2010年 02月 07日

雪の御池岳テーブルランド-スノーシューウォーク

 2月7日(日曜) 快晴 F田氏、温泉玉子さんと3人

 雪のたっぷりある御池岳のテーブルランドをスノーシューで歩き回りたいという思いが募っていたのですが、如何せん、この冬は鈴鹿は雪が少なく、HPのレポを見ても期待できませんでした。ところが、週末にこの冬一番の寒気がやってくるという予報に期待が膨らんでいました。予定は2/7の日曜日でしたが、前日には日本海を中心に大雪になり、近畿地方でも街中でもうっすらと積雪するくらいになり、ますます期待が大きくなりました。

 しかし、少し降り過ぎるほど降ったようで、御池岳登山口へのアクセスや登山道の積雪が多すぎて大丈夫かと心配するくらいになりました。当日は、本当に御池岳に登れるのか迷いましたが、取りあえず行けるところまで行ってみることにしました。何とか鞍掛橋の登山口まで辿り着いたところ、先行者がいてトレースがあったので助かりました。鞍掛尾根で先行者に追いつき、選手交代でトレースを切りました。2年前とは積雪量も多く、降ったばかりの湿潤で重たい雪でしたが、天気は快晴で青空の下、スノーシューを履いてテーブルランドを歩き回ることができ、大満足の山行となりました。今回は、たまたま温泉玉子さんと一緒になり、最初から最後まで同行させていただきました。

<本日のコース>
鞍掛橋-鞍掛尾根出合-鈴北岳-夕日のテラス-天狗鼻-ボタンブチ-奥の平-御池岳(丸山)-遭難碑-鈴北岳-鞍掛尾根出合-鞍掛橋

e0110500_22142028.jpg
 鈴北岳から御池岳(丸山)を眺望しています-左には藤原岳が見えています



e0110500_10572917.jpg


 午前6時集合するも、昨夜からの雪のため、御池岳の鞍掛橋登山口まで行けるかどうか、また御池岳の積雪量もどれくらいか心配でした。天気も予報よりも回復が遅いようで、京都市内はまだ小雪が舞っている状態です。なか卯で朝食を摂りながら、行き先を藤原岳か竜ヶ岳に変更しようかとちょっと思案。そのためにGPSに地図を追加するなどして時間ロスし、出発は7時になってしまいました。

 京都東ICから名神に乗り、草津PAでガソリン給油。ここで名神(御池岳)か新名神(藤原岳、竜ヶ岳)か選択しなければなりません。でも、やっぱり雪の御池岳に登りたいという気持ちが強く、名神選択。進むに連れて、いつもは雲を集めている御池岳方向が明るくなっているので希望が湧いてきました。彦根ICで降り、R306から鞍掛橋をめざしました。

 滋賀県側の最終集落である大君ヶ畑(おじがはた)より先は除雪されていないのですが、複数台の車の轍があり、これは鞍掛橋まで行けると喜びながら進むと、1㎞ほど手前に大阪ナンバーの車(ノア)が路肩に駐車していて、さらに進むと橋の上でもう1台の車がスタックして立ち往生していました。車から出てきた若い男性が温泉玉子さんでした。ノアのmasaさん、F田氏と3人で車を押して、何とか脱出させ、安全を考えて、先ほどのノア車の駐車しているところまで戻り、ここから出発することにしました。数日前にブログに鞍掛橋から御池岳に登ると書き込んでいたことを見つけた温泉玉子さんとばったり出会ったというわけでした。ということで、今日は温泉玉子さんと一緒にコラボ山行することにしました。
e0110500_11275625.jpg
 鞍掛橋より手前約1㎞付近の路肩に駐車しました

 まずは鞍掛橋まで歩きますが、前日の轍があり、4WDスタッドレス車であれば、鞍掛橋登山口まで行けそうでした。30㎝ほど積雪したR306を3人でテクテクと歩いていきました。やがて鞍掛橋のところまでやってきましたが、さすがに車はありません。R306の通行止めゲートもしっかりと閉じられています。ここから御池谷の方向にトレースがついています。これはノア車のmasaさんのものです。膝あたりまでの積雪ですが、トレースがあるので助かります。ここから鞍掛尾根に出るまでは、先行したmasaさんのトレースのおかげで体力を温存することができて助かりました(masaさん、ありがとうごさいました)。
e0110500_11422372.jpg
 鞍掛橋の登山口までやってきました
e0110500_11424559.jpg
 R306は冬季通行止めのゲートでがっちりと閉鎖されています
e0110500_11433139.jpg
 先行者のトレースがありますが、温泉玉子さんに先行してもらいました

 鞍掛橋登山口から10分ほど林道を進むと、御池谷に架かる橋があります。鞍掛尾根に登るルートは、この橋を渡ったところから送電線の巡視路に沿って登るルートもありますが、先行するトレースはその方向にはありません。この御池谷出合の橋の手前に標識があり、ここに登山届のポストが設置されているので、ここが本当の登山口になるのでしょう。ここから右手に入り御池谷に沿って進んでいきます。
e0110500_1144920.jpg
 御池谷に架かる橋のところで林道から外れ右手の御池谷に入ります
e0110500_11454121.jpg
 御池岳・鈴北岳への登山道があることを示す標識

 やがて谷から離れて左手の尾根に取り付く場所にやってきました。ここには最近「鈴鹿国定公園協会」が作成した新しい標識がぶら下げてありました。ここから樹林帯の中の急登が始まります。温泉玉子さんが先頭になってガシガシと登っていきます。途中所々で右手の樹林が切れて、鈴ヶ岳の山肌が見えるところがあります。少し雪が深くなってきて、温泉玉子さんはスノーシューを履きましたが、私はもう少しツボ足で登ることにしました。やがて、小休止にもってこいのスポットにやってきました。ここから北方に霊仙山と伊吹山を眺めることができます。
e0110500_140041.jpg
 御池谷から離れて尾根に取り付くところにある新しい標識
e0110500_1404042.jpg
 尾根に取り付くとすぐに樹林帯の中の急登が始まります
e0110500_1411797.jpg
 右手に樹林の途切れたところがあります
e0110500_142252.jpg
 鈴ヶ岳の山肌が見えています
e0110500_1422426.jpg
 再び樹林帯の中に突入します-温泉玉子さんはスノーシューです
e0110500_1431570.jpg
 小休止スポットでは霊仙山と伊吹山が見えます

 再び樹林帯の中に入り、急登が続きます。やがて自然林になってくると、雪が深くなり、ツボ足では足を抜くのに苦労するようになったのでスノーシューを履くことにしました。樹木には雪がつき、樹氷を作っています。この頃になると、かなり青空が広がってきて、白い雪とのコントラストがきれいになってきました。傾斜が緩やかになってきたかと思うと、鞍掛尾根に出合いました。
e0110500_1574299.jpg
 再び樹林帯の中に突入します
e0110500_1581349.jpg
 やがて周囲は自然林に変わってきました
e0110500_1584135.jpg
 樹間から伊吹山が見えています
e0110500_1591656.jpg
 樹氷と青空のコントラストがきれいです
e0110500_1594449.jpg
 傾斜が緩やかになってきました
e0110500_201052.jpg

e0110500_20236.jpg
 鞍掛尾根に出てきました-霊仙山と伊吹山がよく見えます
e0110500_20582.jpg
 鞍掛尾根の稜線の様子

 鞍掛尾根出合で先行していたmasaさんに追いつきました。ここまではノートレースを先行していただいたので、ここから先は私たちが先行することになりました。まずは、体力のある温泉玉子さんに先頭に立ってもらいました。鞍掛尾根には雪庇があり、左に寄ると踏み抜きそうなので、あまり左に寄らないようにして尾根を駆け上ります。私が通過した後、どさっという音がしたので振り返ると、雪庇が一部崩れ落ちていました。ちょっと危ないところでした。温泉玉子さんは、トレースのない尾根をガンガンと登っていきます。太陽が一気に照りつけてきたような感じで眩しいけれど、気持ちが高揚しているので、一気に鈴北岳まで駆け上ったという感じです。
e0110500_1123941.jpg
 鞍掛尾根には小さいながらも雪庇があります
e0110500_1131968.jpg
 トレースのない尾根を登る温泉玉子さん
e0110500_1235080.jpg
 輝く太陽が眩しい
e0110500_1135438.jpg
 登ってきた鞍掛尾根を振り返りました
e0110500_114326.jpg
 尾根に駆け上がる温泉玉子さん
e0110500_1182232.jpg
 あっと言う間に鈴北岳に到着しました
e0110500_119076.jpg
 鈴北岳の樹氷の造形美
e0110500_1242385.jpg
 鈴北岳から御池岳(丸山)を眺めています
e0110500_1194227.jpg
 鈴北岳から霊仙山と伊吹山を眺望しています
e0110500_1201015.jpg
 こちらは鈴ヶ岳方面の眺望です

 今日はスタート時間が遅かったこともあり、鈴北岳に着いたらもう12時を回っていました。予定どおり、テーブルランドをフルに周回するのは積雪量との関係からしても無理と判断し、お花池と西ボタンブチをカットし、まずは夕日のテラスに直進することにしました。ここで鈴鹿の山々を眺望しながらランチタイムを楽しもうというわけです。鈴北岳から日本庭園方向に下り、元池分岐点をそのまま直進して、樹林帯の中に突っ込みます。樹氷に覆われた樹林の中は別世界でした。15分ほどでテーブルランドの西端にある夕日のテラスに到着しました。
e0110500_10291217.jpg
 鈴北岳から日本庭園方向に下り元池分岐点に来ました
e0110500_10294768.jpg
 雪原をそのまま西に直進します
e0110500_10302766.jpg
 樹林帯の中に突っ込みます
e0110500_10305239.jpg
 樹林の中はまるで別世界でした
e0110500_10312665.jpg
 今日のテーブルランドの歩行軌跡を紹介しておきます
e0110500_10315966.jpg
 夕日のテラスにやってきました(南方向を眺望しています)
e0110500_10324513.jpg
 風もなく穏やかな天気の中でランチタイムです
e0110500_10333541.jpg
 夕日のテラスから見るテーブルランドの西端ライン-向こうには丸山と天狗鼻が見えています
e0110500_10342359.jpg
 おお、絶景です-竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳、綿向山と並んでいます-手前にはT字尾根とピラミダルな天狗堂

 夕日のテラスでゆったりとランチタイムを過ごすと、もう1時20分です。5時までには下山しないといけないので、今日はボタンブチまで歩き、その先はカットし、奥の平から丸山を経て鈴北岳に戻ることにしました。夕日のテラスからボタンブチまでは、テーブルランドのほぼ西端を歩くことになります。それでも、少々アップダウンがあるので1時間ほどかかるだろうと予測しました。ここからは、白い雪原と樹林の中を交互に歩くことになりますので、その景色をご堪能下さい。
e0110500_11373870.jpg
 ひょうたん池あたり
e0110500_1138495.jpg
 向こうに丸山に上がる尾根が見えています
e0110500_11385858.jpg

e0110500_11391654.jpg
 樹林の中に入ります
e0110500_11393494.jpg
 再び雪原に出ました
e0110500_1140566.jpg
 先に天狗鼻が見えてきました
e0110500_11403475.jpg

e0110500_11412048.jpg
 天狗鼻に駆け上がる温泉玉子さんの勇姿

 樹林の中を抜け、丸山から南に延びる尾根を横切ると、広々とした雪原に出てきました。もう目の前に天狗鼻が見えています。トレースのない雪原を温泉玉子さんが駆け上って行きます。その後ろ姿を見ながら、ゆっくりと登って行きました。天狗鼻からボタンブチは目と鼻の先、指呼の距離です。眺望も開けていて、南のボタンブチの右向こうに銚子岳、静ヶ岳、竜ヶ岳、三池岳、釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳、綿向山と連なっています。手前にはT字尾根がくっきりと見え、天狗堂も凛々しく尖った姿を見せています。東には白い雪原となっている奥の平が見え、その上は青空が広がっていて実に気持ちがいい。振り返ると、丸山からの尾根が延びてきて、左向こうには夕日のテラスや西ボタンブチあたりが見えていました。
e0110500_1245098.jpg
 天狗鼻からボタンブチは目と鼻の先-歩いている人影は温泉玉子さん
e0110500_12492156.jpg
 左端がボタンブチ、その右に白くなっているのが竜ヶ岳、それから釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳と続きます
e0110500_1246367.jpg
 左から釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳、綿向山-手前にはT字尾根と天狗堂、その向こうに平たい日本コバ
e0110500_12511624.jpg
 白い雪原を登ったところが奥の平
e0110500_12521757.jpg
 北方向を眺望すると、右には丸山から延びている尾根、左向こうに夕日のテラスと西ボタンブチ
e0110500_12552512.jpg
 天狗鼻からボタンブチに向かっています
e0110500_12555565.jpg
 ボタンブチをめざす温泉玉子さん
e0110500_12561981.jpg
 ボタンブチに到着しました
e0110500_13171116.jpg

e0110500_12571159.jpg
 ボタンブチから天狗鼻(左)と丸山を眺望しています

 さて、ボタンブチで小休止した後、ここから先はカットして、雪原を奥の平に駆け上ります。トレースのない白い雪原をスノーシューで駈けるのは実に爽快です。青い空、照りつける太陽が眩しいです。このあたりは適度な積雪のため、スノーシューの足取りも軽やかに進みます。あっという間に奥の平(P1241)に到着しました。ここからの眺望もよく、伊吹山と霊仙山もくっきりと見えています。南には今まで見えていなかった藤原岳も姿を現しました。
e0110500_13213943.jpg
 ボタンブチから奥の平をめざします
e0110500_13221040.jpg

e0110500_13222470.jpg

e0110500_13223791.jpg

e0110500_13225379.jpg
 間もなく奥の平に到着です
e0110500_13232977.jpg
 奥の平の標識も雪がついています
e0110500_13241113.jpg
 藤原岳も姿を現しました
e0110500_13244794.jpg
 霊仙山と伊吹山が見えています
e0110500_13251184.jpg
 ボタンブチと天狗鼻を見下ろします-左に天狗堂が尖っています
e0110500_13254037.jpg
 正面北にこれから登る丸山(御池岳)が見えます

 さて時刻も午後2時半を回りました。先を急がなくてはなりません。奥の平からは北に見えている御池岳(丸山)をめざします。雪原を緩やかに登っていくと、自然林の中に入ります。頂上の方向を確認しながら進むと、やがて見覚えのある御池岳の最高点(1247m)にやってきました。ここにはトレースがありました。多分、私たちの後から鞍掛尾根を登り、直接丸山にやってきた登山者のものと思われます。それにしても、山頂の標柱を見てもかなりの積雪があることが分かります。
e0110500_17214731.jpg
 奥の平から丸山に向かいます
e0110500_17253657.jpg

e0110500_17255250.jpg

e0110500_17261989.jpg
 御池岳(丸山)山頂の標柱もこんなに埋まっています
e0110500_1727853.jpg
 雪のないときには御池岳山頂からは見えない霊仙山と伊吹山も積雪のため地表が高くなっているので見えています
e0110500_17282891.jpg
 遠くには、乗鞍岳(左)と御嶽山(右)が見えています
e0110500_1729655.jpg


 御池岳山頂からは真の谷の方にトレース(スキーとスノーシュー)がありましたが、私たちは鈴北岳に戻るので、最短コースをとり、適当に下って行きました。とはいってもいい加減なコース取りではなく、事前に考えてGPSに入れていたコースです。雪原を横断し、樹林の中をトラバースして次第に下っていき、遭難碑の手前付近で登山道に出てきました。後は、目の前にある鈴北岳まで駆け上ることになりました。
e0110500_0262811.jpg
 雪原を横断します
e0110500_027393.jpg

e0110500_0271925.jpg
 遭難碑のところまでやってきました
e0110500_02747100.jpg
 鈴北岳に駆け上ります
e0110500_0282723.jpg
 鈴北岳山頂まで戻ってきました
e0110500_0285952.jpg
 鈴北岳山頂にある樹氷のオブジェ
e0110500_0294547.jpg
 丸山(右)と藤原岳(左)が夕陽に輝いています

 名残惜しいテーブルランドにも別れを告げ、鞍掛尾根を下っていきます。尾根をガシガシと下っていく温泉玉子さんについていきます。15分ほどで鞍掛尾根の下降点まで降りてきました。ここからは、朝登ってきたルートを着実に辿れば登山口に戻ってきます。樹林帯の中で積雪が少なくなったところでスノーシューを脱ぎました。
e0110500_038619.jpg
 鞍掛尾根を下山します
e0110500_0384681.jpg
 向こうには、霊仙山と伊吹山が夕陽を浴びています。
e0110500_0395148.jpg
 鞍掛尾根に発達した雪庇がどさっと崩れています
e0110500_0404675.jpg

e0110500_0413945.jpg


<コースタイム>100207晴れ
900駐車地 930鞍掛橋 940御池谷出合 1010御池谷分岐 1140鞍掛尾根 1215鈴北岳1230 1245夕日のテラス(昼食)1320 1405天狗鼻 1415ボタンブチ 1430奥の平 1450御池岳(丸山)1305 1520遭難碑 1530鈴北岳 1545鞍掛尾根下降点 1650鞍掛橋 1715駐車地


by kitayama-walk | 2010-02-07 23:56 | 鈴鹿山系 | Comments(9)
Commented by 温泉玉子 at 2010-02-09 19:39 x
日曜日はお疲れ様でした、久々の長時間登山で身が張りましたヨ。
カメラもGPSも忘れ携帯での写真だけでしたが天気も良くまずまず見れてます。
あと何度か外れたスノーシュー、少し壊れてました(-_-;)自作修理せねば。
Commented by イチマル at 2010-02-09 20:12 x
一週間違いで大違いですね。2/7の朝は、この冬一番の積雪で、自宅の前の道も10cmくらい、車の上は20cmくらい積もってました。午後から天気が良くなるのは分かっていても、登山口まで行けるか不安だったので自重しました。鈴鹿は天気の回復が早かったのでしょうか。羨ましい限りです。
Commented by kitayama-walk at 2010-02-11 00:01
 温泉玉子さん、2/7はご一緒いただきありがとうごさいました。
 この日は鞍掛橋登山口から御池岳に登ることをお知らせしておいたこと
からコラボ登山が実現したわけですね。予想よりもたくさん積雪がありま
したね。鞍掛尾根出合までは、大阪のmasaさんが先行してトレースを
作ってくれたので助かりましたよね。

 鞍掛尾根からは、トレースのない雪原をスノーシューでガシガシと行っ
たのが実に気持ちよかったです。当初は、テーブルランドをぐるりと1周し
ようと思っていましたが、スタートが1時間ほど遅れたために少しショート
かってせざるを得ませんでした。

 それでも、天気がよく青空の下でテーブルランドを歩き回ることができて
大満足しました。9時スタートで17時ゴールというロングコースはいつも
のことなので、そう疲れはせず、筋肉痛もありませんでした。温泉玉子さ
んの歩く速さはさすがだと思いましたが、まだ何とかついていけました。
Commented by kitayama-walk at 2010-02-11 00:07
 イチマルさん、こんばんは。
 確かに、1週間違いで鈴鹿の景色は段違いでした。いつかは積もってく
れるものと思い、待ち続けていた甲斐がありました。今年は、今のところ、
週末の天気に恵まれています。もちろん、天気のよい場所をめざして行
っているせいもあります。

 2/7は鞍掛橋の登山口までいけるかどうか不安ではありました。大君ヶ
畑集落以遠は除雪されていなかったのですが、4WDスタッドレスならば
十分行けました。御池岳周辺の天気は9時過ぎには晴れ間が出てきて、
お昼頃には快晴状態になりました。待ち望んでいただけに大満足の山行
になりました。
Commented by じんじん at 2010-02-11 11:57 x
今日はあいにくの雨で、自宅で皆さんのレポ見ています
7日の御池はかなりの積雪があったでしょうね
鈴北から望む丸山、藤原が綺麗ですね
僕は明神平から桧塚奥峰まで歩いてきました
自宅を出るとき、車には30cmほどの雪が積もっていました
Commented by kitayama-walk at 2010-02-12 17:22
 じんじんさん、こんにちは。
 2/7は明神平でしたか。午後からは天気が回復し、青空が広がってき
てよかったですね。私は、この週末2/13-14でテント泊するつもりでした
が、ちょっと予定が狂ってしまい、2/14に日帰りで明神平に行くつもりで
す。アプローチは、奈良県側(大又林道)からか、三重県側(千秋林道)
からか、迷っています。
Commented by じんじん at 2010-02-12 18:15 x
大又からのルートは人が多く面白みに欠けます
最近、明神平までのツアーがあるようで団体登山者が多いです
少しアプローチは遠いですが、千秋林道からの方が静かで台高の良さがあじわえるのではないでしょうか?
Commented by kitayama-walk at 2010-02-14 23:30
 じんじんさん、こんばんは。
 2/14に明神平に行きましたが、じんじんさんのアドバイスどおり、マナ
コ谷登山口から千秋峰経由で登りました。人気が少なく静かなアクセス
ができました。ただ、1週間経つと、雪がほとんどなくなってしまっており、
期待外れに終わってしまい残念でした。それでも、午前は晴天に恵ま
れ、青空の下、快適な山行を楽しむことができましたよ。
Commented by 温泉玉子 at 2011-02-04 21:28 x
昨年先行して頂いたmasaさんの御池岳最新レポです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-97888.html

鞍掛橋まで着けるかどうか?2/6の行先どうしようか悩んでます。


<< 雪のなかった明神平-スノーシュ...      乗鞍高原スノーシューハイク >>