2011年 02月 13日

御在所岳-藤内沢から中道へ

 2月13日(日曜) 曇り一時晴れ後雪 単独行

 最近、藤内沢をつめて御在所岳に登ったという山レポをときどき見かけるようになりました。これまで御在所岳にはあまり登ったこともなく、ましてや積雪期の登山は未経験でした。もともと、藤内壁はロッククライミングのゲレンデになっていて、初級クラスの前尾根があり、その左側の谷が藤内沢です。積雪期には、藤内滝、コーモリ滝などが氷結して氷瀑になっており、第3ルンゼの鋸岩の手前の氷瀑もアイスクライミングの練習場になっているそうです。

 藤内小屋の裏から裏道登山道を進み、兎の耳を越えた先で藤内壁分岐があります。ここで北谷を横切り、前尾根を見ながら藤内沢に入っていくことになります。第3ルンゼからは左寄りに登っていき、最後は登山道に合流します。以上は、ネットなどで調べた情報なのですが、この時期は入沢する登山者が多いので、トレースもしっかりとあるだろうと予想しました。一応、クライミングギアのピッケル、アイゼン、ハーネス、ヘルメット、スリング、カラビナ、ロープ等も持参しました。

<本日のコース>
駐車地-裏道登山口-藤内小屋-藤内壁分岐-藤内沢-コーモリ滝-第三ルンゼ-九合目-御在所岳山頂-望湖台-アゼリア(昼食)-山頂公園-富士見台-八合目-キレット-地蔵岩-負われ石-裏道分岐-裏道出合-裏道登山口-駐車地
e0110500_1425190.jpg
 藤内沢をつめています-向こうには前尾根のやぐら(P2)が見えています



 午前6時30分京都を出発し、京都東ICから名神に乗り、草津JCTで新名神に入り、順調に車は進みます。次第に朝が早くなってきて、もう太陽が東の空に昇り、天気も上々で、今日は晴天の下雪山登山が楽しめるのではないかという期待が膨らみました。ところが、新名神を進むに連れて、前方に雨雲が立ちこめてきました。土山付近までやってくると鈴鹿山脈にが雲に覆われているではありませんか(ああ、何てこった!)

 鈴鹿トンネルを抜けると別世界という淡い期待も見事に裏切られ、三重県側にやってきても、雲が多い。東名阪四日市ICを降りてからも、鎌ヶ岳や御在所岳の姿は雲の中に隠れて見ることができません。どうやら、ガスの中で吹雪いている様子。一気にテンションが下がり、もう御在所岳登山を止めようかという気持ちになりました。でも、せっかくやって来たのだから、もう少し待って様子を見ることにし、R306を藤原岳登山口付近まで行ってみましたが、少しは雲が切れていたものの、やはり曇りがちで藤原岳にも登る気になれません。

 引き返してみると、御在所岳も次第に雲が切れてきて、山頂が見えるようになってきました。何とか登れるだろうと思い、スカイライン(R477)に入り、冬季ゲートに向かいました。こんな日でもたくさんの登山者が朝早くからやってきていて、スカイラインの両側に駐車車両の列があり、鳥居道山キャンプ場辺りにしか駐車できませんでした。身支度を整えて、雪のついた道を歩き始め、冬季ゲートを9:15に出発することになりました。

e0110500_19554475.jpg
 スカイラインの両側に駐車車両の列-40台くらいはあったでしょうか-冬季閉鎖ゲート出発(9:15)
e0110500_19584822.jpg
 蒼滝大橋までやってきました(15分ほどのスカイライン歩き)
e0110500_19594883.jpg
 蒼滝大橋のたもとの裏道登山口から登山道に入ります
e0110500_200375.jpg
 裏道登山道の入口-しかし、よく見ると右側の北谷に沿って工事車両の入る道にたくさんのトレースがついていました(帰りはこちらを通りました)
e0110500_2031691.jpg
 すぐに鉄製桟橋を渡ります
e0110500_203525.jpg
 2008年9月の集中豪雨の災害により、従前の登山道は山側に付けかえられており、ジグザグして登ります
e0110500_20131425.jpg
 登れば、またジグザグして下ります
e0110500_20141220.jpg
 ジグザグの下り道で国見尾根のゆるぎ岩と天狗岩が見えます
e0110500_20152335.jpg
 再び北谷に降りてきました-駐中豪雨で押し流されてきた巨岩が目に付きます
e0110500_20164275.jpg
 七の渡しで右岸から左岸に移ります(雪の積もった板橋は滑りやすい)
e0110500_20173789.jpg
 すぐに四の渡しで左岸から右岸に移り直します
e0110500_20182954.jpg
 右岸に移り直してからは従前の登山道に戻ります(ここは中道への分岐ですが、帰りは中道からここに戻ってくる予定です)
e0110500_2020723.jpg
 山道から再び北谷に下ると、びゅっとブリザード(粉雪は舞い上がります)
e0110500_20205946.jpg
 藤内小屋に着くと(10:00)、いつものようにわんこが出迎えてくれます

 藤内小屋に着いたときは小雪が舞い散るような天気でした。藤内沢へはすぐなので、ここで装備を整えることにしました。アイゼン、ピッケル、ヘルメット(氷塊が落ちてくるかも知れません)は必須です。沢筋の氷の状態がよくわからないので、念のため、クライミング・ギア(ハーネス、ロープ、スリング、カラビナ)も用意してきました。10:20藤内小屋を出発します。このとき、多少青空も見えてきて天気が回復するという期待が湧いてきました(後ほど見事に裏切られます) 

e0110500_236911.jpg

e0110500_20362361.jpg
 藤内小屋の裏手にある裏道登山道と国見尾根との分岐点(右の橋を渡ると国見尾根や腰越峠に向かいますが、今日は直進して裏道を進みます)
e0110500_2037548.jpg
 集中豪雨で崩壊した北谷の広い河原を登っていきます-前方には藤内壁の前尾根(P6、7)が見えています
e0110500_2039294.jpg
 前尾根のズームアップ
e0110500_2040182.jpg
 兎の耳を右手に見送ります
e0110500_20414814.jpg
 北谷をそのまま直進してもよいのでしょうが、今日はトレースがないので、兎の耳のところで右手の山腹に取り付いていきます-ここが少し凍結していて滑らないように慎重に登ります
e0110500_20435591.jpg
 真ん中にトレースのない北谷、向こうに前尾根、右手にはクサリがあります
e0110500_20444640.jpg
 山腹から樹林の中に入り、五合目の標識を越え、水場を過ぎると「藤内壁出合」の大きな看板が出てきました

 いよいよ藤内壁のエリアに入っていきます。未踏のエリアなので、否が応でも緊張感が増していきます。事前に藤内壁エリアの概念図を頭に入れておきました。北谷を渡り、テスト岩(これは雪に埋まっているようです)のところで右手に取ると藤内沢に入ってきますが、正面に大きな壁と氷が見えてきました。こちらは第1ルンゼの方向なのですが、ちょっと偵察に行ってみることにしました。

e0110500_2165289.jpg
 藤内壁エリアの概念図
e0110500_2185153.jpg
 藤内沢出合から正面バットレスと中尾根(左)を眺望しています
e0110500_2110423.jpg
 北谷を横切ります
e0110500_21111947.jpg
 第1ルンゼ出合から、正面バッドレスを眺める
e0110500_2121040.jpg
 第1ルンゼ出合から急登を登っていくと、5人パーティが右又に取り付くところでした-気温が低いため、雪がさらさらで風が吹くと粉雪が舞い上がります
e0110500_2124728.jpg
 先行パーティが右又の氷壁に取り付いています

 さて、第1ルンゼは、技術的にこれ以上進めないので、ここで引き返すことにしました。藤内沢への入口には藤内滝があり、冬場は凍結していて、左を高巻くことになるということでした。そこで、引き返しながら、藤内沢出合まで戻らず、途中で藤内滝左手の山腹に取り付いていくことにしました。樹林の中を行くと、やがてトラバースになり、藤内沢に出てきました。

e0110500_21442135.jpg
 山腹に取り付いて樹林の中を進みます
e0110500_21451227.jpg
 藤内沢に降りてきたところは、前尾根のP5あたりになっていました
e0110500_214628100.jpg
 前尾根フランケ下の氷柱-写真でよく見るものより幾分小さくなっていて、しかも下部が割れ落ちていました-それでも、ピッケルを打ち込んで、アイゼンの前爪を立ててカリカリと遊ぶ!(^^)!
e0110500_21523568.jpg
 ちょっと氷と遊んだ後は先を急ぎましょう
e0110500_21532730.jpg
 いつの間にか第2ルンゼの入口を通過していて、もうコーモリ滝までやってきました-コーモリ滝は雪に埋もれていて下部が上がっているので、左側からピッケルとアイゼンで氷を突き刺して難なく越えることができました
e0110500_21595648.jpg
 コーモリ滝を越えると急登が待っていましたが、ふと右手を見ると前尾根の岩稜が険しさを誇示しているようでした
e0110500_2211874.jpg
 先行しているトレースが踏み固まっており、階段を上がるかのような感じでした
e0110500_2221489.jpg
 今度は左を見ると中尾根も傾斜が急であり、前尾根に負けじと険しさを競っているかのようでした
e0110500_2234341.jpg
 急登(実際は写真よりもかなり高度感があります)をつめていきます
e0110500_2244458.jpg
 振り返ると前尾根が迫っていました
e0110500_2211454.jpg
 雪の状態も上々でサクサクとステップを刻んで登ることができます
e0110500_22127100.jpg
 相変わらず中尾根は険しい
e0110500_22212214.jpg
 急登をどんどん登ると、いつの間にか前尾根のやぐら(P2)と同じ高さまでやってきていました
e0110500_22213739.jpg
 やぐら(P2)のズームアップ
e0110500_22221140.jpg
 急登はまだ続きます
e0110500_22225698.jpg
 上部からやぐら(P2)を見下ろしました
e0110500_22234058.jpg
 鋸岩のある第3ルンゼの氷瀑にやってきました(11:45)-いつもはアイスクライミングの練習をやっているとのことです
e0110500_22244980.jpg
 今日は最下部でちょっとカリカリしていました
e0110500_22251825.jpg
 さて第3ルンゼも左端から登ってつめていきます
e0110500_22261115.jpg
 間もなく樹林の中に入っていきます
e0110500_22265060.jpg
 登山道に出てきました(12:00)

 さて、ようやく山頂付近までやってきましたが、天気は回復するどころか、小雪が舞い散る天候です。しかし、せっかく来たことだから、山頂の一等三角点と望湖台まで行ってみることにしました。山頂のスキー場はこの天候でも子どもたちを始め結構賑わっていました。食堂「アゼリア」の前には名物の人工氷瀑も発達していました。ここから三角点のある山頂までは5分ほどです。ついでに望湖台に立ち寄りましたが、ガスのため眺望は全くありませんでした。しかし樹氷は見ることができました。寒いので野外での昼食は止めにして、レストラン「アゼリア」に立ち寄って暖かい食事を注文しました。

e0110500_2241537.jpg
 レストラン「アゼリア」前の様子(積雪50㎝くらい)
e0110500_2242714.jpg
 冬の風物詩-人工氷瀑
e0110500_22424498.jpg
 表登山道は通行禁止になっているためトレースがありません
e0110500_22433257.jpg
 御在所岳一等三角点前にて(12:25)
e0110500_22441363.jpg
 もう一つの山頂(実はここが一番高い)
e0110500_22452137.jpg
 望湖台はガスっていて眺望なし(12:30)
e0110500_2246874.jpg
 樹氷は結構ついていました
e0110500_22463166.jpg
 ロープウェイ山頂駅と雨量観測所-モノトーンの世界です
e0110500_22473671.jpg
 朝暘台公園にあるタイムカプセル
e0110500_22483386.jpg
 朝暘台公園にある1212mの標識(13:40)
e0110500_22492990.jpg
 公園では、何やら一眼レフのカメラをもったおじさんたちが群がっているので、何しているのかと様子を窺うと、樹氷の中でのモデルさんの撮影会をやっていました
e0110500_2251870.jpg
 私も便乗して撮影させてもらいました(決してストーカーではございません)

 さて、帰りは一般登山道の中道を下ることにします。この道は無雪期ですが、2年ほど前に一度歩いたことがあります。キレットや地蔵岩、負ばれ石のある尾根です。積雪期でもたくさんの登山者が歩くのでしっかりと踏み固められていました。地蔵岩の手前でしたが、トレイルランの男性とすれ違いましたが、何と!Tシャツ、トレパンの格好です。よくもまあ、そんなスタイルで寒くないのでしょうか? いやはやびっくりしましたね。

e0110500_23162490.jpg
 富士見岩の展望台ですが、今日は眺望がありません!
e0110500_23173352.jpg
 さあ中道を下りますが、いきなりの急坂です
e0110500_23181916.jpg
 すぐに北谷テラスにやってきましたが、前方にハライドが見える程度でした
e0110500_23192824.jpg
 八合目手前の鎖場を通過します
e0110500_23201190.jpg
 八合目(1100m)にある大岩
e0110500_23204362.jpg
 国見尾根を眺めると、天狗岩(左)とゆるぎ岩が見えます
e0110500_23214749.jpg
 七合目(1000m)のカモシカ広場
e0110500_23223980.jpg
 北谷をのぞき込むと奇岩が見えます
e0110500_23231051.jpg
 キレットにやってきました(14:15)
e0110500_23233343.jpg
 キレットから見るゴンドラ(向こうに見えるのは入道ヶ岳)
e0110500_23243252.jpg
 六合目(900m)からの光景
e0110500_23304628.jpg
 地蔵岩(14:30)-定番の位置から(小雪が舞っていますけれど)
e0110500_233135100.jpg
 少し位置を変えると、地蔵岩も形を変えます
e0110500_23321096.jpg
 登山道から負ばれ石の背中を眺める(弁当箱のようです)
e0110500_23331794.jpg
 こういう奇岩もあります(名前は?)
e0110500_23334718.jpg
 負ばれ石(その1)
e0110500_23341113.jpg
 負ばれ石(その2)
e0110500_23343863.jpg
 負ばれ石(その3)
e0110500_2335853.jpg
 負ばれ石の横にある奇岩(名前は?)
e0110500_23354462.jpg
 裏道への分岐点(裏道に向かいます)
e0110500_23362256.jpg
 もう一つの分岐点(前回は右に下りスカイラインに)
e0110500_23373643.jpg
 裏道に戻ってきました(15:15)
e0110500_23381194.jpg
 大きな堰堤があるところで北谷に下ります(往路は山沿いの道でした)
e0110500_23391174.jpg
 この堰堤の右あたりに日向小屋があったと思います
e0110500_23395693.jpg
 北谷左岸上にある菰野山岳会の小屋
e0110500_23404415.jpg
 蒼滝大橋まで戻ってきました(15:35)
e0110500_2341192.jpg
 スカイラインからようやく鎌ヶ岳の姿が見えました
e0110500_23415196.jpg
 冬季閉鎖ゲート到着です(15:50)

e0110500_23443073.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

<コースタイム>
915駐車地 930裏道登山口 1000藤内小屋1020 1040藤内壁分岐 1145第三ルンゼ 1200九合目 1225御在所岳山頂 1230望湖台 1250アゼリア(昼食)1330 1340山頂公園 1345富士見台 1400八合目 1415キレット 1430地蔵岩 1445負われ石 1500裏道分岐 1515裏道出合 1535裏道登山口 1550駐車地


by kitayama-walk | 2011-02-13 23:01 | 鈴鹿山系 | Comments(6)
Commented by 三太夫 at 2011-02-17 11:01 x
 kitayama-walk さん、おはようございます。
 藤内沢、お疲れ様でした。
 この藤内沢は、ここ数年、登っていないが、思い出はいくつもあります。
 私たちが、冬場の難所として何時も話題に上るのが、コウモリ滝の先にある垂直の岩場を巻いて前進する所です。ここの足場は平均台より少し広い程度で、この足場はアイゼンを着けているので特に問題はないが、左手に垂直に立つ岩壁が問題になります。この岩肌がツルツルに凍っていることがあるが、こうであると大変です。手掛かりが何もなく、余ほど、身軽でないと渡れません。ある年、凍っていて進めずに岩の左手にルートを開拓して乗り越えようと試みたのはいいが、一番大事な所の雪の下には笹があって、こうなるとここを抜け出すのが大変でした。次の年も凍っていたが、岩壁から細い木の枝の先が少しだけ顔をのぞかせていたので、これを掴んでバランスを取って渡ったが、姫以下が通過できず、再度、笹越えをしたのを辛抱強く待ったのを覚えております。ここが凍っていたのは、この2回だけでした。今年も凍ってはいなかったようですね。
 私も、もう1度、挑戦してみたい気持ちはあるが、どうなるやら……。
Commented by Chika at 2011-02-17 15:59 x
夏に逆周りで歩いたことありますがー、、
あんなとこ、雪積もってる時期に行きたいと思いませんっ(汗
雪の下に隠れた岩にアイゼンの爪ガリガリしたりー、引っ掛けたりー、、、
想像してしまって冷や汗でます!
かわいいモデルさんの写真、何十枚撮りましたー?^^v
Commented by kitayama-walk at 2011-02-18 03:08
 三太夫さん、こんばんは。
 藤内沢に行ったのですが、コウモリ滝の先にある難所というのがよくわかりません。多分、雪に埋もれていたので難なく通過してしまったの
でしょうね。三太夫さんがもう何度も藤内沢にやってきていたとは、ちょっとびっくりしました(失礼)。

 藤内壁はロッククライミングの岩場でしょう。前尾根を一度登ってみたいと思っていますが、何せ一人じゃ無理なので、誰か経験者に連れて
行ってもらう必要がありますね。
Commented by kitayama-walk at 2011-02-18 03:14
 chikaさん、こんばんは。
 御在所岳へのコースのうち、一般道は、表道、裏道、中道、それに国見尾根とかもありますが、藤内沢をつめるのはバリルートのひとつで
す。今年は雪がたっぷりとあったので、雪の下に隠れた岩を引っかけるというようなことはありませんでしたよ。

 山頂に着いたら、ほとんどずっと吹雪いているのですから。スキーに来ていた人たちも散々でした。その中で、山頂公園でカメラをもったおじ
さんたちが20人くらいしました。それも樹林の中に。一体何をしているのかと訝って近づいてみると、モデルさんを使った撮影会をやっていたのですね。おお、これはラッキーと思い、撮らせていただきました。せい
ぜい10枚程度ですよ(本当だよ)。
Commented by Chika at 2011-02-18 23:34 x
藤内沢をつめる(・∀・?)
 バリルート(・∀・?)(・∀・?)
ははは、、そんなトコわたしが行ってるワケありません~
えーと、、フツーの道から登りました(笑
藤内壁のへんは今年行くかも。。です。
その時はちゃんと地図みて、どこ歩いたか覚えときます^^;
Commented by kitayama-walk at 2011-02-21 03:24
 いやいや、ちんたらちんたら登ってくだちゃんせ!
 バリバリ⇒ちんたら⇒バリバリ⇒ちんたら と行けば、いつの間にか山頂公園に到達していることでしょう。時間はそうかからないでしょうから。
 今年は藤内壁の前尾根(最もやさしいコース)くらいはチャレンジしてみたいと思っています。


<< 岩籠山(敦賀三山)-ブナ林と展...      御池岳-雪のテーブルランド周回 >>