2010年 03月 22日

柳の下のドジョウならず-変則ルートで霊仙山

 3月22日(振替休日) 晴れ 単独行

 3/20に藤原岳にフクジュソウ鑑賞山行に行き、ぽかぽか陽気の下、満開のフクジュソウを堪能することができました。この分では霊仙山の西南尾根のフクジュソウも期待できると思い、三連休最後の3/22に登ることにしました。

 しかし、連休の中日である3/21は強烈な低気圧が通過し、おまけに黄砂まで飛んできて、とんでもない荒れた天気でしたが、それもおさまり当日は朝からよく晴れていました。ところが、やはり山は違うのですね。前日の低気圧の通過により、山は雨ではなく雪だったのです。霊仙山も積雪しており、雪山に逆戻りしていました。お目当てのフクジュソウも大半が雪の下。柳の下のドジョウというわけにはいきませんでした。

<本日のコース>
榑ヶ畑駐車地-林道終点-柾板峠-落合-笹峠-近江展望台-南霊山-▲霊仙山-経塚山-お虎ヶ池-お猿岩-五合目-汗ふき峠-榑ヶ畑駐車地

e0110500_10394446.jpg
 霊仙山(三角点峰)の山頂から伊吹山を眺める



e0110500_15364295.jpg


by kitayama-walk | 2010-03-22 23:30 | 鈴鹿山系 | Comments(4)
Commented by 中川@東近江   at 2010-03-25 11:14 x
いつも拝見していますが、はじめて投稿します。
教えて欲しいのですが、この時期の藤原岳近江側の西尾根ルート
に福寿草の群落はあるのでしょうか? 御池岳、平ノ口。霊仙
西南尾根の見事な大群落を見る限り、このコースでも存在するの
ではないかと思うのですが・・・教えてください。
Commented by kitayama-walk at 2010-03-26 01:01
 ようこそ、コメントありがとうございます。
 藤原岳の西尾根には08/4/4に登ったことがあります(山レポ参
照下さい)。私が知る限りでは、残念ながら、西尾根にはフクジ
ュソウの群落はありませんでした。このときは藤原山荘周辺や天
狗岩へのルートにはフクジュソウが満開だったので、もし西尾根
に群落があるとすれば咲いていたと思います。

 西尾根のルートは、茨川から辿りますが、蛇谷からの取り付き
に注意しなければなりません。西尾根自体は静かな山歩きが好き
な方にはよいルートだと思います。
Commented by 山たまご at 2010-04-11 17:35 x
こんにちは。奇しくも私は、ほぼ同じコースを2週間後に歩きました。雪は、ほぼ残っていません。フクジュソウは、ちょっと遅い花ですが、残っていました。南霊仙の位置は私は西内本からマークしましたが、kitayama-walk より一つ手前の近江展望台よりです。だから西南尾根から外れた場所は、私のほうが早く降りたようです。偶然ですが、カレンフェルトに咲く花を見られラッキーでした。
Commented by kitayama-walk at 2010-04-12 09:56
 山たまごさん、おはようございます。
 この時期は、フクジュソウ狙いの登山者がどっと繰り出してくるので、
泥んこ状態で大変です。霊仙山の場合は、西南尾根を歩くことになる
のですが、フクジュソウの群落がある場所は知らない人が意外と多い
ようです。私の場合、今年は天候に左右され、3/20藤原岳◎、3/22霊
仙山×でした。だから、もう一度4/4に御池岳&藤原岳に行きました
が、藤原岳ではまだ結構残っていました。

 南霊山の位置をどこに見るのかですが、西内本でも1036mとされて
いることから、私はP1036と見ています。私も南霊山よりも手前から尾
根の左手に外れたところにフクジュソウの群落があることを知っていた
ので、一度はそこで外れて小ピークまで行きました。しかし、このときは
積雪のためフクジュソウが隠されており、西南尾根に戻りました。それ
から、西内本に従い、南霊山を越えたところから左手の谷地に下り、池
を見ることになりました。その後、三角点峰の南斜面を直登しましたが、
ここにもフクジュソウの群落があります。


<< 硫黄岳から赤岳への縦走断念      恒例のフクジュソウ鑑賞山行-藤原岳 >>