山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 12月 13日

国見峠から朝明渓谷へ(その2)

 国見峠は、御在所岳の裏道登山道の8合目になっていますが、まずはこの県境稜線を国見岳に向かって北上します。最初はササのある溝道を登って行きます。途中でザレ場があり、ここから御在所岳を眺望することができます。やがて右手に国見尾根の分岐があります。この尾根にはゆるぎ岩などの奇岩があり、藤内小屋に下っていきます。国見尾根分岐を過ぎると、今度は左手に石門の標識があります。左に折れてすぐのところに石が重なってできた大きな門がありました。この石の上に登ることができます。再び県境稜線まで引き返して北に進むと、すぐに国見岳に到着しました。ここにも大きな岩があり、この上に登ると鈴鹿山系中北部の主要な山を見渡すことができました。
e0110500_1103416.jpg
 ササのある県境尾根を北上します




 
e0110500_1111444.jpg
 途中にザレ場があり、眺望が得られます
e0110500_1114769.jpg
 ザレ場から御在所岳方向を眺望しています(スキー場が見えています)
e0110500_1123847.jpg
 国見尾根分岐の標識があります
e0110500_113763.jpg
 石門の標識もあります
e0110500_1132583.jpg
 石が積み重なっている石門
e0110500_1145153.jpg
 国見岳山頂の大岩
e0110500_1151992.jpg
 新しい標識には「標高1175.2m」とあります
e0110500_1112938.jpg
 国見岳山頂にて
e0110500_1162567.jpg
 国見岳山頂にある方位盤
e0110500_1113933.jpg
 鈴鹿山系中北部の山々-中央向こうにどっしりとした御池岳のテーブルランド、その右に藤原岳、手前には釈迦ヶ岳
e0110500_1115090.jpg
 西にはイブネ・クラシの台地が見えています
e0110500_11153296.jpg
 国見尾根には奇岩があります
e0110500_11155788.jpg
 腰越峠に続く尾根-中央にハライド(908m)が見えます

by kitayama-walk | 2009-12-13 23:47 | 鈴鹿山系 | Comments(0)


<< アイゼントレーニング+大原三山      クラシ北尾根-鈴鹿のジャンダル... >>