㎞です
e0110500_2054169.jpg
 黙々と早足で歩いていきます
e0110500_20544929.jpg
 最初の沢は「大理石沢」(17:10)と呼ばれています(林道は沢の上を通過しているので渡渉ではありません)
e0110500_20551834.jpg
 黙々と歩く
e0110500_2056860.jpg
 2つ目の沢は「雷沢」と呼ばれています(17:25)
e0110500_205650100.jpg
 少し暗くなってきました
e0110500_20571574.jpg
 ポロシリ山荘まで5㎞となりました(18:00)
e0110500_2104459.jpg
 3つ目の沢の「原石沢」(18:10)

 3つの沢を越えると、やがて奥新冠ダムが見えてきましたが、もう薄暗いのでよく見えません。林道はダムの左側に沿って続いていますが、ここからは登りになっています。ヘッドランプを点けて、黙々と登っていきます。まだかまだかと思いが再び起こってきました。ダムから40分ほど歩き、ようやくニイカップポリシリ荘に到着しました。もう周囲は真っ暗になっていました。私たちが今日最後の到着になりました。山荘の1階には、福島からきた60台男性4人組、沢登りの3人組と私たち3人、そして2階には、3人グループと男性単独者、合計
14人が泊まることになりました。

e0110500_21125220.jpg
 奥新冠ダムが見えてきました(写真は帰りに撮ったもの)
e0110500_21133174.jpg
 奥新冠ダム(同上)
e0110500_21135428.jpg
 新冠ポリシリ荘
e0110500_21171645.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

<コースタイム>
1510奥新冠ゲート(北電ゲート) 1545いこい橋ゲート 1710大理石沢 1725雷沢 1810原石沢 1835奥新冠ダム 1910ニイカップポリシリ荘


8月27日(土曜)
 今日は、ニイカップポロシリ山荘から幌尻岳をピストンして、同山荘でもう1泊する予定です。登り4時間、下り3時間と見込んで、午前6時に山荘を出発することにしました。後で、もう少し詳しく調べると、七つ沼カールは幌尻岳山頂からは見えず、山頂から40分ほど稜線を歩いた肩まで行かなければなりませんでした。後述するように、結果的には七つ沼カールを見ることができなかったのですが、もう1時間早く出発していたら、戸蔦別岳までピストンできたのではないかと、ちょっと後悔してしまいました。山荘の中に花火がおいてあるなと思ってよく見ると、これは爆竹で、朝一番のスタート時に鳴らして熊避けをするためのものでした。すでにここから見えない熊との戦いが始まるのです。今朝は誰も爆竹を鳴らした人はありませんでしたので、取りあえず、熊除けの鈴をカランカランと大きく鳴らしながらスタートしました。

e0110500_18511022.jpg
 早朝のニイカップポロシリ山荘(6:00)
e0110500_18515661.jpg
 登山口は山荘の左手にあります
e0110500_18533550.jpg
 幌尻沢の右岸に登山道がつけられています
e0110500_18543494.jpg
 高巻きになっている箇所があります(ロープが設置されています)
e0110500_18551588.jpg
 小さな支沢を2、3つ横切っていきます
e0110500_18561747.jpg
 幌尻沢まで下っている箇所もあります
e0110500_18565692.jpg
 キツリフネが咲いていました
e0110500_18572012.jpg
 これは何の花でしょうか?
e0110500_18575328.jpg
 やがて幌尻沢が二俣に分かれているところにやってきます-ここが唯一の渡渉地点です
e0110500_18583911.jpg
 流木が引っかかっていて、これに平板がかけてあるので、これを利用すれば登山靴のまま渡渉ができます

 この二俣の渡渉点を越えると、急登が待っていました。樹林の中に登山道はしっかりとついていて、迷うようなことはありません。しかし、急登です。これから山頂まで急登が続いています。途中で樹林の間から山頂への稜線が見えるところもあります。また、リッジになっている箇所もあり、固定ロープが設置されているところもあります。倒木が登山道を塞いでいて、その合間を抜けていくところもあります。「見晴台」や「中間点」という標識があり、「見晴台」の方は小休止にもってこいのところでした。さらに、頑張って登っていくと、左手にトラバースしてきたところに「水場」という標識が出てきて、その先に小沢があって、ここが水場になっていました。

e0110500_12281695.jpg
 渡渉点を過ぎるといきなり急登になっています
e0110500_12284136.jpg
 途中で山頂の稜線が見えるとことがあります
e0110500_12292487.jpg
 固定ロープが設置されている箇所です(左が谷になっています)
e0110500_1230415.jpg
 見晴台までやってきました(8:10)
e0110500_12442850.jpg
 見晴台で小休止-振り返ると、左に二百名山のカムイエクウチカウシ山(1980m)、右にイドンナップ岳(1752m)がきれいに見えています-カムイエクウチカウシ山は、通称「カムエク」と呼ばれていますが、このアイヌ語の意味は「熊が転げ落ちることがよくあるほどの急峻な山」ということです-登山地図の案内「見てよし、登ってよしの一等三角点の山 登山者の増加に比例して遭難事故も 人慣れしたヒグマも気にかかる」
e0110500_124623100.jpg
 さらに登っていくと、ようやく中間点(8:30)-ここは眺望がありません
e0110500_12471941.jpg
 登山道を遮る倒木を乗り越えていきます
e0110500_12475368.jpg
 さらに登っていきます(しんどいところです)
e0110500_12481931.jpg
 水場の小沢を渡渉します(8:55)
e0110500_1494956.jpg
 小沢の中央から見上げています

 水場になっている小沢を横切り、左手の山腹に取り付くと、ここからは樹林がなくなり、幌尻岳への稜線が見えるようになります。まだ午前中なので太陽の光を浴びて、青空がきれいに広がっています。これからしばらくの間、お花畑のようなところになっていて、結構たくさんの花が咲いていました。時期的にはちょっと遅かったですが、ウメバチソウやミヤマリンドウなどまだいける花もたくさんありました。やがて、ハイマツに覆われた道を漕ぐようにして登ると、前方の山肌に黒い岩が見えてきます。これは「大岩」と呼ばれていますが、登山道はこの岩の横を通過しています。ここまで登ってくると、あと一息となります。稜線に出ると、額平(振内)コースと合流します。ここから10分ほどで幌尻岳の山頂に到着しました。

e0110500_14103719.jpg
 樹林を抜けると気持ちよい登りとなってきました
e0110500_14125795.jpg
 振り返ると、眼下に幌尻湖が見えます
e0110500_14141934.jpg
 周囲にはお花畑が広がっています
e0110500_14145141.jpg
 ウメバチソウ(梅鉢草)
e0110500_14151341.jpg
 ミヤマアケノボソウ(深山曙草)
e0110500_1416182.jpg
 ミヤマリンドウ(深山竜胆)
e0110500_14164273.jpg
 エゾアズマギク(蝦夷東菊)
e0110500_14171575.jpg
 イワギキョウ(岩桔梗)
e0110500_14181331.jpg
 ハイマツをかき分けて進みます-前方に大岩が見えています
e0110500_14185013.jpg
 大岩の横を通過します(10:05)
e0110500_1419249.jpg
 ちょっと大岩の上に遊んできました
e0110500_14242667.jpg
 大岩付近から幌尻湖が見えています
e0110500_142520100.jpg
 さあ、あと一息で稜線に出ます
e0110500_14255421.jpg
 稜線に出ました-ここは額平(振内)コースとの合流点になっています
e0110500_14263634.jpg
 幌尻岳山頂まではあとわずかです(10:20)
e0110500_14271536.jpg
 山頂が前の前に見えています
e0110500_14273452.jpg
 幌尻岳山頂に到着しました(10:30)-ニイカップポロシリ山荘を出発してからちょうど4時間かかりました
e0110500_14364778.jpg
 頂上で悪天候に遭うということが多いと聞きましたが、今日はとってもよい天気で、山の神様に感謝です! 思わず足も軽くなって上がってしまいました
e0110500_14465835.jpg
 正面に見える稜線は幌尻山荘へ下る登山道(額平コース)です
e0110500_15411272.jpg
 幌尻岳山頂からのパノラマ1
e0110500_15275298.jpg
 幌尻岳山頂からのパノラマ2
e0110500_15471749.jpg
 幌尻岳山頂からのパノラマ3
e0110500_15495882.jpg


 幌尻岳の山頂から戸蔦別岳に続く稜線を歩いて見たかった。しかし、時間がないため、ピストンもできない。そこで、少しだけ歩いて七つ沼カールの見えるところまで行ってみようと思い、単独で進んでみました。山頂から一旦下って鞍部から登り返します。次のピークも結構な登りになっています。ピークまでやってくると、七つ沼はまだ見えません。次のピークがどうやら「肩」のようです。行こうと思えば行けないこともないなと思いながらも、山仲間を山頂において単独できていることから、これ以上単独行動をするわけにもいかず、泣く泣く引き返すとにしました。

e0110500_16355410.jpg
 次のピークをめざして進みます
e0110500_16371084.jpg
 一旦鞍部まで下りますが、登山道は少し右寄りについています
e0110500_16375523.jpg
 小ピークなれど、結構登ります
e0110500_16383958.jpg
 小ピークに到着するも、七つ沼カールは見えなかった-次の肩まで行かないと見えない-やむなくここで引き返しました
e0110500_16393491.jpg
 小ピークから幌尻岳の東カールを眺望しています

 11:40下山開始。山仲間のM井氏が右足を痛めたため、下山は超ゆっくりのペースで行きます。今日は、ポロシリ山荘に泊まるので、慌てることはありません。
e0110500_177321.jpg
 下山開始(11:40)
e0110500_1763932.jpg
 幌尻湖を見下ろしながら下ります
e0110500_16421956.jpg
 花と蝶々を見ながらゆっくりと
e0110500_1783990.jpg
 水場の小沢(12:50)
e0110500_1792898.jpg
 渡渉点(14:50)
e0110500_17101345.jpg
 渡渉点から稜線が見えます
e0110500_17105391.jpg
 やっとポロシリ山荘に戻ってきました(16:05)
e0110500_17213972.jpg

e0110500_17215262.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)
e0110500_17225413.jpg


<コースタイム>
625ポロシリ山荘 710渡渉点 810見晴台 830中間点 855水場(小沢) 1005大岩 1020新冠分岐 1030▲幌尻岳(昼食・小ピーク往復)1140 1250水場(小沢) 1325中間点 1340見晴台 1450渡渉点 1605ポロシリ山荘

*下りも4時間かかっていますが、足を痛めたこともあり、健常ならば3時間余りで下れると思います。

8月28日(日曜)
 最終日です。今日は帰るだけですが、あの長い長い林道歩きをしなければなりません。おまけに、M井氏が足を痛めているため、どれくらい時間がかかるか不明なところがあり、5時間と読んで、予定より早く午前4時にポロシリ山荘を出発することにしました。まだ周囲は薄暗くヘッドランプを点けてのスタートとなりましたが、30分ほどすると明るくなってきました。

e0110500_1741572.jpg
 幌尻湖が見えてきました(4:40)
e0110500_1744518.jpg
 奥新冠ダム(4:50)
e0110500_17454792.jpg
 ハングアップした岩壁のところから清水が滴っています
e0110500_17463359.jpg
 オオマツヨイグサ(大待宵草) 夕方から花が咲き、朝になるとしぼみます
e0110500_17494341.jpg
 「末広の沢」と表示があります(5:10)
e0110500_17503381.jpg
 いこい橋ゲートまで帰ってきました(8:00)
e0110500_17511716.jpg
 スタートした北電ゲートに着きました(8:45)

<コースタイム>
400ポロシリ山荘 450奥新冠ダム 530原石沢 610雷沢 640大理石沢 800いこい橋ゲート 845北電ゲート 


by kitayama-walk | 2011-08-27 23:02 | 日本百名山 | Comments(2)
Commented by 三太夫 at 2011-09-15 09:42 x
 kitayama-walkさん、おはようございます。
 幌尻岳行きは、年に何回もないような天気に恵まれて何よりでした。昨年の私たちの場合は、雨とガスで何も見えず、登頂記念写真を撮るためだけに登ったようなものでした。これに比べると、kitayama-walkさんたち天気が羨ましくてなりません。
 私たちは額平川ルートだったので、新冠側からのアプローチは大変に参考になりました。もう1回、新冠側から挑戦してみたい気持ちもわくが、現実には無理だと思います。
 後半を楽しみにしております。
Commented by kitayama-walk at 2011-09-17 18:02
 三太夫さん、こんにちは。
 幌尻岳は、百名山でなかったならば登りに来ることもなかった山でしょうね。でも、百名山であるだけに、結構登山者がやってきます。登山
口までのアプローチも難しく、山頂の天気もあまりよくない山ということで、最難関とされているのでしょう。天気は偶然というほかないのです
が、好天に恵まれてラッキーでした。

 もう一度来ることがあるとすれば、違うコースを歩きたいですね。でも、幌尻山荘は予約が必要なので、七つ沼でテント泊するというほうが
いいなと思っています。ただヒグマが怖いですがね。


<< 三国岳(959m)と天狗峠(9...      別山-石徹白道(美濃禅定道)から >>