山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 12月 31日

天候が悪化する前に下山します(3日目)

 12月31日(木曜) 曇り N野氏と二人

 今日は12月31日大晦日です。お正月を山で迎える人たちもたくさんいて、山小屋も29日から次第に宿泊客が増えてきています。しかし、今日の大晦日から明日の元旦にかけての天気予報は、日本海側を中心に天気が崩れ大雪になるとのこと。山間部でもかなりの積雪が見込まれるとの予報で、当初よりも天気の悪化は早まり、かつ大きくなるということで、ぐずぐずしていると山を下りられない、下りられたとしても帰りの高速道路がまともに進まず今日中に京都に帰り着けないのではないかとの心配が出てきました。となれば、さっさと山を下りることに即断しました。
e0110500_1641131.jpg
 足早に赤岳鉱泉から美濃戸に向かっています



 天気が崩れ大雪になるというのであれば、いち早く下山と判断し、朝食後の7:30に下山開始することにしました。外に出ると、昨日、一昨日と見えていた赤岳鉱泉からの赤岳もガスに包まれていて何も見えません。今後の天気を象徴しているようです。昨夜積もったものと思われる雪で、一昨日よりも登山道の雪も多くなっていましたが、アイゼンをつけなくても滑るほどの状態ではありませんでした。おかげで結構サクサクと足を進めることができました。
e0110500_16174528.jpg
 今日は赤岳の姿も見ることができません
e0110500_161895.jpg
 アイス・キャンディーも寂しそうです
e0110500_16184720.jpg
 登山道には昨夜積もった雪があります
e0110500_16203482.jpg
 沢に架かる橋も慎重に渡っていきます
e0110500_16211162.jpg

e0110500_16212661.jpg
 沢に滑り落ちないようにしないといけません

 堰堤広場までやってきましたが、ここまでですれ違った登山者が十数名いました。これから美濃戸までの間にさらに二十数名、美濃戸口までの間までには50名ほどのなっていたでしょうか。この悪天候が予想される日であってもお正月を山で迎える計画の登山者が続々と登って来るのには感心しました。
e0110500_16242637.jpg
 堰堤広場前までやってきました
e0110500_1624497.jpg
 林道をひたすら下っていきます
e0110500_16251018.jpg
 美濃戸山荘で小休止しました
e0110500_16254417.jpg
 山荘には正月のお飾りがありました
e0110500_16261448.jpg
 美濃戸の3軒の山荘のひとつ「やまのこ村」を通過します
e0110500_1627734.jpg
 凸凹道はすっかり雪で埋められています-これなら車で美濃戸まで来るのでした
e0110500_16274838.jpg
 もう美濃戸口は近い
e0110500_16281222.jpg

e0110500_1628261.jpg
 9:15美濃戸口に到着しました(実質90分でした)

 美濃戸口の駐車場には、3日分の駐車料金1500円を支払って、美濃戸口から最も近い温泉「もみの湯」へ向かいました。路面は積雪しているため、速度が出せません。セカンドギアで慎重に走ります。さすがに、今日のために履き替えたスタッドレスタイヤ(ブリザックREVO GZ)はしっかりとグリップしてくれるので滑りません。ところが、何と「もみの湯」が休館日でした。3日間お風呂に入っておらず、体も冷え切っているので、やっぱり温泉に入りたい。少し北に行けば、今年5月に入ったことのある尖石温泉「縄文の湯」があるはず。方向は尖石遺跡。しばらく北上していくと、ありました!
e0110500_16471245.jpg
 尖石温泉「縄文の湯」-午前9時から営業、入浴料400円

 約1時間かけて入浴し、サウナも10分2セット。露天風呂に入ると、外には晴れ間も見えてきました。あれ?予報と違うじゃん。まあ平野部と山間部とでは違うのでしょうね。ほっこりしたところで、お腹が空きました。ビーナスライン(R152)に出たところで、どこか蕎麦のおいしい見せはないかと探したところ、茅野警察署前の交差点を少し進んだところの左手に、信濃路遊膳「蕎麦の郷」というお店がありました。口上は八ヶ岳山麓産の石臼挽き十割そば粉にこだわって打ち上げているとか。とにかく入って食べてみました。天ざると馬刺し(霜降り)を注文です。帰りの運転はN野氏がやってくれるという言葉に甘えて、生ビール2杯。ぐびぐびと、。あー、うまい!もちろん、蕎麦もさすが信州の蕎麦だけあるというもので満足、満足。
e0110500_1772458.jpg
  信濃路遊膳「蕎麦の郷」
e0110500_1775957.jpg
 天ざると馬刺し
e0110500_17242341.jpg


<コースタイム>091231曇り
730赤岳鉱泉 800堰堤広場 825美濃戸845 915美濃戸口


by kitayama-walk | 2009-12-31 23:09 | 八ヶ岳 | Comments(0)


<< 今年の初登山-野登山・仙ヶ岳・...      八ヶ岳の主峰赤岳アタック(2日... >>